せどりインサイダーのプレミアCD転売ノウハウはいつまで有効なのか。

れお☆です。


私のブログやメルマガを読まれている方から度々頂く質問の中に、


「レオさんのノウハウは今でも変わりなく稼げるんですか?」

「今後、何年くらい、いつまで使えると思いますか?」



というような「現状の有効性」や「今後の有効性」について、
あえてその「確認」や「意見」を求められるようなものがあり、
そのような質問を頂く度に私は、


『当然、今も変わりなく稼げてますし、
 今後においても何十年と変わりなく稼げると思いますよ。』



といった趣旨の回答をいつもお出ししています。


勿論、ノウハウを提唱する側としては、
自分のノウハウの事を良く言って当たり前だと思いますから、、
そこには当然、相応の根拠やそう思う理由も添えてお答えしています。


ですので、今日は上記のような質問への「答え」として私が示している、


・プレミアCDの転売ノウハウが今もこれからも有効な理由

・この市場、ノウハウが今後何十年先でも稼げると思う理由



をそれぞれ、その客観的な根拠も添えて言及しておこうと思います。

せどりインサイダーのプレミアCD転売ノウハウはいつまで有効なのか。


まず、この手の「転売」を行うビジネスの基本原則として、
特定商品の「転売ビジネス」が儲けに繋がるかどうかは、
その対象となる商品に「需要」があるかどうかで決まります。


その商品に「一定の需要」があるようなら、
その商品を「安く仕入れて高く売る」という方法によって
少なからず「稼げる余地」はあると考えて問題ありません。


逆にその商品の需要が「ほぼ無い」に等しい場合は、
もはやその商品の「転売」を前提とするビジネスなどは、
根本的に「成り立たない」というのが当然の理屈だと思います。


ですので特定商品の転売ビジネスにおける基本原則は
その商品に「一定の需要があるかどうか」が第一のポイントであり、


「一定の需要がほぼ不滅であると考えられる商品」


を扱っていけば、その商品の転売ビジネスもまず無くなりません。


その需要があれば、その商品の転売で稼げる余地も十分にあるからです。


ですので、今現在の時点でその「需要がある」という状況なのであれば、
その商品の転売ビジネスは、当然、今も稼げる余地があると言えます。


そして、その転売ビジネスの今後の将来性や有効性も、


・その商品の需要が今後、どれくらい「あり続ける」のか。

・その需要が無くなってしまうような可能性はあるのか



これらを現実的に考えてみれば、ある程度は見えて来ますので、
まずはこのような視点で私のノウハウで実際に扱っている、


「プレミア価格が付いた音楽CD」


というものの「今後の需要」を考えてみてください。


少なくとも、日本の音楽市場に「CD」が登場したのは、
1980年代の後半で1990年頃には、それまで主流だった


・カセットテープ

・レコード(アナログレコード)



のシェアを超えて音楽メディアのメインになり代わっています。


今が2016年ですから約26年くらい前という事ですね。


要するに、この「音楽CD」の市場、及び需要は、
もう26年に渡って「不動の市場」となっているわけです。


その市場や需要が今後1年、2年で無くなるでしょうか。


5年、10年で無くなりますかね?


私は、まず無くならないと思います。


ただ、ここで新たに浮上してくるのが、


「音楽配信やデジタルダウンロードが更に普及してきたら?」

「次世代メディアの登場でCDそのものが無くなったら?」



という「音楽CDそのものの需要を揺るがす事態」の可能性です。


確かに今は、一昔前ほど「CDが売れない時代」と言われていますからね。


そして、その要因が音楽配信関係サービスの登場や
YouTubeなどの無料動画サイトにある事も、ほぼ明らかかと思います。


ですが、それでも


「音楽CDの需要は無くならない」


というのが「現実」のようです。


CDの需要は音楽配信やダウンロードが普及しても無くならない。


それこそスマートフォンの普及率を1つの指標にするなら
聞きたい音楽をYouTubeで聴くような行為や、
音楽データそのものをダウンロードで済ませる行為は、
今や至って「普通の事」と言っていいレベルではないかと思います。


