Amazon(アマゾン)の「刈り取り」せどりの方法と注意点。

Amazonを利用した「せどり」の手法の1つに、


「刈り取り」


と呼ばれる転売手法があります。


せどりの初心者でも簡単に出来る(稼げる)と言われているもので、
実は私もこの近い手法で「せどり」で実際に稼いでいるんです。


ですが、この「刈り取り」という手法は、
ネット上でこの手法を取り上げているサイトなどでは、


「初心者でも簡単に出来る(稼げる)」


といった事が言われている反面、その「注意点」などが、
あまり詳しく取り上げられていない傾向にあります。


まあ、ネット上にこの手の情報を公開しているサイトでは、
表面的な知識のみで記事を書いているような運営者も多いので、
そういうサイトの情報はどうしても「表面的な内容」になりがちです。


ですので、今日はAmazonを利用した「刈り取り」という手法について、
実際にそれに近い手法でせどりを行っている私の「経験則」も含めて、
その方法の詳細や具体的な注意点などをお伝えしていきたいと思います。

Amazonの「刈り取り」せどりの方法と注意点。


まず、Amazonにおける、この「刈り取り」という手法は、


「Amazonで販売されている価格差の大きな同一商品を仕入れて売る」


というもので、基本的には、Amazonで仕入れた商品を、
そのままAmazonで同じように転売して稼ぐという手法です。


ただ、これは実際に具体的な事例を挙げた方が分かり易いので、
この「刈り取り」の対象になるような商品の例を以下に挙げます。





これは、ある商品の「出品の一覧」をキャプチャした画像なのですが、
Amazonでは取り扱いのある1つ1つの商品に対して、


・価格+配送料(代金)

・コンディション(状態)

・販売/出品(出品者の情報)



これらのような情報が一覧できるページが用意されています。


Amazonは利用者(販売者)が「任意の価格」を付けて、
手持ちの商品を販売(出品)していく事が出来るので、
Amazonで取り扱っている商品の1つ1つに対して、


「どのような出品者が、どんな状態の商品を幾らで販売しているのか」


を上記のようなページで一覧できるようになっているんです。


これを見て、Amazonを利用して買い物をする消費者側は、
その商品が「最安値」では幾らで売られているのかを確認したり、
出品者の評価を確認したり、商品の状態を確認したりするんですね。


そして、それらを吟味して実際に商品を購入していくわけです。


その際は「出品者の評価」や「商品の状態」に対して、
その商品の「価格」を吟味し、どの商品を買うかを判断するのですが、
出品者の評価に何の問題もなく、商品の状態も変わらないような状況なら、
当然ですが「最も安い商品」を購入していくのが普通だと思います。


そういった視点で先ほどのキャプチャ画像をもう一度見て欲しいのですが、





出品者の評価はいずれも90%以上の高評価で問題は無く、
商品の状態(コンディション)も全て「良い」です


ですが、その「商品価格」は1つ目と2つ目の商品で850円ほど、
2つ目と3つ目の商品では7000円以上の価格差があり、
同じ商品で、同じ状態(コンディション)なのにも関わらず、
その販売価格には2倍近い価格差があるわけです。


そして、このような


「同一商品で状態が同じでも価格差が大きい商品」


にあたるものは、Amazon内ではそう珍しいものではなく、
このような出品状況になっている商品は、実はザラにあったりします。


Amazonにおける「刈り取り」という転売手法は、
このようなAmazon内で出品されている同一商品で、
その価格差が大きいものを狙って安い商品を刈り取るように仕入れ、
そのまま価格を引き上げて転売していくという方法なわけです。


先程、例に挙げた商品で言えば、


・6800円

・7650円



この2つの商品を仕入れて(刈り取って)、
そのまま14950円で転売するんですね。


実際にこの商品が14950円で売れていけば、
安く仕入れた商品との価格差がそのまま「儲け」になります。


Amazonでは、こういった「刈り取り」によって、
実際に価格を吊り上げて転売できる商品がわりと多く、


「Amazonで仕入れてAmazonで売るだけ」


という手軽さからも、この「刈り取り」という手法は、
初心者でも簡単にできる(稼げる)と言われているんです。


ですが、これを実際に「やってみる」という場合は、
やはりそれなりに「注意」を払うべきポイントが幾つかあり、
そこを怠ると「仕入れたものが売れない」という事にもなりかねません。


以下に、その「注意点」を実際に挙げていきたいと思います。


Amazonで刈り取り転売を行う際の注意点


Amazonで実際に「刈り取り」を行う場合の主な注意点としては、
以下のような3つの注意点を挙げられると思います。


・コンディションに致命的なマイナス要因は無いか

・刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか

・刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか


1つ1つ、順を追って解説していきます。


コンディションに致命的なマイナス要因は無いか


まず1つ目は「コンディション」における注意点で、
このような「刈り取り」の対象になるような安い商品は、
それなりの「ワケ」があって価格が安く設定されている場合があります。


例えば、私がメインで扱っている音楽関係のCDなどで言うと、


「レンタルアップ品」


と言って、ツタヤなどのレンタル店で利用されていたCDが、
レンタル落ち商品として出品されているケースがあり、
このような商品は普通の商品と同じ価格ではあまり売れません。


もちろん、これは音楽CD特有の注意点ですが、
商品によっては「付属品」にあたるものが欠品していたりと、


「安いには安いなりのワケがある商品」


も普通によくあるわけです。


そういった商品を刈り取っても、当然、高くは売れませんので、
実際に「刈り取り」を前提に商品を仕入れるという場合は、


『コンディション』


のところにある注意書き(説明文)にも目を通す事をお勧めします。





何らかの「欠陥」があるようなワケあり商品は、
まず、ここにその旨が書かれていますので、
そこに「相応の安い理由」が書かれている場合は、
その商品は「刈り取りの対象にはならない」と判断するべきです。


