せどりの仕入れ基準。ランキングチェックの落とし穴。

れお☆です。


せどりというビジネスで稼いでいく為に重要な事は、


・仕入れた商品が売れていく事

・仕入れ値以上の価格で売れていく事



この2つです。


実質的にこの2つのポイントを徹底的に押さえ、
逆にこの逆の状況を避けていく事が出来れば、
せどりというビジネスは基本、稼げます。


そこで多くの人がせどりの仕入れを行う際、


・売れない商品を仕入れない為

・すぐに売れる商品を仕入れる為



に行っているのが「アマゾンのランキングチェック」や、
モノレート(旧アマショウ)のランキング変動チェックです。


やはりせどりをやっている人の多くは、
ほぼ例外なく「アマゾン」を利用していますので、
アマゾンを利用したせどりの仕入れ段階では、
多くの人が先ほどの2つをチェックしています。


これはそういうやり方を推奨している情報商材や、
せどり系のブログが非常に多い為だと思われます。


そういう情報をきっかけにせどりを始めている人が多いわけですね。


ただ、このランキングチェック、モノレートチェックで、
商品の「売れ易さ」を判断して仕入れをしていく方法には、
幾つかの落とし穴がありますので、今日はその話をさせてください。

せどりの仕入れ基準。ランキングチェックの落とし穴。


まず商品がどれくらいで売れていくかの基準として、
多くのせどらーがまず目にしているのは、


「アマゾンのカテゴリランキング」


なのですが、これはあくまでも、


“一定周期の期間を集計した売上ランキング”


なので、確かにランキングが上位(数字が低いもの)は、
その集計期間で言えば多数の注文が入っている商品であるものの、
それはあくまでも「その集計期間内の話」でしかないわけです。


要するに偶然、その一定期間の間に、
多くの注文が入っていただけでもランキングは上がりますので、


「ランキングが上位=この商品はすぐに売れる」


という判断を安直に下すのは安易だという事です。


それが1年、2年、3年と安定して売れ続けているというなら、
この先に売れ続ける可能性が高いという見方も出来ますが
その一定期間のランキングを見るだけではその判断は出来ません。


逆に言えば、たまたまその一定期間に注文があまり入らず
ランキングが一時的に下がっている可能性もありますので
その数字のみをアテにしてしまうと、
本当は長期的に売れている商品を見落とす可能性もあります。


要するに「アマゾンのランキング」は、
その時、売れているかどうかの判断にしかならないという事です。


ですので、私はあまり意味が無いと思っている為、
仕入れの際もアマゾンのランキングには全く見ていません。


仮に見て、ランキングが物凄く下位でも全く気にしないです。


まあ、これは私のせどり手法が、
プレミアものの商品を狙っていく戦略なので、
必然的にランキングが上位に来るはずがない為でもあります。


ただ私のようにプレミア価格狙いの商品を扱っている人が
何故かアマゾンのランキングをやたら気にしている事が多いので、
それは本当に何の意味も無いと思います。


数に限りがあるからプレミア商品なのですから、
どうやってもランキングはそうそう上位には来ません。


だからこそ「プレミア」が付いているんですから。


ただ、このアマゾンランキングを「長期的に見れるサイト」として、
これまた多くのせどらーが頻繁にチェックしているのが


モノレート(旧アマショウ):http://mnrate.com/past.php


です。


確かにモノレートはアマゾンの「ランキング変動」を
長期的に確認する事が出来るサイトになっている為、
ただアマゾンのランキングを見るよりは


「長期的に売れている商品=今後も売れ続けるであろう商品」


を見極められる余地があります。


ですが、実はこのモノレートにも、
多くのせどらーが気付いていない落とし穴があります。


これについては既に過去の記事で取り上げていますので、
こちらの記事を参照して頂ければと思います。


モノレートの情報を私が「せどりの指標」にしない理由


アマゾン、モノレートのチェックにおけるもう1つの注意点。


また、これは根本的な話として、


「アマゾンのランキングが長期的に上位」


というところを確認出来たとしても、
ランキングが高い商品はそれだけの需要がある以上、
それを補うだけの供給も既に行われています。


要するにそれらのランキングチェックで目にした状況は、
自分がそこに参入していない段階で
既にその商品が売買されている「結果」なわけです。


つまりそこで既に需要と供給のバランスが出来上がり、
その上でそういったランキングが出来上がっているわけですね。


そういうった「売れ続けている商品」というのは、
当然、アマゾン以外でも売られている可能性もありますし、
アマゾン内でも同じ商品を扱っている競合が多い場合がほとんどです。


