おこづかいWAKU湧くアカデミー(小山内裕哉)レビュー

れお☆です。


ここ数日、完全な「在宅せどり系の情報商材」が
インフォトップの売上ランキングの上位に出ていました。


こちらの「おこづかいWAKU湧くアカデミー」という、
ネット完結型のせどりノウハウを提唱している教材です。


おこづかいWAKU湧くアカデミー

http://osa-style.com/wklp/wk-main/


ここ最近は「店舗せどりのノウハウ」を提唱する情報商材が多く、
あまり「在宅系のせどりノウハウ」が出ていませんでしたので、
ネット完結型のせどりノウハウを提唱する情報商材が
こうして新しくリリースされている事自体、久々な気がします。


言わば、私の「せどりインサイダー」のノウハウも、
完全なネット完結型の在宅せどりのノウハウですからね。


ですので、この「おこづかいWAKU湧くアカデミー」は、


「ネット完結型の在宅せどりのノウハウを提唱するもの」


としては「同じ畑のせどり教材」と言えなくもありません。


価格もマニュアルのみの購入プランであれば9800円と、
情報商材としてはリーズナブルでしたので、
早速購入して中身の方もチェックしてみました。


早速、批評も兼ねて取り上げていきたいと思います。

おこづかいWAKU湧くアカデミー(小山内裕哉)レビュー


ネットを介しての「仕入れ」と「転売」が出来てしまう、
今現在のこのご時世で、あえて「商品の仕入れ」を
リアルな店舗で行っていくという行為は、
私的には「効率が悪すぎる」としか思えないところがあります。


ですが、せどり、転売系の情報商材を全般的に見ると、
絶対数的には、そういった「店舗せどりの教材」が多い傾向にあり
私の「せどりインサイダー」や今回取り上げる


「おこづかいWAKU湧くアカデミー」


のような、ネット完結の在宅せどりを提唱する教材は、
実をいうと、そこまで多くはありません。


あったとしても「ネット完結の完全在宅」を前提とするものは、


「輸入」

「輸出」



などの海外からの仕入れや海外への転売を前提とするもので、
国内での転売を前提とする「せどり」の情報商材で、
ネット完結型のノウハウを提唱するものは非常に少ないわけです。


普通に考えれば「在宅で出来るせどりノウハウ」の方が、
明らかに需要があるはずなんですけどね。


ただ、そこには相応の理由も考えられるところで、
この手の「ネット完結型のせどりノウハウ」は、
その情報が多くの人の手に渡り、広まれば広まっていくほど


「そのノウハウを実践する人同士の競合」


が起きてくる事になり、すぐにそのノウハウ自体が
使えないものになってしまうんです。


それが「店舗せどりのノウハウ」であれば、
商品の仕入れは各実践者の各地域に分散される為、
少なくとも、仕入れの段階ではそこまでの競合はおきませんが
その仕入れ対象が「ネット」となれば話は違ってきます。


・商品の仕入れ場所(仕入れをするサイト)

・そのサイト内での稼げる商品の探し方



こういったポイントを具体的に提唱すれば提唱するほど、
そのノウハウを実践する人が同じサイトで、
同じような商品に狙いを定めていく事になる為、
どんどん「仕入れ」が競合していってしまうんです。


要するに、商品を安く仕入れていく事も出来なくなり、
仕入れそのものが出来なくなる可能性があるわけですね。


それが本当に有効なネット完結型のノウハウであるほど、
そのノウハウを「具体的」に公開していく事自体が
大元の実践者の損失にしかならないという事です。


ネット完結型のノウハウを提唱する情報商材というのは、
このようなジレンマを解消する事が1つの課題であるため、


「仕入れや転売のノウハウを具体的に提唱しつつも、
 それを実践する人達同士の競合を回避する事ができる何か」



が必要不可欠になってきます。


ちなみに私の「せどりインサイダー」に関して言えば、


「商品の買い占めによって価格を吊り上げて転売する」


というのが基本のノウハウなので、


「高く売れる商品をいかに安く仕入れるか」

「そういう商品をいかに見つけだして仕入れるか」



といった事は根本として全く配慮しなくてもいいんです。


言わば「ほぼ全てのプレミア商品」をその対象にして、
相場の吊り上げを前提に仕入れを行っていくノウハウなので、
1億円あれば1億円分の仕入れも出来てしまいますし、
10億円あれば、10億円分の仕入れも出来てしまいます。


つまり、私からすれば、私の個人の資金のみでは、
到底、仕入れきれない「おいしい商品」が幾らでもある状況なので、
そもそも先程伝えたような「ジレンマ」と言えるもの自体が
私のせどりノウハウには存在しなかったわけです。


ノウハウの特性上、既にそこを回避できてしまっていたんですね。


ただ、私のせどりノウハウは、


「商品の買い占めによって価格を吊り上げて転売する」


という、かなり特殊な仕入れノウハウを前提としているので、
普通のせどりや転売のノウハウにはこのような特殊性はありません。


「高く売れる商品をいかに安く仕入れるか」

「そういう商品をいかに見つけ出して仕入れるか」



こういった視点は避けられないわけです。


現に今回取り上げる「おこづかいWAKU湧くアカデミー」も、
そこは全く例外ではないオーソドックスなせどりノウハウなので、
普通にその「ジレンマ」を回避するところが課題になっていました。


ですが、約183Pほどのマニュアル内で提唱されていた内容は、
全くその「ジレンマ」を解消できているものではなく、
むしろ最悪な形でそれを「悪い方向」に避けてしまったみたいです。


まあ、この手のせどり教材にはよくあるパターンなのですが、


「仕入れや転売のノウハウを具体的に提唱しつつも、
 それを実践する人達同士の競合を回避する事ができる何か」



というジレンマを回避する以前の段階で、


「その仕入れノウハウを具体的に提唱しない」


という形で、ノウハウそのものを大幅に抽象化し、
仕入れの対象となる商品の競合を強引に避けたみたいですね。


一応、そのマニュアルの内容としては、


・メルカリ
・ヤフオク
・アマゾン



この3つを「仕入れの対象」とする上で、
それぞれのサイトの使い方や商品の買い方、取引の進め方など、
その基本的な「利用手順」などはかなり詳しく書かれていました。


ですが、そういった各サイトそのものの利用手順などは、
それぞれのサイトのヘルプページにも詳しく書かれていますし、
そういった解説が詳しいサイトも探せばたくさん出てくる状況です。


それだけにあえて「情報商材」のマニュアルの中で、
そこまで事細かに説明するような事ではないと思うのですが、
この「おこづかいWAKU湧くアカデミー」のマニュアル内容は、
そういった部分の解説にかなりのページ数を割いています。


9800円という価格帯は情報商材としては安めですが、
これはマニュアルのみの購入価格となっていますので、
サポート等も一切付いていない「テキスト」のみで、
9800円という価格は決して安い金額とは言えません。


それだけに「内容」は、相応なものであって然るべきですが、
決してその内容はその価格に見合うものではなかったという事です。


解説内容の大半は各サイトのヘルプページで、
おおよそザックリとは解説されているような事ですから、
それをより細かに図解入りで解説しているだけという感じです。


ですが、いずれの解説内容も普通にメルカリ、ヤフオク、アマゾンを
既に利用しているような人やその利用経験がある人なら、
全く必要のない解説内容がその大半を占めています。


何より、そこまで詳しい解説が無くても、
普通に進められるような工程でもありますので、
そういう手順を無駄に詳しく解説しているばかりのマニュアルで
9800円という価格帯は「どうなのか」と思ってしまいますね。


そのような「調べれば出てくる手順」ばかりが無駄に詳しく、
完全なこの「稼ぐ為のノウハウ」に相当する、


「高く売れる商品をどうやって安く仕入れていけばいいのか」

「そういう商品をどうやって見つけ出していけばいいのか」



こういった肝心なポイントが全く詳しくは解説されていませんでした。


これでは、まず「実践」という段階にあたっては、
どうやって「稼げる商品」を見つけていけばいいのかが分からず、
多くの人は路頭に迷ってしまうのではないかと思います。


その肝心な工程部分の内容の「具体性」があまりに乏しいので、
その辺りはほぼ「裁量」という感じになってしまい、
結局、そこに「サポートが必要」と感じる人が多く出てくる図式ですね。


サポート付きのプランが「別料金」になっていますので、
いざマニュアルのみのプランで購入した人が


「これはサポートが無いと厳しい」


と思ってしまう抽象度の高いマニュアルを
あえて作為的に作っている部分もあるのかもしれません。


ですが、このマニュアル内容がノウハウの「軸」であるとすれば、
どちらにしても、ノウハウそのものの抽象度が高過ぎる為、
これにサポートが付いたとしても、


「稼げる商品の仕入れ」

「稼げる商品の絞り込み」



は、根本として普通に難しいんじゃないかと思います。


結局のところ、


「仕入れや転売のノウハウを具体的に提唱しつつも、
 それを実践する人達同士の競合を回避する事ができる何か」



という部分でその「仕入れ」の段階における、
具体的な「ノウハウ」と言えるものが、
もともと「無い?」ような印象を受けましたね。


こういった部分に関しての解説内容は、
それこそ一般的な知識レベルで言えるような内容が大半ですので、


「いかに不良在庫を無くすか」

「いかに赤字にならないような仕入れを徹底するか」



といったリスクヘッジの視点が大きく欠けているような気がしました。


価格帯的にも、この「おこづかいWAKU湧くアカデミー」は
後々にメインの「バックエンド」のようなものが控えていて、
その為の「エサ撒き」的な位置付の教材なのかもしれませんね。


私的には、さほど必要のない工程ばかりが図解入りで詳しく、
肝心な「稼ぎぐ為のノウハウ」がどうも曖昧な教材という印象でした。


本当にせどりの右も左もわからない人が、
その為の「必要最低限の基礎知識」や


・メルカリ
・ヤフオク
・アマゾン



などの利用手順を詳しく解説しているマニュアルが
あえて「欲しい」というのであれば買ってもいいかもしれませんが、


「それくらいは自分なりに調べていくレベルでも十分」


というのが私の考えですので、私はあまりお勧め出来ません。


結局、そういう基礎知識や手順を心得ても、
せどりで実際に稼げるかどうかは全くの別問題で、


「基礎知識もあって、各サイトも普通に使える人」


でせどりで稼げていないような人なんて、ごまんといますからね。


実際にせどりや転売系のビジネスで稼いていくには、
その上で相応の「ノウハウ」や「戦略」が必要なのですが
この教材はそういったものがしっかりと提唱されていません。


その肝心な部分が非常に曖昧・・・のように感じました。


それこそ、私の提唱する「せどりインサイダー」は、
そういった「ノウハウ」「戦略」にあたるものの方を


「無料」


でかなり具体的に公開しているのが特徴ですので
もし、興味があれば無料マニュアルだけでも読んでみてください。


肝心なポイントは有料・・・みたいなセコい事は一切していませんので。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年10月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)について。

