れお式☆せどりで月収100万円講座

   序章:せどりで月収100万円を稼ぐ方法。
  第一章:せどりはリスクの少ない投資である。
  第ニ章:相場を自由に操れる最強の音楽CDせどり戦略。
  第三章:目利きの要らないせどり戦略。
  第四章:確実に儲ける事が出来る商品の仕入れ方。
  第五章:資金1万円からでも買い占められる音楽系プレミア商品。
  第六章:このノウハウを広めていく事が私の利益に繋がる理由。(重要)
  第七章:せどりの合法的「インサイダー情報」とは。(重要)
  ☆☆☆:せどりインサイダー月収100万円プランニング
  ☆☆☆:プレミアCDの相場、トレンドの考え方。その1~短期視点~(NEW)
  ☆☆☆:プレミアCDの相場、トレンドの考え方。その2~長期視点~(NEW)
  ★★★:せどりインサイダーコンサルティングレポート

無在庫転売、無在庫輸入は稼げるのか。

れお☆です。


せどり、転売で稼ぐ手法の1つに、
一切、商品の「在庫」を抱えずに「転売」を行っていく


「無在庫転売」


と呼ばれる手法があります。


簡単に言えば商品の在庫を一切抱える事なく、
まずは商品のみをネット上に「出品」してしまい、
商品が売れた時点で「仕入れ」と「転売」を行っていくという


「ネット転売」


だからこそ出来てしまう転売方法です。


主には「輸入」を前提とする転売で行われる傾向にあり、


「Buyma(バイマ)」

「Amazon(アマゾン)」



を利用して「輸入転売」を行っている人は一切在庫を抱えず、
それこそ「無在庫」で転売をしている人が多いようですね。


それこそ「在庫」を一切抱えなくて済むので、
せどりなどの転売ビジネスにありがちな


・不良在庫(売れ残ってしまう商品)を抱えてしまうリスク

・原価割れ(仕入れた価格より安く売れてしまう)リスク



などを避ける事がメリットがあり、
情報商材のセールスレターなどでは、


「ノーリスクで始められる転売ノウハウ」


と称されている事も珍しくありません。


実際、このような無在庫転売の手法を耳にして


「それなら自分にも出来そう(稼げそう)」


と思い、興味を持つ人、始めていく人も多いようなので、
今日はこの「無在庫転売」が本当に稼げるのかどうか、
その辺りの「現実」を言及してみたいと思います。

無在庫転売、無在庫輸入は稼げるのか。


まず、率直な結論を先の述べると無在庫転売、無在庫輸入は


「稼げない事は無い」


と思いますし、実際に稼いでいる人もいると思いますが


「やっている人の8割、9割はまともに稼げていない」


というのがその実情ではないかと思います。


そもそもな話、先ほど挙げたような


・Buyma(バイマ)

・Amazon(アマゾン)



などで在庫を抱えずに無在庫輸入を行っているような人は、
そのノウハウが提唱されている「情報商材」を手にして、
その内容を基に実践している人も少なくありません。


「無在庫転売ならリスクなく転売が出来ますよ!」

「無在庫転売なら、資金が無くても始められますよ!」



こんな謳い文句に誘惑されて、無在庫転売の情報を購入し、
その教材で提唱されているノウハウを実践する形で、
この「無在庫転売」をやっている人が比較的、多いわけです。


ですが、そんな「情報商材」を取っ掛かりとして、
無在庫転売を始めたような無在庫バイヤーは、
その9割以上は稼げていないのが現実です。


言い方を変えると、


「無在庫転売、無在庫輸入で稼ぐノウハウ」


を提唱している情報商材にあたるものは、
それを実践しても「稼げない」という事であり、
これはその手の情報商材全般に言える事だと思います。


要するに「無在庫転売」「無在庫輸入」と呼ばれる手法は、
その手法そのものが「稼げない」というわけではないものの、
多くの人がそれらを始めていく「きっかけ」となっている


「その手法を提唱している情報商材全般」


が根本的に「稼げないもの」である事が現実であるため、
結果的として大半の人が「稼げていない状況」にあるんです。


ですので、1つ結論的なところを述べてしまうと、
もしも無在庫転売、無在庫輸出などの手法を、
特定の情報商材を基に始めようとしている場合は、


「仮に初めても、その9割の人は稼げない」


と言う事であり、また、もしも既に特定の情報商材を基に
無在庫転売、無在庫輸入に取り組んでいるというのであれば、
仮に今現在、それなりに稼いでいる状況にあるとしても


「早い段階で9割の人は稼げなくなる」


というのが実情だと思います。


ですので無在庫転売、無在庫輸入で実際に


「稼ぎたい」「稼ぎ続けたい」


と言うのであれば、特定の情報商材のノウハウを基に、
そこに依存していく形では「厳しい」というのが現実です。


故に、強いて無在庫転売、無在庫輸入などで、
本気で稼ぎたい、稼ぎ続けたいというのであれば、


「自分なりの無在庫転売ノウハウ」


を自ら開拓していくようにしなければ、
まず、稼ぎ続けていくような事は出来ないということです。


では、何故、無在庫転売、無在庫輸入は、
情報商材などで公開されているノウハウで稼ぎ続ける事は難しく、
また、自分なりの転売ノウハウを自ら開拓しなければ、


「稼ぎ続ける事は出来ない」


と言えるのか。


実はその「理由」にこそ、無在庫転売という手法の特徴、
特性と言えるものが集約されているんです。


無在庫転売、無在庫輸入の現実。


そもそも「無在庫転売」と呼ばれる手法は、
あくまでも「特定の商品」に目星を付けた上で、
その商品の「情報」のみを拝借して「ネット転売」を行い、
いざその商品が売れた際に仕入れを行うという手法です。


ですので、その先立つ手順としては、


1:無在庫転売を行う商品に目星を付ける
2:その商品の情報のみを転売を行うサイトに掲載する



このようなステップを踏んでいく事になるため、
無在庫転売と言えども、その転売の対象となる商品を
実際に仕入れる事が出来る「仕入れ先」の確保は必須であり、


「どこかで仕入れる事が出来る商品を無在庫転売する」


というのが基本となります。


要するに、無在庫転売の実践においては、


・無在庫転売で稼げる商品の仕入れ先の確保

・無在庫転売で稼げる商品の確保



この2つが必要不可欠であり、
それが「全て」と言っても過言ではないわけです。


転売の際には無在庫転売が行えるBuyma(バイマ)、
Amazon(アマゾン)などの利用が基本となっていますので、
無在庫転売のキモとなってくる部分は、やはり、


「無在庫転売していく商品をどこで仕入れるか。」

「その仕入れ先でどの商品を無在庫転売していくか。」



この2つのポイントに集約されます。


ですが、仮にこの2つのポイントが情報商材によって、
そのまま「特定」されていたらどうなるでしょうか?


同じ情報商材のノウハウを基に無在庫転売をする事になれば、
その仕入れ先やそこで目星を付けていく商品の基準、
また、その転売先まで「同じ」になる事は言うまでもありません。


要するに同じ仕入れ先で同じ商品を同じ場所で
そのまま「無在庫転売」していく人が続出する事となり、
その無在庫バイヤー同士で「競合」が起きてしまうわけです。


極端な話、同じノウハウを実践するバイヤーが100人いれば、
特定の仕入れ先に1つ、2つしかない商品に対して
その100人が「無在庫転売」していく事も普通にありえます。


仕入れ先が同じで商品の目星を付ける基準も同じなのですから
全員が同じ商品を無在庫転売していく事になるのは必然です。


実際に「仕入れ」を行う前に転売を行えてしまう無在庫転売は、
同じような仕入れ先で同じような基準の商品を狙い、
同じサイトで転売を行っていく人が増えるほど、
同じ商品を空売りする人が続出する為、稼ぎにくくなるわけです。


少なくとも、無在庫転売に利用していくサイトは
Byuma(バイマ)、Amazon(アマゾン)と限られているだけに、


・商品の仕入れ先

・商品に目星を付けていく基準



この2つに自分なりの「独自性」が無ければ、
まず「稼ぎ続けていく事」は不可能と言えます。


要するに、特定の情報商材のノウハウに依存する時点で、


・商品の仕入れ先

・商品に目星を付けていく基準

・無在庫転売を行っていくサイト



この3つが完全に被ってしまうわけですから、
そのようなノウハウの実践で稼ぐ事、
稼ぎ続ける事はほぼ「不可能」に近いんです。


じゃあ、そもそも


「無在庫転売のノウハウで稼げる」


と謳っている情報商材は一体何なのか、という話になりますが、
率直に言えば、無在庫転売のノウハウを提唱している時点で、
そのような情報商材は普通に、


・情報として売る為だけに作った机上のノウハウ

・仕入れ先や商品を明確にしていない曖昧なノウハウ

・もう競合して稼げなくなってしまっているノウハウ



このいずれかを提唱しているものでしかないと思います。


現実的に考えて、それ以外はありえませんからね。


また、例えそのノウハウが本当に有効な稼げるノウハウであっても、
そのノウハウが情報商材という形で公開されている以上、


「実践者が増えれば増えるほど競合して稼げなくなる」


という事は遅かれ、早かれ、間違いありませんので、
無在庫転売のノウハウを提唱している時点で、
その情報商材は「賞味期限がある」と言わざる得ません。


結論として情報商材のノウハウに依存する形では、
無在庫転売で稼いでいく事は「出来ない」ということなんです。


あくまでも在庫を持たない無在庫転売、無在庫輸入にあたる手法は、


・自分だけの独自の仕入れルート

・自分だけの独自の商品選びの基準



これらを確立した上で、決してそのノウハウを人に明かす事なく、
自分だけでこっそりと実践していくレベルでなければ、
まず稼いでいく事、稼ぎ続けていく事は出来ません。


それが無在庫転売、無在庫輸入の現実だという事です。


よって、もしも特定の情報商材を基に、
無在庫転売を始めていこうと思っているのであれば、
少なくとも、そのノウハウに依存していく形では


「無在庫転売で稼ぎ続ける事」


は不可能だと思ってください。


あくまでも無在庫転売は、


・仕入れルート

・商品選びの基準



この2つを独自に開拓していく事が不可欠であり、
その前提でなければ稼ぎ続ける事は出来ませんので、
基本的にはこれを前提に始めていく必要があります。


少なくとも、


「無在庫転売ならリスクなく転売が出来ますよ!」

「無在庫転売なら、資金が無くても始められますよ!」



というような謳い文句が並んでいる情報商材のノウハウでは、
まず「稼ぐ事」は出来ないというのが現実ですので、
そこは決して甘く考えるべきではありません。


当然ですが、自分だけの独自の仕入れルート
自分だけの独自の商品選びの基準の開拓、確立は、
決して簡単なものではありませんので、
言うほど、無在庫転売は簡単なものではないという事です。


・不良在庫(売れ残ってしまう商品)を抱えてしまうリスク

・原価割れ(仕入れた価格より安く売れてしまう)リスク



このようなリスクが無いというのは大きなメリットですが、
実際に「稼ぐ」となれば、決して低くはない壁がありますので、


リスクが少ない = 稼ぐのも難しい


というのが現実だという事ですね。


もし、無在庫転売というものに淡い幻想を抱いていたようなら、
その「現実」は最低限、認識しておくようにした方がいいと思います。


以上、無在庫転売の「現実」について、でした。


PS


ちなみにですが、強いて「無在庫転売」に拘らなくても、
転売やせどりなどのビジネスで、


・不良在庫(売れ残ってしまう商品)を抱えてしまうリスク

・原価割れ(仕入れた価格より安く売れてしまう)リスク



これらを避けていく方法は他に幾らでもあると思います。


それこそ、私が無料公開しているせどりノウハウは
そういった「リスクヘッジ」についても、
かなり徹底されたレベルで限りなくゼロに出来ていますので、
興味があれば無料マニュアルの方だけでも目を通してみてください。