少なくともアマゾンは「安い商品」から売れていきますので
買いたい人よりも売りたい人が増えてきた場合、
当然、価格相場は下降していく事になります。


要するに


「せどりはよく売れている商品を扱った方がいい」


という理屈自体が少々、表面的な理屈であり、
そういう商品にはそれなりの競合や価格競争があるわけです。


だからこそ「安く仕入れる事」が重要になってくるわけですが、
その安く仕入れられるルートを知れ渡っていくと、
やはり価格相場は下がっていく可能性が高くなります。


「よく売れている商品」には、そういうデメリットや、
よく売れているからこそのリスクもあるという事です。


それなら極端な話、1カ月に1つくらいしか売れない商品でも、
それを「売る人」がほとんどいない商品を狙って、
その「1カ月に1つくらしか売れない需要」を
自分が着実に埋めていければ、それでも稼ぐ事は出来るわけです。


私のプレミア商品を扱うせどりは
どちらかと言うとそういう観点でやってきています。


変に「よく売れている商品」を扱って競合していくより、
そういう「穴場的な商品」を細かく狙っていく方が
せどりというビジネスは普通に稼ぎ易いという考え方ですね。


そういう商品であれば1点の転売だけで、
数千円、数万円という利益も普通に取れてしまいますから、
売れ筋の商品を薄利多売で転売して、
ようやく数千円、数万円というより遥かに堅実だと思います。


まあ、これはあくまでも私の考え方ですが。


せどりの仕入れ基準。ランキングチェックの落とし穴。まとめ


まとめです。


端的にその結論を言えば、多くの情報商材や、
せどり関連のブログで言われている、


・アマゾンのランキングチェック

・モノレートのランキング変動チェック



この2つで見定められる数字をそこまで信用して、
仕入れの判断基準にしていくのはあまりお勧めしません。


そもそもそういった情報商材やブログなどは、


「せどりを前向きにやらせる事」


を前提に書かれているものが多い為、
意外にその落とし穴となる部分などには
一切触れていない場合が多い傾向にあるからです。


もしくは当の本人がそこまでの知識、経験が無いか、
それをカバーするそれ以上の術やスキルを持っていない為、


「これくらいの目安で大丈夫なんですよ。」


と、楽観的な情報だけを与えているケースも少なくありません。


ただ、そういう情報のみを安易に真に受けて、
実際にせどりを初めて失敗する人も非常に多いと思います。


少なくとも私はそういうスタンスで、
このブログをやっているわけではありませんので、
注意点は注意点できちんと示した上で、
その解決策等も示していくようにしています。


勿論、私の知識、経験でカバーできる範囲で、ですが。


以上、今日はアマゾンのランキングチェック、
モノレートのランキング変動チェックについてのお話しでした。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

Buyer’s Compass(バイヤーズコンパス)使える?使えない?鈴木英広

れお☆です。


先日、インフォトップの売上ランキングに、
こちらのBUYMA系のリサーチツールが入っていました。


Buyer’s Compass(バイヤーズコンパス)

http://buyerscompass.jp/LP/


ツールの機能自体は「便利」なものだと思うのですが、
インフォトップで「売れ筋」になるほど、
多くの人が使いこなせるツールかと言うと、
やはり私はどう考えても「微妙」だと思ってしまいますね。


理由はやはり「BUYMAのツールだから」です。

Buyer’s Compass(バイヤーズコンパス)使える?使えない?


