ヤフオク、アマゾンを転売目的で利用するのはアリなのか?

このブログで公開している私のせどりノウハウでは、


・ヤフオク

・アマゾン



この2つの市場で仕入れと転売を行っていくのですが、
この2つのサイトで仕入れと転売を行っていく事に際して、


「転売目的で商品の購入を頻繁に行うのはアリなんですか?」

「出品者や販売者に文句を言われたりしないんですか?」



といった質問を頂く事があります。


また、そのような転売についての懸念を前提とした上で、
具体的なその対策?などを相談される事も少なくありません。


ですので、今日はそんな相談への「回答」も兼ねて、
ヤフオク、アマゾンでの「仕入れ」についてを


「転売目的の仕入れはアリなの?」


というところを主として言及してみたいと思います。

転売目的でヤフオク、アマゾンを利用するのはアリなのか?


まず、率直にそれが「あり」か「なし」かを言うなら、
実際にそれを行っている人は私のノウハウの実践者に限らず
今やごまんといるのが実状ですので、アリなのは間違いありません。


ただ、そういう人達が実際に「仕入れ」を行う際に、
何らかの「対策」のようなものを講じているのかと言うと、
とくに対策?らしい事を何もしていない人の方が多いのが実状です。


要するに、転売を前提とする「仕入れ」であっても、
大多数の人は特段、対策のようなものを講じる事もなく、
普通に購入(仕入れ)をしているという事です。


もちろん、中には、


・複数のアカウントを使い分けて仕入れをしている

・仕入れ用と転売用でアカウントを分けている



といったような事をしている人もいなくはないと思いますが、
そのような「対策?」に実質的な意味があるかと言えば、
実質的に「無意味」というのが実状なんじゃないかと思います。


というのも、個人のバイヤーなども非常に多い時代ですから、
そういう人達が実際に「転売」を目的として、
商品を買い込むような事は普通に「よくある事」です。


そして、売り手側としても、そういうバイヤーに商品を売ろうと、
そうではない一般の消費者に商品を売ろうと「儲け」は変わりません。


アマゾン、ヤフオク、共にバイヤーではない個人が
単純に私物を売るためだけに利用している事も珍しくありませんし、
そういう個人で商品をただ売っているような人などは


「とにかく商品が高く売れれば何でもいい」


というのが率直な本音だと思います。


買い手が転売目的だろうと何だろうと、どうでもいいわけです。


また、私が主に扱っている音楽関係のCDなどは、
一度、購入にしてその音楽データだけをパソコンに保存したなら、
すぐに売ってしまうという人も少なくありません。


そういう消費者が当たり前のように増えている時代ですから、


「買った商品をするに売る(転売する)人」


というのは、バイヤーに限らずたくさんいるような時代なんです。


そんなご時世に「転売目的の人はお断り」なんて事を言ってしまうと、


「データだけを保存してすぐに売りたいと思っている人」


が寄り付かなくなってしまうと思いますし、そういう人と
バイヤーの見分けを付けるのも簡単ではないのが実状だと思います。


そういった背景もあって、アマゾン、ヤフオクともに、
仮に転売目的の人が商品を買われていったとしても、
それに対して文句を言うような販売者は、ほとんどいないわけです。


まして、自分の商品を買っていった人が、
その後、その商品を転売していないか、などを、
いちいちチェックしているような人はほぼ皆無です。


実際、ヤフオクやアマゾンで商品を売った事があるなら、
自分自身がそういう事を気にするかどうかを考えてみてください。


いちいち、取引した相手がその後、商品を転売しているどうかなんて、
あえて見る事もなければ、気にする事も無いはずです。


そして、それは大多数のアマゾン、ヤフオクの利用者も同じですから、


「転売目的で商品の購入を頻繁に行うのはアリなのか」

「出品者や販売者に文句を言われたりしないのか」



といった懸念は、そもそもそれを懸念する事自体がナンセンスであり、
転売目的で商品を頻繁に購入して、それがトラブルになったり、
その事で出品者、販売者に文句を言われる事など、まずありません。