無在庫転売よりも遥かに現実的な方法で、


・不良在庫(売れ残ってしまう商品)を抱えてしまうリスク

・原価割れ(仕入れた価格より安く売れてしまう)リスク



を限りなくゼロにした上で「稼げるノウハウ」を紹介していますので。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年12月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:無在庫転売

ブレイントラスター(株式会社キュリアスコープ)について。

れお☆です。


インフォトップの方で販売されている、


「ブレイントラスター」


というせどりツールについて何件かレビュー依頼を頂きました。


ブレイントラスター(株式会社キュリアスコープ)

http://braintorasuta.jp/tuki/


ネット転売を前提とする「電脳せどり」に特化したツールですね。


販売ページの方には、


「TOPせどらーが驚愕」

「月商1000万円を作るAIロボット」

「ヤフオク全商品刈り取りシステム」



といった謳い文句と共にツールのロジックについても、
それなりに詳しい情報が掲載されていましたので、


・このツールが本当に「せどり」において有効なツールなのか。

・本当に稼げる商品を見つけ出していく事が出来るのか。



といったところをそのロジックを踏まえて言及してみたいと思います。

ブレイントラスター(株式会社キュリアスコープ)レビュー


まず、この「ブレイントラスター」というツールは、


「アマゾンで売られている商品の最安値に対して、
 それ以下で販売されているヤフオクの商品を抽出できる」



というもので、予め利益額(利益率)を指定した上で、
その条件以上の利益を見込める商品の情報のみを
一気に抽出していく事が出来るようです。


アマゾンでの最安値が1万円で売られている商品があった場合、
利益額(利益率)を5000円で指定した場合は、
ヤフオクの方で5000円以下で出品されている同じ商品を
そのまま全て抽出してくれるわけですね。


よって、ツールの利用者はその抽出された商品全てに対し、
ひたすら「入札」を入れていけば良いというもので、
もし、その商品で5000円以上の利益を取りたいなら、
全ての商品に5000円までの入札を入れていく事になります。


ただ、そこで抽出された商品はあくまでも。


「現在の価格が5000円以下の商品」


という事になりますので、ヤフーオークションの特性上、
その商品が必ずしも5000円以下で落札できるとは限りません。


オークションサイトという特性上、その価格は、
オークションの終了間際に高騰していく傾向にありますから、
アマゾンの最安値が10000円の商品であれば、
大抵の場合はそれに近い金額まで価格が高騰していく傾向にあります。


まして、今は多くの人が「せどり」や「転売」などに参入し、
あらゆるジャンルの商品を転売目的で仕入れているような時代ですので、


「商品の相場」


というものは、なかなか崩れない傾向にあるのが現実です。


転売目的で商品を仕入れるバイヤーが増えれば増えるほど、
商品の相場というのは崩れにくくなりますので、
ヤフオクなどは、まさにその傾向が強く現れています。


それだけヤフオクを「仕入れ」に使っているバイヤーが多いので、
そういうバイヤーが転売目的でヤフオクを利用していくほど、
商品を安く落札できる可能性は低くなってしまうわけです。


とくにせどり、転売の市場は「アマゾン」が中心なので、


アマゾンの最安値 = その商品の現在の相場


という傾向から、ヤフオクの落札価格は、
概ね、アマゾンの最安値に近くなる傾向にあるんです。


ただ、アマゾンでの転売時は販売手数料として、
売値に対して10~15%ほどを取られます。


ですので、ヤフオクからの仕入れ時はアマゾンの最安値に対して
少なくとも10~15%ほどは安く商品を落札できないと、
アマゾンを利用した転売では、利益を見込ません。


結局、この手数料分で、思うように稼げないせどらー、
バイヤーというのが多く出て来ているわけです。


少々、話が脱線してしまいましたので、
話を「ブレイントラスター」に戻しますが、
結局のところ、このブレイントラスターというツールは


「アマゾンの最安値よりも現在価格が低いヤフオクの同一商品で
 指定した利益率以上の商品だけを一通り抽出してくれるツール」



という事ですので、基本的に商品の情報そのものは、
どんな利益率を指定しても相当数、抽出してくれるはずです。


ですが、それはあくまでもアマゾンの最安値に対して、
ヤフオクの現在価格が安い商品を抽出していくだけの話なので、
そのような商品を実際に安く落札できるかは完全に別問題です。


それこそ、ヤフオクは商品そのものに注目を集めるため、


「1円スタート」


などで出品されている商品も多数ありますから、
こちらからどんな利益率を指定したとしても、
そのような1円スター度の商品は全て抽出される事になります。


ですが、1円スタートの商品が1円で落札される事はまずありえませんし、
大抵の商品はやはりその商品の相場近くまで値段が上がるものです。


まして、アマゾンへと右から左へ流すだけで売れるような商品なら、
確実にアマゾンの相場近くまで値段が上がるものですから、
そういう商品をそう安く落札できる事はまずありません。


つまり、このブレイントラスターで抽出される商品情報は、


・オークションの途中経過でとりあえず金額が安いだけの商品

・まだ誰も入札していないだけのこれから価格が跳ね上がる商品



がそのほぼ全てを占めていく事になるため、
いざその全てにコツコツ入札を入れていったところで、
利益を見込めるような商品を利益を見込めるような価格では、
まず落札できないと思った方がいいと思います。


要するに、到底、落札できるはずもない商品に、
到底、落札できるはずもない金額を
ただひたすら入札していく事になる可能性が高いです。


それこそ、ヤフオクで「価格が安い順」にでも商品を並べてみれば、
1円、10円、100円という価格帯の商品がたくさん出てきますので、
このブレイントラスターで抽出される商品情報は、結局のところ、


「ヤフオクで価格を安い順に並べた際に出てくる商品」


がそのまま大量に抽出されるだけに等しいわけです。


つまるところ、あまり意味がないツール・・・という事ですね。


もちろん、そういった商品にひたすら入札を入れていけば、


「運が良ければ」


利益を見込める商品を利益を見込める価格で落札できるかもしれません。


ですが、それは強いて、このブレイントラスターを使わなくても、
ヤフオクで毎日のように「価格が安い商品」を一通り表示させて
そういった商品にひたすら入札を入れていけばいい話なので、
強いて、このツールを使う意味があるかと言えば、やはり微妙なところです。


強いて言えば、その際にアマゾンの最安値に対しての利益率を算定し、
その前提で商品を抽出してくれるというくらいなので、


「アマゾンの最安値とそれに対する利益率を計算する手間が省ける」


というくらいのメリットしかありません。


ですが、実をいうと、このメリットにもちょっとした落とし穴があり、


アマゾンの最安値 = その商品の現在の相場


という図式は、必ずしも正しいわけではなく、
時にアマゾンの最安値が完全に


「的外れな金額」


になっているような事も決して珍しい事はで無いんです。


アマゾンの最安値が、必ずしも「相場」とは限らない。


そもそもアマゾンは基本的には出品者がその出品商品に対して、
自由に価格を設定できるようになっているサイトなので、
商品によっては他の出品者が一切商品を出していない


「特定の出品者のみが独占的に販売している商品」


というような商品も実際に多数、存在します。


とくに私が扱っているプレミア系の音楽CDなどには、
そういう商品が多数あるのですが、そういった商品に関しては、


「その出品者が設定した金額がその商品の最安値」


になるわけです。


ですので、商品によっては、過去、売れた事もないような、
完全に相場とはズレた金額で商品が売られている場合もあり、
そんな到底、売れるはずもないような金額(最安値)を


「その商品の相場」


とみなして仕入れをしては、とんでもない事になってしまいます。


過去、3000円程度でしか売れた事がないような商品は、
やはり3000円程度が相場であると判断するべきであり、
そんな商品が5000円、6000円で売れるはずがないわけです。


でも、アマゾンではそのような「売れるはずもない金額」が、
その商品の最安値になっているようなケースも非常に多く、
もしもそんな「売れるはずもない金額」をベースに利益率を計算し、
商品を仕入れてしまったものなら、それは確実に不良在庫になります。


本来、過去の相場的に3000円でしか売れないような商品が、
アマゾンの方で6000円の最安値が付いていたからといって、
それをヤフオクで4000円、5000円で仕入れても、
その商品を仕入れ値以上で売る事はまず不可能なわけです。


そもそも、その商品は3000円以上で売れた事がないわけですから。


まあ、普通、商品の仕入れを行う際は、その辺りも考慮し、


・オークファン

・モノレート



などの「過去の商品相場」をチェックできるサイトを利用して、
実際にその商品が過去、幾らで取引されているかを確認し、
その上で、金額も含めて仕入れの判断をしていくものだと思います。


ですが、この「ブレイントラスター」のロジックには、そのような


「その商品が過去、どれくらいの金額で取引されているのか」


を配慮していく仕組みが一切備わっていないため、
仕入れの対象となる商品の情報は単純に


「アマゾンの最安値のみ」


その「指標」になる仕組みになってしまっているんです。


要するに、先程挙げたような、


「特定の出品者のみが独占的に販売している商品」


などに設定されている「的外れな販売価格」を指標にした上で、
その「的外れな販売価格」に対して「的外れな利益率」を計算し
その上で、仕入れの対象となるような商品を抽出してしまうわけです。


当然、そんな「的外れな情報」をアテにして入札を
バンバン入れてしまったなら・・・


言うまでも無く、かなり悲惨な状況になる事は間違いありません。


それこそ、利益を見込める商品は全く落札できない中で、
そういった「的外れな利益率」を基に指定された
的外れな商品ばかりを的外れな価格で
次から次へと落札してしまう事になります。


ですので、仮にこの「ブレイントラスター」を使っていく場合、
結局は実際に抽出されていった商品の情報に対して、


・オークファン

・モノレート



などで1つ1つ、過去の相場をチェックしていく必要があり、
あくまでも、そのような実際の相場を基にした上で、
利益率を計算して入札金額を決めていく必要があるんです。


ただ、そうなると、その労力は相当なものになりますので、
このツールを使うメリットはいよいよ無いに等しくなると思います。


結局、1件、1件、過去の相場をチェックしていく必要があるなら、
あえてこのツールを使って商品を絞り込む必要は無いからです。


それこそ、ヤフオクで現在価格が安い商品を一通り並べて、
その商品の過去の相場を調べていくのと何ら変わりません。


要するに、この「ブレイントラスター」というツールは、


「何ら、稼げる商品を見つける為の労力を軽減できていない」


という事になるわけです。


むしろ、私がここでお伝えした事に気付かないまま、
素直に指定された商品にひたすら入札を入れてしまうと、
到底、利益を見込めない商品のみを落札していく事になりますので、
そのような商品をいざ転売していった時に、


「あれ?何で売れないんだろう」


と、ようやくそのロジックの欠陥に気付く事になると思います。


まあ、このレベルのロジックの欠陥は、
本格的にせどりや転売をやっているような人や
アマゾンやヤフオクの現状を認識しているような人なら、
ツールのロジックを認識した時点で普通に気付いてしまうでしょうね。


