せどり出品者の売上、仕入れた商品がわかる。電脳「せどりアナライザー」(株)e-FLAGS 楠山高広

先日電脳せどりツールの「サヤ取りせどらー」シリーズ、
その最新バージョンである

「サヤ取りせどらー最終バージョン」

の方を、私のせどりノウハウとの相性も良く、
お勧めできますと紹介させて頂きました。

>電脳せどりツールの「サヤ取りせどらー最終バージョン」レビュー


私の勧めでこちらを購入してくださった方も含めて
同じく株式会社 e-FLAGS 楠山高広さんがリリースしている
それ以外の電せどりツールについても
チラホラと相談や質問を頂いていますので
今日はこちらのせどりツールの方をレビューしておきたいと思います。。


せどり出品者の売上、仕入れた商品がわかる。電脳「せどりアナライザー」

http://sedori-analyzer.com/

せどり出品者の売上、仕入れた商品がわかる。電脳「せどりアナライザー」 レビュー


“せどり出品者の売上、仕入れた商品がわかる。”


そのキャッチコピーの通り、アマゾンの出品者を対象に、


・出品商品一覧
・仕入れた商品
・売れた商品
・売上
・回転率



が手に取るようにわかるようになるという、
他の出品者の出品商品の動向をチェックできるツールです。


セールスレターの方ではいかにこれらのデータを取得していく事が、
せどりというビジネスで「有利」かが熱弁されています。


ただ、たぶんですがこの「せどりアナライザー」を購入している人は
大半がせどりを「これからやる」という人か、
せどりを始めたばかりの人達ではないかと思います。


少なくとも実際にせどりをやっていて、
せどりで稼いでいる私の目から判断すると、
この「せどりアナライザー」は正直言ってあまり意味の無いツールです。


確かに先ほど挙げたような5つの情報は、
特定の出品者ユーザーを登録しておく事で把握する事が出来ます。


でも、これらの情報では最も肝心な
その出品者が幾らで、どこでその商品を仕入れているか。


は、全くもってわかりません。


仕入れルートも仕入れなも不明なわけです。


つまりその出品者の「売上」はわかっても、
その出品者の「利益」は全くわからないという事。


売上1000万円の出品者を見つけて、
その出品者の情報をくまなく解析して参考にしても、
もしかするとその出品者は赤字を出してる可能性もあるわけです。


1000万円の売上があっても、
仕入れに1000万円以上かかっていたなら、
その出品者は普通に赤字を出している事になります。


仮に黒字でも990万円分の商品を計1000万円で転売とか、
薄利多売で貧乏暇なしの転売をしている出品者という可能性もあります。


そしてアマゾンの大口出品者には、
そういった出費者がわり多くいたります。


中には「在庫処分」でアマゾンを主に利用しているような
大口の出品者も少なからずいる傾向にありますので、
そういう人達の売買データは全くと言っていいほど参考になりません。


主には店舗や自社のサイトで利益を出して、
売れ残った商品のみをアマゾンで叩き売りしているような、
その叩き売りのデータを幾ら解析したところで・・・無意味ですよね。


でも、この「せどりアナライザー」ではその見極めが出来ないので
初心者がこれを使って下手にその情報を参考にすると
逆に痛い目に合う可能性も多いにあります。


かなりの経験を積んだ人が違った目線で
そのデータを解析していくというならまだ意味がありますが
せどり初心者の人が手を出して意味のあるツールではないですね。


またこのシリーズのツールには決まって付いている
アマゾンの商品データをリスト化して、
最安値の商品と最安値から2番目に安い商品で、
その価格差が大きい商品を簡単に見つけられる機能ですが、
これも実際のところあまり意味の無い機能です。


そもそもそんな「価格差が大きい商品」はそうそう見つかりません。


それでなくてもこのせどりツールを所有している人全員が、
そういう商品を絞り込んで仕入れていっている傾向にある為、
実際に仕入れて利益が出せるようなそういう商品はほぼ皆無です。