れお☆です。


ここ数日、インフォトップの方で、


「せどりの情報発信をしてアフィリエイトで稼ぐ」


というノウハウを提唱しているアフィリエイトの教材が、
ランキングの上位に出て来ている模様です。


こちらの「RTL第4期せどりアフィリ塾」という、
いわゆるアフィリエイトの「高額塾」ですね。


RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)

http://roadtoliberty.jp/


価格は30万円。


インフォトップで30万円以上の高額塾は、
かなり久しぶりに見かける印象ですが


「気になるところ」


が何点か見受けられる高額塾でもありますので、
その辺りも含めて、取り上げておきたいと思います。

RTL第4期せどりアフィリ塾(株式会社キュリアスコープ)レビュー


まず、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」で提唱されている、


1:せどりに関係する情報をメルマガで発信する

2:せどりに関係する情報商材をアフィリエイトする



というノウハウは、まさに私がこのブログを介して行っている事で、
私の場合は主に自分自身の教材の販促を中心に行っていますが、
実質的にやっている事、やっていく事は「同じ」と言えます。


要するに、この「RTL第4期せどりアフィリ塾」は、
私がこのブログを介して行っている、


1:せどりに関係する情報をメルマガで発信する

2:せどりに関係する情報商材をアフィリエイトする



このようなノウハウを提唱しているものなわけですが、
それだけに、この「稼ぎ方」におけるポイントは、


「実践者」


として、それなりのレベルで認識しているつもりです。


その中でも、とくに重要なポイントは、


「見込み客のリスト(読者)を集める事」


なのですが、このRTL第4期せどりアフィリ塾では、
肝心なその「読者の集めをどうするか」が、
販売ページの方にはろくに何も書かれていません。


私の場合、この「読者集め」は、このブログや、
無料教材の配布オファーなどで行っているわけですが、
その「方法」については何も触れられていないわけです。


少なくとも、このようなメルマガアフィリエイトの教材で、


「どのような方法でその読者集めをするのか」


をろくに解説していないような情報商材は、
まず期待しない方がいいというのが現実ですからね。


まして、これが30万円もの高額塾でありながら、
その「方法」について、ろくに解説していないのは、
私的には「詐欺的な高額塾の典型」だと思います。


もし、その「読者集め」の部分で、
本当に有効なノウハウを提唱しているというなら、


「それがどういうノウハウか」


を、その「さわり程度」はアピールするはずですからね。


そのような具体的な情報が何も示されていないという時点で、


「そもそもアピールするに値するノウハウが無い」


と捉えた方がいいと思います。


まあ、現実的な事を言ってしまうと、
メルマガを利用したアフィリエイトで稼ぐ為の読者集めは、
私がやっているブログのような


「集客用のメディア」


を構築して、そこで見込み客を集めていくか、


「無料オファー」


を拡散して読者を集めていくかの2つに1つで、
これ以外に有効な方法はほぼ「皆無」です。


実際、これら以上の方法が無いからこそ、私自身、
現にこれらの方法で実際に読者を集めているわけですから。


このRTL第4期せどりアフィリ塾の教材内で、
どのような読者集めのノウハウを提唱しているかは、
販売ページにその方法が書かれていない以上、不明ですが、
手法としては、私がやっている方法以上の方法はまずありません。


ですので、もしもこのRTL第4期せどりアフィリ塾のような
メルマガを利用したアフィリエイトで稼ぐというのであれば


・集客を担えるメディアによる収集

・無料オファーの拡散による収集



この2つの方法以上の読者収集の術は無いに等しく、
これらの実行はまず避けられないという事です。


ですので、もしもこの「読者集め」というところに、
夢のような読者集めの方法があると思い込んで、
30万円ものお金を出すというのであれば、
それは「辞めておいた方がいい」と思います。


いざ30万円もの高額な入塾料を支払って、
その辺に無料で転がっているようなノウハウや、
数千円、数万円で購入できるような教材と
同レベルのノウハウを教示されても無意味ですからね。


現実問題、このような


「どういうノウハウを教示してくれるのか」


という具体的なところが何も明かされていない高額塾は、
ほぼ例外なく、そういうものでしかないのが現実です。


ですので、もしも私がやっているような「ブログ」や、
無料オファーなどを用意しての「読者収集」を


「1からまともにやっていこう」


意欲があるというなら、
このRTL第4期せどりアフィリ塾のような
実質的に何を教えてくれるのかも不透明な高額塾よりも、


「メルマガアフィリエイトのノウハウ」


として、どのようなノウハウ、情報を教示してくれるのかが
明確になっている教材を手にした方がいいと思います。


少なくとも、メルマガによる特定分野の情報発信から、
アフィリエイトで稼いでいく為の情報商材は、
数千円、数万円の価格帯で数多く出ていますからね。


あえてこのRTL第4期せどりアフィリ塾のような


「どういうノウハウを教示してくれるのか」


も分からない30万円もの高額塾に大金を支払うなど、
普通に考えて「リスク」しかないと思います。


まして、このRTL第4期せどりアフィリ塾は


「第4期」


と言いつつも、販売業者である


株式会社キュリアスコープ


という業者名のキーワードと併せて、


RTL 株式会社キュリアスコープ 第1期

RTL 株式会社キュリアスコープ 第2期

RTL 株式会社キュリアスコープ 第3期



といったキーワードで検索を行っても、
その第1期~第3期についての情報は何も出てきません。


普通に考えて、このRTLという高額塾が、
過去、3回に渡って募集が行われ、
そして実際に塾そのものが開催されたのであれば、
何らかの情報が少しくらい出てくるはずです。


そのような情報が「全く出て来ない」という時点で、
実際は第1~3期などは行われていないのかもしれません。


「第4期」


と謳った方が「信頼」を得られると思い、
このような虚偽に近い事をやっているのかもしれませんね。


要するに、このRTL第4期せどりアフィリ塾は、


「過去1~3期の評判や参加者の声」


にあたるものがネット上からは何も拾えない為、
そこも含めて参加する事には「リスク」しかないわけです。


第1期~第3期のでっち上げ疑惑。


ちなみにこのRTL第4期せどりアフィリ塾の販売ページには、


「過去の塾生の声」


という形で「動画付きのコメント」が何件か掲載されています。


ですが、その「過去の塾生」や「その実績」にあたるものは全て、
このRTL第4期せどりアフィリ塾の販売業者である、
株式会社キュリアスコープさんを介して、


「情報商材の販売」


を行っていたノウハウの提供者?にあたる人達であり、
その「実績」として掲げられている情報も


「情報商材の販売売上」


を掲載しているものでしかありません。


要するに、いずれの実績も


「アフィリエイトで稼いだ実績を掲載しているものではない」


という事です。


何より、その全てが株式会社キュリアスコープ名義で、
情報商材を販売していた「ノウハウ」の提供者ですので、
第1期から第3期までの塾など「やっていない」と考えると、


「全てが内々の関係者によるでっち上げ」


の可能性さえあるという状況です。


現にこの株式会社キュリアスコープさんは、
過去に販売しているせどり関連の情報商材でも、
明らかな「詐称行為」をしていた経緯があるようで、
以下のような記事でもその詐称行為が普通に取り上げられています。

>株式会社キュリアスコープの情報商材における「詐称行為」について


これ以外にもこの株式会社キュリアスコープさんが販売してきた
過去の情報商材についても、非常に「悪評」が多く、


「情報商材として売る為にノウハウそのものをでっち上げている」


という声も数多く上がっているようですので、
上記のような「実態」や「過去の評判」などを捉える限り、
このRTL第4期せどりアフィリ塾における、


・第1期~第3期までのでっち上げ疑惑

・塾生の実績もろもろのでっち上げ疑惑



などもかなりの現実味を帯びているようにしか思えません。


そのような「気になったところ」を総合的に踏まえると、
30万円もの高額な代金を支払ってまで参加するのは、
あまりにもリスクが高過ぎるとしか思えないという事です。


少なくとも、この手の「メルマガアフィリエイトの教材」という線では、


「どのようなノウハウ、情報を教示してくれるのか」


といったところが明確になっている教材で
価格も安く、評判の良い教材が普通にありますので、


「1からメルマガアフィリエイトを始める」


というなら、そういう教材を手にした方がいいと思いますね。


もしくは私のブログやメルマガを普通に参考にしてください(笑)


「せどりの情報発信をして情報商材を売る」


という点では、このブログを介してのメルマガ運営で
私自身が今も現在進行形で普通にやっている事ですから。


そういう視点で、私のメルマガを読んでもらえれば、
それこそ、色々と参考にしてもらえる部分も多いと思いますので。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年9月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

アパレルせどり転売4か月講座(株式会社キュリアスコープ)批評

れお☆です。


ここ数日、インフォトップの方で、


アパレルせどり転売4か月講座


というアパレル系商品のせどり教材が売れているようです。


アパレルせどり転売4か月講座

http://sedori-kasegu.com/aprru/


インフォトップの売上ランキングでも、
ここ数日、上位を取っていたみたいですね。


一応、レビュー依頼の方も頂いている状況なので、
今日はこの「アパレルせどり転売4か月講座」についてと、
その題材となっている「アパレル系商品のせどり・転売」についてを、
私なりに批評、意見する形でそれぞれ取り上げておきたいと思います。

アパレルせどり転売4か月講座(株式会社キュリアスコープ)批評


まずこの「アパレルせどり転売4か月講座」についてですが、
その販売元が「株式会社キュリアスコープ」さんだったので、
私的に「中身を確認しての批評は不要」と判断しました。


何度か、この株式会社キュリアスコープさんの
せどり系、転売系の情報商材を購入してきた上で、
そのスタンス、姿勢、内容等に関し、
共通する「程度の低さ」を著しく感じた為です。


というのも、この株式会社キュリアスコープさんという業者は、
ほぼ毎月のように違うせどり手法、せどり市場を対象とする
せどりの教材、転売の教材を販売してきているような業者さんで、


「あらゆるせどり、転売系の情報商材を量産している業者」


と言っても差し支えない完全な「情報販売業者さん」です。


それで、その1つ1つのクオリティが高いのであれば、
消費者側としても、何の文句も無いのですが、
ハッキリ言ってその内容の質は一律して「低い」というのが実状で、


「どれもこれも、無料参考書レベルの表面的なノウハウ」

「具体的な仕入れ、転売に突っ込まない当たり障りのない教材内容」



という感じでした。


少なくとも2万、3万という価格設定で、
情報商材として売るようなノウハウ、教材内容ではないと思ったので、
私的に、この業者さんの販売するせどり教材に関して言えば、
ほぼ「見切りをつけた」というのが率直なところです。


それこそ1000~2000円くらいの参考書レベルのものが、
その10倍、20倍の値段で売られているという印象で、
私的には全くその値段に見合う価値を見だせなかった為です。


そこに輪をかけて、その「販売ページ(セールスレター)」は、


「具体的なノウハウ」

「実践的な教材内容」



を大々的に謳うようなものになっている為、
この株式会社キュリアスコープさんが情報商材をリリースする度に
ある意味、そこに「騙されて」購入してしまっているような人が、
後を絶たず、出て来てしまっているんじゃないかと思います。


