テクニカル分析とファンダメンタルズ分析はどちらが有効か。

株、為替、ビットコインなどの「投資市場」では基本原則として、
利益の追求を目的とする取引(売買)が常にそこで行われています。


つまり、そこで取引(売買)をしている人達は、


・利益を追及するための売買
・損失を避けるための売買



このどちらかの意図を前提に取引(売買)を行っているわけです。


要するに、


「(今後)値上がりが期待できそうだ」


と思う人達は「買う側」に回り、


「(今後)値下がりしそうだ」


と思えば「売る側」に回るという事です。


ただ、そこには常に「売る側の人」と「買う側の人」がいる事になるため、


「(今後)値上がりが期待できそうだ」
「(今後)値下がりしそうだ」



という判断の基準には人それぞれの「違い」があり、
そこに「違い」があるからこそ売買が常に成立しています。


そして、そうであるからこそトレードでは勝てる人(稼げる人)と、
負ける人(損をしている人)に分かれていく事になるわけです。


その上で、相場内で行われている「売買」には2つの大きな視点があり
1つ目は「価値」を分析して値上がりしそうなものを買いうという視点。


2つ目は「相場(値動き)」を分析して値上がりしそうなものを買い、
また、値下がりしそうなものを売るという視点です。


要するに先々の相場を予測していく視点、方法には、


・「価値」の分析に伴う相場の予測
・「値動き」の分析に伴う相場の予測



このような2つの方法があり、これらはそれぞれ、


・価値の分析 = ファンダメンタルズ分析
・値動きの分析 = テクニカル分析



と呼ぶのが一般的で、名前くらいは聞いた事がある人も多いはずです。

「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の比較


ファンダメンタルズ分析は、言わば、


「投資の対象となるもの自体の分析」
「それを取り巻くあらゆる背景状況の分析」



などから、現在の「価値」がレートよりも低いものや、
今後、将来的にその「価値」が上がっていくものを判断し、
そこに資金を投資していく、まさに「投資」の判断基準と言えます。


これを徹底して大成功しているのが世界的にも有名な
ウォーレンバフェットなどの投資家ですね。


これに対して「テクニカル分析」は、そういった視点は無視して


「過去から現在までの値動きそのものの分析」


によって、その推移状況やパターンなどから先々の動きを予測します。


その時点まで「値動きの推移状況」を分析した上で、
買う側と売る側のどちらが優勢な状況なのか、
どこで、その状況が覆るのか、などを予測していくわけです。


ただ、初めてこういう話を聞く人であれば、


「ファンダメンタルズ分析には合理性がありそう」


という半面、


「テクニカル分析って、そもそも有効なの?」


という印象を受ける人が多いのではないかと思います。


少なくとも、私はそのような印象を受け、


「今後、どんどん業績を上げそうな会社の株を買う」


という考え方や投資行為は普通に理解できましたが、


「これまでの値動きがこうだったから買う(売る)」


という考え方や投資行為は「不合理だ」と思っていました。


その会社がどんどん業績を上げれば株価も上がるわけですから、


「値動きの推移がどうであろうと上がるものは上がる」


という考えから、テクニカル分析はかなり懐疑的に見ていたわけです。


ですが、これはかなり短絡的な考え方で、確かに、
1年とか2年といった長期的な視点で「投資」を行うなら、


「値動きの推移がどうであろうと上がるものは上がる」


という考え方で、その投資対象の「価値」を分析する視点が重要となります。


ただ、そこまでの長期間を前提とするわけではない、


「投機(トレード)」


にあたるような数分や数時間といったサイクルの売買であれば、
そのような「価値」がどうこうという視点よりも


『今、その瞬間の相場において買う側と売る側のどちらが優勢か』
『その状況がどこで覆る可能性が高いのか』



といった、まさに「値動きの推移」を捉える視点が重要になります。


その時点の「リアルタイムな値動き」を作っているのは、
その時点で行われている「売買」に他ならないからであり、
そのリアルタイムな売買によってレートが推移していく以上、