それこそ、このブレイントラスターを販売している側も、
そんな事は百も承知だと思いますので、
そのような「欠陥」を分かって売っているんだと思います。


ツールとして売るためにそれらしいものを作っただけで、
そこに実用性が無い事は当の販売者本人が一番分かっているはずです。


月額9800円という価格設定で、


「6カ月利用して稼げなければ返金します」


という保証を掲げている時点で、


「6カ月は使わないとお金を返しません。」


と言っているわけですからね。


こんなツールをまともに6カ月も使う人はまずいませんし、
無理に使ったところで、まず落札できない商品が大量に抽出され、
それらにひたすら入札を入れていく労力が無駄になるだけです。


それを6カ月間続ける方が明らかに苦痛なはずですから、
保証云々の前に1~2カ月で利用を辞める人が続出し、
結局、返金保証を利用できる人なんて、出て来ないわけです。


少なくとも私はそこを見越しての保証にしか見えませんし、
ほぼ実用性はゼロのツールとしか思えませんでした。


まあ、この手のせどりツールにはありがちなものですけどね。


是非、参考にして頂ければと思います。


れお☆。


PS

一応、この手のネット転売に使えるツールとしては、
私のせどりノウハウ「せどりインサイダー」とも相性の良い、
こちらのせどりツールの方を推奨しています。

>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」


もし興味があれば是非、チェックしてみてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年12月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

CD、DVDのせどり、転売に研磨機は必要か。

れお☆です。


私は主に「音楽CD」の転売で生計を立て
その「せどりノウハウ」を教示する教材の販売や、
実際の「転売」におけるコンサルなどをやっているのですが


『CD転売に研磨機は必要ですか?』

『CDの研磨機は用意した方がいいですか?』



というような質問を頂く事がありました。


研磨機というのはCDやDVDのディスクを研磨して、
ディスクの盤面に付いているスレやキズなどを、
ピカピカに消し去ってくれるといったものですね。





確かにCD、DVDを「買う側」の消費者からすると、


・ディスクの盤面にキズやスレがあるCD、DVD

・キズ1つないピカピカなCD、DVD



この2つであれば後者の方がいいに決まっていますし
多少の価格差であれば値段に違いがあったとしても、
キズのない方にお金を払うという人は普通にいると思います。


では、CDなどのせどり、転売に研磨機はあった方が良いのか。

研磨機があれば、より転売で稼げるようになるのか。


今日はそんなCD、DVDのせどり、転売における、


「研磨機の必要性・有効性」


について、講義してみたいと思います。

CD、DVDのせどり、転売に研磨機は必要か。


まず、先ほどもお伝えしたように、


・ディスクの盤面にキズやスレがあるCD・DVD

・キズ1つないピカピカなCD・DVD



この2つが同じCDやDVDなのであれば、
当然、誰もがキズのない方の商品を選ぶと思います。


また、それが数百円くらいの価格差なのであれば、
若干、多めにお金を支払う事になってでも、
キズのない方を買うという人も少なからずいるはずです。


ただ、言い方を買えると、多少の価格差があっても、
やはり「安い方のCDを買う」という人も少なくはありません。


むしろ、、再生にさえ何の支障も無いのであれば、
キズやスレなどは全く気にしないという人もいますので、
CDやDVDなどを購入していく消費者層の絶対数で言えば、


それでも一定数は


「例え高いお金を支払ってでも綺麗なCDが欲しい」


という人がいる事も間違いありませんので、
研磨機を導入して仕入れていったCDを研磨し、
ディスクのスレやキズを消していく事は、
多少は転売を有利に出来ると考えて問題ありません。


とは言え「転売が有利になるから」と言って、


「研磨機を導入した方が良い」


とは一概には言えないところがあり、
実際に研磨機を使ってCDを転売していくとなれば、
やはりそのデメリットも考慮していく必要があります。


ちなみに私はその「研磨機を使っていくデメリット」を考慮し、
トータル的にそのデメリットの方が大きいと判断し、
今現在もとくに研磨機などは使っていません。


ですので、結論的には、


「研磨機の利用はデメリットの方が大きいと思う」


というのが私の率直な見解になるのですが、
一応、私がそう判断したデメリットの方も言及していきます。


研磨機を使っていくメリットとデメリット。



まず、研磨機を使っていくメリットは既に言及した通り、
キズやスレがあるCDをピカピカに出来る事で、
ヤフオクやアマゾンなどでCDを転売していく際、


「ディスクに再生に支障が程度のキズがあります」


といった表記を、


「キズ1つ無い綺麗なCDです(DVDです)」


と表示できる事になるため、


・その分だけCDが売れ易くなる

・多少、高めの価格設定でも売れる(可能性がある)



といったところに集約されると思います。


ただ、実際にこの恩恵(メリット)を受けていくには、


・研磨機の購入(導入)

・研磨機を利用したディスクの研磨作業



が必須となるため、その費用と労力を考慮しなけばなりません。


これらが言わば研磨機を導入する「デメリット」にあたります。


まあ、研磨機の購入(導入)は言っても一度きりの話なので、
とくに重要なのは、その研磨機を利用してディスクを研磨していく


「その継続的な費用と労力」


の方になるわけですが、これが実は馬鹿にならないものなんです。


とくに、私の方に、


「研磨機は買った方がいいですか?」

「研磨機は使っていくようにした方がいいですか?」



という質問をされる人はその辺りの費用と労力を
あまり認識していない人が多い傾向にあり、
これらの「実状」を知ると、大抵の人は、


「何か、あまりわりに合わない気がしますね。」


というような結論に至るケースがほとんどです。


一応、研磨機そのものは安いものだと3000円くらいからで、
高いものだと3万円以上するものもあります。


やはり性能も高額なものほど良い傾向があり、
安い研磨機は、いざ研磨した後にCDが再生できなくなったり、
研磨機の使用に必要となる消耗品の消費が著しく早い場合や、
数回で故障してしまうようなケースも少なくありません。


また、高額な研磨機を使っていく場合であっても
実際に研磨工程を踏んでいく際には幾つかの消耗品が必要で、


・洗浄用のクリーム&その専用ブラシ
・修復用のクリーム&その専用ブラシ
・研磨用のクリーム&その専用ブラシ



これらがそれぞれ必要になるような研磨機も珍しくなく、
研磨機の使用時には、その専用クリームの注入や、
定期的なブラシの交換なども必須になってくるわけです。


まあ、これは毎回の交換というわけではないので、
費用もそこまで大きくかかるものではありませんし、
その交換の手間もそこまで異常な労力になるわけではありません。


ですが、基本的にディスクの研磨は基本、1枚づつしか出来ないので
1枚終えるごとにディスクを交換していく手間か意外と馬鹿にならないんです。


その「研磨時間」が早い研磨機であれば、
その研磨作業そのものはものの数分で終わりますが、
それでも私のように、何百枚、何千枚のCDを扱っている者からすると、
100枚のCDを研磨するだけで300分(6時間)かかる事になります。


それも3分おきに間をおかずディスクを交換しての6時間ですからね。


正直言って、これは「苦痛」以外の何物でも無いです、、、。


もちろん、その労力をかけた分だけのメリットもあるのでしょうが、
今現在の時点で、キズやスレがあるCDが強いて、


「売れない」


という状況ではないですし、かと言って、
キズ1つ無い新品同様のCDが極端に売れるわけでもありません。


突き詰めて言ってしまうと、


「欲しい人が現れれば、キズがあっても買う人は買っていく」

「欲しい人が現れなければ、キレイなCDでも売れないものは売れない」



というのが現実ですので、私は研磨機を使って、
1枚1枚のCDをピカピカにしていく工程そのものが、


「わりに合わない(=無駄な労力)」


だと思ってしまうというのが率直なところなわけです。


とくに私の場合はプレミアが付いたCDを買い占めて、
その相場を吊り上げて転売していくという方法で稼いでますから、
強いて自分が扱うCDのディスク状態(コンディション)を、
そこまで良いものにしていなくても、CDは普通に売れています。


基本、競合するようなCDを買い占めによって排除し、
自分のCDのみを単独で売っていくような戦略を取っているからですね。


もちろん、再生に支障があるレベルのキズがあるCDなどは、
もはや商品として「売り物にならない」という判断になりますが、
そこまでのレベルでなければ、大半のお客さんは
ディスクの細かいキズやスレをそこまで気にしない人の方が多いです。


ごく一部のディスクコンディションを気にするようなお客さんの為だけに、
全てのCDを研磨していく労力が普通に「無駄」という事です。


そういう人が市場の大半を占めるというなら、
研磨機を導入してディスクを研磨していく意味もあると思いますが、
現実として、そこまでキズやスレを気にしている人はそう多くありません。


私が扱っているような1枚数千円、数万円のプレミアCDでさえ、


「ディスクに再生に支障が程度の小さなキズがあります」


という事を表記していても普通に売れているような状況ですので、
プレミアの付いていないような普通の音楽CDであれば、
尚の事、キズやスレをそこまで気にする人はいないんじゃないかと思います。


もちろん、人によっては使っているせどらーさんもいると思いますが、
その労力に見合うだけの対価を手に出来ているのかは疑問ですね。


あえて「傷だらけで酷い状態です」というCDを仕入れて、
それを研磨して転売しているようなやり方をしているなら別ですが
とくにそうではないなら、私はとくに不要なんじゃないかと思います。


尚、この辺りの考え方は、以前に言及している、


「CDのせどり、転売でCDケースの交換はした方が良いのか」


という話にもそのまま共通して言える部分ですね。


もし、興味があれば、こちらも併せて参考にしてみてください。

>CDのせどり、転売でCDケースの交換はアリか無しか。


以上、今日はCDのせどり、転売における研磨機の必要性についてでした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年12月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

CDせどり講座:再生確認、コンディションチェックはどこまでする?

れお☆です。


私が主に取り組んでいる


「音楽CDのせどり・転売」


において、


『商品(CD)の再生確認はするべきか。』

『コンディションチェックはどこまでやるべきか。』



というご質問を比較的よく頂きますので、
今日はその「必要性」や「度合い」などについて、
講義していきたいと思います。

再生確認、コンディションチェックはどこまでする?