ただ、今回の「アパレルせどり転売4か月講座」については、
明らかにその販売ページの方でその転売実績における


「詐称」「捏造」


が発覚してしまったようで、その辺りの「詐称行為」等が、
こちらの「橋本さん」という方のブログで大々的に暴かれていました。


アパレルせどり転売4か月講座、株式会社キュリアスコープは詐欺の可能性大


詳しくは、この橋本さんの記事を参照頂ければと思いますが、
要するに、この「アパレルせどり転売4か月講座」の販売ページで、


「実践者の転売実績!」

「実践者はこんなに稼ぎました!」



という形で取り上げられている転売商品の「履歴」が、
実際に確認出来るその「履歴」に対して不自然な点が多く、


「転売実績の詐称、捏造行為」


がほぼ明るみになってしまったおいう状況なわけです。


少なくとも、その販売元である株式会社キュリアスコープさんは、
これまでも数々のせどり、転売系情報商材の販売ページで


「このノウハウによる転売実績はこちらです!」


というような実績画像等を公開していた経緯がありますので、
これまでの販売ページにおける転売実績やその実績画像等も全て、
同様に捏造、詐称していた可能性も普通に浮上してきます。


まあ、毎月のように新しい転売ノウハウを引っさげて、
その転売実績等を販売ページに公開していたわけですから、


「それら全てが詐称、捏造されていたものである可能性」


は、可能性としては、普通に「あった」と思いますし、
私としては「普通にそれ(詐称)っぽいな」と思ってましたが、
ここまで明らさまな「ボロ」を出したのは初めてだと思います。


これが「情報商材」という閉鎖的な業界の商品である為、
この「アパレルせどり転売4か月講座」は普通に販売を継続出来てますが、
もしこれがもう少し一般的に認知されている業界だったなら
即、販売停止に追い込まれて大問題になっているような行為です。


普通なら、その商品のみならがず、
その販売業者自体も世間的にもバッシングされ、


「全ての消費者への代金の弁済」


などが求められてもおかしくないような話ですからね。


そんな問題行為が明るみになっているにも関わらず、
そのまま商品の販売が継続出来てしまう事や、
その業者自体への世間的な「お咎めが無い」というのは、
本当に情報商材業界だからこその状況と言えるかもしれません。


ただ、何にしても、この「アパレルせどり転売4か月講座」や、
その販売元である「株式会社キュリアスコープ」さんが
消費者を欺くような詐称行為によって商品を販売している事は
今回の件でほぼ明らかになった事実に変わりは無いと思います。


ですので、今回、橋本さんが大々的に暴いた「詐称の事実」は、
この手のジャンルの情報商材を実際に扱っている者として、
可能な限り多くの人にシェアしておきたいと思った次第です。


せめて、このような情報商材にお金を支払おうとしている人に、
こうした「事実」が目に触れるような状況にはしておきたいので。


アパレル系商品のせどり・転売は稼げるのか。


尚、この「アパレルせどり転売4か月講座」については、
上記のような明らかな「詐称行為」の事実や、
その販売元である「株式会社キュリアスコープ」さんの
これまでの販売教材の内容や動向の傾向から


「中身を確認してまで批評する価値は無い」


と判断させて頂きましたが、この教材の題材となっている、


「アパレル系商品のせどり・転売」


については、私の知人で実際にこれで稼いでいる人がいます。


ですので、アパレル系商品のせどり・転売に関して言えば、
やりようによっては「稼げるもの」と捉えて問題ありません。


ただ、その知人が実際にやっている事や、
その上で得ている収益などを実際に聞く限りでは、


「真似しようとして簡単に出来るものではないな」


と思ったのが率直なところであり、何より、


「そこまで真似しようとも思えなかった」


というのが率直な本音です。


ちなみにその知人は完全に「ネットでの仕入れオンリー」なので、
メルカリ、ヤフオクで仕入れた商品をそのまま、
メルカリ、ヤフオクで転売するという方法で稼いでいるのですが、
それでも、私的には「割に合わない要素が多過ぎる」と思いました。


やはりアパレル系の商品は言っても「ファッション」ですから


「その時期の流行やトレンドにどうしても需要がされる傾向」


があり、まずこれはよほどのファッション好きでも、
そのファッショントレンドを常に追い続ける事は不可能に近いです。


現にその知人もトータル的には普通に稼いでますが、
やはりトレンドを見誤ってしまい、不良在庫として売れ残った商品が
どんどん自宅に貯まっていく状況にはあると言っていましたので、
その度合い、比率次第では、赤字のリスクも高くなります。


その知人も「当たり外れはあって当たり前」を前提に、


「稼げる商品でドンと稼ぎながら不良在庫を適当に処分し、
 トータルでプラス収支になればOK」



というスタンスで転売をやっているようなので、
私からすると、普通に「ハイリスク」にしか思えませんでした、


それこそ、その知人は私からすると
それなりにファッション好きの「おしゃれ」さんで、


「何それ?」


というブランドなどにも詳しく、
私なりよりは遥かにファッションにも敏感で、
ファッション系の雑誌もよく目にしているような人です。


もともとモデルやスタイリストのアシスタントしたりと、
ファッションに関わってきたような人物なので、
明らかに「その筋の商品」には人以上に精通しているわけです。


少なくとも、私はその辺りの関心はほぼゼロに近く、
ファッション等にはほとんど興味も関心も無いので、
そういうところも含めて、


「アパレル系のせどり、転売は自分には難しい」


と判断しました。


それなりに好きで、詳しくない限り、
このジャンルの商品のせどり、転売で稼ぐのは、
私はかなりハードルが高いんじゃないかと思います。


それこそ、それなりに「詳しい人」でさえも、
やはりトレンドの移り変わりを察知する事は出来ないようなので、
そのような「不確定要素が強い」という点も含めて、
私はかなり専門性の強いせどり分野だと捉えています。


強いて、そういう分野に詳しく、興味、関心がある人であれば、
普通にチャレンジしてみる余地はあるかもしれませんが、
そうではない人には向かないジャンルだと思いますね。


まあ、あくまでもアパレル系のせどり、転売で稼いでいる、
実際の知人のノウハウ、実績等を見ての私の「意見」ですので、
あくまでも参考程度にしてください。


ただ、仮にそこに興味や関心が湧いても、
今回取り上げた「アパレルせどり転売4か月講座」は、
その販売行為そのものに問題がある状況ですので、
私は辞めておいた方がいいんじゃないかと思います。


ちなみに、ですが、アパレル系のせどりで稼いでいる知人に


「その転売ノウハウを情報商材で売るのはアリ?」


と聞いたところ、


「仕入れ段階で即、飽和するので無理」


と即答されました(笑)


要するに自分の「食いブチ」が減るので、
情報商材でノウハウを公開するのはありえないそうです。


それこそ、ある程度「トレンドの動向」を押さえて、
いかに安い商品を安く仕入れて転売するかがポイントになる以上、
その「ノウハウ」を多くの人に公開するという選択肢はないそうです。


まあ、普通に考えればそうですよね、、、。


以上、アパレル系商品のせどり、転売についてと、
アパレルせどり転売4か月講座についてでした。


是非、参考にしてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

デイリーせどりスタイル(丹波研、岩立充弘)のレビュー

れお☆です。


ここ最近では珍しくせどり、転売系の情報商材が
インフォトップの売上ランキングの1位になっていました。


こちらの「デイリーせどりスタイル」というせどり教材です。


デイリーせどりスタイル

http://dailysedoristyle.com/


「売れている」だけあってレビュー依頼も何件か頂きました。


ただ、私的には「セールスレター」を読んだだけで、
ほぼ興味が湧くようなジャンルのせどり教材では無かったのと、


「これはちょっと、ありえないんじゃない・・・?」


というところが何点か見受けられましたので、
一応、その辺の「違和感」についてだけ、お伝えしておきます。

デイリーせどりスタイル(丹波研、岩立充弘)のレビュー


まず、私がこの「デイリーせどりスタイル」に、
根本的に興味、関心を持てなかった要因としては、


・店舗せどりのノウハウを提唱する教材であった事

・新品せどりのノウハウを提唱する教材であった事



この2点に尽きます。


この「デイリーせどりスタイル」では、
大手ショッピングモール「イオン」のみを対象として、


「イオンで新品の商品を仕入れてアマゾンで売る」


というノウハウを提唱しているのですが、
私的にはこの時点でせどりノウハウとしては、


「微妙」


の一言に尽きるというのが本音です。


というのも、今現在の時点で自宅での仕入れ、
転売のみで完全完結するせどりノウハウを確立している私としては、
このような「特定の店舗に仕入れに行くせどりノウハウ」は、
どこをどう捉えても「非効率」としか思えないところがあります。


しかもそれが「新品せどり」となれば尚更ですし、
そこに輪をかえてこの「デイリーせどりスタイル」は、
大手ショッピングモールの「イオン」が仕入れ対象ですからね。


確かにイオンのような大手のショッピングモールでも、
そのまま商品を仕入れてネットで転売するだけで、
普通に利益を出せるような商品は「ある」と思います。


ですが、言っても大手のショッピングモールで、
そこまで売れ筋の商品が激安で売られている事はありませんし、
逆に大手のショッピングモールで安く買えるような商品が
アマゾンの方でそこまで高く売れるような事もありえません。


せいぜい、その「隙間」を突いて、
若干の差額(利益)を抜けるような商品を
何とか狙い打てるというのが現実なわけです。


そんな大手のショッピングモールと
大手ショッピングサイトのアマゾンとで、
新品の売れ筋商品にそこまでの価格差がある事など、
今のご時世、まず「ありえない事」ですからね。


ただ、その「ありえないレベルの転売実績」が、
この「デイリーせどりスタイル」の販売ページには、
こんな感じで普通に掲載されているんです。







セールスレターの方にはこれ以外にも
これくらいの「差額」を強調した画像が並べられているので、


・せどりや転売を全くやった事がないような人

・この手の商品の仕入れを実際にやった事が無い人

・その「現実」をあまりご存知無い人



などであれば、そのままこういうキャプチャ画像を真に受けて、
このノウハウに「魅力」を感じてしまう事もあるのかもしれません。


現にこの「デイリーせどりスタイル」が売れているわけですから、
そういう人が「多くいる」というのが現実なんだと思います。


言わば、この「ありえない転売実績」を疑う事なく、
それを普通に信じ切ってこの教材を購入してるわけですから。


ですが、ある程度、せどりや転売を経験していて、
こういう商品の仕入れをやっているような人や
その現実をある程度、認識しているような人であれば、
先ほどのようなキャプチャ画像が、


「ただのデッチ上げ画像である可能性が高い」


という「現実」に気付けてしまうと思いますので、
そういう人はこの「デイリーせどりスタイル」自体を
かなり冷ややかな目で見ている可能性が高いと思います。


そもそも先ほどのキャプチャ画像を冷静に見れば、


「仕入れ値」


という形で示されている数字は、
ただ適当な数字を示しているだけの可能性があり、
その数字には何の信憑性も根拠も無いと思います。


実際にそんな金額で商品を仕入れた履歴や、
それを確認できる画像等は何も示されてないんですから。


それこそ「イオンで仕入れた」と謳っているのであれば、
堂々とその仕入れの際のレシートや領収書を、
その明細付きで示してくれればいいと思いませんか?


