新品せどりと中古せどりの比較。どっちが稼げる?

れお☆です。


私のように「せどり」や「転売」をテーマに掲げて、
そのノウハウやテクニックなどを公開しているブログでは、


「新品せどりと中古せどりは、どっちが稼げるのか」


といったような趣旨の記事をよく目にします。


そういった記事では、その運営者さんなりの視点で、


・新品せどりのメリット、デメリット

・中古せどりのメリット、デメリット



を言及している傾向にあるのですが、
その見解には少々、微妙な部分も多く見られますので
そういった部分を私なりに言及しておこうと思いました。


それでは、早速、いってみましょう。

新品せどりと中古せどりの比較。どっちが稼げる?


まず、新品せどりと中古せどりの比較記事では、


「新品せどりは初心者向け」

「中古せどりは上級者向け」



このような意見、見解を示しているものが多く、
その理由として、よく挙げられている傾向にあるのが、


「新品せどりは商品知識や目利きが不要」

「中古せどりは商品知識や目利きが必要」



とったものです。


また、中古せどりは商品の検品などで、
転売作業そのものに手間がかかる点なども含め、
初心者向けではないという意見も多く見られました。


対する新品せどりについては、
仕入れた商品をそのまま転売するだけで良いため、
そういった点でも初心者向けであるというわけです。


ただ、このような視点における、


「初心者には中古せどりより新品せどりが向いている」


といった見解は、私的にはあまり賛同できません。


そもそも「新品は目利きが不要で中古は必要」という見解も、
必ずしも全ての新品、中古品に共通するものではありませんし、


「商品の検品を含めた出品、転売時の手間」


などは、時間と労力で簡単にカバーできる部分なので、
そこを「初心者向けの要因」に挙げてしまうというのも、
私的には、全く賛同できるものではないからです。


少なくとも「新品」にあたる商品を扱うせどりでは、


「大きな値崩れリスク」


が常に付きまとう事になるため、
不良在庫を一気に抱えてしまうリスクがあり、
このリスクに比べれば、転売時の「手間」などは、
何ら取る足らないデメリットでしかないと思います。


せどり、転売などのビジネスにおいて、
最も避けるべき事は「損をしてしまう事」であり、


・値崩れしてしまう可能性
・不良在庫を抱えてしまう可能性
・原価割れをしてしまう可能性



これらの可能性が高い商品を扱っていくようなノウハウは、
少なくとも、私は「初心者向け」とは思えません。


これらのリスクが高いノウハウであるほど、
私は普通に「上級者向けではないか」と思うわけです。


新品せどりと中古せどり、リスクが高いのはどちらなのか。


もちろん、値崩れのリスクというものは、
中古品にも付いて回るものである事は否定しません。


ですが、その相場がほぼ確立されているような中古品であれば、
そこまで大きな値崩れのリスクといったものは、
まず、そうは「ありえない」わけです。


ですが「新品」にあたる商品に関して言えば、


・メーカー側の大量供給

・同一メーカーからの新商品の発表や販売

・他社メーカーからの類似商品の発表や販売



といった「そう珍しくない要因」によって、
需要と供給のバランスが一気に崩れる事も珍しくありません。


こういう事が普通に「よくある」わけです。


そして、ある程度の相場変動が付き物の中古品相場と違い、
新品の相場は一度下がってしまうような状況になると
まず、その相場が元に戻る事もほぼ「無い」のが実状です。


新品せどりにおいて、このような「リスク」を
しっかりと避けていく事は非常に難しく、
それがそもそも初心者向けでは無いんですね。


それこそ、そういった「リスク」を避けていくには、


「値崩れのリスクを先立って察知できる情報網や着眼点」


が実質的に「必要不可欠」となりますので、
それこそ、これは「上級者向け」に他ならないと思います。


そもそも、それが「新品」であっても「中古」であっても、


「その商品を幾ら以内で仕入れられれば利益を出せるのか」


といった判断はどちらにも共通して必要な視点になりますので、


「新品せどりは商品知識や目利きが不要」

「中古せどりは商品知識や目利きが必要」



この見解そのものが私は間違っていると思うんです。


それこそ、ここで言う「中古品に必要な目利き」というのは、
中古品特有の商品の状態(コンディション)や、
その付属品の有無による相場の見極めなどの事かもしれませんが
言うほど、それらの判断、見極めは難しいものではありません。


