中古車輸出業の実務講座(横浜貿易株式会社)三橋宣男 レビュー

れお☆です。


前回『資金0円からの中古車転売ビジネスの始め方』講座で、


「中古車の輸出転売」


であれば、先立つ仕入れ資金や、
仕入れた車を保管しておく場所なども必要無く、
実質的に誰でも始められるというお話しをしました。


その理由としては中古車の輸出ビジネスは、


注文と同時に決済(入金)を先に受け取り、
仕入れ先から直接、輸出業者を介して輸出する



という流れで進めていく事が可能だからであり、
海外のバイヤーからの注文を受ける事が出来れば
先に仕入れ費用を含めて代金を受け取ってから、
その代金で仕入れ、輸出の費用を全て賄う事が出来ます。


その仕入れ先からそのまま
商品の出荷(中古車の輸出)が出来る為
実質的に資金は0円から始められるわけです。


仕入れた車両をそのまま輸出していきますので
当然、仕入れた車を保管する場所も必要ありません。


となると、残る輸出ビジネスの懸念点は


・どうやって海外のバイヤーを開拓して注文を受けるのか
・その際のやりとりにおける英語力などはどうクリアするのか



この2つに絞り込まれてくる事になりますが
今の時代、注文のやりとり基本「メール」なので、
翻訳サイトなどを利用して英文を翻訳して確認し、
同じように英文を作成して返信していけばそれで問題ありません。


そもそも中古車の売買交渉で使用する用語は
ある程度、決まりきっていますので、
そのポイントさえ押さえていけばさして問題にはならないわけです。


となると残りの懸念点は「バイヤーの開拓」のみであり、
そこさえクリア出来れば中古車の輸出ビジネスは


「注文を受けては仕入れ、輸出する」


という流れでバンバン稼いでいく事が可能になります。


そしてその「海外バイヤーの開拓」も含めて、
中古車輸出業に必要な環境を全て揃えて貰えるのが
こちらの『中古車輸出業の実務講座』です。


中古車輸出業の実務講座(横浜貿易株式会社)

中古車輸出業の実務講座(横浜貿易株式会社)


前回の『資金0円からの中古車転売ビジネスの始め方』講座では、
私はこちらの「橋本さん」に業務の大半を委託する形で、
中古車ビジネスの恩恵を受けてるというお話しをしました。


2足わらじのIT社長、橋本さんのブログ


今回ご紹介する「海外バイヤーの開拓ルート」は、
この講座の受講者向けに「限定提供」されているもので
私も橋本さんも実際にそのサービスを利用しています。


前回の講座でも少しお話ししましたが主な趣旨としては


「既に開拓されているルートを利用させてもらえる」


というもので、海外バイヤーの開拓や
中古車の受注を取っていくにあたっては、
これ以上「手っ取り早いサービスは無い」と思います。


そもそもこの『中古車輸出業の実務講座』は、
中古車輸出ビジネスのイロハを学べる教材の一式と
それに付随するあらゆるサービスを提供してくれるというもので、
その販売元である横浜貿易株式会社の代表を務める


「三橋宣男さん」


は、中古車の輸出業でもその第一人者として知られる人物です。


三橋宣男さんが代表を務める横浜貿易株式会社さんは
25年もの中古車輸出業の実績があり、
この『中古車輸出業の実務講座』においても、
2014年時点で既に15年の販売実績があります。


要するにそれだけ長く支持され続けている実績のある講座であり、
既に数多くの中古車バイヤーがこの講座から排出されているわけです。


私が中古車ビジネスでお世話になっている橋本さんは、
もともと国内の中古車転売を主に行っていたようなので、
この『中古車輸出業の実務講座』をもとに
中古車バイヤーになったという人ではありません。


ただ三橋宣男さんと個人的に知り合った事をきっかけに
実際にこの『中古車輸出業の実務講座』に参加し、
今は国内の転売と輸出転売とを両方行って利益を上げています。


橋本さん曰く、中古車の転売ビジネスは、


「中古車のせどり」


という感覚らしく「安く仕入れて高く売る」という理屈で、
国内で仕入れて中古車を国内での転売と輸出での転売で、
今は年商で2億円近い売買をして数千万円規模の利益を上げています。