結局、BUYMAでモノを言うのは「情報」ではありません。


どんなに売れている商品ジャンルや商品を情報として集めても
そういう情報をそのまま活かせるかは全く持って別問題です。


それこそ右から左で簡単に利益を出せる、
誰でも扱える商品で実益を上げているようなバイヤーは
BUYMAの中にはほとんど「いない」からです。


そもそもBUYMAというサイトで稼いでいるのは、
日本国外に住んでいるような人達で、
そういう人が日本でまだ売られていない未発売の商品などを
現地から直接出品しているようなケースが大半を占めています。


そもそも、そういうところがウリのサイトですからね。


情報商材業界ではやたらと


「リスク無し」

「無在庫転売が出来る」



などのポイントだけがフォーカスされていますが、
実質的なサイトのウリはそんなところにはありません。


これは「情報を売る人達」がそこを都合よく持ち上げて、
BUYMAの敷居を低く見せようとしているというだけで、
実際のところ「無在庫転売が可能」というポイントは


「稼ぎ易さ」


とはさほど直結しないポイントなんです。


むしろ無在庫出品が出来るからこそ重要になってくるのは


「いかに他の人が扱えないような商品を扱えているか」


であり、


「そういう仕入れルートを持っているかどうか」


が重要になります。


普通に考えればそうですよね?


誰でも在庫を持っていない状況で出品が出来るんですから、
誰もがいつでも仕入れが出来て転売が出来るような
大きな利益を見込めるような商品があれば、
皆がそれを出品し始める事になるのは目に見えています。


それこそ今回取り上げているような
Buyer’s Compass(バイヤーズコンパス)みたいなツールが
世の中に出回れば出回るほど、そうなってくるわけです。


誰もが簡単に右から左に転売できるような「稼げる商品」は
次から次へと競合して淘汰されていきます。


今回のBuyer’s Compass(バイヤーズコンパス)のようなツールは
以前も似たようなものが幾つか世に出ていますので、
そういうツールが出回る度にこのスパイラルを繰り返しているんです。


そして結局そのツール自体が「稼げない」という事になり、
気が付いた頃にはツールの存在自体が消えています。


そんな中、また新たに出て来たのが
今回のBuyer’s Compass(バイヤーズコンパス)というだけで、
結局はまた同じスパイラルを繰り返す事になると思います。


要するにBuyer’s Compass(バイヤーズコンパス)のような


「BUYMAで稼げる商品を見つけます!」


系のツールは、どう考えても稼ぎ続けられるツール、
稼ぎ続けられるツールでは「無い」という事です。


実際に「BUYMAでよく売れている商品」は見つけられると思いますが、
そういう商品は大抵、特別な仕入れルートを要する商品です。


BUYMAで長く稼ぎ続けている人、売れ続けている商品は、
ほぼ例外なくそういう「特別な商品」ですから。


現地でしか仕入れられないような、
日本国内ではまだ未発売の商品とか、そういうのですね。


仮に簡単に仕入れが出来るような商品を運よく見つけられても
その「運よく見つけた商品」が次から次へと
同じツールを使っている人も見つけていく事になります。


それこそ数が限られてるだけに、
いきつく情報(商品)はみんな同じになるわけです。


同じツールを使って商品を探してるんですから、当然ですよね。


すると結局、その商品はすぐに出品者が殺到して、
価格競争が起きて、なかなか売れなくなっていきます。


売り手が多くなれば飽和するのは当然ですから。


結局このBuyer’s Compass(バイヤーズコンパス)のような
BUYMA系のツールはそのイタチごっこをひたすら繰り返すだけで、
なかなか思うように稼げずに終わってしまうんです。