本当にそんな「ありえない価格」で仕入れを出来ているなら
その明細付きのレシートを画像で公開する事に、
販売者側としては何のデメリットもないはずなんです。


そういう画像が「圧倒的な信憑性」に繋がりますから、
よりこの「デイリーせどりスタイル」を売る事が出来るはずです。


にも関わらず、そういう明細やレシートの画像を掲載しないのは、
私は普通に「そもそも掲載出来ないから」としか考えられません。


要するにそんな明細やレシートは存在しないわけです。


本当はそんな金額で仕入れる事なんて出来ていないから…。


そりゃ、そうだと思います。


何で、今も普通にヒットしているような売れ筋のおもちゃを
アマゾンの販売価格や定価の半額以下で、仕入れられるんでしょうか。


それも「新品の商品」を「イオン」で「大量に」ですよ?


例えば先ほどキャプチャ画像をそのまま挙げた、


「ハピネスプリキュア・フォーチュンピアノ」


を定価の半額以下の金額で150個とか


「光の超戦士シリーズ・ウルトラマンゼロ」


を定価の10分の1くらいの金額で60個とか、
その仕入れなもほぼ100%ありえない金額ですし、
そんな人気のおもちゃを50個単位、100個単位で
イオンで仕入れるというのもまず現実的じゃないと思います。


1つのおもちゃを150個まとめ買いですよ(笑)


100歩譲ってその商品が定価の半額で売られていても、
それは間違いなく、異常なまでの特化セールですから
それを一人のお客さんが150個も大量購入なんて、
お店側がそんな買い方を許すはずがありません。


そういったところなんかも含めて、
この「デイリーせどりスタイル」というせどり教材は、
その販売実績とされているものが既に「おかしい」わけです。


そもそもこのような人気のおもちゃの新品商品が
定価を大きく下回るような金額で売られている事自体が
イオンのような大手のショッピングモールに限らず
ほぼ「ありえない事」なのが現実です。


ましてそんな人気のおもちゃを
50個、100個単位で仕入れる事なんて、
どう考えても出来る事ではありません。


そういう現実を捉えると、
この「デイリーせどりスタイル」に掲載されている、
その販売ページ内の「転売実績」のキャプチャ画像は、
ほぼ間違いなく「でっち上げの情報」だと思います。


だからこそ、本来は明細やレシートを示せばいいところを
そういった「証明」になるものは一切示さず
ただ数字だけを並べて「実績」と謳っているわけです。


そういうところも含めて明らかに不自然なわけですね。


デイリーせどりスタイル転売実績詐称疑惑?


以上が私がこの「デイリーせどりスタイル」の販売ページに思った、


「どう考えても、ありえないでしょ。」


というところであり、これは私に限らず、
ある程度の「せどり」や「転売」のビジネス経験や、
この手の商品の仕入れ経験がある人なら
普通に同じ事を思うところじゃないかと思います。


実際にイオンのような大手ショッピングモールでも、
でも転売の対象にして稼げるような商品は「ある」と思いますが
少なくとも、この「デイリーせどりスタイル」という教材は、
転売実績の詐称疑惑もある点で、私はちょっと信頼に置けません。


それこそ「売る為だけに作られた教材」の可能性が高く、
当の販売者自身も何ら実践さえしていない可能性が高いです。


要するに机上の空論に近い理論、ノウハウが
それらしく並べられているだけの、
この手のせどり、転売系の教材にありがちなパターン・・・。


そんなせどり教材である可能性が「極めて高い」という事です。


まあ、イオンのような大手のショッピングモールで、
新品の商品だけを仕入れて転売をしていくようなせどりノウハウは、
仮にその「完成度」がどんなに高いレベルであるとしても、
私としては「合理性が薄い」としか思えないんですけどね。


言っても薄利多売なビジネスモデルになる事は目に見えてますし、
新品せどりはどうしても「売れ筋商品」を狙う事になるので、
そのタイミングを間違うと一気に値崩れするリスクや
在庫だけを抱えてしまうリスクが常について回ります。


勿論、そういうリスクはどんな商品にもありますが、
新品のせどりは格段にそのリスクが高いというのが現実です。


まあ、新品せどりを推進する情報商材等のセールスレターでは、
そういう「都合の悪い現実」は一切書かれていない傾向にあるので、
その辺りの現実を認識しないまま「新品せどり」初めてしまい、


「気が付くと原価割れ商品や売れ残り商品に囲まれている」


という人も決して少なくありません。


そういった「リスク」のわりに、
いざ新品を仕入れる以上は相応の資金も必要になってきますし、
どうやっても薄利多売で利益率が低くなる傾向にあるので、
私的に「新品せどり」は初心者には難しいジャンルだと思ってます。


更に店舗せどりは何だかんだで肉体労働ですからね。


そこも含めて、転売実績の疑惑云々を抜きにしても、
この「デイリーせどりスタイル」は私的にはお勧めしません。


根本的に、せどりのスタイルとして、私的には
何のメリットも優位性も感じないというのが本音だからです。


どうせなら、もっと少ない資金からリスクの低い商品を扱い、
効率的に仕入れが出来て稼げるせどりをやりません?



というだけの話です(笑)


少なくとも、私が扱っている商品や
私が実際にやっているせどりノウハウは、
そういうノウハウだという自負がありますので、
興味があれば、無料マニュアルの方を読んでみてください。


その商品や手法は本当に無料で全て公開してますので。


興味があれば是非、どうぞ。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

NEWホームセンターせどりのレビュー(大藤伸栄)

れお☆です。


インフォトップの方でこちらのせどり教材が
ここ数日、継続的にランキング1位になっている模様です。


NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)

http://homecenter-sedori.com/


販売元はせどり、転売系の教材をよく販売している、
株式会社キャリアスコープさん。


ホームセンターで仕入れをして、
アマゾンで転売していくというせどり手法を提唱し、
そのノウハウをマニュアル化しているという教材です。


言ってみれば


店舗せどり


の教材という事になりますので、
私的にはこの時点でまずお勧めする事は無いのですが
実際に売れているようですしレビューの依頼もありましたので、
一応、取りあげておきたいと思います。

NEWホームセンターせどりのレビュー(大藤伸栄)


まず、教材内容の批評以前の視点として、


「ホームセンターを利用したせどり」


というもの自体が有効なのか、アリなのか、という点ですが、
正直、この教材の内容云々、以前の問題で、私はこの手法自体、


「あまりお勧め出来るせどり手法ではない」


というのが率直なところです。


理由としては、


・新品のみを扱うせどりになるのでリスクが高い

・扱う商品が多岐に渡る為、初心者向きではない

・店舗での仕入れが基本なので時間と労力がかかる

・サイズの大きい商品も扱うので場所を取る

・利益を見込める商品を探すのにかなりの時間を要する



この辺りがその主な理由で、もう1つ付け加えると、
基本的にホームセンターは郊外にある事が普通なので、
ブックオフなどを主とする本のせどりと違い、
仕入れ場所への移動が大変というのもあります。


基本、車を持っている人でないと厳しいでしょうね。


まあ、車と移動の問題は「店舗せどり」の時点で
地方の人にとっては本のせどりであっても、
同じ問題が浮上するものですから、
そこまで大きなデメリットには感じないかもしれません。


ただ先立つ5つの理由はせどりにおいては致命的だと思います。


そもそも私は「新品商品のみを扱うせどり」自体を、
あまり前向きには捉えていませんので、
この「NEWホームセンターせどり」で提唱されている
ホームセンターせどりは、基本原則として


「新品商品のみを扱うせどり」


になる時点で、リスクが高く初心者向きとは言えません。


基本、新品商品のせどりは、中古品のせどりと違い、


・プレミア商品を狙っていく事がほぼ出来ない事

・利益を見込める商品を見つけにくい事

・相場の底値が更新されやすく損失リスクが高い事



このようなデメリットがある為、
初心者にややハードルが高い傾向にあります。


そもそも「新品の商品」にも関わらず、
安く仕入れが出来て利益を見込めるという時点で、
その商品は既に「値崩れ」を起こしているわけですから、
新品のそういう商品には常に「それ以上の値崩れリスク」があります。


基本的に新品商品のせどりは、そういった


「微妙な状態にある商品」


だけを「綱渡り状態」で扱っていかなければならないわけです。


決して初心者向けではない新品せどり。


更にこの「NEWホームセンターせどり」で提唱されている
ホームセンターせどりは、特定の商品のみを狙うわけではなく、
それこそ「ホームセンター」で実際に扱われている
ありとあらゆる商品を扱っていく事が前提になっています。


家電、工具、家具、寝具からおもちゃに至るまで、
本当に幅広い商品を扱っていく事になるわけです。


ただ、この部分も私は初心者に推奨できない要素で、
あらゆる商品を扱っていく事は、
色々な商品で利益を出せるメリットはあるものの、
それ以上に多様な商品知識が必要になるデメリットがあります。


まして、このホームセンターせどりは、
店舗に行ってその多様な商品をチェックし、
実際にそのモノを見ての仕入れ判断が必要になるわけですから
多様な商品を扱っていく事はそれ自体が1つのリスクになります。


基本、せどりビジネスで実際に稼いでいるような人は、
ほぼ例外なく特定の商品のみに特化して利益を上げています。


あれもこれも、と、多様な商品を扱って稼いでいるような人は、
少なくとも、私が知る限りでは一人もいません。


現に私も音楽CDのみに特化してせどりをやっていますからね。


この一点でも、ホームセンターせどりは、
初心者向きではないどころか、私としては


「せどりで成功していく為の原則に反している」


というのが率直なところです。


多様な商品を扱っていくせどりノウハウは、
一見はそれがメリットのようで、
いざせどりを「やっていく上」では
明らかに「デメリットの方が大きい」という事です。


NEWホームセンターせどりのマニュアルについて


一応、ここまでは「ホームセンターせどり」という、
その手法そのものに対しての私見を述べてきましたが
この「NEWホームセンターせどり」のマニュアルについて、
もう少し具体的な批評をしておきます。


まず「店舗せどりの教材」としては、
かなり「手抜き感」が否めないというのが率直な感想です。


まあ、手を抜いているというより、
店舗せどりの教材としてはあまりに情報が不足していて、
教材としてはあまりにも「不十分な内容」という感じでした。


一応、ボリュームは100Pくらいありますが、
マニュアル内容の大半はさほど必要性も無い画像が多く、
ホームセンターの店舗写真や店内で商品が陳列されている写真など


「何でこんな画像でページの半分を埋めてるんだろう。」


というページが物凄く多いマニュアルになってます。


まあ、このNEWホームセンターせどりの販売者である、
株式会社キャリアスコープさんの販売教材は、
基本的に、こういう「ページ数稼ぎ」が多い傾向にあり、
その中でもこの教材はとくに「あからさま」でした(苦笑)


そういう無駄な画像で大量にページ数を割いているわりに、


・仕入れる商品を判断していく為のリサーチ方法や流れ

・仕入れた商品を転売していく方法や流れ



などがほとんど説明されておらず、
「教材」としては肝心なところが抜けている感じです。


まあ、今はこの手の転売系の教材が多く出回っているので、
オーソドックスなリサーチ方法や
アマゾンでの商品出品の流れなどであれば
そういった教材に書いてあるケースも多いです。