まず、率直に「私はどうしているのか」という点で、
基本的に私は「再生確認」は、ほぼしていません。


仕入れたCDをCDプレーヤーやパソコンなどに入れて、


「きちんと再生できるか」

「音飛びがないか」



というような再生チェックはまずしていないという事です。


理由は、主に以下の4つです。


・全て再生チェックしていくのは物理的に不可能だから

・結局、9割以上のCDは問題なく再生できるから

・万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいいから

・故にそれを行っていく労力が結局のところ「無駄」だから



一応、1つ1つ、補足していきます。


全て再生チェックしていくのは物理的に不可能。


まず、毎月ウン百枚、ウン千枚単位、
毎日何十枚単位のCDを仕入れて売買していく以上、
全てのCDを再生チェックしていくのは物理的に不可能です。


CDアルバム1枚でも、しっかりと再生チェックをするなら、
それだけで約1時間もの時間がかかるわけですからね。


「仕事をしながら、ただ再生させておけばいい」


という話でも、1時間に1枚、CDを常に交換して、
再生チェックし続けるというのは非常に大変ですし、
再生時間が短いCDは交換も頻繁になるので更に大変です。


かと言ってプレーヤーを複数用意して一気に再生しても、
肝心な「音飛び」があった場合などに聞き逃すかもしれません。


となると、1台のプレーヤーでまともにCDを再生して、
1枚1枚を1日24時間という時間内でチェックしていくのは、


「物理的に不可能」


というのが現実なわけです。


取り扱うCDが多くなればなるほど、
まともにこれをやっていくのは
普通に「不可能」になっていくわけですね。


少なくとも、私は「睡眠時間」を削ってまで、
強いてやるような事でもないと思っていますので、


「物理的に不可能だし、やる意味も無い」


というのが私の率直な考えで、


「意味がない」


と思うのは、次の理由が「そう思う理由」に当たります。


結局、9割以上のCDは問題なく再生できる。


結果論で言えば、これが一番大きい要因です。


再生に支障があったり、音飛びがあるようなCDは、
アマゾンやヤフオクなどで「中古CD」を仕入れていっても、
そうお目にかかれるものではないのが現実なんです。


要するに、ほとんどのCDは結局のところ、
普通に何の問題も無く再生できてしまうわけですね。


少なくとも、私はこれまで何万枚とCDを転売してますが、


「再生に支障がありました!」

「音飛びが酷いです!」



みたいなクレームを貰った事は、ほとんどありません。


結局、再生確認をせずにCDを転売してますが、
ほぼ全てのCDが問題ない状態なので、
結果論として、そういうトラブルには至っていないわけです。


逆にそのような


・再生に支障があるCD

・音飛びがあるCD



などは、仕入れの段階でそういう可能性がある旨が
商品情報の注意書きで普通に書かれていたりします。


または、CDの盤面を実際に見てみると


「目に見えて明らかな大きなキズ」


などが見て取れますので、
厳密に再生チェックなどをしなくても、


「ちょっと怪しいCD」


は傍目で見て、普通に分かります。


ですので、私は商品を出品していく際の
最低限のコンディションチェックの際にのみ、
盤面の方をサッと見て、


「これはちょっと(再生が)怪しいぞ」


と思ったものだけ、一応チェックするようにしています。


ただ、その「怪しさを感じる傷の度合い」としては、
よほど大きな傷がない限り、再生に支障はなく、
そこそこの傷があるくらいで、音飛びなどはまずしません。


そこは少し経験をしていく、


「これくらい傷があっても、大丈夫なものなんだな。」


と、感覚的に分かってくると思います


ですので、本当に再生に支障がありそうなレベルの、
かなり酷い傷などが無い限りは再生チェックはしてません。


それこそ何百枚に1枚、するかどうか、くらいです。


ですが、それくらいの「ザックリとした基準」で、
多少の傷があるくらいのCDは


「たぶん大丈夫だろう」


と判断して転売していますので、大半は実際に大丈夫でも、


「大丈夫じゃないCD(音飛びがあるCD)」


が。その中に「ある」という可能性はゼロとは言い切れません。


ですが、その「可能性」を含めて考えても、
やはり再生チェックは「不要」だと思うわけで、
私がそのように思う理由が「次の理由」です。


万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいい。


万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいい。


言ってみれば、ただそれだけの話で
いざ取引した後にお客さんが、


「CDが再生できないんですけど!」

「音飛びがあったんですけど!」



と言ってきたら、返品、交換に応じていけばいいんです。


どうせ、滅多にある事ではありませんので、
何百、何千の取引の中で、1件、2件、
こういう事があっても何の支障もありません。


しっかりと、返品、交換に応じていけば、
取引で「悪い評価」をしていくる人はほぼいませんから、
万が一の場合は誠実に対応していけばそれでいいという事です。


結局、最悪ケースで、そういうトラブルがあれば、


「返品、交換に応じればいいだけの話」


なので、最悪、それで済むレベルのトラブルを避けるために、
膨大な量のCDを再生確認していく「メリット」が、
私としては普通に「無い」と思うわけですね。


要するに4つ目に挙げた理由が、そのまま
この理屈そのものであるという事です。


故にそれを行っていく労力が結局のところ「無駄」


結局はこれが結論ですよね。


その労力を考えて、損得を考えるなら、


「そんな細かい再生確認をするだけ無駄(無益)」


だと思うので、私は「やっていない」わけです。


もちろん、商品を実際にヤフオクやアマゾンに出品する際は
最低限、その商品の「状態」は表記していきますので、


・CDの盤面に傷はないか

・ケースに傷はないか

・歌詞カードは綺麗か

・付属品は揃っているか



これくらいはサッと確認はしていきます。


ですが、強いて行っているコンディションチェックはこれくらいで
この際に、よほど盤面に再生に支障がありそうなレベルの、
目に見えて明らかなキズがない限りは再生チェックはしていません。


理由は先ほど述べてきた、


・全て再生チェックしていくのは物理的に不可能だから

・結局、9割以上のCDは問題なく再生できるから

・万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいいから

・故にそれを行っていく労力が結局のところ「無駄」だから



といったものです。


取り扱っているCDが少ないようなせどらーさんや、
神経質なせどらーさんは、転売の際に1枚1枚、
しっかりと再生チェックをしている可能性もありますが、


「労力に対しての費用対効果」


を現実的に考えるなら、上記のような理由で、
CDのせどり、転売で1つ1つ再生チェックをしていくのは、
私は普通に「無益」だと思います。


あえて無益な事をやる必要は無いと思いますので、私は


「いざトラブルがあれば返品・交換に応じていけばいい」


という考え方でやっていますね。


実際、これでほぼトラブルなどはありませんので。


是非、参考にしてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

CDケースの交換は、せどり、転売でアリ?無し?

れお☆です。


私は主に「音楽CD」の転売で生計を立て、
その「せどりノウハウ」を教示する教材の販売や、
実際の「転売」におけるコンサルなどをやっているのですが


『CDケースの交換はした方がいいですか?』


というような質問をコンサル生の方からよく頂きます。


今日はそんなCDのせどり、転売における、


「CDケースの交換はアリか無しか。」


について、言及していきたいと思います。

CDのケース交換はせどり、転売でアリ?無し?


CDを転売していく際、


・CD(ディスクそのもの)
・ジャケット(歌詞カードなど)



などは、どうやっても交換のしようがありません。


ですが、その中で唯一「CDケース」だけは、
実質的に「新しいもの」と交換する事ができるんです。


アマゾンなどでこのような新品のCDケースが
普通に10枚500円くらいで売られているんですね。





普通に考えて「古いケース」が「新しいケース」になる分には、
消費者側には何のデメリットもない事のように思えるかもしれません。


ですが、このCDケースはCDによって若干の違いがあり、
また、市販の新品ケースもモノによって少々の違いがあるんです。


基本、CDやジャケット(歌詞カードなど)の大きさは
一律されたサイズになっているため「交換」は可能なのですが
厳密に言えば「ケースの仕様」が少し変わってしまうわけですね。


そして、そのような「ケースが交換されたCD」を
CDを買う側、買おうとする側がどう捉えるのか。


ポイントは、まさにそこだと思います。


その点で、私が扱っているプレミアが付いたCDなどになると、
そういうCDを欲しがる人は「CDケース」も含めて、


「正規で売られていた状態のCDでなければならない」


というレベルのコレクターも少なからずいるのが現実です。


ですが、そのような人は全体のごく一部なのも実状ですので、
全てのプレミアCDを欲しがるような人達が
そこまでケース交換されたCDを嫌がるわけでもありません。


要するに、


「ケース交換されたCDをどう捉えるか」


は「人による」というのが現実であり、
絶対数的には「気にしない人」の方が多いと思います。


この手のCDを購入する人の多くが気にするのは


「CDの盤面に傷などはないか(ちゃんと聞けるか)」
「歌詞カードなどのジャケットの状態は良いか」



などが主なところで、CDケースの状態までは、
そこまで気にしていない人の方が圧倒的に多いです。


それこそCDケースは1枚50円くらいで、
新品のものに交換できる事を誰もが普通に認識しているため、


「そこまで拘る必要がない」


というのが現実なんですね。


そこに拘るくらいなら、それこそ「交換」のしようがない、


「CDの盤面に傷などはないか(ちゃんと聞けるか)」
「歌詞カードなどのジャケットの状態は良いか」



といったところに拘る方が明らかに意味がありますので
CDケースの状態にまでそこまで拘る人は、そうはいません。


逆に言えば「CDケースの状態に拘る人」は


「市販されていた状態のCDでなければならない」


という拘りをCDケースも含めて持っているような人ですので、
そのような人に対しては、CDケースの交換はむしろ逆効果です。


つまり、CDのせどり、転売において、


「CDケースを交換して転売する」


という行為は、強いてCDケースの状態に拘る人には、
むしろマイナスでしかないというのが現実であり、


「CDケースに拘らない人にちょっとしたお得感があるだけ」


というのが実状と言えます。


言っても「1枚50円くらいで新品換えられるもの」を
予め、こちらで交換して転売しているだけ・・・ですからね。


CDケースの新品の交換がそれくらいで出来るのは、
もはや普通に周知されているような事ですから、


「ケースを新品にしておく事でCDが高く売れる」


というほどのプラス効果は、ほぼ無いのが現実だと思います。


CDケースに拘る人にとっては逆効果である以上、
その効果は「ケースの拘らない人」に対しての
ほんの少しの「お得感」でしかないのが現実だからです。


CDのケース交換はせどり、転売でアリ?無し?結論。


というわけで、CDのせどり、転売におけるCDのケース交換は、


『強いて「無し」ではないものの、さほど効果的でも無い』


というのが現実ですので、せどり、転売の規模が大きくなるほど、
扱っていくCDの枚数も増えていきますから、


「1枚あたり50円のケースの交換料」


も決して馬鹿にならない金額になっていきます。


その50円で、それ以上のプラスが出るなら


「大いにアリ」


なのですが、実際はそこまでの違いは出ません。


むしろ「少数派」ではあるものの、CDケースも含めて、


「市販されていた状態のCDでなければならない」


という拘りを持っている人に対してマイナスになる分、


「プラスマイナスゼロ」


なのが現実なんじゃないかと思います。


そう考えると、新品のケースを購入して、
実際にそのケースを交換して・・・という手間がかかる分、
私は単純にその労力分が「損(無駄)」という考えです。


それこそ、取り扱うCDの枚数が多くなってくると、
その交換の手間も決して馬鹿にはならなくなりますので、、、。


ただ、仮にCDケースに大きな「ヒビ」や「割れ」がある場合などは、
ヤフオク、アマゾン、どちらで転売していくにしても、


「CDケースにヒビがあります」
「CDケースに割れがあります」



という事を表記しなければトラブルになりますが、
実際にこのような表記をしてしまうと、


「CDケースにさほど拘りのない人」


に対しての「印象」もかなり悪いものになってしまうため、
CDそのものが売れにくくなってしまう可能性も否めません。


そのような明らかなレベルでケースに難があるCDに限っては、
ケースを新品に交換して転売していくようにするだけで、


「ケースの交換代金(50円)以上の費用対効果」


を得ていく事が出来る余地は十分にあると思います。


ですので、私のお勧めする流れとしては、
基本的にはケース交換などはしない方針を前提とした上で、
CDケースに大きな「ヒビ」や「割れ」があるなど


「極端にCDケースの状態に難があるCD」


のみ、ケースを交換して転売していくようにする事です。


転売の効率性などを考慮していく限りでも、
このような流れが普通にベストだと思いますので、
CDのせどり、転売を行っていく際は参考にしてください。


今日は「CDケースの交換」についての講義でした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年11月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