最終的にはツールの月額利用料だけの垂れ流しになり、
そこに費やした時間と労力だけが無駄に終わるという顛末です。


私的にはそれが理屈上、目に見えていますから、
BUYMA系のツールは基本、お勧めしません。


リスクの無い無在庫転売というのは
確かに魅力的に感じるかもしれません。


ですがそれを「全員が出来る」という時点で、
結局はどこかで差別化が必要になってきます。


市場のメリットは逆に「デメリットにもなり得る」という事です。


こういうツールはその良いところしか言いませんから、
あまり知識の無い人がそこだけを真に受けると
結局はそのツールの販売業者だけを稼がせて終わってしまいます。


そこは注意した方がいいと思います。


そもそも「転売ビジネス」において「仕入れ」というのは
確実に損をしない仕入れ方をマスターしていけば
別に「リスク」じゃないんですけね。


仕入れ=リスク


という考え方自体がちょっと転売ビジネスを誤解してると思います。


もしくは


「しっかりとした転売ノウハウに出会っていない」


のではないかと思いますので、
もしそういうノウハウに興味があるようでしたら、
私のせどりノウハウの「無料マニュアル」に目を通してみてください。


おそらくその「誤解」が少なからず解けると思いますので。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年7月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

Buyma転売の大園式無在庫転売塾は詐欺?(大園麗花)

れお☆です。


私があまり肯定的な立場を取っていないジャンルの1つ。


それが「Buyma」を利用した転売系の情報商材です。


これまでも何度かBuyma系の情報商材を取り上げて来ていますが
今回は「被害者」的な立場の人から情報を頂いたので、
こちらのBuyma系の高額塾の方を取り上げておきます。


大園式無在庫転売塾(大園麗花)

http://reika-project100.com/top2.html


大園麗花さんという方が主催している、
Buyma転売を主とする高額教材です。

Buyma転売の大園式無在庫転売塾は詐欺?(大園麗花)


さすがBuymaを題材にしているだけあって、
塾の名称でも「無在庫転売」という点を大々的にアピールしています。


まあ、確かにBuymaの強みは無在庫出品が出来るところで、
それをウリにしているところもあるのですが、
そこをウリにしている情報商材の大半は
ハッキリ言って、再現性に乏しいものがほとんどだと思います。


無在庫、リスク無し、資金不要


Buymaを利用した転売教材はこういう謳い文句を並べられるので、
とにかく「それらしい情報を作って売りたい人達」には、
この上なく都合の良い謳い文句を並べられるサイトでしかありません。


「リスク無く、手軽に稼げそうな印象」を与える上で、
Buymaというのは非常に適した「ネタ元」なわけです。


要するにこの手のBuyma系の情報を売っている人達の大半は
このBuymaというサイトを「ネタ」に使ってるだけで、
実際にはろくに稼いでいない人が大半というのが実状だと思います。


実際、この手のBuyma系の情報商材の内容は、
そのほとんどが表面的なBuymaの使い方や
それらしい仕入れ方、転売の仕方が説明されているだけで、


「あんた、本当にこれで稼いでんの?」


というくらい、表面的な事しか書かれていないものが多いです。


そしてまさに今回取り上げている、
大園麗花さんの大園式無在庫転売塾の内容も
ほぼ「そのレベル」の表面的な内容だったらしいです。


少なくとも198000円という価格には到底見合わないものであり、
セールスレター内で公開されている


「月商○○万円達成」


という人達はそもそも何をどう実践して、
そこまでの数字を出したのか全く理解不能という事でした。


まあ、この手のサイトに掲載されている「実践者の実績」などは
ほとんどが適当な写真や実績をブチ上げて捏造されたものなので、
根本として真に受けるべきものではありません。


基本、疑ってみる、もしくは判断基準にしない方が身の為です。


それらしい写真や声は幾らでも集められますから。


そもそもな話、この大園式無在庫転売塾は、
以前も別の名前で販売されていた経緯があるようで、
その悪評が広がる度に名前を変えて販売を継続している、
言わば「折り紙付き」で悪評が高い教材です。


今も「大園式無在庫転売塾」というワードで検索すると
色々と販売者にとって都合の悪い情報が次々出てきます。


勿論、中には根拠の無い誹謗中傷もありますが
それ以上に信憑性の高い情報や参加者の声も出てきますので
この大園式無在庫転売塾については、
普通に「黒」に近い悪質な教材と見ていいと思います。


要するに「売る為にでっち上げられた教材」の可能性が高く、
そんな教材の質が高いはずないという事です。


BUYMAを使った転売教材は全て「黒」。


そもそもこれは以前お話ししている事ですが
BUYMAというサイトは自分がその商品の在庫を持っていなくても
無在庫状態で商品の出品が出来てしまうサイトなので、
その「商品の仕入れ先」さえ分かってしまえば、