要するに、これらによって音楽を聴くという事については、
もう十分なレベルで普及している状況にあるわけです。


ただ、そのような状況にありながらも、
今でもCDが普通に売れているというのも1つの現実です。


一昔前より売れなくなったとは言っても、
やはり巷にはたくさんのCDショップが並んでますし
ブックオフなどに行けばCDのコーナーが変わらずあります。


つまりスマホやパソコンで簡単に音楽を聴ける状況にあっても、
今も普通に「CDを買っている人」というのは一定数存在するわけです。


でなければ「レコード会社」と呼ばれるところも、
あえてお金をかけて新しいCDを作るような事もしませんから。


現に今でも駅や町の看板では、
新譜CDの広告などが普通に貼ってあると思いますし、
テレビでも新譜CDのCMは普通に流れているはずです、


そんな大々的な広告を打って採算が取れるくらいは、
今でも普通にCDは「売れている」という事なんですね。


要するに、ここまでYouTubeなどで音楽を聴く事や、
音楽そのもののデジタルダウンロードが当たり前になっていても、


「CDを買って音楽を聴きたい」


という需要やそういう人達は普通にたくさんいるわけです。


もしくは、CDという商品そのものに対して、
音楽を聞く事だけに収まらないニーズを持っている人達として、


「CDという商品を手にする事」

「CDという商品をコレクションする事」



を前提として求めているような人も決して少なくはありません。


それこそただ純粋に


「音楽を聞きたいだけの人」


は、CDを買わない時代になったと思いますし、
そのニーズだけならYouTubeやダウンロードサービスだけで、
そのまま十分に満たせてしまうものだと思います。


そういう意味では、現時点の段階で既に


ただ音楽を聞きたいだけの人はCDを買っていない


という事であり、今の時代にあえてCDを買っているような人は、


「CDという商品そのものに価値を感じている人達」


であると考えられます。


そして、そういう人達から成り立つっているような、


「CD需要」


というもの今現在も普通に「ある」というわけです。


その上で、私が提唱している、


「プレミア音楽CDを狙ったせどりノウハウ」


は、そもそもの大前提として


「CDという商品を手にしたい事」

「CDという商品をコレクションしたい事」



をターゲットにしている手法であり、
そういう人達を対象に稼いでいるノウハウに他なりません。


決して「ただ音楽を聞きたい」という人達をターゲットにして、
そういう人達に商品を転売していくノウハウでは無いという事です。


そういう「CDをコレククションしたい人達」をターゲットに、
そのニーズを満たしていく事で「稼ぎ」を得ているんです。


故に、音楽データのデジタルダウンロードや
YouTube、ニコニコ動画などの動画サイトの「普及」で、
ノウハウの有効性が脅かされる余地はほぼ「無い」わけですね。


むしろこれらのサービスが今くらい普及しても、
CDを買うような人は相当数いるという事ですから
今後においてもこのノウハウは「不滅である」と考えていいと思います。


それでも「CDに成り代わるメディア」が登場したなら。


ただ、今から30年ほど前まで主流だった
カセットテープやアナログレコードに成り代わる形で、


「CD」


が登場したように、またここに新たなメディアが登場し、
以前のカセットテープやアナログレコードのように
CDそのもののが他のメディアに成り代わってしまったなら・・・


そんな状況から、私のノウハウが使えなくなる可能性。


稼げなくなる可能性を考える人もいるかもしれません。


ですが、そのような「次世代メディア」の登場は、
CDというものの需要を脅かすものでは無く、
むしろその需要を「高める事になるもの」と捉えるべきです。


仮にそのようなCDに成り代わる「次世代メディア」が登場し、
音楽メディアの主流がその「次世代メディア」になったなら、
以前「アナログレコード」が市場から一掃されたように、


「全ての音楽CDが廃盤となっていく」


という状況から、ほぼ全ての音楽CDに「プレミア」が付き、
高値で売買されるようになる可能性が非常に高いからです。


実際に「オークファン」などで相場を見て頂ければわかりますが
音楽CDの登場で廃盤となっていったアナログレコードなどは、
そのほぼ全てが高値の「プレミア価格」で取引されています。