「短期的な値動きの予測はテクニカル分析こそが有効」


という事になります。


数分、数時間というサイクルの中で行われる売買は、
その投資対象の「価値」の判断を揺るがす「材料」が出てこない限り、


「短期的な投機視点で行われる売買(売買注文)」


が市場の大半を占めていく事になるからです。


逆に言えば、


「長期的な投資の視点を前提とする売買(売買注文)」


にあたるものは、その判断材料となる何かが市場に出回る事で、
それをきっかけに生じていく傾向にあり、それが株であれば、


・業績の発表
・不祥事



といったものにあたります。


よって、そのようなものが新たに出てこなければ、
その時点で市場に出回っている判断材料はとくに変わらないため、


長期視点の売買注文 < 短期視点の売買注文


という事になり、この「短期視点の売買」は、
そもそも長期的な「価値」などは度外視された上で、


『今、その瞬間の相場において買う側と売る側のどちらが優勢か』

『その状況がどこで覆る可能性が高いのか』



といった、まさに「テクニカル分析の視点」で行われます。


つまり「ファンダメンタルズ分析」は、


・長期的な視点で「投資」を行う場合においては有効
・その価値を左右する判断材料をいち早く的確に分析できれば有効



というものであり、逆に短期的な投機の視点では、
実質的にあまり役に立たない分析基準という事になります。


対して「テクニカル分析」は長期的な視点では役に立ちませんが、


・短期的な投機の視点で「トレード」を行う場合に有効
・その価値を左右する判断材料が出てこない限り有効



という事です。


投資を行うのか、投機を行うのか。


よって、相場には常に、


・ファンダメンタル分析に基づく売買をしている人達
・テクニカル分析に基づく売買をしている人達



この両方が存在するものの、


「ファンダメンタル分析に伴う売買が活発化している相場(タイミング)」
「テクニカル分析に伴う売買が活発化している相場(タイミング)」



これらに該当する相場がそれぞれ存在するという事になります。


その投資対象となるものの「価値」を左右するような、
何らかのニュース(情報)が出てきたような場合は
ファンダメンタル分析に伴う売買が活発化し、
そのような相場ではテクニカル分析はあまり役に立ちません。


ですが、そのような情報は新たなものが次々と出てくるわけでないため、
その瞬間、瞬間の大半の相場の値動きを作り出しているのは


「短期的な投機視点で行われる売買(売買注文)」


という事になります。


よって、


「短期的な投機視点で行われる売買によって生じる値動き」


については、テクニカル分析で予測する事が十分に可能なため、
有効なテクニカル分析に基づく売買を実際に行えていれば、
その値動きから十分なリターンを上げていく事も可能になります。


そういう視点で言えばテクニカル分析は、
今現在の時点で確認できる値動きを分析した上で、


「ほんの少し先の売買の状況と値動きを予測する手法」


という事です。


対してファンダメンタル分析は、
先々の価値を分析して予測する手法となっているため、
言わば、その「将来性」を予測できなければなりません。


テクニカル分析は「今の状況」を視点とした上で、
そこから「見える範囲」「予測できる範囲」を対象にしますが、
ファンダメンタルズ分析はある意味、それより先の「未来」を予測します。


そういった視点で私は「テクニカル分析は不合理」という考え方から、


「テクニカル分析の方が現実的」


と思うようになりました。


かと言ってファンダメンタルズ分析が不合理という話ではないため、
これは完全にどのような視点で「投資」や「相場」を捉えるかだと思います。


その対象の将来を見据えて「投資」を行うならファンダメンタルズ分析。

そこを度外視した「今の値動き」を捉えて投機を行うならテクニカル分析。


一般的に「投資」と「投機(トレード)」はひとくくりにされていますが、
どちらを行うかで、実際に行う事や相場を分析する視点が根本的に変わるため、


「投資と投機(トレード)は全くの別モノ」


という事です。


***


その上で、私は先ほどもお伝えしたように、


「テクニカル分析の方が現実的」


という考えから、ビットコインを対象とする短期トレードを行っています。


実際に私が行っている「ビットコイントレード」のノウハウについては、


『私がどのようにビットコインの値動きを予測しているのか』


といった点も、以下の資料を介して全て「無料公開」されていますので、
もし、興味がありましたら是非一度、ご覧になってみてください。

>ビットコインの運用を「ノーリスク」で行う方法(PDF)