私はその橋本さんともともと個人的な付き合いがあり、


「れおさんも中古車のせどりを始めてみません?」


というお誘いを受け、半分は橋本さんにおんぶに抱っこ状態で、
その恩恵を預かるようになっていったというわけです。


年商2億、数千万円規模の利益を上げる橋本さんの転売ノウハウ


基本、私は「プレミアCDの買い占めせどり」がメインで、
インフォプレナー、アフィリエイターとしても活動していますが
せどりの方の利益率は2000万円くらいの資金を回して
利益率5~10%くらいを目安に商品を回転させています。


要するに月収で100~200万円くらいという事です。


対して中古車転売の方は転売や車の保管等を
まるまる橋本さんに任せているので、
利益をそのまま完全に折半しているのですが
こちらからも私個人の取り分だけで
1カ月あたり100万円近い利益は上がっているんです。


それくらい、中古車の転売ビジネスは、
とにかく1台1台の利益率が物凄く高いんですね。


その「橋本さんの中古車国内転売のノウハウ」をまとめたものが、
今回ご紹介している『中古車輸出業の実務講座』を
橋本さんのブログの方を介して購入すると
その「特典マニュアル」として提供してもらう事が出来ます。


中古車輸出業の実務講座+橋本式・国内転売マニュアル


少なくとも橋本さんのノウハウで中古車を仕入れて、
国内の転売と輸出とを両立させていけば、
かなり少ない資金からでも「自立」できるくらいの収入は
十分に稼ぎ出していく事が可能じゃないかと思います。


詳しくは橋本さんの案内ページの方をご覧になってみてください。


とくに橋本さんの中古車転売の手法は、
車好きの人などにはたまらないノウハウだと思います。


中古車転売や中古車の輸出転売に興味があれば是非。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年4月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中古車せどり

資金0円からの「中古車転売ビジネス」の始め方

れお☆です。


前回お伝えした「転売ビジネス講座」では、
徹底的に「リスク」というものを“排除”した転売ビジネスとして
私の知る限り考えられるものは以下の2つであるとお話ししました。


・無在庫出品が出来るBuyma(バイマ)を使った転売ビジネス
・中古自動車の転売を行う「中古車転売ビジネス」



ただ、実質的にBuyma(バイマ)の方は、
リスクという要素を完全に排除してしまうと、
現実的に「稼ぐ」という点では
少々難しいものになってしまうとお伝えした上で


「完全なリスクゼロを実現出来るのは中古車転売ビジネス」


というところまでをお話ししたと思います。

※前回のブログ講座はこちらから。


その上で、中古車転売ビジネスにおける


・豊富な資金が必要なんじゃないか。
・仕入れた車を保管できる駐車場はどうするんだろう。
・売買に特別な資格や知識がいるのでは?
・そもそもそんな簡単に売買できるの?



などの懸念点は、全て「先入観」であり、
中古車転売ビジネスはこれらの要素全てを


“誰もが簡単にクリア出来てしまう方法がある”


というところまでお話ししたかと思います。


今回はその「具体的な方法」について解説していきたいと思います。

資金0円からの「中古車転売ビジネス」の始め方


まず、前回の講座、今回の記事の冒頭でもお伝えしている通り
中古車転売ビジネスは幾つかのポイントを押さえると


・豊富な資金
・車を保管する駐車場
・特別な資格や知識
・その売買ルート



これら、実質「ゼロ」の状態からでも、
誰もが1から始めていく事が出来るビジネスです。


勿論、資金はあればあった方がいいですし、
車を保管する駐車場もあれば在庫の保管も可能になります。


資格や知識もあるに越した事はありませんし
売買ルートも出来上がったものがあれば
それに越した事はないと思います。


ただ多くの人が中古車ビジネスに描いている印象は、


こういったものをある程度は初めから持ち合わせていないと
中古車の転売ビジネスなんて出来っこ無い・・・



というようなものだと思います。


本やCDのせどり転売とは訳が違うでしょ?という話ですね。


確かにそれは事実ですし、私もそう思ってました。


でも、実際はその先入観を覆せる「方法」もあるわけです。


そして実状として多くの人がそういう先入観を持っているからこそ
中古車の転売市場は本やCDのせどり市場とは異なり、
そこまで異常なほどの競合がひしめく状況にはなっていません。