つまり、新たに生産される事がなくなった事で、
その「プレミア価値」が高くなっていったわけです。


要するに「プレミア的な価値」というものは、


「手に入らなくなったもの」

「手に入りにくくなったもの」



にこそ、付いていくものであり、
次世代メディアの登場で生産が中止になっていく状況は、
よりその商品の「プレミア価値」を高める事になるんです。


つまりCDに変わる次世代メディアが出て来るという状況は
このノウハウにとっては「大儲けのチャンス到来」でしかありません。


少なくとも、全く懸念するような事態では無いという事です。


むしろ1日でも早くそういう状況になってほしいものです(笑)


プレミアCD転売ノウハウはいつまで有効なのか。まとめ


以上の通り、私のプレミアCDを扱うせどりノウハウは、


「時間が経過して稼げなくなる理由」


というものがほぼ「無いに等しいノウハウ」です。


少なくとも世の中に「プレミアCDの需要」がある限り、
今後においても稼ぎ続ける事が可能であり、
そしてその需要は今後もまず無くなる事は無いと思います。


もう20年以上も前に一般の市場に全く出回る事が無くなった
EP、LPなどの「レコード」でさえも、その需要は「顕在」で、
むしろ、その全体的なプレミア相場は年々上がっているくらいですから。


そういう見方をすれば「プレミア音楽CD」を扱う私のノウハウは、
今後20年、30年先も「有効」であると考えられるだけでなく、


・デジタルダウンロードの更なる普及
・次世代メディアの登場



などによって、更にそのプレミア価値を高める可能性さえあるんです。


ですので、私のせどりノウハウは。


「今後、使えなくなる事(稼げなくなる事)は無い」


という点だけはほぼ揺るぎないものと捉えていいと思います。


対象としていく商品の「需要そのものが無くなる余地」が、
そもそも、ほぼ「ありえない商品」と言っても過言ではないからです。


そういった「長期的な有効性」や「将来性」というところは、
ほぼ確信を持って取り組んでもらって大丈夫だという事ですね。


まあ、結局これは「音楽そのものへの需要」であり、
良い音楽を作る「アーティストへの需要」なんですけどね。


それが実質的に「不動なもの」である以上、
その需要が無くなる事も無いということです。


是非、参考にしてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年8月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり理論

プレミアCDの「値崩れリスク」について。

れお☆です。


先日、ブログの読者さんから、


「このサイトにこんな事が書かれていたのですが・・・」


という趣旨の「私のせどりノウハウへの批判意見」のご報告と、
その見解を求められましたので、今日はその批判意見の方を、
私の「反論意見」と併せて取り上げておきたいと思います。


まず、その「批判意見」が書かれていた記事はこちら。


「次世代型せどり・転売メゾット」 は 詐欺商材?
→ http://bbssideline-2.seesaa.net/article/405893753.html


私のせどりインサイダーのノウハウは


「お勧め出来ない(稼げない)」


と評した上で、以下のような理由を掲げています。


・プレミア商品の人気、相場がいつ急落して値崩れするかわからない

・故にこのノウハウは極めて危険であり、リスクが高い

・そもそも価格操作という手法自体に違法の匂いがする



私のせどりノウハウの「原理」や、
扱う商品の「特性」を理解している人からすると、


『もう少し「せどり」の事を勉強したら?』


と思ってしまうような意見なのですが、
実質的に私のノウハウに興味を持っている人であっても、
その原理や特性を100%理解している人ばかりではないので、
こういう意見にも普通に流されてしまう人がいない事もありません。


市場や商品の「特性」や「法律」などを、
根本として「知らない人」からしてみれば、


「確かにそうかもしれないな」


と思ってしまうのは仕方がない事だと思うからです。


ですが、このような形で「ブログ」などに記事を書いて、
不特定多数の人に情報を発信していく側の人は、
もう少し物事を勉強してから記事を書いて欲しいですね。


何にせよ、上記に挙げた実際の批判意見を取り上げつつ、
その1つ1つに反論意見を述べていきたいと思います。

プレミアCDの「値崩れリスク」について。


私のせどりノウハウは「プレミアが付いた音楽CD」を扱い、
そのプレミアが付いたCDを「買い占める」事によって相場を高騰させ、
その高騰した価格でCDを転売して稼ぐ事を主な概略としています。