アマスタ(株式会社プロモード、山本哲也)レビュー

れお☆です。


先日、私がせどりノウハウを教示しているコンサル生の方から、


「こういうツールは使った方がいいですか?」


というご質問を頂いたものがありました。


アマスタ/http://ama-sta.com/


このアマスタというツールは、端的に言えば、


「アマゾンの評価を高める為のツール」


であり、


「アマゾンで商品を購入してくれたお客さんに対して、
 評価を依頼するメールを自動送信していく」



というツールなのですが、
そもそもこのようなツールに「意味」があるのか。


アマゾンの「評価」は「売上」に繋がるのか。


そういうところも含めて、この


「アマスタ」


というツールを取り上げてみたいと思います。

アマスタ(株式会社プロモード、山本哲也)レビュー


まずこの「アマスタ」というツールについては、
ツールそのものの性能やら有効性やらのポイント以前に
そのセールスレターに書かれている事自体、


「突っ込み」


を入れたいところが全般的に多かった印象です。


ですので、そこに書いているある事をそのまま真に受けて
このようなツールの「必要性」を感じているようなら、
そこは何点か「認識」を改めた方がいいところがあります。


例えば、このツールの根幹となっている、


「Amazonアカウントの評価が売上に繋がっている」


というところについても、
これは一理あるところでもありますが、
一概にそうとは言えない側面もある部分なので、


「そうなんだ。」


と、そのまま真に受けるのはちょっと違います。


一応、このアマゾンの評価と売上の関係については、
以前のこちらの記事でその関係性を言及していますね。

>ヤフオク、アマゾンの「評価」と売上の関係


この記事で言及しているポイントから結論付ければ、
ヤフーオークションにしてもアマゾンにしても、


「悪い評価の多い出品者は敬遠される」


というところが大きく、悪い評価がマイナス要素になるだけで、
良い評価がそこまで売上を伸ばす要因になるわけでは無いんです。


それこそ、この「アマスタ」の販売ページでも、


『商品購入者の約60%が商品を購入する際
 インターネットの評価やレビューを気にする。』



という事を強調して以下のようなデータを掲載していますが、
これと「出品者の評価」云々の話は普通に無関係だと思います。





このアンケートはあくまでも、


「その商品を購入する際、その商品の評判を気にする」


という事を表すアンケート結果であって、
その際に「商品を出品している人の評価」を気にする、
チェックするというアンケート結果ではありません。


要するに、このアンケート結果と、


『Amazonアカウントの評価が売上に繋がっている』


という理屈は普通に「無関係」なわけです。


ただ、それでも私がこの理屈に「一理ある」と言ったのは
この「アマスタ」の販売ページでも言及されている、


『Amazonの購入利用者の90%は
 「カートに入れる」を押して購入している。』



というところには「ある程度の信憑性」があるからです。


ここで言う「カートに入れる」というのは、
アマゾンの全ての商品ページにある以下のボタンの事ですね。





事実、アマゾンで買い物をしている多くの人が、上記の


「カートに入れる」


のボタンをクリックして商品を買っている傾向にあるという事です。


この「アマスタ」の販売ページに記載されている、


「90%の利用者がこのボタンをクリックして買い物をしている」


という数字には何の「裏付け」もないため、
この90%という数字はかなり盛っている印象ですが、
実際にアマゾンで買い物をしている多くの利用者が
このボタンから商品を買っているという事は間違いありません。


むしろ、この話をしている今の時点でも、


「え?それ以外の買い物の仕方があるの?」


と思っているような人は決して少なくはないと思います。


アマゾンにおける「カートに入れる」ボタンの位置付け。


これはこの「アマスタ」というツールの、
それこそ根幹となる部分でもありますので、
もう少し詳しく言及しておきます。


そもそもアマゾンというサイトは1つの商品に対して、
多くの出品者が各自金額を設定して販売を行ってますので
消費者側は「どの出品者から商品を買うか」を選ぶ事が出来ます。


それが新品の商品であれば強いて「選ぶ」余地などなく


「最安値」


で商品を売っている出品者を選択すると思いますが、
中古品の場合は「状態(コンディション)」も踏まえて、
金額との折り合いが一番良い商品を選べるわけですね。


基本、アマゾンは「そういうサイト」なので、
その1つ1つの商品に対して、


・どういう出品者が

・どういった状態の商品を、

・いくらで出品しているのか



を併せて確認できるページがあり、
アマゾンでよく中古品などを購入するような人は、
そのページで「出品者」を選んで商品を購入していきます。


先ほどのキャプチャ画像で言えば、
以下赤枠の部分から入れる以下のようなページですね。







要するに、アマゾンで買い物をする際は、
先程示したような商品の詳細ページの右側にある


「カートに入れる」


というボタンをそのままクリックして買い物をする流れと、
上記のような「出品者の一覧情報」から各出品者が出品する商品の、


「状態」「金額」


などをチェックして買い物をしていく流れがあるという事です。


普通に考えれば「出品商品の一覧ページ」を確認し、
そこから商品を選んでいく流れが普通のように思えますが、
意外に「この事」を認識していない人も多いようで、


「カートに入れる」


のボタンをダイレクトにクリックして買い物をするという人は、
アマゾンを頻繁に利用している人でもわりと多い傾向にあるわけです。


その上で、この「カートに入れる」ボタンは基本的に、
その商品を出品している出品者のいずれかの商品と連動しています。


故に、この「カートに入れる」のボタンと自分の商品を連動できれば
その分だけ、自分の商品を「売り易くなる」という事です。


その上で、この「アマスタ」の販売ページでは、
この「カートに入れる」のボタンに対し、
自分の出品している商品を連動させる条件として、


・最安値の商品

・FBA(アマゾンの代理発送)を利用した商品

・評価の高いストア(出品者)の商品



この3つが基準であるとしています。





ですが、この「基準」を示しているものも、
かなり都合のいいように情報を盛っている印象で、
実際に「カート」のボタンに商品を連動させる条件は


「最安値を取る」


という基準が8~9割ほどを占めています。


次いで「FBAの商品が優先される」という基準がプラスα加わり、


「評価の高い出品者の商品」


という基準は、その更に「二の次レベル」のものでしかありません。


これは実際にあらゆる商品のカートの状況を見れば普通に分かる事で
約9割の「カートに連動している商品」は最安値の商品であり、
稀にFBAの最安値の商品が優先されている場合があるくらいです。


その中で、FBAを利用した最安値の商品が
全く同じ条件で重複しているような場合に、
ようやく高い評価の方が優先されているのが現実ですね。


要するに「出品者の評価」はさほど重要な基準ではないという事です。


「カートの取得」と「評価」はほぼ無関係。


故に、この「アマスタ」の販売ページで言われているような


『アカウントの評価を高めればカートを取得できて売上増に繋がる』


という理屈は、残念ながらほぼ「的外れ」なのが現実です。


ですので、アマゾンを利用した「商品の売れ行き」に関しては、
カートの取得云々を含めて、出品者の評価はあまり関係ありません。


そして、その「評価を高める理屈」についても、
この「アマスタ」のセールスレターでは、


『Amazonで購入者様から評価を頂けるのは多くて1~2%』


という数字が出て来ていますが、この数字にも何の根拠も無く、
実際にアマゾンを利用している私の経験則的にも、
消費者の方から評価をもらえる確率はそこまで低くはありません。


何だかんだで、5~10%くらいで評価は普通にもらえます。


一応、この「アマスタ」というツールは、
その評価を貰える確率を高める為の「対策」として、


「商品を購入してくれたお客さんに評価依頼のメールを送る」


というプロセスを自動化できる事を「ウリ」にしていますが、
その「効果」として強調されている具体的な数字は、


『評価依頼メールで評価を貰える確率が8~10%増加する』


という程度のものなので、それくらいの確率で評価をもらうだけなら、
とくに何もしなくても普通にクリアできてしまうのが現実です。


まあ、アマゾンで商品を出品している人の中には、
その評価を高める為に実際に買い物をしてくれたお客さんに対して、
1通1通、評価を依頼するメールを出している人もいますので、
これがそういう人の労力を軽減できるツールなのは間違いありません。


ですので、既にそういう事をやっているアマゾンの利用者で、
その労力を強いて軽減したいような人であれば、
少なからず「利用価値」があると思います。


あとは「月額1980円」という料金設定に対して、
その「労力の軽減」にそれ以上の価値を感じるか、ですね。


ですが、少なくとも私はアマゾンの評価を全く重要視してませんし、
現実に「出品者の評価」が売上にそこまで直結する事もありません。


そもそもの前提として「評価」を高めれば、
カートを自分の商品に出来るというわけでもないからです。


『Amazonで購入者様から評価を頂けるのは多くて1~2%』


という情報もかなり誇張されたものですし、
とくに「評価依頼」のメールをこちらからしなくても
普通に「評価」をくれる利用者はたくさんいます。


今はアマゾン自体が評価を促すメールを利用者に送っているからです。


ですので、少なくとも私はこの「アマスタ」というツールに、
月額1980円もの価値は「無い」と思います。


それでも強いて「利用価値がある人」を挙げるとすれば
他の出品者と「最安値」を争うような商品を多数扱っている
FBAを利用している出品者くらいじゃないしょうか。


そういうような商品を多数扱っている人であれば、
評価を高める事が「カートの取得」に繋がる余地がありますので。


そういった視点での「利用価値」としても、
私のせどりノウハウ「せどりインサイダー」で扱う


「プレミア価格が付いた中古品」


などは基本的に「中古品」しか取り扱いがないせいか、


「カートに入れる」


というボタン自体が以下の通り存在しません。




通常の商品であれば、


「カートに入れる」


というボタンが表示されるはずのところに、


「すべての出品を見る」


というボタンが表示されているのが分かりますね。


このような「中古品」のみの商品に関しては、
アマゾン側が「状態(コンディション)」と「価格」を見て、
そこから任意の商品を選んで購入させるように配慮しているわけです。


ですので、私のような


「プレミア価格が付いた中古品」


を中心に扱っているような利用者としては、


「カートに自分の商品を連動させる」


という事を意識する必要性そのものが無いため、
根本的に「評価」を気にする必要も無いわけです。


よほど自分が取り扱っている商品の多くが、


「同じ金額の最安値」


でカートを奪い合うような状況ではない限り、
このようなツールは私はとくに「不要」だと思いますね。


逆にそういう商品ばかりを扱っている状況にあるような人であれば、
月額1980円以上の利用価値を見出せるのかもしれません。


「自分はそこに該当するかも。」


という人は、一応初月の1カ月は無料で利用できるようなので、
どれくらい評価に差が出るか試してみてもいいかもしれませんね。


正直、私はそこまで変わらない気がしますが・・・。


以上、せどりツール「ama-sta(アマスタ)」のレビューでした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年11月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

