価格相場を自由自在に操れる最強の音楽CDせどり戦略。

私にとって「せどり」は実質「リスクの無い投資」と一緒です。


何故なら私のせどりノウハウなら、
商品の価格相場を自由自在に操れてしまうからです。


株や為替で言えば「相場」をコントロール出来るという事ですから、
これを自由自在に出来ればどう考えても「損」をする事はありません。


むしろいとも簡単に「利益」を手に出来てしまいます。


では何故そんな事が可能なのか。


それは私のせどり戦略が、


“音楽系プレミア商品の買い占め”


という手法で成り立っているからです。


では何故“音楽系のプレミア商品の買い占め”が
価格相場を自由に操っていく事に繋がっていくのか。


その理屈を幾つかの事例と共にお話ししていきたいと思います。

何故、音楽系のプレミア商品なのか。


本、ゲーム、映画DVD。


せどりの対象となる商品は数多くあれど、
音楽関係ほど相場の引き上げを行いやすい商品はありません。


その理由は2つ。


・限定商品の種類が多種多様、豊富にある。
・そういった限定商品にプレミア価格がつきやすい。



音楽系の商品には限定盤、初回盤などなど音楽系の商品には
ほぼ毎日のようにその時しか手に入らない商品が販売されています。


そしてそれぞれの商品にそれぞれ全く別の需要があります。


アーティストが異なればファンの層もまた異なるわけです。


つまりそんな限定商品全てに対し、
次から次へとプレミア価格がついていくわけです。


要するに限定商品で既に普通のお店で買えなくなったものを
その定価以上の価格で欲しいというファンが
次から次へと出てくるという事ですね。


これがいわゆる「プレミア」というものなわけです。


そしてこういった数に限りのあるプレミアものの商品は、
自由自在にその価格相場を操作することが出来ます。


そうです。


その価格相場を操作する方法こそが
そういったプレミア商品を買い占めていく事なわけです。


何故、プレミア品を買い占める事が相場の引き上げに繋がるのか。



何故、プレミア品を買い占める事が相場の引き上げに繋がるのか。


これは少し考えれば普通にわかる事なのですが、
そもそもな話としてもとの定価以上の価格がついた
プレミア商品の価格相場というものはどこで決まると思いますか?


それは俗に言われる「需要と供給」のバランスで決まっているんです。


新譜のシングルCDやアルバムなどであれば、
これは定価が1000円、3000円と決まっているものですが
プレミアものの商品にはこのような定価はもう全く関係ありません。


欲しいという人が多くなれば価格は上昇しますし、
売りたいという人が多くなれば価格は下降していきます。


相場というものはこのバランスの中で自然と出来上がるものなのです。


それは株や為替などの金融商品にも同じ事が言えます。


結局のところ売りたい人と買いたい人の
需要と供給のバランスがその「相場」を決めているわけです。


ただこの手のプレミア商品というものに関して言えば、
商品の相場はどちらかと言うと「売り手」の競争によって決まります。


何故なら「買い手」の方は

“欲しい商品は幾らのお金を支払ってでも欲しい”

というような「ファン心理」を抱えているからです。


勿論、1円でも安く買えるならそれに越した事はありません。


故に相場を見比べられる選択肢があるなら、
買い手側は1円でも安く売られているところでその商品を買います。


しかしこの手の音楽系のプレミア商品を扱っている場所は
少なくともこのネット上ではほぼ限られている状況にあります。


それが私が実際に転売で利用している
業界最大手の「ヤフーオークション」と「アマゾン」です。


この手のプレミア商品を数多く扱っているサイトは
実際のところこの2つのサイトくらいのもの。


品数の豊富さなどを比較しても他のショッピングサイトや
他のオークションサイトなどは足元にも及びません。


だからこそ買い手側も売り手側も
自然とこれらのサイトに集まる流れが出来上がっています。


この手のプレミア商品を買い求める側が
価格相場を見比べられるとしても、
それはせいぜいこの2つのサイトくらいのものなのです。


実際にこの手のプレミア商品を買い求める人達は
この2つのサイトの販売価格を「相場」と判断して、
そこで売られている最も安い商品を購入していくわけですね。


この手のプレミア商品は、
これらのサイト以外ではまず購入出来ないわけですから、
その時のその商品の価格が例え幾らであろうと、
それを欲しいと思った場合はその価格で購入するしかないのです。