言わばツール所有者同志で僅かな商品を奪い合っているわけです。


稀にいざその対象となる「儲かりそうな商品」が見つかっても
大抵1つだけ値段が下がっているような商品がある場合、
その商品は何らかのワケあり商品である事がですね。


よほどこのツールにマッチしたせどり手法を
現在進行形で実践しているような人でない限り、
あえて手にするメリットはほとんど無いツールだと思います


こちらの購入を検討するなら素直に私が推奨している
「サヤ取りせどらー最終バージョン」のみを検討してみてください。


少なくとも「サヤ取りせどらー最終バージョン」があれば
こちらはほぼ不要なせどりツールだと思います。

>電脳せどりツールの「サヤ取りせどらー最終バージョン」レビュー


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2014年3月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

検証!電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」(株)e-FLAGS 楠山高広

れお☆です。


私の無料マニュアルを読まれた方や
有料マニュアル購入者の方から稀にこういう質問を頂きます。


「このせどりツールを使ったらもっと稼げますか?」


要するにそのツールが私のノウハウで使えるかという事なのですが
久々に私のせどりノウハウとの相性もバッチリな
有効性の高いせどりツールが出てきましたので紹介させてもらいます。


こちらですね。


電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」e-FLAGS 楠山高広
http://kamimaru.info/albatross-lp/index.html

電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」(楠山高広)


「サヤ取りせどらーシリーズ」で有名な
販売元のe-FLAGS 楠山高広さんのせどりツールで、
つい先日公開されたばかりの最新バージョンになります。


正直、これまでリリースされていた「サヤ取りせどらーシリーズ」は
私のノウハウとの適用性もさほど高くはありませんでしたし、
ツール単体で見てもあまり価値を感じられるものはありませんでした。
(あくまでも私の個人的な感想としては・・・です。)


ただ今回の「サヤ取りせどらー最終バージョン」はかなりイイと思います。


何より私のせどりインサイダーとの相性がバッチリ☆。


21000円という価格のツールなのですが
購入させて頂いて、すぐに元を取らせて頂きました。


それだけ私のせどりノウハウに適応できる
「利益を生み出せる商品」をサクサクッと見つけられる、
有効性の高いツールだったわけです。


普通にツール単体で見てもこれは非常に使えるツールだと思いました。


ツールに付属しているマニュアルもなかなかのボリュームで
せどりを1から始めるという人でも、
そのマニュアル一冊と、このツールだけで、
普通に稼いでいく事がきてしまうんじゃないかと思います。


「30日でツール代金以上の利益が出なければ返金」


という保証もある通り、
それだけの保証を付けているだけの事はあると思いました。


その返金条件も2千円以上の利益が出る商品を40個出品してから、
30日以内にツール代金以上の利益が出なければ返金という事なので
これはよほど自信が無いと付けられる保証ではありません。


決してクリアすることさ難しい条件は付けられていませんからね。


まさに「真に受けてもいい保証」だと思います。


まあ、そこまでこのツールの方をプッシュしてしまうと
私のせどりノウハウの必要性が薄れてしまうのでアレですが、
これは純粋にそれくらい有効なツールだと思いました。


私のノウハウと併せれば更にその利益は倍増出来ると思います。


私のせどりインサイダーの買い占めノウハウに適した
大きな利益を出せる「稼げる商品」もしっかりと見つけられます。


私の無料マニュアル、有料版マニュアルを問わず、
商品のリサーチに苦労している人や時間をかけすぎている人は、
まさに願ったり叶ったりのツールではないでしょうか。


電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」の何が凄いか。


まず、この電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」は
単純に言うと「アマゾンとの価格差の大きい商品」を、
他のネットショップから一気にリサーチして
そのリサーチ結果を出力していくというせどりツールになります。


その対象になっているネットショップは下記の通り。


・ブックオフオンライン
・フルイチ
・駿河屋
・ネットオフ
・7ネットショップ
・ビックカメラ
・楽天



いずれも新品、中古の本、CD、ゲーム等を扱う、
せどり業界では「中の上」くらいのネットショップなのですが、
この「中の上」くらいのショップを対象にしているところが
この「サヤ取りせどらー」の強みだと思います。


やはり電脳せどり(ネットを利用したせどり)の中心は
ヤフーオークションとアマゾンになっているのが現実ですので、
多くのツールはヤフー、アマゾンのサイト内で
何らかの情報を収集するものが多いですが
正直、そういうものは「せどりツール」としてはあまり意味がありません。