アマゾンの「カートの取り方」と「評価」の関係。

れお☆です。


アマゾンで商品の転売、販売を行っていく際、
その売れ行き、売上の向上を図る上で、


「カートを取る事」


をポイントの1つに挙げている人が多いようなので、
今日はこの「カートの仕組み」を言及してみたいと思います。

アマゾンの「カートの取り方」とその仕組みについて。


アマゾンで買い物をする時は、
まず欲しい商品を「カート」に入れていきます。


そして、その「カート」に入れいった商品を、
一気にまとめて「購入」していくわけです。


商品を「カート」に入れて「レジ」へ持っていく。


そんなイメージで買い物ができるわけですね。


その際、アマゾンで商品を「カート」に入れる場合は、
アマゾンの各商品の詳細ページに掲載されている、
以下のボタンを押していくのが一般的です。





アマゾンを利用している多くの人が、


「カートに入れる」


という上記のようなボタンをクリックして、
欲しい商品をカートに入れて買い物をしているわけです。


むしろ、この話をしている今の時点で、


「え?それ以外の買い物の仕方があるの?」


と思っている人も普通に多いんじゃないかと思いますが、
アマゾンで商品を「カート」に入れていく流れは、
上記のボタンを介したものが「全て」ではありません。


そもそもアマゾンというサイトは1つの商品に対して、
多くの出品者がそれぞれ金額を設定して販売を行ってますので


「どの出品者から商品を買うか」


を自ら選んでいく事が出来るサイトなんです。


アマゾンに掲載されている全て商品において、


「どの出品者がどのような状態の商品を、
 いくらの金額で出品(販売)しているか」



を一通り確認できる一覧ページがあり、
利用者はその一覧から任意の商品を選べるわけですね。


先ほどのキャプチャ画像で言えば、
以下赤枠の部分から入れる以下のようなページが、
その商品の出品状況を一覧で確認出来るページになります。




▼▼▼




要するに、アマゾンで買い物をする際は、
先程示したような商品の詳細ページの右側にある


「カートに入れる」


というボタンをそのままクリックして買い物をする流れと、
上記のような「出品者の一覧情報」から各出品者が出品する商品の、


「状態」「金額」


などをチェックして買い物をしていく流れがあるという事です。


仮にそれが新品の商品であれば、


「最安値」


で商品を売っている出品者を選択するものと思いますが、
中古品の場合は商品の「状態(コンディション)」も踏まえて、
金額との折り合いが一番良い商品を選ぶ事も出来ます。


基本、アマゾンは「そういうサイト」なわけです。


ですが意外に「この事」を認識していない人も多く、
出品商品の一覧ページを何ら確認する事もなく


「カートに入れる」


のボタンを直にクリックして買い物をしているような人は、
アマゾンを頻繁に利用している人の中にも多い傾向にあります。


その上で、その「カートに入れる」のボタンは


「その商品を出品している出品者のいずれかの商品」


と連動している為、このボタンと自分の商品が連動していれば
その分だけ、自分の商品が売り易くなるんです。


「カートに入れる」


のボタンをクリックして、
その商品を購入する人が出て来る度に、
自分の商品が売れていく事になるからですね。


このような「カートに入れる」のボタンと、
自分の商品を連動させていく事が


「カートを取る」


という事であり、アマゾンでの商品販売においては、
この「カートを取る事」が売上増に繋がると言われています。


アマゾンで「カート」を取る為の3つの基準


その上で、アマゾンにおける「カート」は、
以下の3つの基準で取る事が出来ると言われています。


・最安値の商品

・FBA(アマゾンの代理発送)を利用した商品

・評価の高いストア(出品者)の商品



ただ、実際にアマゾンで「カート」を取れている商品は、
その9割以上が「最安値の商品」なのが現実なので、
実質的な「カートを取る為の基準」は、


「商品の最安値を取る事」


と捉えて問題ありません。


ただ、稀に例外となっているケースが、
2つ目に基準として挙げた


「FBA(アマゾンの代理発送)の利用」


であり、その商品によっては、


「FBAを利用している最安値の商品」


がカートを取っているケースもあるようです。


その上で3つ目の基準として挙げた、


「出品者の評価」


は、最安値の金額を設定している出品者が複数いる場合で、
その出品者の両方がFBAを利用している場合などに、


「評価が高い出品者の商品」


がカートを取れている傾向にあります。


ですので、カートを取る為の主な基準は


「最安値を取っているFBA商品」


という事であり、そこにプラスαの基準として、


出品者の評価


という条件が二次的に採用されているという事です。


とは言え、アマゾンを利用して商品を販売していく以上は


「最安値を取る為の商品の価格競争」


は完全に避けては通れないものですので、
そういった局面で言えば「出品者の評価」も
カートを取っていく上で重要な要素になり得ます。


そういった二次的な基準も含めて、
アマゾンで「カート」を取っていくには、


・最安値の商品

・FBA(アマゾンの代理発送)の利用

・出品者の評価



この3つが主なポイントになってくるわけですね。


やはり「FBA」は利用するべき?


ここまでの話を前提に踏まえると、


「FBAを利用した方がカートを取り易い」


という点で、アマゾンでの商品の販売においては、
FBAの利用が有利であるように思えてきます。


ですが、これは一概には言えないところで、
例えば私の「せどりインサイダー」で扱っているような


「プレミア商品が付いた中古品」


などは基本的に「中古品」しか取り扱いがないせいか、


「カートに入れる」


というボタン自体が出て来ません。




通常の商品であれば、


「カートに入れる」


というボタンが表示されるはずのところに、


「すべての出品を見る」


というボタンが表示されているのが分かりますね。


このような「中古品」のみの商品に関しては、
アマゾン側が「状態(コンディション)」と「価格」を見て、
そこから任意の商品を選んで購入させるように配慮しているわけです。


ですので、私のような


「プレミア価格が付いた中古品」


を中心に扱っているような利用者としては、


「カートを取る」


という事を意識する必要性が無いわけです。


ですので、カートを取得する為のポイントとして挙げられる、


「FBAの利用」

「評価集め」



などは、自分が取り扱っている商品によって、
その必要性、優位性の有無も変わってくるという事ですね。


少なくとも、私の「せどりインサイダー」のように、
プレミアが付いた「中古品」を主に扱うようなせどらーは、


「カートを取る」


という事自体を気にする必要は無いという事です。


是非、参考にしてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年10月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

ヤフオク、アマゾンの「評価」と売上の関係

れお☆です。


私はヤフオクとアマゾンの両方のサイトを利用して、
プレミア音楽CDの転売で生計を立てつつ、
自身のノウハウを教示するコンサルなどもやっているのですが


「これから初めて、せどりにチャレンジする。」


という人の中で、これまでヤフオクやアマゾンなどを、
個人的にも一切利用してきた経験が無いような人は、
当然ですが、そのアカウントを「新規」で取得していく事になります。


・ヤフーオークションで仕入れや出品を行うアカウント(利用者ID)

・アマゾンで商品を出品していくアカウント(利用者ID)



このような利用者ID(アカウント)を取得し、
実際にそのアカウントで商品の転売をしていく事になるわけです。


ただ、そこで初めてヤフオクやアマゾンを利用されるような人の中には、
両サイトにおける「評価」のシステムを知り・・・


「新規のユーザーから商品を買ってくれる人なんているのだろうか。」

「アカウントの評価が低い状態では商品が売れないのではないか。」



と思ってしまい「評価」の事がとにかく気になってしまい、


「どうすれば評価をいち早く高められるのか」


を模索していくような人も決して少なくはないようです。


ですが、そもそもヤフオク、アマゾンにおける「評価」は、
そこまで商品の売れ行きや売上に影響するものなんでしょうか。


今日は、その辺りが「実際どうなのか」というところを、
その「客観的な傾向」に私の経験則も踏まえて言及しておこうと思います。

ヤフオク、アマゾンの「評価」と売上の関係


まず、それぞれのサイトの利用者が実際に、
その出品者の「評価」を気にしている度合いとしては、


ヤフーオークションの利用者はかなり評価を気にする傾向


にあり、対して、


アマゾンの利用者は、あまり評価を気にしない傾向


にあります。


やはり、ヤフオクは「個人間の取引」が前提のサイトですし、


「オークション詐欺」


というような言葉も横行していて、
実際にそういう詐欺が無いわけではない為、
ヤフオクの利用者は普通に「評価」を気にする傾向にあるようです。


何より実際の商品の詳細ページを見ても、
出品者の評価は利用者の目に入るところに表示されている為、
ヤフオクの場合は商品情報の確認時、普通にその情報が目に入ります。




対してアマゾンの方はその利用者の多くが基本的に
個人間で取引をするサイトという認識、イメージを持っておらず、


「アマゾンの取引で詐欺にあった」


という話もほぼ聞いた事はないと思いますし、
現にヤフオクほど、そういうトラブルが無いのが現実な為、
そこまで利用者側が商品を買う事自体に「警戒心」を持ってません。


何より「出品者個々の評価」というもの自体の認識が無い人も多く、
商品は全てアマゾンが売っている商品だと思っている人も多いようです。


アマゾンで売っている商品 = アマゾンが売っている商品


という認識なので「商品のレビュー」などの評価は気にしても、
その「出品者の評価」は気にも留めない人が多いわけですね。


そして実際に商品の詳細ページを見ても、
出品者個々の評価はとくにどこにも記載されていません。




基本的にアマゾンで商品を出品している出品者の評価は、
以下のようなその出品者の一覧を観覧できるページに進まない限り、
その評価そのものを確認する事も出来ないわけです。




そしてその「評価」を示す数字も、


「過去○カ月で○%の高い評価」


という形で表示される為、そこまで「悪い評価」が目立ちません。


それこそヤフオクの場合は、1000件の「良い評価」があっても、
10件の「悪い評価」があるだけで、一部の利用者は、
その「悪い評価」の数字をかなり気にする傾向にあります。


「過去、10件もトラブルがあった人」


という見方をする傾向にあるからです。


ですがアマゾンの場合は同じ比率だった場合、


「過去○カ月で99%の高い評価」


となる為、見た目としても全く悪い評価が気になりません。


それこそ「1000件中100件の悪い評価」があったとしても、


「過去○カ月で90%の高い評価」


になりますので、これでも大半の人は気にしないと思います。


ですが、これがヤフオクなら、まずそのような
100件もの悪い評価が付いている出品者は、
かなり高い確率で取引を敬遠される事になります。


「過去、100件ものトラブルを起こした人」

「10件に1件はトラブルになっている人」



という見方になるからです。


まあ、厳密には


「過去○カ月で90%の高い評価」


でも、確率論(10件に1件)としては同じ事なのですが、


「90%の高い評価」


という表示では、そうそう気にならないのが人間心理というもので、
そういうところも含めて、アマゾンはあまり評価を気にされません。


よって、アマゾンでの商品の出品や転売に関して言えば、
そこまで「評価」を高める事を気にする必要はないと言えます。


基本的に大半の利用者はそこまで評価を気にしてませんし、
多少悪い評価が付いてしまったとしても、


「過去○カ月で○%の高い評価」


という感じで表示されるだけなので、
心理的にも悪い評価が気にされない傾向にあるからです。


もちろん、中には気にする人もいるかもしれませんが、
ほぼ少数派であると捉えて大丈夫です。


これは「新規」のうちも同じですので、
そこから1件でも「良い評価」をもらえれば、その時点で、


「過去○カ月で100%の高い評価」


になりますから、その時点で「新規」の表示は消える事になります。


何よりアマゾンはヤフ―オークションほど、
買い物をした消費者側が出品者を評価する事が習慣付いていない為、
取引をすれば必ず評価が付くというわけでもありませんから、
根本的に気にしなくていいくらいだと思います。