タグ

2021年2月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:FX・トレード講座

FX、ビットコイントレードのリスクと危険は自分次第という話。

私の現在の収入源は「せどり」と「トレード」なのですが、


『せどりは、転売が上手くいかないと損をする』
『FXやトレードには更に大きなリスクがある』



というように、どちらの「稼ぎ方」にも、


「損をする可能性(リスク)が伴う」


という点で、そこに二の足を踏んでしまう人も少なくありません。


ただ、多くの人が抱く「リスク」のイメージとしては、


せどりのリスク < FXやトレードのリスク


といったように「FX」や「トレード」においては、
とにかく大きなリスクが伴うと思っている人が多い傾向にあります。


とくに私の場合は仮想通貨(ビットコイン)の運用やFXを主としているため、


「値動きの変動が激しくリスクが高いイメージ」


が、とくに強いのではないかと思います。


ですが、そのような「イメージ」は大きく間違っているのが実情で、


・実は「トレード」や「FX」の方が「せどり」よりも遥かにローリスク
・値動きの変動の大きさは実際の「リスク」とは実質的に無関係



というのが実際のところです。


これまで、私は「せどり」をメインに収入を得ていましたが、


『ビットコインを実質的にノーリスクで運用できるノウハウ』


を確立して以降、ここ数年で収入の比重は「トレード」の方が大きくなってます。


これまでメインで行っていた、せどり(転売ビジネス)よりも、


「ローリスクおよびノーリスクでありながらハイリターン」


という点でトレードの資金効率がこの上無く「良い」ため、
必然的にトレードの方に回す資金や収益が大きくなっているわけです。


ですから、間違った「イメージ」や「先入観」で、


・トレード、FXなどの資産運用
・ビットコインなどの仮想通貨



これらを避けて通るのは非常に勿体ないと思いますので、


『これらのリスクは自分次第でいかようにも低くできる事』
『やり方次第では、実質的にゼロにもできる事』



を、その具体的な理由と共に解説していきたいと思います。

FX、ビットコイントレードのリスクと危険は自分次第という話。


ここで言う「リスク」は『金銭的な損失』に他なりませんから、
その金銭的損失が大きくなる可能性が高いものほど、


「リスクが高い」


という事になります。


その点で言うと「せどり」のようなビジネスで生じる損失(リスク)は、


1:仕入れた商品の相場が下がり、安く転売するしかなくなった
2:仕入れた商品が何らかの理由で根本的に売れなくなった



このような時に、


1:転売後、仕入れ額に届かなかった金額
2:その商品の仕入れに使った金額



などが「金銭的な損失」となります。


対して、FXやトレードなどにおける損失(リスク)は、


『トレード開始後にレートがマイナス方向に変動』


という状況によって生じていくものになりますが、
実際にどれくらいの金銭的な損失が生じる事になるかは、


『どの時点で売買(決済)を行うか』


で決まります。


少なくとも、FXやトレードにおける売買(決済)については、
基本原則としてトレーダー側の「任意」のタイミングで、
いつでも「即座」に行う事ができますから、


「レート変動に伴う損失の拡大はいつでも自己防衛できる」


という事になります。


転売目的で仕入れた商品を「任意のタイミング」で、
即座に売却できるかと言えば、これは時と場合によりますから、


・転売ビジネスにおける転売相場の変動
・FXやトレードにおけるレートの変動



これらにおける「リスク」は、FXやトレードに関しては、
その変動に対して、いつでも即座に対応が可能であり、
いくらでも「自己防衛」を施す事ができるものの、
転売ビジネスでは、必ずしも即座に対応できるとは限りません。