実際にそういう教材を1つでも手にしている人や、
その実践経験があるような人であれば、
その「オーソドックスな方法」を応用して、
自分なりに「やれない事も無い」と思います。


ですが、そういう教材を手にしていない人や、
そういう経験を一切踏まえていないような人は、
まずこのNEWホームセンターせどり1つでは、
その辺りの工程に躓いてしまうと思いました。


そういうところでもこのNEWホームセンターせどりは
根本的に「初心者向けではない」という印象です。


結局このNEWホームセンターせどりのマニュアルに書いてあるのは、


「全国ホームセンターの一覧情報(と不要な画像情報)」

「各ホームセンターにある主な売り場(と不要な画像情報)」



このような何の足しにもならない情報が大半を占め、
ノウハウらしいノウハウとしては、


「ホームセンターで利益を見込める商品を効率的に見つける方法」


が解説されている程度です。


と言っても、そこに書かれている事は


「セールの対象になっている商品や特価商品、
 展示品限りの商品をチェックしておきましょう」



というような事が、漠然と書かれている程度でした。


価格は8480円と、情報商材としては低価格な教材ですが
この内容では8480円でも「高い」と思いましたし
それこそ書店に並んでいるこの系統の書籍の方が、
もう少し詳しく為になる情報が普通に書かれていると思います。


ホームセンターせどりという手法そのものの難点を差し置いても、
このNEWホームセンターせどりのマニュアルは、
せどりの教材としても「イマイチ」というのが率直な感想ですね。


ただ、その教材内容以前に、
私はこの「ホームセンターせどり」という手法自体、


・新品のみを扱うせどりになるのでリスクが高い

・扱う商品が多岐に渡る為、初心者向きではない

・店舗での仕入れが基本なので時間と労力がかかる

・サイズの大きい商品も扱うので場所を取る

・利益を見込める商品を探すのにかなりの時間を要する



といったような理由で、あまりお勧めは出来ません。


少なくとも、このホームセンターせどりに該当する、


・新品のみを扱うせどり

・店舗での仕入れが前提になっているせどり

・多様な商品を扱っていく必要があるせどり



これらは全て、私が考える、
稼げるせどりの原則から外れています。


これからせどりを始めるという人が
あえてこれらに該当するせどりをやるのは、
私は「辞めた方がいい」と思いますね。


少なくとも私が提唱しているせどりノウハウは、
上記の原則やデメリットの全てをクリアしていますので、
もし興味があれば、記事の最後で紹介している
無料マニュアルの方でもダウンロードしてみてください。


個人的には、NEWホームセンターせどりのマニュアルより、
遥かに「実のある情報」を提供出来ていると思いますので。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


こちらでは「ブログ講座形式」で、
私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

一度、こちらからブログ講座の方を受講してみてください☆

れお☆のせどりインサイダー無料講座はこちらから

タグ

2016年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

プロフィットせどり2(田辺和久)レビュー

れお☆です。


ここ数日「今更?」と思うような、
せどり系の情報商材がインフォトップの売れ筋になってます。


こちらの「古本せどり」を主とする、


『プロフィットせどり2』


という教材です。


プロフィットせどり2(田辺和久)

http://profitsedori.com/top/


正直、古本のせどりは、裏ワザ的なものは無いに等しく、
その販売ページを読む限りでもその内容は、
私的には概ね想像が付くので中身はチェックしてません。


ただ、この「プロフィットせどり2」に関しては、
販売ページの中にもちょっと


「ん?」


と思うところが幾つか見受けられたので、
古本せどりの現実とその内容を照らし合わせた上での、
一応、私なりの個人的な見解のみ解説させて頂ければと思います。

プロフィットせどり2(田辺和久)レビュー


まず販売ページの冒頭で大々的に掲げられている、
このプロフィットせどり2の販売者である田辺和久さんの実績。


『12年間で合計5億円超』


この「5億円」という実績ですが、これはまさに、
この手のせどり系の教材を売り出す人がよくやる


「売上金額のみを示す」


という手口で、実際にそこから、
どれくらい「利益」を上げているのか、
その数字は全くわからないようになってます。


一見「5億」と言われれば凄い数字のように見えますが
これはあくまでも「売上高の合計」なので、
そこには「仕入れ」にかかった費用が計上されていません。


極論、そこに6億円分の仕入れ費用がかかっていた場合、
5億の売上を上げていっても実質的には1億円の赤字です。


まあ、それは幾ら何でも極端すぎる例え話ですが、
一概に5億の売り上げと言っても、
実際の「利益(稼ぎ)」は完全に不透明なわけです。


このプロフィットせどり2の販売者である田辺和久さんが
実際にそれなりの「稼ぎ」を得ているというなら、
その「利益」の方を何らかの形で示せばいいと思うのですが、
実質的にこのプロフィットせどり2の販売ページには、


「田辺和久さんが手にしている利益が確認出来るような情報」


は、何も示されていません。


それこそ、


「この商品を転売してこれくらい稼ぎました!」


というような画像は幾つか公開されていますが、
それらは全て「アマゾンでの転売価格」については、
実際のアマゾンの証明画像が掲載されていますが


「その商品を幾らで仕入れたのか」


というところについては数字は掲載されているものの、
その「仕入れ額」を証明するものは何も示されてません。






ご覧の通り、示されているのは、
アマゾンでの転売金額を示す画像のみで、
仕入れの金額については「ただ書いているだけ」です。


それこそこのプロフィットせどり2、田辺和久さんの手法は、
ブックオフなどの店舗せどりが基本という事なので、
その本を幾らで仕入れたかの証明は、


「その本を仕入れた際のレシート」


などの画像を掲載してくれれば簡単に証明出来るものなはずです。


実績の信憑性という意味でも、
そういうものを載せた方が田辺和久さんにも、
このプロフィットせどりを売る上でもメリットがあるはずですが
そういうものを「あえて」一切載せていないという事は・・・


まあ、少なくとも私はそこに少し違和感を感じますね。


また、他の実績画像と見比べると、
そもそもこの「利益率」の表示が明らかにおかしいです。


例えば以下2つを見比べてみてください。









上の画像の商品は200円で仕入れた本が
9998円になって「80%」という利益率なのに対し、
下の画像の商品は同じく200円の仕入れで本が
1356円で「83%」と意味不明な数字になってます。


何で9998円になった商品の利益率より、
1356円になった商品の利益率の方が高いんでしょうか?


計算式もよくわかりませんが、明らかにこういった
不自然な数字の転売実績がズラリと並んでいます。
(数字に弱い人なんでしょうかね。)


実際にロフィットせどり2の販売ページには、
こういった「やや信憑性にかける転売実績」が
幾つかズラリと並んでいるわけです。


そしてどの転売実績も100~1000円で仕入れて本が
5000円、10000円という金額になっていて、
仕入れ値に対しての倍率で仕入れ金額に対して普通に
50倍、100倍という転売実績がザラに示されています。


まさに「仕入れた金額」に対しての売値が
とんでもない利益率になっているわけです。


とは言え、その「仕入れ金額」に全く信憑性がないので、
この数字は何のアテにもならないと言えばそれまでなのですが


「仮に高い利益率を示す数字をアテにする」


としても、実際に並べられている転売の実績情報は、


アマゾンでは5000~1000円と、
かなりの高額で取引されているプレミア本を、
100円~1000円ほどで仕入れる事が出来ている



という、非常に稀なケースの実績ばかりを
ズラリと並べている印象を受けます。


古本のせどりを経験している人なら分かると思いますが
正直、アマゾンで5000円、10000円と
高額で売られているようなプレミア本は
そうそう100~1000円という価格では見つかりません。


それこそ完全な「お宝商品」が「格安」で売られているわけですから、
そんな商品がブックオフなどでゴロゴロ転がっているはずがないんです。


勿論、そういう商品が全くないとは言いませんが、
こういうお宝商品を格安でゲットできるのは非常に稀なケースです。


ただ、このプロフィットせどり2の販売ページでは、
そういう「極めて稀なケースの転売実績」を
あたかもそれが「当たり前」のように掲載されているので、


「この販売ページは中古本せどりの経験が全くないような
 現実を知らない初心者層だけを狙っているのかな?」



という印象を受けました。


普通にその「現実」を知っているような人であれば、
このような転売実績ばかりを都合良く見せられ、
且つ、そこに「仕入れ値」を証明するものが無ければ、
まず、これをそのまま真に受ける事は無いと思うからです。


「あ、これは嘘くさいな」


と、実店舗で中古本の仕入れを経験している人ほど、
そこに気付いてしまうんじゃないかと思いますね。


あと、もう1つ違和感を感じたのは
販売ページの方には


『プレミア本は一切狙わない』


という事が大々的に掲げているわりに、
販売実績として載せている商品の大半は
何故かほぼ全て「プレミア化した本」になっている点です。


それこそ先ほどお見せしたこの実績画像の商品。





これなんかは完全にプレミア化したお宝商品ですからね。


こういうプレミア商品の転売実績をバンバン載せておいて


『プレミア本は一切狙いません!』


というノウハウを提唱しているのは一体何なんでしょうね、、、。


既に販売ページで販売理論破綻しているというか、
自分のノウハウがどういうノウハウか自覚が無いんでしょうか?


そういうところも含めて、
このプロフィットせどり2については、
販売ページそのものにちょっと粗が目立ちました。


・販売者、田辺和久さん実績に信憑性が無い

 → 売上金額のみが記載され、利益が不透明


・転売商品の実績にも同じく信憑性が無い

 → 仕入れ金額の証拠画像が無い


・転売商品の実績の利益率の数字が意味不明

 → どういう計算式で利益率を出しているのかが完全に不透明


・仕入れ値に対して50倍、100倍の転売実績がザラ?

 → そんなお宝商品にはまず滅多にお目にかかれない。


・プレミア商品は扱わない?
 