ヤフーオークションにせよアマゾンにせよ、
それぞれのサイト自体にかなり高度な絞り込み機能や
商品の検索機能などが付いているからです。


結局のところその手のせどりツールも
その高度な検索機能をうまく利用しているだけなので、
そういうツールはさほど使う意味が無いものが大半でした。


対してこの「サヤ取りせどらー最終バージョン」は
その商品のリサーチ対象を楽天やブックオフオンラインなどの
わりと有名なサイトから駿河屋やネットオフなど、
ややコアなサイトをそのリサーチ対象にしています。


先ほど名前を挙げたサイト全てを「知っている」という人や
常にせどりでリサーチの対象にしている人は
意外に少ないのではないかと思います。


ただそれぞれの対象サイトはジャンルによっては
わりと商品の品揃えも良く「せどりの仕入れ」には、
実は普通に「使えるサイト」だったります。


それでもこれらのサイト全てを
仕入れ商品のリサーチ対象にするのは普通に「面倒」というもの。


そんな実は使える「おいしいサイト」で
アマゾンの最安値の商品と大きな価格差のある商品を
一気にリサーチしていけるせどりツールが
この「サヤ取りせどらー最終バージョン」なわけです。


この理屈でまだピンと来ない人は
「サヤ取りせどらー最終バージョン」のセールスレターを
詳しく読んでもらえればと思いますが、
これはそれなりに本やCDのせどりをやっている人からすると

「そりゃ、稼げる商品を探せて当たり前のせどりツールだわ。」

と普通に理解して頂けるのではないかと思います。


少なくとも私の「せどりインサイダー」のノウハウを
実際に実践しているような人からすれば、
このツールがいかに「おいしいせどりツールか」は、
これ以上の説明さえ不要なのではないでしょうか。


言わば「既に相場が上がってしまっているプレミア商品」なども
そのまま“後出しジャンケン”的に探せるわけですから。


そういう商品を仕入れれば、まさに「稼げて当たり前」です。


実際にリサーチの対象となっている
7つのサイトを見回って頂ければわかりますが、
これらのサイトには中古のプレミアCDも
そこそこは豊富に扱われています。


この「そこそこ豊富」というところが狙い目で、
あまりに豊富過ぎるとせどらーが殺到してしまいますし、
あまりにそういう商品が少な過ぎても意味がありません。


「探せばそこそこある」という現状が
まさにこのせどりツールの有効性を高めていると思います。


「探せばそこそこあるけど毎日探すのは面倒」


言うなればこういうサイトなんですね。


ただこういうツールで一括してリサーチが出来るなら、
「稼げる商品」は普通に見つけていけるわけです。


その中には「せどりインサイダー」でお伝えしている、
ヤフーとアマゾンでは既に相場が上がりきっていて、
これら2つのサイトでは普通に高額で売買されている商品が
普通に格安で売られている事も多々あります。


そんな「お宝商品」をサッと簡単に探せてしまうのが
この「サヤ取りせどらー最終バージョン」です。


私自身、21000円の購入代金は、
こういう商品をリサーチする事で簡単に回収できました。


Doom/Incompetent…

アマゾン最安値:9,800円


7netショッピング:2,310円 → 差額:7,490円



氷室京介/炎の化石

アマゾン最安値:10,124円


BOOK-OFF online:3,450円 → 差額:6,674円



DESTROSE/Deathless Memories

アマゾン最安値:7,000円


駿河屋.jp:3,780円 → 差額:3,220円



沢田研二/Royal Straight Flush

アマゾン最安値:8,327円


BOOK-OFF online:3,450円 → 差額:4,877円



ザッとこのせどりツールを使って見つけた商品の

アマゾン相場との差額総額が22,261円

という感じです。


勿論、これらは仕入れた商品が売れた段階で「回収」ですが、
私のせどりノウハウの特性上、
商品の最安値を維持していれば売れるのは時間の問題です。


いずれにしてもAmazon最低価格より、
かなり安い金額で仕入れが出来ていますので、
これらの商品で利益を出せない事はほぼ無いと思います。


普段は私自身、ヤフーオークションとアマゾン以外は
効率性の面でリサーチの対象にはしていません。


ただこのツールがあれば対象となっている7つのサイトに対し、
数クリック、数秒の作業で一気にリサーチしていく事が可能になります。


そこまでの「効率性」があれば
リサーチ対象にしていく価値は十分にあるわけです。


ツール自体は「買い切り」タイプのものなので、
月額料金なども一切かかりません。


つまり今後このツールを使って商品を見つけ出し、
その転売によって差額を得ていった分は
全て「利益」になっていくという事です。


逆にこのせどりツールを使い倒して
21000円も回収出来ないというのであれば、
もはやせどり自体を辞めるべきかもしれません(苦笑)