“その商品を誰もが幾らでも出品出来てしまう”


というのがメリットでもあり、デメリットでもあります。


要するにBUYMAで稼いでいく為には、
他のBUYMAユーザーが利用していない
独自の仕入れルートが必要不可欠だという事です。


「ここでこの商品を仕入れてBUYMAで転売すれば稼げる」


このようなものが他のBUYMAユーザーに知れ渡った時点で、
無在庫出品が可能という特性がある以上、
それが「誰でも簡単に仕入れが出来る仕入れルート」であれば、
当然、その商品はたちまちBUYMA内で飽和していきます。


次々と色々な人が同じ商品を出品していくからです。


つまりBUYMAで稼いでいくには、
他のBUYMAユーザーが気が付いていない仕入れルートを開拓していくか、
自分しか仕入れが出来ないルートを確保していくしかないわけです。


それこそBUYMAで本当に稼いでいるような人は、
国外に住んでいるような人が
現地で安く仕入れられる商品を出品したり、
現地でしか買えない商品を出品して稼いでいるんです。


そもそもはそういう稼ぎ方をするサイトなんですね。


少なくとも日本国内から
誰でも仕入れが出来るサイトや商品を見つけ、
そういう商品をBUYMAで転売して稼いでいくなんて話は
どう考えても現実的ではありません。


そんなものはすぐに飽和して売れなくなるからです。


そう考えると今回取り上げている「大園式無在庫転売塾」を含め、
日本国内で普通に生活をしているような人が、
国内からのネット転売だけでBUYMAで稼げるという事を謳い、
そのノウハウを公開している事自体が「ナンセンス」だと思います。


そんな独自の仕入れルートや商品がたくさんあるはずがありませんし、
誰もが同じノウハウでそういう商品を扱っていったところで
結局は競合だらけになって売れなくなる事は目に見えています。


それこそその販売者が国内からのネット転売を主として、
本当にBUYMAを利用した無在庫転売で稼いでいるなら
そのノウハウを公開していくメリットは何も無いはずです。


結局のところ情報を売って稼ぐ事だけが目的であり、
そもそもBUYMAでは稼いでいないと考えるのが妥当ではないでしょうか。


少なくとも私は国内からのネット転売を前提とする
BUYMA系の転売教材は全てそういうものだと思っています。


本当にBUYMAで稼いでいるというなら尚の事、
そのノウハウを公開する理由、メリットが無いからです。


よって結局のところBUYMAで稼ぐ為のポイントは


「他の人が知らない独自の仕入れルートを開拓する事」


であり、それが全てと言っても過言ではありません。


・日本国外の現地で独自の仕入れルートを開拓する

・ほぼ誰も気が付いていないネット上での仕入れルートを開拓する



この2つに1つだという事です。


確かに仕入れにお金をかけず、
リスク無く転売ビジネスが出来るというのは魅力かもしれませんが
それはサイト利用者全員が共有できる恩恵ですので、
その中での「差別化」は最低限、必要になります。


結局は他の人がやっていない事をやっていく必要があり、
それはそこまで簡単な事ではないわけです。


金銭的リスクはゼロでもそれ以上の労力がかかってしまい、
結局、稼ぐ事が出来なければ、何の意味もありません。


労力や時間というのもの立派な「リスク」ですからね。


そういうところも含めて「リスク」というものを押さえ、
転売ビジネスを「無難に」展開していく事は
BUYMAというサイトを利用しなくても実現出来る事です。


例えば私のせどりノウハウ「せどりインサイダー」は
まさにその「リスクへッジ」を何よりも重視していますからね。


その辺りの「リスクヘッジを重視したせどり」に興味があれば、
一度、こちらの記事の方も参考にしてみてください。


せどりインサイダーには本当に「リスク」は無いのか。


少なくとも日本国内からの在宅ネット転売から、
BUYMAを利用して稼いでいくという話よりは
遥かに現実的な堅実な手法を提案していると思いますので。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年7月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