また、FXやトレードでは、


「レートがこの価格帯になったらポジションを解消する(損切りする)」


というような「自動売買(自動決済)」も行えるようになっているため、
これを設定しておく事で一定以上のリスク(損失)を伴わない形にもできます。

(当然、転売ビジネスの方に、このような都合の良い仕組みはありません。)


つまり、転売ビジネスにも、FXやトレードにも、


「相場の変動、レートの変動に伴うリスク」


にあたるものはどちらにも、同じように存在するのですが、
トレードの方では、そのリスクを「コントロールできる」という事です。


にも関わらず、FXトレーダーの多くが「破綻」している理由。


ここでお伝えした事は、全てが紛れもない「事実」ですが、
現実として、FXを行っているトレーダーの多くは、
大きな「損失」を伴う形で負けている人が多い傾向にあります。


それこそ、その損失額は「せどり」で損をしている人の比ではなく、
資金の大半を失うような「負け方」をしている人も多いわけです。


ただ、そのようなトレーダーが後を絶たない理由としては、


・資金以上の売買を行える「レバレッジ」の仕組みがある事
・レバレッジを含めたリスクコントロールが出来ていない事



この2つが主な要因かと思います。


少なくとも「せどり」にはレバレッジのような仕組みはありませんので、
本来の資金を超える取引(売買)を簡単に行えてしまう仕組みは、
使い方を間違えると、リスクだけを引き上げる要因になってしまいます。


そのような「レバレッジ」の仕組みも含めて、


「リスクコントロールを上手く行えているかどうか」


が、FXやトレードの「勝ち負け」を大きく左右しているという事です。


***


逆に言えば「リスクコントロールの攻略こそが鍵」と言えますので、


「いかに損をしないようにトレードを行うか」
「いかに損失を最小限に留めてトレードを行うか」



これさえ徹底していく事ができれば、FXやトレードでは、
面白いように資金を増やしていく事ができるようになります。


そしてそこは、私が最も「徹底」している部分でもあるという事です。


ビットコインを「ノーリスク」で運用する方法


私が行っている「ビットコイン運用」のノウハウについては、

『私がどのようにビットコインの運用を行っているのか』
『どうやってその運用リスクを限りなくゼロにしているのか』


といった点が、以下の資料を介して全て「無料公開」されていますので、
もし、興味がありましたら是非一度、ご覧になってみてください。

>ビットコインの運用を「ノーリスク」で行う方法

タグ

2021年1月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:FX・トレード講座

ビットコインFX、仮想通貨運用の必要資金とリスクについて。

現在、私が主な収入源としているのは、


・プレミア音楽CD・DVDなどの「せどり」(転売)
・ビットコインの「現物運用」と「FX」(トレード)



この2つなのですが、これらに抱く多くの人のイメージは、


「どちらもそれなりの資金(元手)が必要」
「転売にもトレードにもリスク(損をする可能性)が伴う。」



といったものじゃないかと思います。


確かに「転売」や「トレード」に資金(元手)は不可欠ですが、
必ずしも、そこまで大きな資金から始める必要はありません。


また、それに伴うリスク(損をする可能性)についても、
実際は限りなくゼロ(実質的にゼロ)にする事も可能なため、


「誰もが、すぐに用意できるくらいの資金から始められる。」
「それに伴うリスクもローリスク強いてはノーリスクに出来る。」



というのが、実際のところです。


少なくとも、私はとにかく「リスクを取りたくないタイプ」なので、
転売においても、トレードにおいても、とにかく「リスク」を避けて、


「限りなくノーリスク、ローリスクで稼げる方法(ノウハウ)」


を模索し、そして、それを実際に実現している自負があります。


そして、その具体的な「方法」についても、何ら出し惜しみする事なく、


「どうやってリスクを抱えずに転売、運用を行っているのか」


という点は、以下の資料を介して無料公開しています。


限りなく「ローリスク」な音楽CDの転売ノウハウ(PDF)

ビットコインの運用を「ノーリスク」で行う方法(PDF)