 → 転売実績の大半はプレミアが付いた本になっている


正直言って、私は古本の実店舗せどりで、
利益率50倍、100倍の商品をガンガン仕入れるなんて、
どう考えても「不可能」だと思っていますし、
これは現実に「不可能」というのが実際のところです。


ですので、それを当然の実績のように掲げている上でに、
その実績の「仕入れ値」についての信憑性も薄い時点で、
このプロフィットせどり2の販売ページの記載内容は、
私はどうしても腑に落ちない部分が多かったです。


それこそ5000円、10000円で売れるような本が
100~1000円という金額で、バンバン仕入れられるなら
本当に誰でも一気に億万長者ですからね。


普通に考えて到底ありえない事だと思います。


それこそ「中古本せどり」についてや、
実店舗でのせどりの実状については、
このブログでも以下のような講座を用意してますので、
強いて古本せどりに興味があるようなら一度ご覧になってください。


古本せどりとの実状と現実。


あと、古本せどりの有効なノウハウは、
こちらの講座でも無料公開していますので
興味があれば併せてどうぞ。


セット本せどりで稼ぐブックオフの活用法。


単純に古本せどりで稼ぎたいのであれば、
この講座のノウハウだけでも普通に稼げると思います。


是非、参考にしてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年2月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

ひなた式在宅カメラ転売Last Chance(日向寺恭子)レビュー

れお☆です。


珍しく、インフォトップの方に、


「カメラ転売の教材」


が売上ランキングの上位に出ていました。


こちらの教材ですね。


ひなた式在宅カメラ転売Last Chance(日向寺恭子)

http://hinata-lastchance.com/


早速ですが、チェックしてみましたので、
レビューという形で取り上げておきたいと思います。

ひなた式在宅カメラ転売Last Chance(日向寺恭子)レビュー


まず率直に思ったのは、


たぶんこの教材の販売者である日向寺恭子さんは、


ひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)


のマニュアルに書かれているノウハウでは、


・実際には稼いでいない

・これまで稼いでいたが今後はもうこのノウハウで稼ぐ気はない



このどちらかの可能性が高いか、もしくは


“自身のカメラ転売手法の全てのノウハウは明かしていない”
(キモとなるような自分だけのノウハウを隠している)



このいずれかではないかと思います。


私がそう思った理由は簡単です。


この「ひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)」のノウハウを
この教材を買った人全員が忠実に実行していったなら、
その実践者同士がどうやっても確実に競合していくからです。


この時点で販売者の日向寺恭子さんは、
この「ひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)」のノウハウでは、
実際に稼いでいないか、もう稼ぐつもりはないか、
その全ての手法を明かしていないかのどれかだろうと思いますね。


もし、自分がこの手法のみで実際に稼いでいるというなら、
まずこのような形で情報商材として公開はしないと思います。


明らかに自分の収入を圧迫するような手法だからです。


まあ、転売系の情報商材ではよくある事ですが、
このような競合必死のノウハウで、
ご本人が実際に稼いでいるという事はまずありえないと思いますね。


とくに競合が激しくなると思ったのは「仕入れ」の部分で、
このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)の仕入れ手法を
そのままザックリとだけ説明してしまうと、


1:ヤフオクで終了間際になっている商品(カメラ)で
  入札が入っている商品にひたすらウォッチリストに入れていく

2:その商品の過去の相場をひたすらオークファンでチェックしていく

3:過去の相場と終了間際の価格に差額があれば入札をいれていく



ザックリ言うと、こういう感じです。


このザックリとした流れを見るだけでも、
いかにこのひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)が、
その購入者同士だけでどんどん競合してしまうノウハウかは、
普通に見て取れるのではないでしょうか。


「終了間際で入札が入っている商品を狙っていく」


というところが絶対的に共通してくる以上、
このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)の購入者が増えるほど、
同じ商品に目星を付けて入札をしていく事は明らかです。


確かにこの手法であれば、


「現在、需要があるカメラやその付属品」


を「リアルタイムな入札」を前提に見極められるので、
カメラについての知識が全く無いような人でも、
そのまま需要のある商品を簡単に絞り込めるメリットはあります。


販売者の日向寺恭子さんが、
お一人でこのノウハウを実践されていたというなら、
もしかすると有効な手法だった可能性もあると思います。


でも、これをそのまま情報商材として公開してしまったなら、
誰もが同じ手順で同じ商品に目星を付け、
同じようにオークファンで過去の相場を調べ、
同じ商品に入札していく事になるのは火を見るより明らかです。


基本的にこのひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)は、
この「仕入れ」の部分が主な肝となる点で、
そこからの流れは一般的なカメラ転売とさほど変わりません。


「売り方」


という点については、普通にヤフオクに出品していくだけの手法です。


一応、出品のポイントとして挙げられているのは、


・1円出品にする事

・売りたい価格よりちょっと高めの即決価格を付ける事



という事くらいで、ここでとくに目を見張るようなノウハウは無く、
その他、マニュアルの中に書かれている事は、


・カメラのメーカー、部品名などの主要情報

・カメラ特有の検品方法

・カメラ特有の配送時の注意点



など、このあたりはカメラ転売を題材にしているような
詳しいサイトでも普通に手に入るような情報です。


つまり、このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)のノウハウは、


1:ヤフオクで終了間際になっている商品(カメラ)で
  入札が入っている商品にひたすらウォッチリストに入れていく

2:その商品の過去の相場をひたすらオークファンでチェックしていく

3:過去の相場と終了間際の価格に差額があれば入札をいれていく



この仕入れの手法が「キモ」となっている手法であり、


「こういうやり方をすれば、知識が無くても、
 高値で転売しやすい商品を楽に見つけていけますよ」



というのが「ウリ」になりようなノウハウだったのですが、
これは情報商材として公開するには全く適していないノウハウであり、
その購入者が増え、実践者が増えていくほど、
それに否定して、どんどん有効性は無くなっていくノウハウです。


既にこの「ひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)」は、
数日に渡って、インフォトップの売上ランキング上位に入ってますから、
もう既に相当数の購入者の手にこのノウハウが行き渡っています。


つまり、もう既にこの方法を実践する人同士で、
競合が起き始めている可能性もあるという事です。


ひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)のもう1つの弊害。


また、このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)は、


ヤフーオークションでの1円出品


での転売を推奨していて、
もしもその商品が安く落札されそうになり、
原価割れしそうな場合は


「出品の取り消し」


をして、出品そのものを取り下げる方法を推奨しています。


確かに1円出品では、安く落札される可能性がありますからね。


何より、このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)自体が、
そういう「格安出品」をされている商品を狙って、
それを安く落札していく事を前提にしているノウハウです。


ですので、1円出品には当然、その「リスク」があります。


そこをこのひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)では、
出品の取り消しをして再出品していく方法を勧めているのですが、
ハッキリ言って、この方法ですと、


・出品を取り消す度に540円の手数料がかかる

・出品を取り消す度に、取り消された入札者が客離れする

・出品終了間際、パソコンに貼りつかなければならない



こういったデメリットがあります。


私なら、安く落札されそうになって、
出品を取り下げてくるような出品者には
今後、二度と入札はしませんし、そういう人は多いです。


つまり、出品を取り下げる度に、
現にその商品を欲しがっていたお客さんを逃してしまうんです。


まして、このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)で
カメラを転売する人がどんどん増えていったらどうなると思います?


それこそ「出品の取り消し合い」の応酬になると思います(苦笑)


このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)の実践者が
同じひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)の実践者の出品に入札し、
それが安く落札出来そう(落札されそう)な状態になると、
出品を取り消していくという事をお互いにし合う事になります。


儲かるのは540円の手数料を取れるヤフオクだけ(笑)


そんな出品の取り消しを度々受けていたら、
商品の仕入れ作業さえ「やる気」がなくなってしまいますね。


でも、そういう状況になっていく事も多いに考えられます。


そういう意味でも、情報商材という形で公開するには、
ちょっとズサンなノウハウだったんじゃないかと思いますね。


カメラ転売自体は上手くやれば稼げる手法ですし、
カメラ好きな人は趣味の範囲でも楽しめるビジネスだと思います。


ですが、このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)は、


・カメラ初心者

・転売ビジネス初心者



どちらにもあまりお勧め出来ません。


理由はここまでお伝えした通り、
転売ビジネスにおいて極めて重要な


・仕入れ

・転売



どちらの手法にもかなり大きな穴があるからです。


カメラ転売は基本的にはどうにかこうにか、
旨味のある商品を安く仕入れる事がポイントになりますので、
基本的には独自の方法でそういう商品を見つけ、
仕入れていくノウハウを確立する必要があります。


このひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)の仕入れ手法は、
販売者の日向寺恭子さんが一人でやっている分には、
もしかすると有効だったかもしれません。


ですが情報商材として不特定多数に公開してしまうと
その時点で明らかに有効性が薄れる手法であり、
転売の方法もかなり穴があるので、
現実的にこの方法で稼いでいくのは「もう」厳しいと思います。


以上、ひなた式在宅カメラ転売(Last Chance)のレビューでした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:カメラ転売 情報商材レビュー

卯野浜良弥さんの卯野浜塾について。

れお☆です。


インフォトップの方で「広告枠」を独占し、
代々的なプロモーションをかけている、
こちらの高額な「せどり塾」が話題になっています。


卯野浜塾(卯野浜良弥)

http://unohama.net/poincare/


早速、「これ、どう思いますか?」というご相談、
レビュー依頼などを何件か頂いていますのが、
この卯野浜塾の情報提供は


1月16日から


という事なので、その内容や詳細については、
今の時点では確かめようがありません。


ただ、セールスレターを目にする限りでも、
幾つか、思うところがありましたので、
その辺りのところだけでも取り上げておきたいと思います。

卯野浜良弥さんの卯野浜塾について。


まず、主催者の卯野浜良弥さんという方は、
せどり日本一を「自称」し、


・年間売上7億3796万円

・月収5000万円を14カ月連続更新

・アメックスカード900万ポイント所有



といった実績を「数字上」だけ公開しています。


ただ、いずれも全て数字がただ並べられているだけなので、
この数字が全て本当に事実かどうかの確認は出来ません。


また、あくまでも「売上額」を大々的にアピールしていますので、
実際にこの中からどれくらいの「利益」を得ているかも不明です。


極端な事を言えば年間7億円の売り上げがあっても、
仕入れに7億円以上のお金を使っていれば、
実質的な利益はほとんど得られていない可能性もありますからね。


とくにこの手のせどりや転売系の情報商材のセールスレターで、
売上額のみを大々的にアピールしているような人は、
実はさほど利益を手に出来ていない傾向にあり、
言うほど「儲けていない人」というパターンが非常に多いです。


ですので、このような「売上の数字」だけを見て、
この卯野浜良弥さんという方の実績を真に受けるのはちょっと危険です。


仮にその「売上」が事実でも、
実際はほとんど儲けを出せていない人の可能性もあります。


せどりや転売系のビジネスは売上と利益が比例するビジネスではないので、
そこからどれくらいの「利益」を得ているかが重要なわけです。


でも、この卯野浜塾のセールスレターでは、
その辺りの「利益」や「利益率」が分かる情報が何も出ていません。


それどころか、セールスレターで明かされている情報は、


「本」

「おもちゃ」

「DVD・CD」

「ゲーム」

「家電」


これらのせどりの王道ジャンルを一通り扱うというところと、


・店舗せどり

・在宅せどり


この2つの仕入れ、転売ノウハウが提供されるというところのみで、
わりと「普通のせどりノウハウ」の印象を受けます。


あとは「ツール」が付くようですが、
このツールについては詳しい事は何も書かれていません。


ただ、入塾費用に含まれるツールの利用権利は3カ月までで、
4カ月目以降は月14800円の利用料金がかかるのだとか。


この卯野浜塾は、入塾の段階で30万円近い参加料がかかりますので、
そこから更に毎年18万円のツール利用料を徴収されるという事になります。


それがどんなツールかわからない以上、何とも言えませんが、
せどり系のツールで年間18万円の利用料はちょっと高額過ぎますね。


まして、入塾の段階で30万円ものお金を取るわけですから、
この参加条件及び継続条件はかなりの強気な設定だと思います。


ただ、ここまで強気な設定を示しているわりに、
セールスレターで謳われている「返金保証」は、
その価格設定とは裏腹にかなり「弱気」です。


条件は以下の通り。


 180日間実践し利益が上がらなかった場合、
 塾の販売価格分を返金致します。
 返金申し込み期間:塾開始後180日~210日の間



まず、根本的な保証条件が


「利益が上がらなかった場合」


というちょっと曖昧なもので、これは要するに


「1円でも利益が上がっていたら保証は適用されない」


という意味合いに捉える事も出来ます。


極論100万円分の仕入れをしている状況で、
1万円分の商品が10010円で売れていた場合、
99万円の在庫は残っているものの、


10円の利益


は得られた事になります。


99万円分はあくまでも「在庫」なので、
これで「利益を得られた」として保証が適用にならないなら、
この保証は実質的にあってないようなものだと思います。


でも、この言い回しの保証条件であれば、
そういう逃げ道を残しているとしか思えません。


また、仮にそれで返金を受けられるとしても、
180日間の実践が前提になっているという事は、
ツールを無料で使える3カ月間以降は、
別途14800円のツール代金を3カ月分支払っている事になります。