それくらい「稼げて当たり前」のツールです。


少なくとも私のノウハウを理解している人であれば、
「鬼に金棒状態」でバンバン稼げる商品を見つけられるはずです。


電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」特典


私のせどりノウハウを理解されていれば、
このせどりツールの「有効な使い道」というのは、
ツールを手にした時点で直感的に分かるのではないかと思いますが
一応、私の方でその「使い道」の方をマニュアル化しました。


基本的にこの手のせどりツールは
突き詰めていくと「それを利用していく人次第」です。


「21000円も支払って本当に使いこなせるか。」


という点が不安な人もいると思いますので
その「有効な使い道」は私の特典マニュアルでマスターしてください。


このせどりツールの特性を活かしたシンプルで
私的には最も「有効」と思われる使い方をマニュアル化してます。


さほど複雑なマニュアル構成にはなっていませんので、
単刀直入にこの特典マニュアルでお伝えしているのは
このような3つのポイントになります。


・この「サヤ取りせどらー」を活用していく最も有効な手順

・どの段階まで「サヤ取りせどらー」に頼るべきか。
 ツールリサーチと手動リサーチの最も合理的な境目

・この「サヤ取りせどらー」を利用した
 稼げる転売商品の最も効率的な見つけ出し方



実質的にはこの3つのポイントを押さえていくだけで、
このせどりツールはバンバン「お宝商品」を見つけ出せます。


ただ必然的に私のせどりノウハウを実践している人が
このせどりツールを手にしていくと、
ほぼ同じような商品を仕入れの対象にしていく可能性が高い為、

「私のノウハウを実践するサヤ取りせどらーの利用者同士」

では、やや競合のようなものが起きる事もあると思います。


そういう懸念も私的には少なからずありますので、
一応この特典マニュアルは先着30名くらいにしておきたいと思います。


まあ、どちらにしても21000円ポッキリで
半永久的に使えるせどりツールですから、
長い目で見てこの購入代金を回収出来ないなんて事はありえません。


今後長くせどりをやっていこうと思うのであれば、
このツールの購入はどう転んでも損のしようが無い買い物だと思います。


それだけの保証も付いてますしね。


何より私がこういう特典を付けなくても、
かなり手厚いせどりマニュアルも付いていますので
そういう意味では私のせどりノウハウを抜きにしても、
普通に「稼げる商品」をバンバン見つけられるツール教材です。


この手のツールはツール利用者同士の競合がどうしても課題になりますが
対象にしているサイトの数とその情報量的に、
この手のせどりツールが普通に売れていく本数レベルでは、
そうそう「稼げる商品全て」が一掃されていくような事も考えられません。


こういうせどり系のツールは
どんなに売れても1000本、2000本というところでしょうから。


そういう意味ではツール全体としての飽和は懸念しなくても大丈夫です。


ただ一応私のせどりノウハウは
音楽系プレミア商品の「買い占め」を前提としているので
私のノウハウに特化すると多少の「仕入れ競合」はありえます。


なので、私の特典は30名まで。


私のせどりノウハウと併せて、
有効にこのツールを使い倒していきたい場合は是非ご利用ください。


>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」特典付き購入はこちら
現在、特典の方は引き続き配布提供中です。


(私のせどりノウハウをご存知無い方へ)

このせどりツールは私のせどりノウハウと併用する事で
更に大きな転売収入を生み出していく事が出来ます。


そのノウハウそのものについては、
こちらで無料公開していますのでよろしければ併せてご覧ください。


マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから


是非この「サヤ取りせどらー最終バージョン」と併せて、
大きな転売収入を得ていって頂ければと思います。


それでは。


れお☆


>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」特典付き購入はこちら
現在、特典の方は引き続き配布提供中です。

タグ

2014年2月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