要するに多くの人が抱いているその「先入観」が
丁度良く、参入者の増加にストップをかけてくれているわけです。


では具体的にどうやって先ほどのような要素を
1からクリアして中古車ビジネスを初めていくのか、ですが、
中古車転売には主に以下、3つの方法が考えられます。


1、国内で仕入れて国内で売る国内転売
2、国内で仕入れて国外に売る輸出転売
3、国外で仕入れて国内に売る輸入転売



アマゾンなどを利用する転売ビジネスでは、
「1」の国内転売や「3」の輸入転売が主流ですが、
中古車転売で1から参入して大きな利益を上げやすいのは


1、国内で仕入れて国内で売る国内転売
2、国外で仕入れて国内に売る輸入転売



この2つです。


中古車の輸入転売も儲けられない事はありませんが、
国外からの中古車の仕入れにはかなりの資金がかかるので、
1から参入して勝負していくのはあまり現実的ではありません。


何より日本の自動車の海外需要は、
多くの日本人が考えている以上に高いものなので、
中古車に関して言えば輸入よりは輸出が圧倒的に稼ぎやすいです。


あとはオーソドックスな国内転売が稼ぎやすい点は
従来の物販せどりや転売と変わりありません。


ただ、国内転売と輸出転売の「違い」としては
以下の通り「先立つ資金」と「保管場所の有無」です。


国内転売
・資金:10万円程度から可能
・保管場所:最低1台~必要


輸出転売
・資金:0円から可能
・保管場所:不要


ご覧の通り、国内転売は最低でも10万円ほどの資金と
車を保管する場所が最低でも1台分は必要になります。


そういう意味では「誰でもすぐにで」とは言えないかもしれません。


対して「輸出転売」の方であれば、
仕入れ資金は完全に0円からのスタートが可能であり、
仕入れた車を保管する場所も原則必要ありません。


そういう点では完全にリスクを排除して、
中古車転売を始めていきたい場合は、
輸出転売から始めていく流れがベストかと思います。


資金0円からの中古車輸出と少額資金からの国内転売。


実際に私が今現在の時点で関与しているのは
この「中古車輸出」と「国内転売」の両方で、
基本的にはこちらのビジネスパートナーさんを介して、
中古車市場からの恩恵を受けています。


2足わらじのIT社長、橋本さんのブログ


私は基本、音楽CDのせどりをやりながら、
このブログの運営を介してのアフィリエイターとしての活動と、


「せどりインサイダー」


の教材を販売してのコンサルティングなど、
今はネットビジネス関連の活動が中心になっています。


ですので、中古車転売の方は、
先程の「橋本さん」を介して行っているのですが、
主に私がやっている事は、


・輸出における受けた注文の委託
・国内転売における資金提供



の2つです。


前者の輸出は受注を受けたらその内容をそのまま丸投げし、
後者の国内転売に関しては要するにお金を出してるだけです。


その国内転売と輸出転売、双方併せて、
私のところに入ってきている毎月の「利益」は
月々100万円くらいの金額に昇っています。


これは橋本さんと利益を折半しての収益なので、
実際はその2倍くらいは「儲け」が出ているという事ですね。


本来はとくに橋本さんを介さずにも転売は出来るのですが、
国内転売の方は「自動車の保管場所」が必要なので、
その辺りを本格的に中古車ビジネスをやっている
橋本さんに委託する形でクリアしています。