要するに、そんな事を懸念して、


・複数のアカウントを使い分けて仕入れをする

・仕入れ用と転売用でアカウントを分ける



といったような対策?などを講じる必要は全くないわけです。


もちろん、アカウントの管理体制などの視点で、
アカウントを分けて仕入れや転売を行うのは問題ありませんが、


「転売目的で商品の購入を頻繁に行うのはマズイんじゃないか」

「出品者や販売者に文句を言われてしまうんじゃないか」



といった事を懸念して、無理にアカウントを分ける必要は全くありません。


そこについては堂々と仕入れ、転売を行って問題はなく、
このご時世、強いて「転売される事」を気にしているような人は
ほぼ皆無に等しいというのが実状であるという事です。


事実、私はこれまで何千、何万という商品を仕入れてますし、
同じような出品者から商品を仕入れる事もよくありますが
これまで、そういう事でトラブルになった事は一度もありません。


もちろん、バンバン転売をしていますし、
仕入れた金額より高い値段で転売もしていますが、
その事で文句や小言を言われた事は「一度も無い」です。


まあ、中にはちょっと複雑な気分になった人もいるかもしれませんが、
そんな事を気にしていては商品の転売なんて出来ませんからね。


ただ、そういった転売行為で問題になったケースは
本当にこれまで一度もありませんので、
そこは気兼ねなく仕入れと転売を行って問題ないと思います。


それこそ、基本的に私は小心者なので、


「転売目的でしたけど、何か?」


と突っぱねられる図太さは持ち合わせていませんが、
そんな私でも、こうして普通に転売を続けていられるのは、
そういうトラブルが基本的に「無いから」なんです。


ですので、私のようなタイプの人でも、そこは安心してください。


転売目的で商品の購入を相当なレベルで頻繁に行っても、
まずトラブルになる事もなければ文句を言われる事も無い。


これが率直な結論です。


一緒に転売市場を盛り上げていきましょう(笑)


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2017年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

せどり、転売系の情報商材、ツールが本当に稼げるのかを見極める方法。

れお☆です。


このブログでも主に扱っているせどり、転売系の「情報商材」や、
そういったビジネスで稼ぐ為の「ツール」にあたるものに対して、
多くの人が望む事は、他でもなく「稼ぐ事」だと思います。


「本当にそのせどりの情報商材が稼げる内容なのか」
「その転売ツールは、本当に有効なものなのか」



これが何よりも重要な事なであり、
この手のせどり、転売系の情報商材、ツールというのは、
いざそれらを購入した後に、そのノウハウ、ツールによって、
実際に商品の「仕入れ」などを行わなければなりません。


つまり、ろくに稼げない情報商材やツールを買ってしまったなら、
その情報商材の購入代金はもとより、そこからの「実践」における、
商品の仕入れ費用なども、大きな「損失」になってしまうんです。


ただ、この手のせどりや転売の「情報商材」や「ツール」は、
実際に情報商材を購入して「中身」を見てみない事には、
それが実際に「どういうものなのか」も分からない傾向にあります。