少なくとも、新品で仕入れた商品の「値崩れ」を
事前に察知していくほどの難しさは無いと思います。


言っても、中古の商品に求められる「目利き」は、
過去の相場や取引状況からでも判断できる


「過去の情報から答えを導き出せるもの」


ですが、新品の商品の値崩れを察知する「目利き」は、


「未来の値崩れを予測をしなければならないもの」


に他なりませんので、どちらが「難しいか」は、
それこそ「一目瞭然」ではないでしょうか。


また、新品せどりは基本的には、


「店舗」


での仕入れが主になりますので、
そこも私は初心者向けでないというか、
根本的に「お勧めしない理由」の1つです。


基本、私はネット完結で仕入れと転売をしていますし、
それでせどり、転売は十分に稼げる事を認識していますので、
その認識からすると「店舗で仕入れをする」という行為自体が、
普通に「割に合わない」と思ってしまうんですね。


まあ、最後は本当に私の個人的な見解になっていますが、
新品せどりの「客観的なリスク」については、
ここで言及した通り揺るぎなく明らかなものだと思います。


あとはこの記事を読んで、あなたなりに判断してみてください。


ただ、どちらが「初心者向けか」は別として、


「どっちが稼げるのか」


は、間違いなく「中古品を扱うせどり」及び「転売」です。


これについては鉄板で間違いありませんし、
この手のせどり、転売系の情報を扱う他のブログでも、
その多くが同じ結論を示している傾向にありますからね。


そこはある程度ハッキリしているに等しいわけですから、
とにかくせどり、転売で「稼ぎたい」というなら、
やはり中古品を扱うノウハウを極めるに越した事はありません。


その上で、私的には「稼げる」のも「稼ぎやすい」のも、
普通に「中古品だと思う」というのが率直な結論です。


以上、新品せどりと中古せどりの比較についてでした。


参考にしてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2017年3月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

家電、電化製品のせどり、転売は稼げるのか。

れお☆です。


せどり、転売ビジネスの手法も多様化している時代ですが、
いざ、1からせどり、転売を始めていくという場合は


「どういう商品を扱うか(何の商品を転売するのか)」


が、まず非常に大きなポイントになってきます。


そのせどり、転売の「対象」にしていく商品によって、
その商品に適した仕入れ方や転売方法も変わってくるからです。


その中で、私は「音楽CD」を転売の対象にした上で、
インターネット上での仕入れと転売を主に行っているのですが、
現在、わりとオーソドックスな選択肢の1つとして挙げられるのが


「家電(電化製品)」


を主に扱っていくせどり、転売です。


ただ、音楽CDを主に扱っている私から見ると、
家電、電化製品のせどり、転売は、その情報商材なども含めて、
初心者が1から始めていく上では注意が必要なジャンルであるため
今日は主に、この「家電せどり」についてを言及してみます。

家電、電化製品のせどり、転売は稼げるのか。


初心者の人がせどり、転売で扱っていく商品を選択する際、
まず重要視するべきなのは、やはりその「リスク」だと思います。


その商品を扱っていく事にどれくらいのリスクがあるのか、ですね。


ただ、ここで言うリスクは単純な「仕入れ単価」とは少し違います。


仕入れ単価が高い=リスクが高い
仕入れ単価が安い=リスクが低い



せどり、転売ビジネスの経験が無い人ほど、
このような考え方をしてしまいがちなところがありますが
その単純な仕入れ単価とリスクの高さはイコールではないわけです。


例えば、単価が安い商品という点で言うと、
最もオーソドックスな「本」や「漫画」などは、
1冊あたり100円前後からでも仕入れが出来る商品かもしれません。


ですが、このような商品でそれなりの収入を稼ごうと思った場合、
やはりそれなりの「数」を仕入れていく必要がありますし、
それだけの商品を大量に転売していく必要があります。