誠実な取引をしていれば、まず悪い評価は付きませんし、
良い評価が付けばラッキーくらいの捉え方で十分です。


逆にヤフーオークションは「評価する事が当たり前」なので、
落札者としても、出品者としても、実際に取引をすれば、
評価は勝手に増えていく事になります。


ヤフオクは確かに評価を気にするユーザーが多いですが、


「とにかく評価が高いユーザーが信用される」


というよりは、


「悪い評価が付いているユーザーが敬遠される」


という感じなので、とにかく悪い評価さえ付いていなければ問題ありません。


5件でも10件でも「良い評価」が付いていて、
そこに「悪い評価」が無ければ、良い評価が100個、
1000個と付いているユーザーと同等に取引していく事が出来ます。


良い評価の多さはハッキリ言ってあまり関係なく、
とにかく「悪い評価」が敬遠される傾向にあるという事です。


さすがに評価が「新規」の段階では少し敬遠されますが
ヤフオクはアマゾンと違って、商品を落札して取引していくだけでも、


「落札者としての取引」


で「良い評価」を集めていく事が出来ますから、
まずは「仕入れ」の方で評価を幾つかもらっておけば、
その「仕入れの評価」で十分に敬遠などはされなくなります。


厳密には、落札者としての評価と出品者としての評価は分けられていますが、
そこまで評価の内訳を気にしているユーザーは少数派です。


少なくとも、悪い評価さえ付いていなければ、
その内訳を気にされるような事もほとんどありませんので。


ヤフオク、アマゾンの「評価」と売上の関係。まとめ


ヤフオク、アマゾンの「評価」と売上の関係。


利用者が実際に「評価」を気にする度合いをまとめると、


・ヤフオクの利用者は評価をかなり気にする。

・アマゾンの利用者は評価をほとんど気にしない。



まず、これが実際の傾向であり、
アマゾンの方は、多少悪い評価が付いたとしても、


「過去○カ月で○%の高い評価」


という表示形式などから、そうそう売れ行きに影響は出ません。


ただ、ヤフオクは評価の高さ(良い評価の数)よりも、
悪い評価の数がかなりの度合いで重要視される為、


「○個以上、悪い評価がある人とは取引をしない」


といった基準を定めているようなユーザーも少なくありません。


実際、悪い評価が10個、20個と付いていると、
売れ行きへの影響はおろか、仕入れにも影響が出ます。


いざ商品を落札しても「悪い評価が多い」という理由で
普通に取引自体を断られてしまう事もあるわけです。


ですので、ヤフオクの方が評価をシビアに捉えるべきで、
評価が「新規」のうちは売れ行きにも影響がある為、
まずは商品を落札して「良い評価」をもらっておくようにしてください。


ヤフオクは取引をすれば、まず評価をもらえますので、
良い評価を増やす事自体は簡単だと思います。


ただ、どちらのサイトも誠実な取引をしていれば、
そうそう悪い評価などは付きませんので、
当然のマナーを守って利用していけば、
そもそも評価を気にする必要なんて無いはずです。


そういうわけで、


「新規のユーザーから商品を買ってくれる人なんているのだろうか。」

「アカウントの評価が低い状態では商品が売れないのではないか。」



という点に関して言えば、アマゾンはほぼ気にする必要はなく、
ヤフオクはまず「落札者」として良い評価をもらっておけば問題ありません。


とくに、それ以上のレベルで、


「どうすれば評価をいち早く高められるのか」


というような事を気にする必要はなく、
そんな事に時間や労力を注ぐ必要はないという事です。


以上、ヤフオク、アマゾンの「評価」と売上の関係についてでした。


是非、参考にしてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年10月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

おこづかいWAKU湧くアカデミー(小山内裕哉)レビュー

れお☆です。


ここ数日、完全な「在宅せどり系の情報商材」が
インフォトップの売上ランキングの上位に出ていました。


こちらの「おこづかいWAKU湧くアカデミー」という、
ネット完結型のせどりノウハウを提唱している教材です。


おこづかいWAKU湧くアカデミー

http://osa-style.com/wklp/wk-main/


ここ最近は「店舗せどりのノウハウ」を提唱する情報商材が多く、
あまり「在宅系のせどりノウハウ」が出ていませんでしたので、
ネット完結型のせどりノウハウを提唱する情報商材が
こうして新しくリリースされている事自体、久々な気がします。


言わば、私の「せどりインサイダー」のノウハウも、
完全なネット完結型の在宅せどりのノウハウですからね。


ですので、この「おこづかいWAKU湧くアカデミー」は、


「ネット完結型の在宅せどりのノウハウを提唱するもの」


としては「同じ畑のせどり教材」と言えなくもありません。


価格もマニュアルのみの購入プランであれば9800円と、
情報商材としてはリーズナブルでしたので、
早速購入して中身の方もチェックしてみました。


早速、批評も兼ねて取り上げていきたいと思います。

おこづかいWAKU湧くアカデミー(小山内裕哉)レビュー


ネットを介しての「仕入れ」と「転売」が出来てしまう、
今現在のこのご時世で、あえて「商品の仕入れ」を
リアルな店舗で行っていくという行為は、
私的には「効率が悪すぎる」としか思えないところがあります。


ですが、せどり、転売系の情報商材を全般的に見ると、
絶対数的には、そういった「店舗せどりの教材」が多い傾向にあり
私の「せどりインサイダー」や今回取り上げる


「おこづかいWAKU湧くアカデミー」


のような、ネット完結の在宅せどりを提唱する教材は、
実をいうと、そこまで多くはありません。


あったとしても「ネット完結の完全在宅」を前提とするものは、


「輸入」

「輸出」



などの海外からの仕入れや海外への転売を前提とするもので、
国内での転売を前提とする「せどり」の情報商材で、
ネット完結型のノウハウを提唱するものは非常に少ないわけです。


普通に考えれば「在宅で出来るせどりノウハウ」の方が、
明らかに需要があるはずなんですけどね。


ただ、そこには相応の理由も考えられるところで、
この手の「ネット完結型のせどりノウハウ」は、
その情報が多くの人の手に渡り、広まれば広まっていくほど


「そのノウハウを実践する人同士の競合」


が起きてくる事になり、すぐにそのノウハウ自体が
使えないものになってしまうんです。


それが「店舗せどりのノウハウ」であれば、
商品の仕入れは各実践者の各地域に分散される為、
少なくとも、仕入れの段階ではそこまでの競合はおきませんが
その仕入れ対象が「ネット」となれば話は違ってきます。


・商品の仕入れ場所(仕入れをするサイト)

・そのサイト内での稼げる商品の探し方



こういったポイントを具体的に提唱すれば提唱するほど、
そのノウハウを実践する人が同じサイトで、
同じような商品に狙いを定めていく事になる為、
どんどん「仕入れ」が競合していってしまうんです。


要するに、商品を安く仕入れていく事も出来なくなり、
仕入れそのものが出来なくなる可能性があるわけですね。


それが本当に有効なネット完結型のノウハウであるほど、
そのノウハウを「具体的」に公開していく事自体が
大元の実践者の損失にしかならないという事です。


ネット完結型のノウハウを提唱する情報商材というのは、
このようなジレンマを解消する事が1つの課題であるため、


「仕入れや転売のノウハウを具体的に提唱しつつも、
 それを実践する人達同士の競合を回避する事ができる何か」



が必要不可欠になってきます。


ちなみに私の「せどりインサイダー」に関して言えば、


「商品の買い占めによって価格を吊り上げて転売する」


というのが基本のノウハウなので、


「高く売れる商品をいかに安く仕入れるか」

「そういう商品をいかに見つけだして仕入れるか」



といった事は根本として全く配慮しなくてもいいんです。


言わば「ほぼ全てのプレミア商品」をその対象にして、
相場の吊り上げを前提に仕入れを行っていくノウハウなので、
1億円あれば1億円分の仕入れも出来てしまいますし、
10億円あれば、10億円分の仕入れも出来てしまいます。


つまり、私からすれば、私の個人の資金のみでは、
到底、仕入れきれない「おいしい商品」が幾らでもある状況なので、
そもそも先程伝えたような「ジレンマ」と言えるもの自体が
私のせどりノウハウには存在しなかったわけです。


ノウハウの特性上、既にそこを回避できてしまっていたんですね。


ただ、私のせどりノウハウは、


「商品の買い占めによって価格を吊り上げて転売する」


という、かなり特殊な仕入れノウハウを前提としているので、
普通のせどりや転売のノウハウにはこのような特殊性はありません。


「高く売れる商品をいかに安く仕入れるか」

「そういう商品をいかに見つけ出して仕入れるか」



こういった視点は避けられないわけです。


現に今回取り上げる「おこづかいWAKU湧くアカデミー」も、
そこは全く例外ではないオーソドックスなせどりノウハウなので、
普通にその「ジレンマ」を回避するところが課題になっていました。


ですが、約183Pほどのマニュアル内で提唱されていた内容は、
全くその「ジレンマ」を解消できているものではなく、
むしろ最悪な形でそれを「悪い方向」に避けてしまったみたいです。


まあ、この手のせどり教材にはよくあるパターンなのですが、


「仕入れや転売のノウハウを具体的に提唱しつつも、
 それを実践する人達同士の競合を回避する事ができる何か」



というジレンマを回避する以前の段階で、


「その仕入れノウハウを具体的に提唱しない」


という形で、ノウハウそのものを大幅に抽象化し、
仕入れの対象となる商品の競合を強引に避けたみたいですね。


一応、そのマニュアルの内容としては、


・メルカリ
・ヤフオク
・アマゾン



この3つを「仕入れの対象」とする上で、
それぞれのサイトの使い方や商品の買い方、取引の進め方など、
その基本的な「利用手順」などはかなり詳しく書かれていました。


ですが、そういった各サイトそのものの利用手順などは、
それぞれのサイトのヘルプページにも詳しく書かれていますし、
そういった解説が詳しいサイトも探せばたくさん出てくる状況です。


それだけにあえて「情報商材」のマニュアルの中で、
そこまで事細かに説明するような事ではないと思うのですが、
この「おこづかいWAKU湧くアカデミー」のマニュアル内容は、
そういった部分の解説にかなりのページ数を割いています。


9800円という価格帯は情報商材としては安めですが、
これはマニュアルのみの購入価格となっていますので、
サポート等も一切付いていない「テキスト」のみで、
9800円という価格は決して安い金額とは言えません。


それだけに「内容」は、相応なものであって然るべきですが、
決してその内容はその価格に見合うものではなかったという事です。


解説内容の大半は各サイトのヘルプページで、
おおよそザックリとは解説されているような事ですから、
それをより細かに図解入りで解説しているだけという感じです。


ですが、いずれの解説内容も普通にメルカリ、ヤフオク、アマゾンを
既に利用しているような人やその利用経験がある人なら、
全く必要のない解説内容がその大半を占めています。


何より、そこまで詳しい解説が無くても、
普通に進められるような工程でもありますので、
そういう手順を無駄に詳しく解説しているばかりのマニュアルで
9800円という価格帯は「どうなのか」と思ってしまいますね。


そのような「調べれば出てくる手順」ばかりが無駄に詳しく、
完全なこの「稼ぐ為のノウハウ」に相当する、


「高く売れる商品をどうやって安く仕入れていけばいいのか」

「そういう商品をどうやって見つけ出していけばいいのか」



こういった肝心なポイントが全く詳しくは解説されていませんでした。


これでは、まず「実践」という段階にあたっては、
どうやって「稼げる商品」を見つけていけばいいのかが分からず、
多くの人は路頭に迷ってしまうのではないかと思います。