つまりこの2つのサイトで販売されている商品さえ
その全てを完全に買い占めてしまえば、
その商品の相場は自由自在に操れてしまうという事。


まさしく相場の引き上げが自由自在に可能になるというわけです。


価格を吊り上げたプレミア商品は本当に売れていくのか。


「それで本当に価格を吊り上げた商品が売れていくの?」


と、あなたは疑問に思われるかもしれませんが、
この手のプレミア商品を求めるファン心理を舐めてはいけません。


例えばこれらはその極端な事例ですが、
出回っている数が極端に少ないプレミア商品などには
このような信じられない価格が平気でついていくものなんです。


「頭脳警察」LPレコード ~ 落札額:351,000円


「BUMP OF CHICKEN」CDS ~ 落札額:201,000円


「当方アレンジ」CD ~ 落札額:251,000円


「Sound Horizon」CD ~ 落札額:248,000円


「いきものがかり」CD ~ 落札額:246,500円



この手のプレミア商品に数十万円単位の価格が付いた事例は
まだまだこんなものじゃありません。


オークションの過去の落札相場をチェックできる、
オークファンというサイトで試しに見てみてください。


このような数十万円という価格が
たった1枚のCDやレコードについた事例は幾らでも出てきます。


つまりこの手のプレミア商品は、
その相場を引き上げれば引き上げただけ、
それが幾らになっても買っていくファンはいるものなのです。


ただ、現時点でこの手の商品の相場を決めているのは、
買い手側の競合ではなくどちらかと言えば「売り手側の競合」です。


アマゾンしかり、ヤフーオークションしかり、
どこかのお店や個人が安くその商品を売りに出してしまうと、
やはり他の出品者もその価格を引き下げざるを得ません。


何故なら消費者は一番安いところから商品を購入していくからです。


“あっちが値下げしたからこっちも値下げしよう。”


このような売り手側の競合が価格をどんどん引き下げ、
本来はもっと高値で売れるような商品さえも、
互いの価格競争によって安く売ってしまっている訳です。


そこで私が考えたノウハウこそが、
そんな売り手側の競合によって安く売られている商品を
とにかく片っ端から買い占めていくという方法だったわけです。


商品を買い占めてしまえばその商品を売り手は自分だけになります。


そうなってしまえばもう売り手側の価格競合は存在しません。


あとは自分の売りたい価格で1枚1枚、
まさに相場を操りながら自由に販売していく事が出来るわけです。


実際に私はこの方法で少ない資金を倍々式に増やし続け、
今ではこうして100万円単位の利益を毎月のように上げています。

>せどり月商200万円、粗利100万円の証拠画像


そして私がこうしてお伝えしたノウハウの
その有効性に気付いた人だけがどんどんこの市場に参入し、
どんどん利益を上げるようになっていっているのです。


今から参入しても間に合うの?


「じゃあ、買い占められる商品が無くなってしまうんじゃ…」


そんな心配をされる方もいるようですが、
先ほどもお話ししたようにこの手のプレミア商品の種類は
まさに星の数ほどいるアーティストの数ほど存在します。


更にそういった全てのアーティストが、
次から次へと初回盤、限定盤という限定商品を出しているのです。


もはや仕入れの対象となる商品が
完全に無くなってしまうなんて事は全く考えられません。


全てのアーティスト、全ての作品にそれぞれ違った需要がある。


この一点のみに着目しても、
この音楽系プレミア商品の市場がいかに大きいものであるか、
お分かり頂けるのではないかと思います。


まさに「相場」を自由自在に操れる最強の転売戦略。


それが音楽系プレミア商品の買い占め戦略なわけです。


“でも、プレミア商品の目利きなどが出来ないと稼げないのでは…”


次はそんな声が聞こえてきそうなので、
次の講座ではその辺りの詳しい話をしていきたいと思います。


れお式☆せどり理論講座


 第一章:せどりはリスクの少ない投資である。

 第ニ章:相場を自由に操れる最強の音楽CDせどり戦略。

 第三章:「目利き」の要らないせどり戦略。

 第四章:確実に儲ける事が出来る商品の仕入れ方。

 第五章:資金1万円からでも買い占められる音楽系プレミア商品。

 第六章:このノウハウを広めていく事が私の利益に繋がる理由。

 第七章:せどりの合法的「インサイダー情報」とは。

 ★★★:せどりインサイダーコンサルティングレポート


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2013年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり理論

このページの先頭へ