例え「仕入れ単価」が低い商品であっても、
結局のところ、それなりの収入を「稼ぐ」ためには、
それ相応の仕入れを行っていく必要があるため、


・1万円の商品を1つ仕入れて15000円で転売する。
・100円の商品を100点仕入れて1点150円で転売する。



このように、仕入れ資金に対してのリターン率は、
単価が高い商品でも低い商品でも理屈的には同じになるんです。


少なくとも上記のようなケースで言えば、
1万円という仕入れ資金に対して、
15000円の転売利益になる点は同じですからね。


せどり、転売ビジネスにおける「リスク」は、
その「リターン」に対して考えるべきものでもありますので、
その点でも「仕入れ単価」は必ずしも「リスク」とは直結しません。


ですので、家電製品は「仕入れ単価」は高い商品かもしれませんが
その仕入れ単価がそのまま「リスク」には直結しないわけです。


とは言え、家電製品のせどり、転売が、


「ローリスクか(リスクが低いか)」


と問われれば、これは決して首を縦には振れないところがあります。


むしろ、そのリスクは「極めて高い」というのが率直なところなんです。


家電、電化製品のせどり、転売は極めてハイリスク?


そもそも、せどり、転売で扱う商品における「リスク」とは何か。


少なくとも、私は以下のような2点こそが、
せどり、転売ビジネスにおける「リスク」と捉えています。


・仕入れた商品が売れず不良在庫になってしまう事
・仕入れた商品の相場が下がり利益が取れなくなる事


やはり、せどり、転売ビジネスにおける「リスク」は、
仕入れた商品が売れない事、転売時に利益を取れない事であり、
その可能性が高い商品ほど私は「リスクが高い商品」と考えます。


要するに、


・需要の変動が著しい商品
・相場の下落、値崩れの可能性が高い商品
・値崩れした相場が元に戻らない傾向にある商品



このような商品は必然的にせどり、転売において、
取り扱うリスクが高い商品に該当してしまうわけです。


そして上記の条件の全てを見事に満たしてしまうのが、
他でもない「家電」「電化製品」なんですね。


むしろ、家電、電化製品ほど需要と供給の変動が激しく、
相場の下落、値崩れの可能性が高い商品は無いかもしれません。


更に極めつけなのが一度下がった相場がほぼ元に戻らない事。


これが何よりも致命的な欠点かと思います、、、。


ただ、これは商品の特性上、仕方が無い事で、
家電製品というのはメーカー側が次々と新しい商品、
新たな機能を備えた新商品を出してくる傾向にあるため、
その度に既存の商品の相場は崩れてしまうんです。


基本的に消費者側の需要は新しい型の商品に集まりますから、
メーカーが新たな型の商品を新たに発売していく度に、
既存の家電製品の相場は必然的に下がっていきます。


そして、その下降した相場はほぼ元に戻る事もありません。


つまり、家電製品は「仕入れ」のタイミング次第で、
メーカー側からの新商品の発売と共に、
仕入れた商品の相場が一気に崩れてしまう可能性があり、
在庫を抱える限り、そのリスクが常に付きまとう事になります。


そういった点で家電製品のせどり、転売は「リスク」が高いため、
基本的に私はせどり、転売の対象にしていく事はお勧めしていません。


リスクが高い=損をしてしまう可能性がある


という事ですので、少なくとも、せどり、転売の初心者には、
色々な意味でハードルが高いジャンルの商品だと思うわけです。


初心者は需要の変動と値崩れリスクの無い商品を。


また、家電や電化製品のせどりは、


「店舗での仕入れ」


が基本となるような商品でもあるので、
そこも私的にはお勧めできない大きな要因の1つです。


まあ、これは私の個人的な感覚でもありますが、
今のご時世、ネットでの仕入れで完結できる商品があり、
一切外出しなくてもせどり、転売で稼げる時代なんですから、
あえて外回りが必要な商品を扱うメリットは何も無いと思ってしまいます。