その肝心な工程部分の内容の「具体性」があまりに乏しいので、
その辺りはほぼ「裁量」という感じになってしまい、
結局、そこに「サポートが必要」と感じる人が多く出てくる図式ですね。


サポート付きのプランが「別料金」になっていますので、
いざマニュアルのみのプランで購入した人が


「これはサポートが無いと厳しい」


と思ってしまう抽象度の高いマニュアルを
あえて作為的に作っている部分もあるのかもしれません。


ですが、このマニュアル内容がノウハウの「軸」であるとすれば、
どちらにしても、ノウハウそのものの抽象度が高過ぎる為、
これにサポートが付いたとしても、


「稼げる商品の仕入れ」

「稼げる商品の絞り込み」



は、根本として普通に難しいんじゃないかと思います。


結局のところ、


「仕入れや転売のノウハウを具体的に提唱しつつも、
 それを実践する人達同士の競合を回避する事ができる何か」



という部分でその「仕入れ」の段階における、
具体的な「ノウハウ」と言えるものが、
もともと「無い?」ような印象を受けましたね。


こういった部分に関しての解説内容は、
それこそ一般的な知識レベルで言えるような内容が大半ですので、


「いかに不良在庫を無くすか」

「いかに赤字にならないような仕入れを徹底するか」



といったリスクヘッジの視点が大きく欠けているような気がしました。


価格帯的にも、この「おこづかいWAKU湧くアカデミー」は
後々にメインの「バックエンド」のようなものが控えていて、
その為の「エサ撒き」的な位置付の教材なのかもしれませんね。


私的には、さほど必要のない工程ばかりが図解入りで詳しく、
肝心な「稼ぎぐ為のノウハウ」がどうも曖昧な教材という印象でした。


本当にせどりの右も左もわからない人が、
その為の「必要最低限の基礎知識」や


・メルカリ
・ヤフオク
・アマゾン



などの利用手順を詳しく解説しているマニュアルが
あえて「欲しい」というのであれば買ってもいいかもしれませんが、


「それくらいは自分なりに調べていくレベルでも十分」


というのが私の考えですので、私はあまりお勧め出来ません。


結局、そういう基礎知識や手順を心得ても、
せどりで実際に稼げるかどうかは全くの別問題で、


「基礎知識もあって、各サイトも普通に使える人」


でせどりで稼げていないような人なんて、ごまんといますからね。


実際にせどりや転売系のビジネスで稼いていくには、
その上で相応の「ノウハウ」や「戦略」が必要なのですが
この教材はそういったものがしっかりと提唱されていません。


その肝心な部分が非常に曖昧・・・のように感じました。


それこそ、私の提唱する「せどりインサイダー」は、
そういった「ノウハウ」「戦略」にあたるものの方を


「無料」


でかなり具体的に公開しているのが特徴ですので
もし、興味があれば無料マニュアルだけでも読んでみてください。


肝心なポイントは有料・・・みたいなセコい事は一切していませんので。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年10月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)について。

れお☆です。


ここ数日、インフォトップの方で、


「せどりの情報発信をしてアフィリエイトで稼ぐ」


というノウハウを提唱しているアフィリエイトの教材が、
ランキングの上位に出て来ている模様です。


こちらの「RTL第4期せどりアフィリ塾」という、
いわゆるアフィリエイトの「高額塾」ですね。


RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)

http://roadtoliberty.jp/


価格は30万円。


インフォトップで30万円以上の高額塾は、
かなり久しぶりに見かける印象ですが


「気になるところ」


が何点か見受けられる高額塾でもありますので、
その辺りも含めて、取り上げておきたいと思います。

RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)レビュー


まず、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」で提唱されている、


1:せどりに関係する情報をメルマガで発信する

2:せどりに関係する情報商材をアフィリエイトする



というノウハウは、まさに私がこのブログを介して行っている事で、
私の場合は主に自分自身の教材の販促を中心に行っていますが、
実質的にやっている事、やっていく事は「同じ」と言えます。


要するに、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」は、
私がこのブログを介して行っている、


1:せどりに関係する情報をメルマガで発信する

2:せどりに関係する情報商材をアフィリエイトする



このようなノウハウを提唱しているものなわけですが、
それだけに、この「稼ぎ方」におけるポイントは、


「実践者」


として、それなりのレベルで認識しているつもりです。


その中でも、とくに重要なポイントは、


「見込み客のリスト(読者)を集める事」


なのですが、このRTL第4期せどりアフィリ塾では、
肝心なその「読者の集めをどうするか」が、
販売ページの方にはろくに何も書かれていません。


私の場合、この「読者集め」は、このブログや、
無料教材の配布オファーなどで行っているわけですが、
その「方法」については何も触れられていないわけです。


少なくとも、このようなメルマガアフィリエイトの教材で、


「どのような方法でその読者集めをするのか」


をろくに解説していないような情報商材は、
まず期待しない方がいいというのが現実ですからね。


まして、これが30万円もの高額塾でありながら、
その「方法」について、ろくに解説していないのは、
私的には「詐欺的な高額塾の典型」だと思います。


もし、その「読者集め」の部分で、
本当に有効なノウハウを提唱しているというなら、


「それがどういうノウハウか」


を、その「さわり程度」はアピールするはずですからね。


そのような具体的な情報が何も示されていないという時点で、


「そもそもアピールするに値するノウハウが無い」


と捉えた方がいいと思います。


まあ、現実的な事を言ってしまうと、
メルマガを利用したアフィリエイトで稼ぐ為の読者集めは、
私がやっているブログのような


「集客用のメディア」


を構築して、そこで見込み客を集めていくか、


「無料オファー」


を拡散して読者を集めていくかの2つに1つで、
これ以外に有効な方法はほぼ「皆無」です。


実際、これら以上の方法が無いからこそ、私自身、
現にこれらの方法で実際に読者を集めているわけですから。


このRTL第4期せどりアフィリ塾の教材内で、
どのような読者集めのノウハウを提唱しているかは、
販売ページにその方法が書かれていない以上、不明ですが、
手法としては、私がやっている方法以上の方法はまずありません。


ですので、もしもこのRTL第4期せどりアフィリ塾のような
メルマガを利用したアフィリエイトで稼ぐというのであれば


・集客を担えるメディアによる収集

・無料オファーの拡散による収集



この2つの方法以上の読者収集の術は無いに等しく、
これらの実行はまず避けられないという事です。


ですので、もしもこの「読者集め」というところに、
夢のような読者集めの方法があると思い込んで、
30万円ものお金を出すというのであれば、
それは「辞めておいた方がいい」と思います。


いざ30万円もの高額な入塾料を支払って、
その辺に無料で転がっているようなノウハウや、
数千円、数万円で購入できるような教材と
同レベルのノウハウを教示されても無意味ですからね。


現実問題、このような


「どういうノウハウを教示してくれるのか」


という具体的なところが何も明かされていない高額塾は、
ほぼ例外なく、そういうものでしかないのが現実です。


ですので、もしも私がやっているような「ブログ」や、
無料オファーなどを用意しての「読者収集」を


「1からまともにやっていこう」


意欲があるというなら、
このRTL第4期せどりアフィリ塾のような
実質的に何を教えてくれるのかも不透明な高額塾よりも、


「メルマガアフィリエイトのノウハウ」


として、どのようなノウハウ、情報を教示してくれるのかが
明確になっている教材を手にした方がいいと思います。


少なくとも、メルマガによる特定分野の情報発信から、
アフィリエイトで稼いでいく為の情報商材は、
数千円、数万円の価格帯で数多く出ていますからね。


あえてこのRTL第4期せどりアフィリ塾のような


「どういうノウハウを教示してくれるのか」


も分からない30万円もの高額塾に大金を支払うなど、
普通に考えて「リスク」しかないと思います。


まして、このRTL第4期せどりアフィリ塾は


「第4期」


と言いつつも、販売業者である


株式会社キュリアスコープ


という業者名のキーワードと併せて、


RTL 株式会社キュリアスコープ 第1期

RTL 株式会社キュリアスコープ 第2期

RTL 株式会社キュリアスコープ 第3期



といったキーワードで検索を行っても、
その第1期~第3期についての情報は何も出てきません。


普通に考えて、このRTLという高額塾が、
過去、3回に渡って募集が行われ、
そして実際に塾そのものが開催されたのであれば、
何らかの情報が少しくらい出てくるはずです。


そのような情報が「全く出て来ない」という時点で、
実際は第1~3期などは行われていないのかもしれません。


「第4期」


と謳った方が「信頼」を得られると思い、
このような虚偽に近い事をやっているのかもしれませんね。


要するに、このRTL第4期せどりアフィリ塾は、


「過去1~3期の評判や参加者の声」


にあたるものがネット上からは何も拾えない為、
そこも含めて参加する事には「リスク」しかないわけです。


第1期~第3期のでっち上げ疑惑。


ちなみにこのRTL第4期せどりアフィリ塾の販売ページには、


「過去の塾生の声」


という形で「動画付きのコメント」が何件か掲載されています。


ですが、その「過去の塾生」や「その実績」にあたるものは全て、
このRTL第4期せどりアフィリ塾の販売業者である、
株式会社キュリアスコープさんを介して、


「情報商材の販売」


を行っていたノウハウの提供者?にあたる人達であり、
その「実績」として掲げられている情報も


「情報商材の販売売上」


を掲載しているものでしかありません。


要するに、いずれの実績も


「アフィリエイトで稼いだ実績を掲載しているものではない」


という事です。


何より、その全てが株式会社キュリアスコープ名義で、
情報商材を販売していた「ノウハウ」の提供者ですので、
第1期から第3期までの塾など「やっていない」と考えると、


「全てが内々の関係者によるでっち上げ」


の可能性さえあるという状況です。


現にこの株式会社キュリアスコープさんは、
過去に販売しているせどり関連の情報商材でも、
明らかな「詐称行為」をしていた経緯があるようで、
以下のような記事でもその詐称行為が普通に取り上げられています。

>株式会社キュリアスコープの情報商材における「詐称行為」について


これ以外にもこの株式会社キュリアスコープさんが販売してきた
過去の情報商材についても、非常に「悪評」が多く、


「情報商材として売る為にノウハウそのものをでっち上げている」


という声も数多く上がっているようですので、
上記のような「実態」や「過去の評判」などを捉える限り、
このRTL第4期せどりアフィリ塾における、


・第1期~第3期までのでっち上げ疑惑

・塾生の実績もろもろのでっち上げ疑惑



などもかなりの現実味を帯びているようにしか思えません。


そのような「気になったところ」を総合的に踏まえると、
30万円もの高額な代金を支払ってまで参加するのは、
あまりにもリスクが高過ぎるとしか思えないという事です。


少なくとも、この手の「メルマガアフィリエイトの教材」という線では、


「どのようなノウハウ、情報を教示してくれるのか」


といったところが明確になっている教材で
価格も安く、評判の良い教材が普通にありますので、


「1からメルマガアフィリエイトを始める」


というなら、そういう教材を手にした方がいいと思いますね。


もしくは私のブログやメルマガを普通に参考にしてください(笑)


「せどりの情報発信をして情報商材を売る」


という点では、このブログを介してのメルマガ運営で
私自身が今も現在進行形で普通にやっている事ですから。


そういう視点で、私のメルマガを読んでもらえれば、
それこそ、色々と参考にしてもらえる部分も多いと思いますので。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年9月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