でも、保証の対象になるのは、


「塾の販売価格分」


となっていますので、4カ月目以降の、
ツールの利用料金は返金されません。


つまり、この保証は、どう転んでも
販売者の卯野浜良弥さんは損をしないようになっているという事です。


最悪、そのツールの利用料金はポッケ出来ると言う事ですね。


これって実質的に販売者の卯野浜良弥さんは、
何のリスクも背負っていないという事になりますので、
返金保証の意味を全く成していないと思います。


結局、どう転んでもツールの利用代金3カ月分は
参加者側の持ち出しになるので、
これは実質的に何の意味も無い保証としか言えません。


更に、この卯野浜塾は、12月10日までの限定募集後、
コンテンツやツール提供は来年の1月16日以降と、
そこには1カ月くらいのインターバルがあります。


ただ、この手の高額塾で、この手の。


限定募集 → コンテンツ一式は後日提供


という手口で販売されているものは、
概ね「悪評逃れ」の為にこういう売り方をしている場合がほとんです。


実際にこの卯野浜塾のノウハウ、ツールが本当に稼げるものなら、
すぐにでも参加者にその一式を提供して結果を出させ、


「評判」


をネット上に広めていった方がより多くの参加者を集められるはずです。


にも関わらず、あえてそれをせずに、
まずは募集だけをかえて代金のみを決済させ、
コンテンツやツールの一式を1カ月も先に提供するというのは、
普通に考えると「悪評を逃れる為にそうしている」としか思えません。


ただでさえ、この卯野浜塾はそのセールスレターに、
具体的なノウハウの概要やツールの仕様などが書かれていませんので、


「蓋を開けてガッカリ」


というパターンの高額塾になる可能性は非常に高い気がします。


むしろ「蓋を開けてガッカリ」だからこそ、
こういう売り方をしていると思った方が身の為かもしれません。


それこそ「有効なツールありき」でこういう塾をやるのであれば、
私ならまずはノウハウの手の内を全て明かして参加者を集めますね。


勿論、それはそのノウハウやツールが本当に有効なもので、
ノウハウそのものに確固たる再現性があり、
それをお客さんに確信してもらえるものである事が前提ですが、
もしそういうノウハウとツールをセットにしている塾なら、
手の内を全て明かした方が参加者を集められるはずなんです。


だって、その「有効性を確信できるノウハウ」が、
そのツールを使わないと実行できないというのであれば、
その有効性を確信出来るノウハウを実行する為に、
喜んで代金を支払い、参加してくれる人が殺到するはずです。


つまりこの卯野浜塾のノウハウ、ツールが、
本当に有効性が高く、再現性が高いものであるなら、
そのセールスレターでもっと大々的に
その詳細等をしっかりとアピールしているはずだという事です。


まして、そのノウハウを明かしたコンテンツや
その実践に使うツールを1カ月も先に提供するなんて、
私からすれば「内容に自信が無いからこその体制」としか思えません。


どうせ「ツールありきのノウハウ」なのであれば、
そのノウハウの内容や再現性に自信があれば尚の事、
その全てをセールスレターで明かしても良いくらいだと思うからです。


少なくとも、私は自分のノウハウにそれくらいの自信を持っているので
有料のコンサルティングプランなどもご用意はしていますが、
そのノウハウそのものはほぼ全て無料で公開しています。


せどりエイターれお☆の「せどりインサイダー」(無料)


まさにそのノウハウの全てを明かしても、
その再現性や有効性に確信を持ってもらえる自信があるからこそ、
私はこうして自分のノウハウをほぼ全てクリアに公開しているわけです。


且つ、それをより有効に実践していく上で、
私のコンサルを受けたいという人だけが、
有料のプランに申し込んでくれればいいというスタンスです。


実際、このスタンスでも既に500名近い人に、
この「コンサルティングプラン」に参加頂いていますからね。
(その他の有料プランを併せれば1000名以上です。)


本当に再現性を確信してもらえるような有効なノウハウであるなら、
こういう売り方を出来るはずですし、
本物のノウハウこそ「こういう売り方をするべき」だと思います。


少なくとも、私はそういう考え方、スタンスなので、
この卯野浜塾は、色々な点で私はちょっと「怪しい」としか思えません。


・セールスレターではノウハウ、ツールの詳細が何も語られていない

・コンテンツ、ツールの提供が1カ月も先

・返金保証の条件が極めて曖昧

・その保証がほとんど意味を成していない。

・販売者がリスクを取らず消費者側のみリスクを背負っている

・30万円の参加費の他に年間18万円の継続費用がかかる



などなど、私の経験則的には「駄目な高額塾」の条件を
ほぼ全て満たしているような状況になっていますので、
こういう不透明な塾に30万円はちょっとリスクが高い気がします。


ましてせどりはそこから「実践」にもお金がかかりますからね。


売上7億円を自慢しているような塾ですから、
一体幾らの仕入れ費用を用意しなければならないのか、
想像しただけで恐ろしい気がします(苦笑)


それなら、その30万円を、まずは「試し」にでも、
私のノウハウの「実践」に使ってみればいいと思うのですが・・・
(実際、その3分の1の10万円からでも十分なくらいです)


実際、私の無料マニュアルだけで稼いでいる人もたくさんいますので、
興味があれば、一度以下の無料講座だけでも受講してみる事をお勧めします。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年12月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

クリスマス・スナイパーEX-Revolution(久保田哲)レビュー

れお☆です。


11月も中旬を迎え、世間はクリスマスモードですね。


ビジネスにおける「クリスマス商戦」は、
ディズニーランドに合わせて展開するのが良いらしいです。


ディズニーさんが大金を使って
クリスマスプロモーションをしてくれるので、
それに便乗するようにクリスマス商法を始めるのがいいのだとか。


そして、遂にこの情報商材業界にもそんな


「シーズン戦略」


と言えるような情報商材が出てくる時代になったようです(笑)


今日取り上げるのは、そんな「クリスマス商法」に特化した


「プレゼント用のおもちゃのせどり・転売」


のノウハウを提唱しているこちらの商材になります。


クリスマス・スナイパーEX-Revolution(久保田哲)

http://sedori-paradise.com/csexr/


せどり、転売を個人でやっている人の多くは、
本やCD、ゲームなどを主に扱っているので、
そこまで「シーズン(時期)」と「トレンド」を意識して、
商品の仕入れや転売をしている人は少ないと思います。


ですが、本来はどんな商品にも多少なりと、
シーズンごとに移り変わるトレンドのようなものはあり、
プロのバイヤーと呼ばれるような人達は、
少なからずそういうところも意識して転売をやっているものです。


とくに今回の教材で取り上げる、


「おもちゃ」


という商品は、モロにその「シーズントレンド」がある商品なので、
そこに『そのシーズン特有のノウハウがある』というのは十分に頷けます。


この「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」は、
そのシーズントレンドの1つである、


「クリスマスシーズン」


に特化したおもちゃの転売戦略を公開する教材になっているわけですが、
実際にそのポイントをしっかりと押さえられる内容になっているのか。


早速、その内容についての批評、レビューをしておきたいと思います。

クリスマス・スナイパーEX-Revolution(久保田哲)レビュー


せどり、転売系のノウハウは、


「何の商品を扱うか」


でまず、その手法が大きく変わってくる点と、


「その商品の中古品を扱うか、新品を扱うか」


でも、またそのポイントが大きく変わってくる傾向にあります。


その上で、今回の「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」は、


「クリスマス用のプレゼント需要を押さえる転売ノウハウ」


という事になりますので、必然的に取り扱っていく商品は、


「新品のおもちゃ」


という事になります。


クリスマスに中古品のおもちゃを子供にプレゼントするような親は
どう考えても少数派でしょうから。


ただ、本来「新品のおもちゃのせどり・転売」は、
なかなか利益を上げにくいジャンルであり、
普通、おもちゃの転売を行う際は「中古品」を狙うのが一般的です。


新品のおもちゃは「相場」がほぼ決まっている為、
それをどこで仕入れてどこで売っても、
そこまでの利益は取れないからです。


仮に新品のおもちゃの転売で大きな利益を得るには


「すぐに売り切れてプレミアがつくような商品」


に目星を付けて、それを一気に仕入れ、
いざプレミアが付いたような時期に一気に売り切る必要があります。


要するにある程度、商品の人気と需要を見極める、
商品に対しての知識や「目利きの力」が必要であり、
それを見間違えてしまると無駄に在庫を抱えてしまう事にもなり兼ねません。


また、メーカー側の「生産」と「供給」状況によっても、
そのプレミア状況等は大きく変動する為、
そういうところを含めても、新品のおもちゃせどりは、
かなりハイリスクなところがあるわけです。


少なくとも何の知識も経験も無く、
軽はずみに手を出して簡単に稼げるような市場ではありません。


おもちゃの人気(需要)、メーカー側の動向をしっかりと見極め、
それがドンピシャにハマっていかないと、
稼ぎよりも在庫の山が手元に残ってしまうからです。


ただ、そういった人気(需要)やメーカーの動向を
100%正確に押さえていく事はほぼ不可能なので、
新品おもちゃのせどりはそういう意味でも、
初心者がいきなり手を出すのは得策ではないと言えます。


それが新品のおもちゃを扱う転売ビジネスの現実です。


その上で、今回取り上げている、
クリスマス・スナイパーEX-Revolutionという教材は、
まさにその「新品のおもちゃ」を扱う情報商材なわけですが、


「クリスマスシーズンだからと言って、
 新品のおもちゃを扱う難易度が変わるか」



・・・と言えば、実はそうとも言い切れないのが現実です。


基本、クリスマス前ともなれば、プレゼントとして、
おもちゃの需要が高まるのは目に見えていますので、
各メーカーも凌ぎを削ってこの時期には、


「新商品」

「限定商品」



などを出してきます。


要するにメーカー同士でも「競合」をしているわけです。


その中では売り切れ続出になる商品もあれば、
そうはならない商品も出てきます。


むしろ、これはクリスマスシーズンだからこそ、
その凌ぎ合いがより激化するものでもあるわけです。


結局、このクリスマスシーズンにプレゼント需要を狙って
新品のおもちゃを仕入れていくという場合もそれは同じで、


「どの商品が当たって、どの商品が外れるか」


をしっかりと見極められない事には話になりません。


要するにクリスマス時期のおもちゃの仕入れは、
その判断を的確に出来るかどうかにかかっている訳です。


ですが、今回取り上げている
クリスマス・スナイパーEX-Revolutionのマニュアルには、
さほどその「判断を的確に行う為のノウハウ」は解説されておらず、
その内容はかなり表面的なレベルで