正直、仕入れのためにお店に出向いて商品を探すのは面倒ですし、
その時点でも商品を見極められる目と相場観が必要になりますからね。


ネットで仕入れが出来るような商品であれば、
そのような手間や労力は全く必要のないものですし、
商品の情報や相場のチェックも自宅で手軽に行えます。


既に店舗での仕入れを当たり前のようにやっていて、
そこに慣れてしまっているような人であれば、
そこまで面倒に感じる事ではないかもしれませんし、


・目利き
・相場観



どちらも既に身に付いているものかもしれませんが
これらも初心者の人にはハードルが高いものでしかないはずです。


少なくとも、1からせどりや転売を始めるような人は、
本業がある中、副業という形で初めていくはずですので、
そんな「副業」で仕入れの為の店舗巡りはこの上なく大変だと思います。


ですので、私としては「店舗での仕入れ」が前提となる点でも、
やはり家電、電化製品のせどり、転売はお勧めしません。


・需要の変動が著しい事
・相場の下落、値崩れの可能性が高い事
・値崩れした相場が元に戻らない傾向にある事
・店舗を回って仕入れをする必要がある事


主にはこの4つが家電、電化製品のせどりをお勧めしない理由です。


もちろん、稼げるか稼げないかで言えば稼げないとは言いませんが、
それ以上に「リスクが大きい」というのが実状だと思います。


そのリスクを避けるべくして避けられるような人でなければ、
家電製品のせどりで稼ぎ続けるのは「難しい」と思いますので、
いざ、家電製品を扱っていくのであれば、それ相応の知識、
それ相応のスキルを身につける事を前提に考えるようにしてください。


そこが家電、電化製品のせどり、転売における注意点だと思います。


少なくとも、私がメインで扱っている「音楽CD」については、


・需要の変動
・相場の下落、値崩れ
・値崩れした相場が元に戻らない状況
・店舗を回って仕入れをする必要性



これらは全てクリアされていますからね。


それこそ音楽CDは一見はアーティストの人気などによって、
その需要が大きく変動しそうなものに感じられる部分はありますが、
私が主に扱っている「プレミアCD]に関して言えば、


「世間的な人気(流行り廃り)」


は、あまり関係無いのが実状です。


まあ、その辺りの理屈はこちらの記事で詳しく言及していますので
もし、興味があれば併せて読んでみてください。

>プレミアCDの「値崩れリスク」について


以上、今日は家電、電化製品のせどり、転売について言及してみました。


参考にして頂ければ幸いです。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2017年3月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

電脳せどりの革命的ツール:ジャングルエンタープライズのレビュー

れお☆です。


ブログの読者さんから、


「ジャングルエンタープライズ」


というせどりツールについて質問を頂きました。


電脳せどりの革命的ツール:ジャングルエンタープライズ

http://jungleotaken.com/


私が推奨している、


「サヤ取りせどらー最終バージョン」


の方と比べてどうなのか、、、という質問ですね。

>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」のレビュー


確かにいずれも「似た感じのせどりツール:なので、


「どっちを買ったらいいのか。」


を悩まれる人が出て来るのは当然かな?と思いましたので、
一応、私なりの視点で2つのツールを比較してみたいと思います。

ジャングルエンタープライズは有効なツールなのか


まず、今回取り上げる「ジャングルエンタープライズ」は、
メインの「ジャングルエンタープライズ」のみを利用するプランと、
そこに別途2つのツールが付いてくるプランに分かれているみたいです。