ですので、実際に「仕入れ」を行っていく際は、
特定のプレミアCDに目星を付けた上で、
それを一気に買い占めて価格を吊り上げていくんです。


ただ「CDを買い占める」と言っても、
プレミアが付いたCDというのは、
モノによっては市場に数枚しか出ていないものも多く、
そう何十枚も仕入れる事が前提になるわけではありません。


ほんの数枚の仕入れを行うレベルでも「買い占め状態」が成立し、
自分が独占的にその商品に「好きな価格」を付けて、
その「好きな価格」で転売していく事が出来る状況になるわけです。


勿論、好きな価格で売ると言っても、
それが実際に売れなければ意味がありませんので、


「そのCDを欲しがるファンの人がお金を出す範囲」


で価格を設定していくのがセオリーになります。


その際、この手のプレミアが付いたCDというのは、
基本的に「売り手側の競合」で価格が下がっている傾向にあるので、
その競合を「買い占め」によって無くした状態を作れば、


「そのCDを欲しがるファンの人がお金を出す範囲」


の「上限」いっぱいまで価格を吊り上げても普通に売れるわけです。


そんな私のせどりノウハウの「原理」を前提とした上で、
冒頭で取り上げたブログの運営者さんは、


・プレミア商品の人気、相場がいつ急落して値崩れするかわからない

・故にこのノウハウは極めて危険であり、リスクが高い



という意見を以下のような見解から述べています。


音楽CDのプレミアム商材というのは、
スター歌手に対する熱狂的なファン心理がプレミアム価格を支えているわけですが、
スター歌手だって人間なわけですから、いつ悪材料を出して人気が急落するか分からないわけです。


要するに、この人が言いたい事は、


「歌手の人が何らかの悪材料を出してファン離れが起きれば
 その歌手の商品に付いているプレミア価値も急落してしまう」



という事であり、それがこのせどりノウハウの「不安材料」であり、
そして「リスクである」と言われているわけです。


まあ、確かに音楽CDのプレミアというのは、
そのCDを欲しがるファンの人がいてのプレミアです。


そもそも、私のノウハウは、その「ファンの人」に、
プレミアが付いたCDを転売して稼いでいくわけですから。


ただ、この手の音楽CDの「プレミア価値」は、
歌手の人の「悪材料」で下落する事はほぼありません。


その辺りの市場や商品の「特性」を、
この人は根本的に「分かっていない」と思います。


歌手にとっての悪材料 = 歌手が何かの不祥事などを起こす


というような捉え方でいいと思いますが、
このブログの運営者さんは、歌手の人気やプレミア相場が、


「株式を上場させている企業の株価」


と同じようなものだと捉えているようですが、
その考え方はハッキリ言って根本的に間違っています。


確かに株を上場させているような企業が不祥事を起こし、
そのような大きな悪材料が明るみになれば、
その企業の株価は暴落します。


ですが、歌手の人気や関連商品のプレミアというのは、
歌手の不祥事などで下落するような事はほぼありません。


何故ならファンはその歌手の「作品」を評価しているからです。


そして、純粋に


「その作品が欲しい」

「その人の音楽を聴きたい」



というだけの動機で「商品」にお金を出しています。


要するに、そこに存在する「需要」はそういった純粋なものなので、
歌手の人が不祥事を起こして世間的にバッシング等を受けても、
ファンの人がその歌手の作品への評価を下げる事も無い為、
商品の需要に影響を来すような事もほぼ無いわけです。


企業の不祥事によってその企業の株が暴落するのは、
その企業の株を買って儲けようとしている人達が、
その企業が起こした不祥事によって「儲け」が見込めなくなる為、
その株を売る人が増えて株価が暴落しているだけの話ですからね。


ただ儲ける事を目的として買っている人達ばかりの「株の相場」と
純粋にその「作品」やその「音楽」を評価して
その商品が「欲しい」人達が買っている「プレミア商品相場」を
全く同じ視点で捉える事自体がナンセンスだという事です。


それぞれ「需要の質」が根本的に異なるのですから。


歌手の不祥事はむしろ相場を高騰させる!?