ただ、これらのノウハウで「特筆するべきところ」は、


『ローリスク、ノーリスクでありながらリターンは大きい』


というところにあるため、その実質的な「必要資金」や、
それに伴う「リスク」と「リターン」を言及していきたいと思います。

私の転売ノウハウ、運用ノウハウのリスクとリターンについて。


いざ実際に「転売」や「トレード」を行っていくなら、


1:最低でも月に数万円くらいは稼ぎたいにはしたい
2:月に10~20万円くらいは稼いで本業にしたい
3:月に30~40万円くらいは稼いで家族を養いたい



このいずれかの段階は最低限、目指したいところだと思います。


そして、そのような収入の「継続」が何より重要になると思いますが、
上記の「1」「2」「3」を『段階的に踏んでいく』というなら、
その大本となる資金(元手)は、


「10万円程度」


からでも、十分に「全ての段階」をクリアしていく事ができます。


10万円を元手に「転売」なら5~6カ月。

「トレード」の方なら2~3カ月。


これくらいの期間で「3」の段階には十分に行き着けるわけです。


それも、限りなくローリスク。


実質的には「ノーリスク」な形でも実現が可能なため、


『元手となる資金は10万円程度から』


と考えれば、これは十分に「ハイリターン」と言えるはずです。


そんな、


「ローリスクハイリターンな稼ぎ方」
「ノーリスクハイリターンな稼ぎ方」



を、実質的に「何の準備工程」も無く、


『すぐにでも始められる』


というのが、転売やトレードの魅力でもあります。


それこそ、必要なもの、必要な準備工程は、


・出品アカウントや取引口座
・資金(10万円程度)



これらを用意するだけで、すぐにそこで
せどり(転売)やトレード(運用)を始める事ができます。


そこにもう1つ必要なものがあるとすれば、


「稼ぐためのノウハウ」


の一点で、それさえあれば「すぐに」でも、


『そのノウハウに準じたアクション(売買)』


で、実際にリターン(収入)を積み上げていく事が可能になるわけです。


「転売」の事例。「運用」の事例。


例えば10万円の資金で「転売」を行う場合、


「平均単価5000円ほどのプレミアCDを20枚」


このような仕入れを行えば10万円相当となり、


「仕入れた20枚を平均単価7500円で転売」


これを実現できればリターン(収支)は、


7500円-5000円 ×20枚 = 5万円


となり、これを2週間サイクルで行う事が出来れば、
1カ月間の収入は、これで「10万円」という事になります。


もちろん、このような転売ビジネス(せどり)では、


「仕入れた商品が売れない可能性」
「仕入れた金額よりも安い金額で売れてしまう可能性」



といった「リスク」があるわけですが、そのリスクを、
私のノウハウでは限りなく「ゼロ」にできるため、
結果的に、これくらいのハイリターンも可能になるわけです。


また、ビットコインの「運用」においても、
1日あたり数万円のレート変動ザラなビットコインでは、
10万円分のビットコインを保有しておくだけでも、


「1日あたり数千円のリターン(変動利幅)」


を実現していく事が十分に「可能」となっています。


つまり一日あたり3000~4000円ほどのリターンを実現できれば、


『1カ月間の合計収益は10万円に届く』


という事であり、現に私自身が実際のトレードで、


『100万円の運用資金で一日5万円前後のリターンを実現できている』


という点については、以下のブログ記事の方で、
その「トレード実績」を度々、公開してきている通りです。


ビットコイン運用実績~ビットコインFXをはじめました~

ビットコイン運用実績~ビットコインFXの経過報告~

ビットコイン運用実績~ビットコインFXその後の実績報告~


運用実績①:運用収益 +89,172円(運用資金100万円)

※画像をクリックすると拡大できます。

運用実績②:運用収益 +44,693円(運用資金100万円)

※画像をクリックすると拡大できます。

運用実績③:運用収益 +49,588円(運用資金100万円)

※画像をクリックすると拡大できます。

運用実績④:運用収益 +37,075円(運用資金100万円)

※画像をクリックすると拡大できます。

運用実績⑤:運用収益 +78,416円(運用資金100万円)