あくまでもメインは「ジャングルエンタープライズ」のようで、
これについて「サヤ取りせどらー最終バージョン」とかなり近いツールです。


いずれも大手ネットショップとアマゾンの価格差をリサーチして、
価格差の大きい商品を瞬時にリストアップできるというツールですね。


もちろん、細かな検索条件や機能面の違いがあるでしょうけど、
その主となる動作は上記の通りなので、基本的には同じようなツールです。


ただ、大きく違う・・・かもしれないところとしては、
その価格差のリサーチ対象にしているネットショップかと思います。


「サヤ取りせどらー最終バージョン」は以下の8サイト。


・ブックオフオンライン
・フルイチ
・駿河屋
・ネットオフ
・7ネットショップ
・ビックカメラ
・楽天



対する「ジャングルエンタープライズ」は、


「20サイト(20店舗)」


という情報は公開されていますが、具体的なサイト名は、


「その店舗情報もノウハウの一部だから」


という理由でセールスレター上ではシークレットにしています。


ただ、その対象となるネットショップの数だけを比較すると、
言っても「サヤ取りせどらー最終バージョン」は8サイトですから、


「ジャングルエンタープライズ」


の方が有効な感じがしないでもありません。


ですが・・・


まあ、私から言わせると具体的なサイト名を明かさずに、


「20サイト(20店舗)をリサーチできる!」


というところを「ウリ文句」にしているところが、
既に、ちょっと「嫌な感じ」が否めませんね。


「その店舗情報もノウハウの一部だから」


と、それらしい事も言ってはいますが、
これは単純に「数を多く見せてるだけ」だと思います。


もちろん、20サイトを対象にしているのは嘘じゃないでしょうけど、
そのうちの大半のサイトは、全くもってリサーチ対象にする必要のない、


「こんなサイト、リサーチ対象に入れる必要ある??」


というような、弱小サイトの可能性が高いです。


要するに「数合わせ(数を盛るため)」に、
そういう弱小サイトを対象に入れているだけだという事です。


だからこそ、その「20サイト(20店舗)」を明かさないわけですね。


とりあえず「サヤ取りせどらー最終バージョン」のような
ライバルとなる類似ツールに対して優位性を感じさせるために


「明らかにリサーチ対象に入れる必要のないサイト」


を数合わせに加えて、そのサイトを名を明かさずに、


「20サイト(20店舗)をリサーチできる!」


というところだけを売り文句にしているわけです。


実状として、アマゾンとの価格差を狙えるような
それなりに商品を揃えている国内のネットショップなんて、
そう多くは無いというのが現実ですからね。


私から言わせれば「サヤ取りせどらー最終バージョン」で押さえている、


・ブックオフオンライン
・フルイチ
・駿河屋
・ネットオフ
・7ネットショップ
・ビックカメラ
・楽天



この辺りのサイト以外で、この手のツールで、
あえてリサーチ対象にするべきサイトなんて無いと思います。


ですので、そんな「数合わせ」のレベルで盛られているだけの


「20サイト(20店舗)」


という情報だけで、この「ジャングルエンタープライズ」が
優位性の高いツールだと判断するのは、ちょっと早いです。


もちろん、それでもリサーチしないよりはした方が良いので、
仮に「サヤ取りせどらー最終バージョン」がリサーチ対象にしている、
上記8サイトに加えて別のサイトを12サイト押さえているなら、