また、いざ「どういうものか」が分かっても、
それを実際にやってみない事には本当に稼げるかどうかも、
明確には判断が付かないような場合も少なくありません。


どうしてもそのせどり、転売系の情報商材やツールが気になった場合、
まずはお金を払って「買ってみるしかない」というだけでなく、


「そのノウハウを実際に実践してみるしかない」
「そのツールを実際に使ってみるしかない」



というのが現実なんです。


そして、いざ買ってみて、やってみて「大損」をさせられる…。


そんな経験をしている人も「たくさんいる」のが現実なわけです。


だからこそ、私はそんな「現状」に風穴を空けるべく、


「自身のせどりノウハウの全容は全て明かしてしまう」


という前代未聞の形態で自身の転売ノウハウを完全公開し、
その「転売実績」などもしっかりと公開する事で、


・実際に買ってみないと中身(ノウハウ)が分からない
・実際にやってみないと稼げるのかも分からない



という事はないように、その辺りをしっかりとクリアにした上で、
こうして自身のせどりノウハウを世に広めていく活動をしています。


ですが、今も尚、この情報商材業界には、


「実際に買ってみて、やってみないと分からない」


というせどり系、転売系の情報商材、ツールが次々と登場し、
そういうものへお金を出してしまう消費者が後を絶ちません。


そこで実際に「稼げるもの」を手に出来れば何の問題もありませんが、
残念ながら、そうではない結果に終わってしまう事がほとんどだと思います。


要するに、大半のせどり、転売系の情報商材やツールは、
ろくに稼げないものを提供している傾向にあるという事です。


ですので、今日はそういった、
ろくに稼ぐ事が出来ない、せどり、転売系の情報商材、ツールを、
その「販売ページ」で見極めていく方法を教示していきたいと思います。

せどり、転売系の情報商材が本当に稼げるのかを見極める方法。


まず、この手のせどり、転売系の情報商材は、


・仕入れのノウハウ
・転売のノウハウ



この2つが「全て」と言っても過言ではなく、
とくに重要なのは「仕入れのノウハウ」の方にあります。


大抵のせどり、転売系の情報商材は転売において、


「ヤフオク」「アマゾン」


などの利用者数の多い主要サイトを利用していくものが大半なので、
その「転売のノウハウ」に関しては、さほどノウハウらしいものもなく、
普通に「転売の基本」を押さえていけば十分な傾向にあるからです。


現に私の「プレミア商品の買い占めせどり」も、


「プラミア商品の価格を吊り上げて転売する」


という転売手法ではありますが、そのポイントはやはり、
商品の「売り方」よりも「仕入れ方」の方にありますので、
いざ「売る段階」では、そこまで「何か」があるわけではありません。


もちろん、最低限「プレミア商品」を扱う場合のポイントや、
買い占めによって価格が高騰した状況を活かすポイントはありますが、
稼ぐ為の重要度という点は、やはり「仕入れ」の方にあるんです。


そんな私のせどりノウハウも含め、
せどりノウハウの「良し悪し」は基本的に、
仕入れのノウハウで決まると言っても過言ではないわけです。


基本的にせどりの「ノウハウ」にあたるものは、


「高く売れる商品をいかに安く仕入れるか」


が重要である傾向にあるからですね。


まあ、その点で私のせどりノウハウは、


「仕入れた商品を高く売る為に買い占めて吊り上げる」


という戦略を取っていますので、
ここが既に多くのせどりノウハウと一線を画すところなのですが、
私のノウハウのような「例外的なもの」を覗けば、


「高く売れる商品を、どうやって安く仕入れるのか」
「そんな商品をどうやって見つけていくのか」



これらのノウハウがこそ、その良し悪しを決める事になります。


故に、せどり系のノウハウ、ツールに対して着目するべきなのは、
ノウハウであれば「仕入れノウハウ」の有効性の裏付けであり、
ツールであれば、そのための「ロジック」の有効性を
その販売ページを介して見極めるべきなんです。


ですので、その販売ページの方に、


・仕入れにおけるノウハウの詳細
・仕入れを行うためのロジックの詳細



これらに相当する情報が何も示されていないものは、
ハッキリ言って、もはや検討の余地も無いと思います。


本来、せどり、転売のノウハウ、ツールとして、
しっかりとアピールするべきポイントはそこなので、
そこを全くアピールしていないという時点で、
99%、そのノウハウやツールは使えないものだからです。


それが到底、アピールできないレベルのものであり、
アピールすると売れなくなるものだからこそ、
本来、アピールしなければならないはずの、
仕入れのノウハウ、ロジックの詳細を伏せるわけですね。


現に、そこを「曖昧」にしているノウハウやツールで、
それが有効なものだった事は、私の知る限り1度もありません。


むしろ「詐欺だった!」「使えなかった!」というものほど、
やはり、そういった詳細を不透明にしているものでした。


ですので、


・仕入れにおけるノウハウの詳細
・仕入れを行うためのロジックの詳細



これらが全くの「不透明」で「ノーヒント」という場合、
その情報商材やツールは「使えないもの」と判断するべきであり、
それが最も無難で懸命な判断だと思います。


上記の詳細がよく分からないものにお金を出すなという事ですね。


そこに仕入れのノウハウ、ロジックの詳細が示されているか。


そして、ある程度でも仕入れのノウハウやロジックが示されている場合、
そこでもう一歩、踏み込んで冷静に判断してみて欲しいのが、


「販売者がなぜ、それを不特定多数の人に公開しているのか」


というところであり、そこに合理的な理由が見受けられない場合、
やはり、そのノウハウやツールも有効性を疑った方がいいと思います。


そもそも、そのノウハウやツールを使って、
その販売者自身がせどりや転売で稼いでいるというなら、
それを不特定多数の第3者に「公開」するという行為には、
それ相応の「理由」や「合理性」が無ければ理屈に合いません。