ちなみにですが「歌手の不祥事」というのは、
どちらかと言えばその歌手の関連商品の相場を下げるどころか
一気に高騰させる傾向にあるというのが実際のところです。


理由はその不祥事によってメディアがその歌手を取り上げる為、
それがきっかけでその歌手の事を知る人が増える事になり、
そこからも新たな「ファン」が増えるような傾向にあるからです。


ここ最近で言えば「ベッキーさんの不倫騒動」があった際、
その不倫相手の男性というのが、


「ゲスの極み乙女」


というロックバンドのヴォーカル男性であった為、
その報道後、一気にそのバンド名が世間に知れ渡りました。


あくまでも「不倫報道」が前提ですので、
明らかな不祥事で世間のニュース取り上げられているにも関わらず、
何だかんだでニュースの際には「ゲスの極み乙女」の曲も流れ、
それを聞いて普通にファンが増えていったわけです。


結果、不倫騒動後「ゲスの極み乙女」のCDは売れに売れまくり、
過去に発表していた限定CDなどのプレミア相場も高騰していました。


同じく、


「CHAGE and ASKA」


の「ASKA」こと飛鳥涼さんが覚醒剤所持で逮捕された時も、
その逮捕直後から「CHAGE and ASKA」関連のCDやDVDが
軒並み価格が高騰していましたね。


これはそのあくまでもその実例の1つですが、
飛鳥涼さんの逮捕報道が盛んになったのは2014年5~6月頃で、
その時期を境に相場が2~3倍は高騰しているのが分かります。


2014年4月頃までの取引相場



2014年6月頃の取引相場



飛鳥涼さんの逮捕報道が出ていない4月までは、
取引相場もせいぜい2000~3000円だったDVDが
その逮捕報道が盛んになりはじめた5~6月頃を境に


「7000~9000円以上」


という売買金額まで一気に相場が高騰し、
月に1枚売れるか売れないかの売買ペースだった商品が、
1カ月に何枚も取引される状況になったわけです。


要するにその歌手がどのような形で取り上げられようと、
歌手というのは、その楽曲が評価されればCDは売れ、
そこに限定のCDなどがあればプレミアが付いていくものなんです。


少なくとも、歌手本人が起こすような不祥事と
その「作品の評価」や「需要」はほぼ無関係という事ですね。


むしろ、その歌手が大きな不祥事を起こすほど、
それが曲を聞いてもらうきっかけになる為、


「逆にその歌手のCDやDVDは飛ぶように売れてしまう」


というのが現実なくらいです。


よって、音楽関係のプレミア商品に関しては、
その歌手の不祥事などによって、その需要や価値が急落し、
相場が一気に崩れるというような事は基本的にありえません。


つまり、


「スター歌手だって人間なわけですから、
 いつ悪材料を出して人気が急落するか分からない」



という理屈は全く持って「成り立たない」という事であり、
この手のプレミア商品の価値や相場はそのような要因などで、
いきなり急落する事は「無い」と考えて問題ありません。


それだけこの手のプレミア商品は「手堅い商品」だという事です。


価格操作という手法自体に違法性がある?


このような「私のノウハウに違法性がある」という意見については、
同じような事を主張していたブログがありましたので、
既にそちらのブログを取り上げた際に


「このノウハウには何の違法性も無い事」


を、その理由と共に言及済みです。


そもそも私のせどりノウハウで行う事は、


・特定の商品を大量に買い込む行為

・その商品に自由な価格を付けて売る行為



の2つを繰り返していくだけの「転売行為」ですので、
ただ、これだけの転売行為に対して、


「違法性がある」


と言っている人には、逆に、


「特定の商品を大量に買い込んだら違法なんですか?」

「商品に好きな価格をつけて売ったら違法なんですか?」



と聞き返したいくらいです(笑)


仮にこれが「違法行為」になるとして、
その「買い込み」の度合いはどうなんでしょうか?


どれくらい買い込んだら違法で、
どれくらいまでの買い込みなら違法じゃないんでしょうね??


商品の金額も幾らで売ったら違法行為で、
幾ら以内なら違法行為じゃないんでしょうか??