「押さえていないよりは優位性がある」


と言えなくもありません。


ですが、ここで比較しておくべきなのが「料金」です。


まず「サヤ取りせどらー最終バージョン」は
買い切りタイプの19800円でそれ以上のお金は一切かかりません。


対して今回の「ジャングルエンタープライズ」は、
この「ジャングルエンタープライズ」のみの利用プランで


「初月9800円+月額4980円」


となっています。


要するに利用し続ける限り毎月お金がかかるんです。


1年で約6万円ですから、ここを比較してしまうと、
私はやはり「サヤ取りせどらー最終バージョン」の方が
19800円以上のお金は一切かかりませんので、


「数合わせだけとしか思えない12サイトの違い」


で、月額4980円のツールにお金を出すというのは、
ちょっと合理性がないかな、、、と思ってしまいますね。


まあ、その12サイトに物凄いお宝サイトが含まれていれば別ですが、
そこを期待して1カ月だけ試してみる、、、というならアリかもしれません。


でも、実際に使っていって見つかる対象商品が
サヤ取りせどらー最終バージョンが押さえているような


・ブックオフオンライン
・フルイチ
・駿河屋
・ネットオフ
・7ネットショップ
・ビックカメラ
・楽天



これらの大手ネットショップの取り扱い商品ばかりなら、
毎月4980円を払い続けてこのツールを使うメリットはないと思います。


普通に「サヤ取りせどらー最終バージョン」に乗り換えてください。


19800円だけの支払いで一応、一生涯、そのまま使えますので。


まあ、私はそんな穴場的なネットショップがあるとは思えないので、


「サヤ取りせどらー最終バージョンでいいんじゃない?」


と思ってしまっていますけどね。


ちなみに「ジャングルエンタープライズ」と併せて提供される、
別プランの2つのツールに関しては、更に無意味なツールなので、
これについては根本的にお勧めしません。


ザックリ取り上げておくと、


「ジャングルエンタープライズ」


で対象になるネットショップを監視して、
価格差が大きい商品が出てきたら知らせてくれるツールが1つ。


もう1つがアマゾン内で最安値を大きく更新する商品が出てきたら
同じく、それを知らせてくれるというツールです。


一見、便利で有効そうなツールに聞こえるかもしれませんが、
このようなツールを複数の人が使う時点で普通にアウトです。


結局、同じ「お知らせメール」がツールの利用者全員に届き、
その利用者全員でその商品を取り合う結果になるからです。


一応、この2つのツールを付けると更に利用料も


「初月14800円+月額9800円」


と、約2倍に跳ね上がります。


ただ、この高い方のプランは先ほどもお伝えしたように、
利用者が増えれば増えるほど使えなくなるツールなので、
私は普通にお勧めしません。


強いて買うなら「ジャングルエンタープライズ」のみの
初月9800円、月額4980円のプランでいいと思います。


ただ、数合わせだけの可能性が高い20サイトのリサーチツールなので、
その成果や状況を見て見切りは早く付けた方がいいかもしれません。


少なくとも、私は「サヤ取りせどらー最終バージョン」が押さえている、
上記に挙げた8つの大手のネットショップ以外で、そこまで


「稼げる商品」


が見つかるようなネットショップは多くは無いと思っています。


そして、私自身、サヤ取りせどらー最終バージョンはお勧めはしてますが、
従来の「普通の使い方」をする事自体をそこまで勧めてはいません。


それこそ、この手のツールはやっぱり利用者が増えてくると、
あらゆるネットショップで商品の取り合い、奪い合いが始まるので、
この手の類似ツールがこうして出て来る度に結局のところ、


「あらゆるネットショップの稼げる商品が市場から消えていく」


という現象が、起きていってしまうんです。


それは、今回取り上げた「ジャングルエンタープライズ」も、
私が推奨している「サヤ取りせどらー最終バージョン」も変わりません。


ですので、私は「ちょっとひねった使い方」を推奨していて、
それを、私からの購入者限定で「特典」として提供しています。


要するに人とは違う使い方をして稼ぐわけですね。


そして、その方法を実践していく上では、
やはり毎月5000円近いお金がかかってしまう、


「ジャングルエンタープライズ」


よりも、19800円ポッキリで一生使える、


「サヤ取りせどらー最終バージョン」


の方が私的には良心的で合理的だと思いますので、
やはり、お勧めは「サヤ取りせどらー最終バージョン」の方です。


私の特典も含めて、興味がありましたら、
一度こちらの方もご覧になってみてください。

>電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」のレビュー


以上、今日は「ジャングルエンタープライズ」の批評と、
サヤ取りせどらー最終バージョンとの比較でした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2017年3月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