本来、せどり、転売といったビジネスは、


仕入れの競合:同じ商品を仕入れようとするが増えていく状況
転売の競合:同じ商品を転売しようとする人が増えていく状況



このどちらにおいても「競合の弊害」がありますので、
そのノウハウやツールで自分が現に稼いでいる状況にあるなら、
これらを「避けられる要因」や「逆手に取れる要因」が無い限り、
それを不特定多数の人に公開する行為自体に合理性がないわけです。


言い方を変えれば、


仕入れの競合:同じ商品を仕入れようとするが増えていく状況
転売の競合:同じ商品を転売しようとする人が増えていく状況



これらをどうやっても避けられないようなノウハウやツールなら、
それを不特定多数の人に公開する事自体が「おかしい」という事なので、
そういうものは「売る為」に作られたものの可能性が高いです。


要するに、その販売者はそのツール、ノウハウでは
そもそも「稼いでいない可能性が高い」という事です。


自分がそのノウハウやツールで稼いでいないのであれば、
仕入れの競合、転売の競合を避けられないようなものであっても、
それを不特定多数の人に公開していくデメリットはありませんからね。


ですので、そのノウハウやツールのロジックを客観的に捉えて、


・仕入れの競合、転売の競合を回避できる要因
・仕入れの競合、転売の競合を逆手に取れる要因



これらが見受けられないノウハウやツールも、
やはり、手を出すのは辞めておいた方がいいと思います。


それが「売り出すためだけに作られたもの」であっても、
それが本当に有効なものであれば一時的には稼げると思いますが
競合によって、その有効性が薄れていくのは時間の問題です。


ですので、せどり、転売系のノウハウ、ツールにおいては、


・仕入れの競合、転売の競合を回避できる要因
・仕入れの競合、転売の競合を逆手に取れる要因



このいずれかが実質的に必要不可欠なものであり、
その判断が根本的にできないようなものは「論外」なわけです。


競合を回避できる要因、逆手に取れる要因があるかどうか。


よって、せどり、転売系のノウハウ、ツールを検討する際は、
まず、販売ページ(セールスレター)の方で、


・仕入れにおけるノウハウの詳細
・仕入れを行うためのロジックの詳細



これらが示されているかどうかを確認するようにしてください。


これらが不透明というものは、まず手を出すべきではありません。


そして、これらがある程度、示されているのであれば、


・仕入れの競合、転売の競合を回避できる要因
・仕入れの競合、転売の競合を逆手に取れる要因



これを追って判断していく事をお勧めします。


もちろん、この条件を全てクリアできるノウハウやツールは、
ほぼ「皆無に近い」というのが現実かもしれません。


要するに、それが転売系の情報商材、ツール等の現実なんです。


実際、このジャンルの情報商材(ノウハウ)やツールは、
これまで、数多くのものがネット上で出回ってきていますが、
そのほぼ全てが数カ月ほどの販売期間で消えていきます。


結局、稼ぐ事が出来ないノウハウやツールなどは、
時間の経過と共に「悪評」が広がってしまう事になるため、
次から次へと販売されては、消えていってしまうのです。


そんなこれまでの実状を踏まえる限りでも、
ネット上に出回っているせどり系のノウハウ、ツールは、
その9割以上が「使えないもの」なのが実状です。


故に、その9割ほどの情報商材やツールは、


・仕入れのノウハウ、ロジックの詳細が最低限、示されているか
・競合を回避できる余地、逆手に取れる余地があるか



この2つの「基準」をクリアできていないわけです。


逆に言えば、この基準をクリアできているノウハウやツールは、
残り1割の有効なノウハウ、ツールである可能性が高いと思います。


もちろん、私が提唱しているノウハウ、ツールも、
この基準でシビアに判断してもらって一向に構いません。


少なくとも、私が提唱しているノウハウ、ツールはいずれも、


「仕入れのノウハウ、ロジックの詳細」


は、むしろ「全て」を公開していますので、あとは、


「競合を回避できる余地、逆手に取れる余地があるか」


という点を、その詳細を踏まえて判断して頂ければと思います。


せどり、転売系のノウハウ、ツールは本当にそれ次第だと思いますので。


せどりエイターれお☆のせどりノウハウ

せどりエイターれお☆のせどりツール


そういうわけで、今日はせどり、転売系の情報商材、
ツールの有効な「見極め方」についてお話しさせて頂きました。


是非、参考にしてみてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2017年8月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