そこに明確な境界線があるとした上で、
このノウハウを「違法だ」と断定出来る余地があるなら、
是非、教えて欲しいという感じです。


まずそこに「違法になる境界線」なんて存在しませんから。


・特定の商品を大量に買い込む行為

・その商品に自由な価格を付けて売る行為



仮にこれが「違法」になってしまうなら、
世の中の全ての転売行為、転売ビジネスは
違法行為、違法ビジネスになってしまいます。


つまり、私のせどりインサイダー、
プレミアCDの買い占め転売ノウハウにおいて、
違法性を問われる余地など「無い」という事です。


「値崩れリスク」と「違法性」についての総括


以上の通り、今回取り上げた、


「次世代型せどり・転売メゾット」 は 詐欺商材?
→ http://bbssideline-2.seesaa.net/article/405893753.html


こちらのブログにおける私のせどりノウハウへの、


・プレミア商品の人気、相場がいつ急落して値崩れするかわからない

・故にこのノウハウは極めて危険であり、リスクが高い

・そもそも価格操作という手法自体に違法の匂いがする



といった意見は、そもそもの前提として、
この記事を書いたブログの運営者さん自身が、


「市場や商品の特性を根本的に理解していない」


というのが「どう見ても明らかな意見」である上に、
違法性という点についても何の法律的な根拠は書かれてません。


要するに「何となく思った事を書いただけ」という意見のようです。


少なくとも、合法だ、違法だ、という法律論は、
多少なりと法律を勉強してから述べるか、
専門家の意見を聞いてから述べて欲しいところですが・・・。


まあ、このブログの運営者さんが推奨しているものが


「せどりの翼・アルバトロス」


という、まともに「せどり」をやっている人であれば、
まず推奨するはずがない「せどりツール」なのを踏まえると、
あまりせどりの知識や経験はないよう人のように思えます。

>せどりの翼アルバトロス(亀山貴生)のレビュー


こちらの記事を読んでもらえばわかりますが、
それなりにせどりの知識や経験がある人であれば、
このレベルのツールを勧めるような事はまず無いはずです。


少なくとも、私には全く価値を感じられないツールなので・・・。


まあ、このツールについての見解はあくまでも個人的な意見です。


ですが「歌手の不祥事」でその歌手のCDやDVDの需要が無くなり、
その価値や相場が急落するという事はまずありえませんので、
この点については紛れもない「客観的事実」がそれを物語っています。


それどころか価値や相場は高騰する傾向にあるくらいですので、


「歌手の不祥事はむしろ儲けに繋がる」


という捉え方をしておいて問題ありません。


せどりや転売をやっているような人は、
この事を頭の片隅にでも入れておく事をお勧めします。


それこそ、そのような局面で私の「買い占めノウハウ」を実践すれば、
その「不祥事」に便乗するだけでも相当な金額を稼げますよ、、、。


もし、今後そういう機会があれば、是非トライしてみてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年8月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:批判への反論

アパレルせどり転売4か月講座(株式会社キュリアスコープ)批評

れお☆です。


ここ数日、インフォトップの方で、


アパレルせどり転売4か月講座


というアパレル系商品のせどり教材が売れているようです。


アパレルせどり転売4か月講座

http://sedori-kasegu.com/aprru/


インフォトップの売上ランキングでも、
ここ数日、上位を取っていたみたいですね。


一応、レビュー依頼の方も頂いている状況なので、
今日はこの「アパレルせどり転売4か月講座」についてと、
その題材となっている「アパレル系商品のせどり・転売」についてを、
私なりに批評、意見する形でそれぞれ取り上げておきたいと思います。

アパレルせどり転売4か月講座(株式会社キュリアスコープ)批評


まずこの「アパレルせどり転売4か月講座」についてですが、
その販売元が「株式会社キュリアスコープ」さんだったので、
私的に「中身を確認しての批評は不要」と判断しました。


何度か、この株式会社キュリアスコープさんの
せどり系、転売系の情報商材を購入してきた上で、
そのスタンス、姿勢、内容等に関し、
共通する「程度の低さ」を著しく感じた為です。


というのも、この株式会社キュリアスコープさんという業者は、
ほぼ毎月のように違うせどり手法、せどり市場を対象とする
せどりの教材、転売の教材を販売してきているような業者さんで、