「普通に分かり切った事」


くらいしか書かれていませんでした。


それこそ


「新商品を狙いましょう」


とか、


「限定商品を狙いましょう」


とか、


「人気のアニメや特撮ものの商品は堅いです」


とか、その「判断」において書かれているのはこんなところで、
あとは大半が


「以前のクリスマスでこんな商品がよく売れました」


という結果論の後付的な補足話ばかりが展開され、
結局、この転売ビジネスに最も必要であると思われる、


「クリスマスに特化した新品おもちゃの仕入れ基準」

「仕入れて利益を見込める商品の判断ノウハウ」



と言えるものは、ほとんど具体的に書かれていない印象でした。


過去のクリスマス時期によく売れた商品なんて、
モノレートなどを調べれば普通に分かる事です。


これは株や投資の情報商材で、
過去のトレンド傾向を後付的に解説しているのとを同じで、
その傾向になぞって稼げるなら文句はありませんが、
おもちゃの市場はそこまで簡単にはいきません。


去年流行ったおもちゃが今年も流行っているとは限らないからです。


正直、このレベルのマニュアルでいいのであれば、
今の私の知識レベルでも普通に作れる内容です。


書いてある事は「ほぼ当たり前の無難な事」ばかりですし、
大半は以前のクリスマス時期のトレンドを
ただ書き並べているだけという感じですからね。


あまり新品おもちゃの転売を経験した事が無いような人は、
このマニュアルの内容だけでも「参考にあった気分」になり、
それこそ


「去年、この商品が売れたみたいだから、今年も売れるだろう」


というような考えで安易に仕入れを行ってしまうかもしれません。


それで実際に稼ぐ事が出来れば何の問題もありませんが、
それではほとんど運任せに商品を仕入れているのと変わらないと思います。


先程も言ったように、去年のトレンドはあくまでも去年のもの。


今年も同じトレンドで似たような商品に需要が生まれるとは限らないわけです。


流行っているアニメなどもガラリと変わっている可能性があるのですから。


ですが、この教材はそういう「表面的な事」や「過去の事例」が、
ただただ並べられている為、それしか指標に出来る情報がありません。


これで運よく「当たり」のおもちゃを仕入れた人は稼げるかもしれませんが
「ハズレ」のおもちゃを仕入れてしまった人は、
ただ大量の在庫を抱えて終わってしまう可能性もあると思います。


そういう意味では、私的には新品のおもちゃを扱う教材としては、
あまりにも情報が不十分であり、内容が抽象的過ぎると思いましたね。


何よりこのレベルのマニュアルなら、私でも普通に作れましたので、
価格には見合わない情報だったという印象が強いです。


サポートも90日間で10回迄とかなり限られていますので、
これでは初心者層の人はかなり厳しいんじゃないかと思います。


結局、この内容を参考にしておもちゃの仕入れを行っていっても、
それはただの「運任せな仕入れ」と変わりません。


そんな運任せな仕入れをして不要なおもちゃの在庫を
無駄に抱えてしまうような人が増えない事を祈るばかりです・・・。


以上の通り、私はあまり「良さ」を感じれないマニュアル内容でした。


それこそこのような年末時期は「歌番組」の特番も多くなり、


「懐かしの名曲」


的な番組が多く放送されるようになりますので、
私のノウハウで特化している「プレミアCD」も、
この時期にとくに値段を跳ね上げるものが幾つかあります。



私のせどりノウハウを実践しているような人は、
そういうアーティストのプレミアCDを是非狙い打ちしてみてください。


この時期は本当に飛ぶように売れていきますよ。


是非、お試しください。

れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年11月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

せどりコア・メソッドのレビュー(Sedori Core Method)落合麻子

れお☆です。


せどり、転売系情報商材のレビュー依頼が相当貯まってますので、
徐々にお答えして解消していきたと思います。


そういうわけで、今日はこちらの教材を取り上げます。


せどりコア・メソッド(Sedori Core Method)落合麻子

http://4304f149c069949b.lolipop.jp/00scm/infotop-scmletter/


生活圏のあらゆる商品を対象に、
せどり、転売を展開していくという教材ですね。


では早速いってみます。

せどりコア・メソッドのレビュー(Sedori Core Method)


生活圏を仕入れの対象にしていく事が基本のノウハウですので、
基本的には『店舗せどり』を主としている教材です。


私は基本的にネットで仕入れと転売が完結出来る、
在宅型のせどり手法、転売手法以外には興味が無いので、
あまりこの手のノウハウはやる気がしないというのが率直なところです。


一応、この「せどりコア・メソッド」は、
自分の生活圏で仕入れが出来るというところをウリにしていますが、
それでも転売目的でお店を見て回って実際に商品を仕入れ、
それを自宅に持ち帰って・・・という作業は楽ではありません。


少なくとも私は自分自身の在宅せどりのノウハウだけで
十分なレベルでしっかりと稼ぐ事が出来ていますので、
やはりこの「せどりコア・メソッド」で提唱されているような
店舗せどりを前提とするノウハウには「面倒さ」を感じてしまいます。


ましてこの「せどりコア・メソッド」のノウハウは、
本やCD、ゲームなどのせどりで王道的に扱う商品以外の


・食品
・おもちゃ
・家電
・キッチン用品
・ベビー用品
・アウトドア用品
・コスメ用品
・カー用品
・アウトドア用品
・楽器


などなど、王道的な商品として挙げた
CD、本、ゲームなども含めて、
全15ジャンルを扱うというものになっています。


確かにせどり、転売をしていく上で、
自分が扱える商品のジャンルを手広くしておく事は、
ある意味では有利になる部分もあると思います。


ですが、扱う商品のジャンルを増やせば、
それだけそのジャンルごとにその商品特有の知識や
相場観などを頭に入れていく必要が出てくる為、
私はメリット以上のデメリットが大きいと思っています。


それこそ本やCD、ゲームなどであれば、
その商品1つ1つのサイズもコンパクトですから、
それなりの量の仕入れを行ったとしても、
その持ち運びや保管にはそこまで困りません。


ですが上記のような商品までを扱っていくとなると、
いざ仕入れた商品の持ち運びは勿論の事、
その保存や保管にもかなりの苦労を要します。


それこそ家中が仕入れた商品で埋め尽くされ、
相当なスペースを使っていく事になってしまうわけです。


何よりせどり、転売というビジネスは


「最も多くの利益を出せる商品」


に充てられる資金の全てを投じていった方が、
より多くの収入を稼げるものなはずです。


あえて利率や回転率の低い商品に、
資金を回していくメリットは何も無いからです。


にも関わらず、あえて多様なジャンルの商品に資金を充て、
多種多様な商品を仕入れていく必要があるのは、
1つの商品に対して自己資金の全てを充てられないからであり、


「多様な商品を少しづつ仕入れていく」


という事を前提にしていかない事には、
根本的に資金を潤滑に回転させていく事が出来ないわけです。


その辺りの実体は、この「せどりコア・メソッド」の
セールスレターに掲げられている、
以下の返金保証の条件でも伺う事が出来ます。


『教材通りに実践して3カ月以上の不良在庫を抱えた場合
 責任を取って仕入れ価格にて商品を引き取る』

『販売者が代わりに販売を行い、そこで得た利益を支払う』



この条件の冒頭にある「教材通りに実践」というところが曲者で、
これはせどり、転売系の情報商材によくあるパターンの保証なのですが


「根本的に仕入れの対象となる商品のハードルが高く、
 それに該当する商品がなかなか見つからない」



という事になると、実質的にこのような返金保証は、
その条件をクリアする事自体が難しいものになってきます。


現にこの「せどりコア・メソッド」の内容もそれに近いもので、
確かにこの内容に沿った仕入れをする事が出来れば、


「利益を取れない」


という事は無さそうな内容にはなっていますが、
その条件に沿った商品を仕入れていくハードルは
やはりそれなりに「高い」ものになっています。


それこそ生活圏内にある様々なお店を回って、
その「転売で利益を取れる商品」に該当する商品を探し、
それを見つけてようやく・・・というノウハウです。


実際にそういう商品が見つかれば多少は稼げる方法ですが、
ハッキリ言って、私は転売ビジネスとしては


「割に合わない」


と思ってしまいます。


覚える事、注意する事も多く、その労力と手間のわりには
いざ転売をした際の利益率は決してそこまで高くはないからです。


そんな仕入れの労力や保管スペースのデメリットなども含めて、
あえてこの「せどりコア・メソッド」にトライするメリットは、
何も無いんじゃないかと思ってしまうのが率直なところです。


少なくとも、私は音楽CDというジャンルの商品のみを扱って
2000万円近い資金を全て回転させる事が出来ていますし、
これだけの資金を投じても、まだまだ
仕入れの対象になるような商品は市場に山ほどありますからね。


まさに最も「儲かる商品」だけに全ての資金を投じて、
その商品の知識と相場感、経験のみで稼げていますので、
こういう多様なジャンルの商品を少しづつ扱って、
少ない利益を積み上げていくようなノウハウは、
私からするとあらゆる点で「非効率」としか思えないです。


コンテンツ内容にしても120個もの小分けにされた動画が
計20時間ほどの容量というとんでもないボリュームなので、
教材そのものはかなり詳しく細かい内容になっていますが、
それだけ覚える事も多いノウハウだと思った方がいいと思います。


多用なジャンルで稼ぐ為のノウハウを詰め込んでいるだけに、
その1つ1つの商品において注意するべき点があり、
これがこの「せどりコア・メソッド」に関しては、
全体としてかなりの情報量になっているという事です。


まあ、1つ1つの情報の質は悪くは無いんですけどね。


これを「転売ビジネス」と捉えて、本腰を入れていくとなると
とにかく覚える事も多く、店舗せどりが前提なので、
生活圏とは言え、休日返上で仕入れ巡りが必要になるでしょうし、
いざ仕入れた商品の保管スペースにも苦労すると思います。


その保管スペースに困るほどの「仕入れ」が出来れば、
それ相応の稼ぎにはなるのかもしれませんが、
そこまでホイホイ仕入れが出来るほど簡単な内容ではありません。


それこそ生活圏にある多くの店舗を相当回って、
その中の何店舗かで条件に沿った商品を見つけられるくらいだと思います。


そこも含めて、私的にはちょっと割に合わないノウハウという感じです。


情報商材そのもののボリュームや価値はアリだと思いますが、
いざこの内容でまともに稼いでいくのはかなり骨が折れると思います。


1つのジャンルの商品のみに特化して、
完全在宅で資金も潤沢に回していく事が出来る
私自身の「効率的なノウハウ」と比較すると、
私としては、どうしても


「非効率さ」


を感じてしまうというのが率直なところです。


まあ、感覚は人それぞれかもしれませんが、
以上が私の「せどりコア・メソッド」の批評です。


是非、参考にしてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年10月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