※画像をクリックすると拡大できます。

運用実績⑥:運用収益 +45,408円(運用資金100万円)

※画像をクリックすると拡大できます。

運用実績⑦:運用収益 +46,778円(運用資金100万円)

※画像をクリックすると拡大できます。


つまり、私が実践しているビットコインの運用ノウハウであれば、


・10万円の資金で一日3000~4000円のリターンの実現する事
・10万円の資金で1カ月あたり10万円以上を稼ぐ事



これらが現実的な線で十分に「可能」という事です。


ただ、このような「ビットコインレートの変動」も、
実際の「運用(トレード)」においては、


「値下がりによって損をする可能性」
「ポジションとは逆方向に相場が変動する可能性」



などから、本来であれば「相応のリスク」も伴ってきます。


ですが、


・その変動リスクを実質的に「回避」できる方法
・その変動リスクを回避しながら「リターン」を積み上げるノウハウ



これらをモノにできていれば、やはり、そのリスクを避けながら、
しっかりとリターンを積み上げていく事が可能になります。


そのようなリスクを徹底して回避できる「ノウハウ」を、


・プレミア音楽CD・DVDなどの「せどり」(転売)
・ビットコインの「現物運用」と「FX」(トレード)



この2つにおいて、私はモノにする事ができているため、
実際に私が提唱しているノウハウであれば、
10万ほどの資金(元手)をスタートラインとする場合でも、


・最低でも月に数万円ほどの副収入を稼ぎ出す
・月に10~20万円以上を稼いで本業にする
・月に30~40万円以上を稼いで家族を養う



といった事を十分に「実現できる」ということです。


「せどり(転売)」と「トレード(運用)」の成功確率。


現に私がこのブログを介して提唱してきた転売ノウハウで、
10万円ほどの資金を元手に資金を20万円、30万円と増やし、


『せどりを本業に』


というステップを踏んでいる方は、たくさんおられます。


また、私がビットコインの運用ノウハウを公開して以降は、


「せどりで稼いできた資金を元手に」


という方などが「更なる収入源」を確立するようになり、


『今は転売とビットコイン運用でバリバリ稼いでます!』


という方から、続々と報告を頂けるようになってきました。


むしろ「せどり」の方では、なかなか成果を上げられていなかった方や、


「せどりは商品管理や配送作業が大変で辞めてしまった」
「商品のリサーチ作業が面倒になってしまった」



といった方が、


『ビットコインの運用ではガンガン稼げています!』


というケースも少なくないため、むしろ現時点の比重としては、


・転売よりもビットコインの運用で稼いでいる方
・ビットコインの運用に比重を置いている方



このような方の方が多くなってきているのが実情かもしれません。

(せどりのノウハウを長年、提唱してきた私としては複雑な心境ですが)


いずれにしても、私が実際に行っている、


・プレミア音楽CD・DVDなどの「せどり」(転売)
・ビットコインの「現物運用」と「FX」(トレード)



これらの「具体的な稼ぎ方」や「ノウハウ」は、
以下の資料でそれぞれの「全容」をそのまま無料公開しています。

↓↓↓

限りなく「ローリスク」な音楽CDの転売ノウハウ(PDF)

ビットコインの運用を「ノーリスク」で行う方法(PDF)


これらの私がやっている事の全てが書かれているとまでは言いませんが、


「どのようなノウハウで転売を行っているのか」
「どのような方法でビットコインを運用しているのか」
「どのようにそれらのリスクを限りなくゼロにしているのか」



といった点は、そのまま公開していますので、


『限りなくローリスクな転売ノウハウ』
『実質的にノーリスクな運用ノウハウ』



これらを実現できる具体的な方向性は十分に見えてくるはずです。


もし、まだしっかりと目を通して頂けていない場合は、
是非、目を通して頂いた上で、その戦略などを参考にしてみてください。


>限りなく「ローリスク」な音楽CDの転売ノウハウ(PDF)

>ビットコインの運用を「ノーリスク」で行う方法(PDF)


タグ

2021年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:FX・トレード講座 仮想通貨

このページの先頭へ