「あらゆるせどり、転売系の情報商材を量産している業者」


と言っても差し支えない完全な「情報販売業者さん」です。


それで、その1つ1つのクオリティが高いのであれば、
消費者側としても、何の文句も無いのですが、
ハッキリ言ってその内容の質は一律して「低い」というのが実状で、


「どれもこれも、無料参考書レベルの表面的なノウハウ」

「具体的な仕入れ、転売に突っ込まない当たり障りのない教材内容」



という感じでした。


少なくとも2万、3万という価格設定で、
情報商材として売るようなノウハウ、教材内容ではないと思ったので、
私的に、この業者さんの販売するせどり教材に関して言えば、
ほぼ「見切りをつけた」というのが率直なところです。


それこそ1000~2000円くらいの参考書レベルのものが、
その10倍、20倍の値段で売られているという印象で、
私的には全くその値段に見合う価値を見だせなかった為です。


そこに輪をかけて、その「販売ページ(セールスレター)」は、


「具体的なノウハウ」

「実践的な教材内容」



を大々的に謳うようなものになっている為、
この株式会社キュリアスコープさんが情報商材をリリースする度に
ある意味、そこに「騙されて」購入してしまっているような人が、
後を絶たず、出て来てしまっているんじゃないかと思います。


ただ、今回の「アパレルせどり転売4か月講座」については、
明らかにその販売ページの方でその転売実績における


「詐称」「捏造」


が発覚してしまったようで、その辺りの「詐称行為」等が、
こちらの「橋本さん」という方のブログで大々的に暴かれていました。


アパレルせどり転売4か月講座、株式会社キュリアスコープは詐欺の可能性大


詳しくは、この橋本さんの記事を参照頂ければと思いますが、
要するに、この「アパレルせどり転売4か月講座」の販売ページで、


「実践者の転売実績!」

「実践者はこんなに稼ぎました!」



という形で取り上げられている転売商品の「履歴」が、
実際に確認出来るその「履歴」に対して不自然な点が多く、


「転売実績の詐称、捏造行為」


がほぼ明るみになってしまったおいう状況なわけです。


少なくとも、その販売元である株式会社キュリアスコープさんは、
これまでも数々のせどり、転売系情報商材の販売ページで


「このノウハウによる転売実績はこちらです!」


というような実績画像等を公開していた経緯がありますので、
これまでの販売ページにおける転売実績やその実績画像等も全て、
同様に捏造、詐称していた可能性も普通に浮上してきます。


まあ、毎月のように新しい転売ノウハウを引っさげて、
その転売実績等を販売ページに公開していたわけですから、


「それら全てが詐称、捏造されていたものである可能性」


は、可能性としては、普通に「あった」と思いますし、
私としては「普通にそれ(詐称)っぽいな」と思ってましたが、
ここまで明らさまな「ボロ」を出したのは初めてだと思います。


これが「情報商材」という閉鎖的な業界の商品である為、
この「アパレルせどり転売4か月講座」は普通に販売を継続出来てますが、
もしこれがもう少し一般的に認知されている業界だったなら
即、販売停止に追い込まれて大問題になっているような行為です。


普通なら、その商品のみならがず、
その販売業者自体も世間的にもバッシングされ、


「全ての消費者への代金の弁済」


などが求められてもおかしくないような話ですからね。


そんな問題行為が明るみになっているにも関わらず、
そのまま商品の販売が継続出来てしまう事や、
その業者自体への世間的な「お咎めが無い」というのは、
本当に情報商材業界だからこその状況と言えるかもしれません。


ただ、何にしても、この「アパレルせどり転売4か月講座」や、
その販売元である「株式会社キュリアスコープ」さんが
消費者を欺くような詐称行為によって商品を販売している事は
今回の件でほぼ明らかになった事実に変わりは無いと思います。


ですので、今回、橋本さんが大々的に暴いた「詐称の事実」は、
この手のジャンルの情報商材を実際に扱っている者として、
可能な限り多くの人にシェアしておきたいと思った次第です。


せめて、このような情報商材にお金を支払おうとしている人に、
こうした「事実」が目に触れるような状況にはしておきたいので。


アパレル系商品のせどり・転売は稼げるのか。


尚、この「アパレルせどり転売4か月講座」については、
上記のような明らかな「詐称行為」の事実や、
その販売元である「株式会社キュリアスコープ」さんの
これまでの販売教材の内容や動向の傾向から