とくにAmazonの「コンディション表記」は最低ラインが『可』なので、
この『可』の表記が出ている商品はかなり、ピンキリな傾向にあるんです。


明らかな「欠陥」があるような「ワケあり商品」の表記も、
そこまでではない商品も『可』になっているケースがありますので
とくに『可』の商品は説明書きを読むようにした方がいいですね。


ただ、この『可』や『良い』などの表記も販売者側の判断基準なので、
販売者Aの『可』の基準と販売者Bの『良』の基準に、
そこまでの大差はないというケースも少なくありません。


ですので、私は明らかな「ワケあり要素」が説明書きに無い限り、
『可』と『良い』のコンディションの違いは気にせず仕入れる事もあります。


それこそ『良い』と『非常に良い』などは全く気にもしてないです。


よって、この「コンディション」における注意点は、


『可』


という商品を仕入れる場合の「注意書き」を読むようにして、
そこに「ワケあり要素があるかどうか」で判断すればいいと思います。


刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか


転売(せどり)を、ある程度「ビジネス」と捉えて行うなら、
やはり、商品と資金の「回転」には、かなりシビアになるべきです。


仕入れた商品を高く売って利益を上げるのは当然として、
そこにあまりにも時間を要するようでは駄目だという事です。


あまりに回転の遅い商品ばかりを仕入れてしまうと、
いつかは資金が頭打ちになって別の商品が仕入れられなくなります。


そこで商品と資金の「回転」が止まってしまうわけです。


ですので、これは「刈り取り」に限る事ではないのですが、
やはり、商品の仕入れを行う場合は事前に、


「刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか」


をチェックするようにした方がいいと思います。


要するに、その商品がどれくらいの頻度で売れているか、ですね。


そのような商品が売れる頻度をチェックする方法としては、


・アマゾンのランキング

・モノレート



これらを見てチェックするのがオーソドックスだと思います。


これらを見て実際にほとんど売れていないような商品や、
数カ月に1点、売れるか売れないかという商品は、
よほど利益率が高くない限りは仕入れるべきではありません。


せめて1~2カ月以内には回転させるのがベターだと思いますので、
私は概ね、それくらいの基準で商品を仕入れるようにしています。


2カ月以上、同じ商品を「在庫」として抱えるくらいなら、
商品と資金の「回転」を重視して稼ぐようにしているという事です。


「刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか」


また、これは当然と言えば当然の注意点なのですが、
安い商品を刈り取って、実際に「価格」を吊り上げても、
その吊り上げた価格で商品が売れなければ話になりません。


例えば、先程も例に挙げた商品で言うと、





このような状況で価格差の大きな商品があったからと言って、
必ずしも、この商品が「14,950円で売れる」とは限らないわけです。


それこそAmazonは出品者側が商品の価格を自由に決められますので、
この商品を実際に「14,950円」で出品している販売者は、
ろくに売れもしない金額を適当に付けているだけかもしれません。


もしくは、この「14,950円」という金額が完全に過去の相場で、
今は到底、この金額では売れないかもしれないんです。


要するに、実際にこの商品の「刈り取り」を行う場合には、


「この商品が刈り取り後に吊り上げた価格で売れるのかどうか」


を事前にしっかりとチェックする必要があるという事です。


そのオーソドックスな方法としては、


・モノレート

・オークファン



これらの過去の相場を確認できるサイトを使って、
ここ最近の相場を見るのが手っ取り早いと思います。


刈り取った上で販売しようとしている価格での売買が、
実際に近い日付で行われていれば「売れる」と判断できますし、
それが全くない場合や、完全に過去の相場としか言えない場合は、
その商品を刈り取って価格を吊り上げても売れない可能性が高いです。


そういう商品は当然ですが、仕入れるべきではないという事ですね。


Amazonの「刈り取り」せどりの方法と注意点。まとめ


以上、Amazonの「刈り取り」における注意点として、


・コンディションに致命的なマイナス要因は無いか

・刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか

・刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか


このような要素を3つほど解説してきました。


まあ、いずれの要素も「せどり」というビジネスでは、
ほぼ全般的に言える注意点なんですけどね。


ただ、3つ目に挙げた要素に関してのちょっとした補足として、
実際に刈り取りの対象として仕入れる商品によっては、


過去の相場 = 売れない


という図式が必ずしも成り立つわけではなく、


「刈り取って吊り上げれば過去の相場に戻る商品」


というものもあるのが実状です。


それこそ、私などはまさに「そういう商品」を狙って、
この「刈り取り」を応用した手法でせどりで稼いでいるんです。


更に言うと、そういう商品だけをピンポイントで見つけて、
そういう商品だけを刈り取って稼いでいるんですね。


そういう商品をピンポイントで見つけていく「方法」を
私なりの「ノウハウ」として確立しているわけです。


それこそ、この「刈り取り」という手法は、


「価格差の大きい商品」


を見つけるのは、無料のツールを使う方法などで、
わりと簡単に見つけていく事が出来てしまうのですが、


・コンディションに致命的なマイナス要因は無いか

・刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか

・刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか


この3つの注意点をクリアできるような商品は、
言うほど、簡単には見つけられません。


そこで、私はピンポイントで、


「刈り取って吊り上げれば過去の相場に戻る商品」


だけを狙って、実際にせどりで稼いでいるわけです。


そんな私の「せどりノウハウ」に関しては、
無料のマニュアルなどを公開していますので、
もし、興味があればそちらの方を一読してみてください。


以上、今回はAmazonの「刈り取り」についての講義でした。


是非、参考にして頂ければと思います。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2018年1月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり理論

このページの先頭へ