どうせ車両を保管してもらうなら、、、という事で、
その他、もろもろの行程もお任せした上で、
利益をそのまま折半にしているわけです。


ただ、当の橋本さんは現に中古車の転売ビジネスだけで、
年商で2億円を稼ぎ出している中古車バイヤーでもあります。


もともとが「車好き」というのもあり、
自分が「乗りたい車」を次々と仕入れては乗り回し、
飽きたら転売をしてまた乗りたい車を仕入れる、、、


というような破天荒?なバイヤー生活を送っています。


中古車バイヤーとしてある程度の段階までいくと
そんなバイヤー生活を送っていく事も出来るという事です。


ただ、彼がそこまでのバイヤー生活を送れているのは、
ある程度の資金と仕入れた車を保管できる環境を整え、
中古車ビジネスを腰を据えて本格的にやっているからであって、
彼も最初から現状のような規模でやっていたわけではありません。


やはり最初は少額の資金から始めているわけです。


事実、中古車ビジネスは輸出ビジネスから始めていけば
仕入れ資金0円、仕入れた車の保管場所が無い状況からでも、
普通に始めていく事が出来ます。


それこそまとまった資金も無く
仕入れた車を保管するような場所も無いのであれば、
まずは「中古車輸出」をスタートラインにするべきであり、
その「意欲」さえあれば中古車の輸出転売
本当に誰もが「すぐにでも」始めていく事が出来るんです。


資金0円からの中古車輸出ビジネスの進め方。


では、そもそも何故、中古車の「輸出転売」は
資金も仕入れた車の保管場所が必要無いのか。


気になるポイントはそこに集約されると思いますので、
まずはそこから解説していきますが
中古車の輸出転売は基本として


注文と同時に決済(入金)を先に受け取り、
仕入れ先から直接、輸出業者を介して輸出する



という流れで進めていく事が出来ます。


つまり、海外のバイヤーからの受注を取れれば
先に仕入れ費用を含めて代金を受け取ってから、
その代金で仕入れ、輸出の費用を全て賄う事が出来るんです。


その仕入れ先からそのまま
商品の出荷(中古車の輸出)が出来る為
実質的に資金は0円から始められるわけです。


仕入れた車両をそのまま輸出していきますので
当然、仕入れた車を保管する場所も必要無いという事になります。


となると、残る輸出ビジネスの懸念点としては


・どうやって海外のバイヤーを開拓して注文を受けるのか
・その際のやりとりにおける英語力などはどうクリアするのか



というようなものに絞り込まれてくると思います。


ただ今の時代、注文のやりとり基本「メール」です。


つまり1通1通、文章化されたメールを確認し、
同じく英文で文章を返していけばいいわけですから、
翻訳サイトなどを利用していけば大抵のやりとりはクリア出来るわけです。


そもそも中古車の売買交渉で使用する用語は
ある程度、決まりきっていますので、
これはポイントさえ押さえていけばさほど問題にはなりません。


ですので、重要なのは「バイヤーの開拓」の方であり
逆に言えば、そこさえクリア出来てしまえば、
中古車の輸出ビジネスは普通に稼げてしまうわけです。


では、その「海外バイヤーの開拓」はどうするのか。


そこについては幾つか方法がありますが、


「既に開拓されているルートを利用する」


というのが、最も手っ取り早い確実な方法になると思います。


これについては私が橋本さんに委託している注文も、
橋本さん自身が輸出転売を行っているバイヤーも全て
その「既に開拓されているルート」から得ているもので、
そのルートは全て「ある貿易専門業者」から頂いています。


要するに中古車の輸出転売は、
その貿易専門業者を介して行っていくのが手っ取り早く、
そこを利用していけば中古車輸出において重要となる


「日本の中古車を欲しがっている海外バイヤーの情報」


がいとも簡単に手に入ってしまいます。


まさに中古車輸出において必須となる、
海外バイヤーの「開拓されたルート」を、
そのまま提供してもらえるわけです。


もしもその「既に開拓されているルート」に興味があれば、
是非、こちらの「中古車輸出講座」の方をご覧になってみてください。


資金0円からの中古車輸出講座


私は勿論、橋本さんも実際に利用しているものですので、
まさに「1から中古車ビジネスを始めていく」のであれば、
まず目にしておいて損は無いものかと思います。


中古車ビジネスに興味がある人はもとより、
車好きという人も是非、一読してみてください。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年3月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中古車せどり

このページの先頭へ