「中身を確認してまで批評する価値は無い」


と判断させて頂きましたが、この教材の題材となっている、


「アパレル系商品のせどり・転売」


については、私の知人で実際にこれで稼いでいる人がいます。


ですので、アパレル系商品のせどり・転売に関して言えば、
やりようによっては「稼げるもの」と捉えて問題ありません。


ただ、その知人が実際にやっている事や、
その上で得ている収益などを実際に聞く限りでは、


「真似しようとして簡単に出来るものではないな」


と思ったのが率直なところであり、何より、


「そこまで真似しようとも思えなかった」


というのが率直な本音です。


ちなみにその知人は完全に「ネットでの仕入れオンリー」なので、
メルカリ、ヤフオクで仕入れた商品をそのまま、
メルカリ、ヤフオクで転売するという方法で稼いでいるのですが、
それでも、私的には「割に合わない要素が多過ぎる」と思いました。


やはりアパレル系の商品は言っても「ファッション」ですから


「その時期の流行やトレンドにどうしても需要がされる傾向」


があり、まずこれはよほどのファッション好きでも、
そのファッショントレンドを常に追い続ける事は不可能に近いです。


現にその知人もトータル的には普通に稼いでますが、
やはりトレンドを見誤ってしまい、不良在庫として売れ残った商品が
どんどん自宅に貯まっていく状況にはあると言っていましたので、
その度合い、比率次第では、赤字のリスクも高くなります。


その知人も「当たり外れはあって当たり前」を前提に、


「稼げる商品でドンと稼ぎながら不良在庫を適当に処分し、
 トータルでプラス収支になればOK」



というスタンスで転売をやっているようなので、
私からすると、普通に「ハイリスク」にしか思えませんでした、


それこそ、その知人は私からすると
それなりにファッション好きの「おしゃれ」さんで、


「何それ?」


というブランドなどにも詳しく、
私なりよりは遥かにファッションにも敏感で、
ファッション系の雑誌もよく目にしているような人です。


もともとモデルやスタイリストのアシスタントしたりと、
ファッションに関わってきたような人物なので、
明らかに「その筋の商品」には人以上に精通しているわけです。


少なくとも、私はその辺りの関心はほぼゼロに近く、
ファッション等にはほとんど興味も関心も無いので、
そういうところも含めて、


「アパレル系のせどり、転売は自分には難しい」


と判断しました。


それなりに好きで、詳しくない限り、
このジャンルの商品のせどり、転売で稼ぐのは、
私はかなりハードルが高いんじゃないかと思います。


それこそ、それなりに「詳しい人」でさえも、
やはりトレンドの移り変わりを察知する事は出来ないようなので、
そのような「不確定要素が強い」という点も含めて、
私はかなり専門性の強いせどり分野だと捉えています。


強いて、そういう分野に詳しく、興味、関心がある人であれば、
普通にチャレンジしてみる余地はあるかもしれませんが、
そうではない人には向かないジャンルだと思いますね。


まあ、あくまでもアパレル系のせどり、転売で稼いでいる、
実際の知人のノウハウ、実績等を見ての私の「意見」ですので、
あくまでも参考程度にしてください。


ただ、仮にそこに興味や関心が湧いても、
今回取り上げた「アパレルせどり転売4か月講座」は、
その販売行為そのものに問題がある状況ですので、
私は辞めておいた方がいいんじゃないかと思います。


ちなみに、ですが、アパレル系のせどりで稼いでいる知人に


「その転売ノウハウを情報商材で売るのはアリ?」


と聞いたところ、


「仕入れ段階で即、飽和するので無理」


と即答されました(笑)


要するに自分の「食いブチ」が減るので、
情報商材でノウハウを公開するのはありえないそうです。


それこそ、ある程度「トレンドの動向」を押さえて、
いかに安い商品を安く仕入れて転売するかがポイントになる以上、
その「ノウハウ」を多くの人に公開するという選択肢はないそうです。


まあ、普通に考えればそうですよね、、、。


以上、アパレル系商品のせどり、転売についてと、
アパレルせどり転売4か月講座についてでした。


是非、参考にしてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2016年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