BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)

れお☆です。


ここのところ、あまり見なくなっていたのですが、
つい最近「Buyma系」の情報商材が見られるようになってきました。


Buyma(バイマ)という無在庫出品が出来るサイトを利用して、
リスクのない転売ビジネスで稼げる事を謳い文句にしている教材です。


その幾つかがインフォトップのランキング上位に出ているようなので、
今日はその1つのこちらのBuyma系教材を取り上げておきます。


BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)

http://buyersfun.com/


BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)


基本的に私のBUYMA系情報商材の批評の結論は決まっています。


「BUYMAの基本を勉強したい人以外は買う必要無し」


それがどんな内容であれ、この批評の結論は変わりません。


理由はBUYMAで稼ぐ事を謳う時点で、
その基本を押さえる以上のノウハウは存在しないからです。


厳密に言うと、その基本を押さえる以上のノウハウが、
情報商材という形で出てくる事はありえないから、というのが、
言い回しとしては適切かもしれません。


これはBUYMAというサイトの特性を分かっている人なら、
普通に理解出来る理屈ではないかと思いますが、


そもそもBUYMAというサイトは、
自分がその商品の在庫を持っていなくても
無在庫状態で商品の出品が出来てしまうサイトです。


それがウリであり、多くの情報商材は、
そこを持ちあげて「リスク無しで稼げる」と謳っていますが
リスクなく無在庫で商品を出品出来てしまうという事は、
その「商品の仕入れ先」さえ分かってしまえば、


“ほぼ無制限に誰もがその商品を出品出来てしまう”


という事です。


要するにこれは「仕入れルート」や、
そこで扱われている「商品の情報」が全てであり、
その仕入れルートと情報さえ把握できる状況になれば、
誰でも商品の出品、転売が出来る事を意味します。


100人の人がその「仕入れルート」を認識していけば、
その100人が全く同じ商品の転売を、
幾らでも出来てしまう状況になってしまうわけです。


それが1000人、10000人と増えて言ったら?


当然、BUYMA上でその仕入れルートの商品は
どんどん競合していって売れなくなっていきます。


要するにBUYMAで稼ぐ上で最も重要なのは、


「他の人が利用していない独自の仕入れルート」


を開拓し、


「他の人が出品していない独自の商品」


を扱っていく事にあります。


そういう仕入れルートや商品を扱っていかない限り、
BUYMAで稼いでいく事は到底「不可能」なわけです。


仮にそういう仕入れルートを開拓出来ても、
他の人がどんどんその仕入れルートを認識してしまうと
その仕入れルートから転売出来る商品は
次から次へとBUYMAに転売されていくようになります。


無在庫出品が出来てしまうのですから当然の理屈です。


要するに「多くの人に知れ分かった時点」で、
その仕入れルートを使って稼いでいくのは不可能になります。


そんな「独自の仕入れルート」の情報を、
情報商材という形で世に公開するような人がいると思いますか?


今回取り上げているBUYER’S FUN(バイヤーズファン)もそうですが
BUYMAで稼ぐ系の情報商材を世に出していくような人は、
当然、自分がBUYMAで稼いでいる事をアピールしています。


しかしその方法の「全て」を公開するという事は、
その仕入れルートも全て公開するという事を意味します。


このBUYER’S FUN(バイヤーズファン)のセールスレターでも
実際にそのような事が普通に書かれていますが、
どう考えてもそんな事はありえません。


それを公開してしまった時点で自分が
BUYMAで稼ぐ事は出来なくなるからです。


その人が本当にBUYMAで稼いでいるなら、
その「独自の仕入れルートの存在」だけは
何を差し置いても第3者に公開するはずがないわけです。


仮にその独自の仕入れルートを公開してくれたとしても、
それが情報商材として多くの人に知られる時点で、
もうその仕入れルートを利用して
BUYMAで稼いでいく事は出来なくなります。


要するにBUYMAで稼ぐ系の情報商材は、
どうやっても「基本的な内容」「抽象的な内容」になってしまうか
仮に具体的な内容であってもその再現性はすぐに薄れてしまうわけです。


そんな情報に数万円ものお金を払う価値があるかと言えば、
私はハッキリ言って「無い」と思います。


結局のところBUYMAで稼ぐ為のポイントは


「他の人が知らない独自の仕入れルートを開拓する事」


であり、それが全てと言っても過言ではありません。


BUYMAというサイト自体に使い方等は、
BUYMAのヘルプページやBUYMAの事を書いている、
その辺のブログを参照していくだけでもハッキリ言って十分です。


結論として、BUYMAで稼いでいくには、


・日本国外の現地で独自の仕入れルートを開拓する

・ほぼ誰も気が付いていないネット上での仕入れルートを開拓する



この2つに1つです。


前者は完全に人を選びますし、後者は、
そもそもそんなものが幾つもあるはずがありません。


仮にあったとしれもその情報を
情報商材として第3者に公開するメリットは皆無です。


公開された時点で一気にそれが知れ渡ってしまうわけですから。


要するにBUYMAで稼ぐという事はそうそう甘い事では無く
無在庫出品が出来てしまうリスクの無いサイトであるからこそ、
その特性を踏まえた「独自の仕入れルート」が必須になります。


ですが、BUYMAで稼ぐ系の情報商材で、
それが明かされているような事は考えらえれませんので、
結局は基本的で抽象的なマニュアルを提供され、
それまで、、、というのが関の山です。


ここで私がお伝えした事を理解出来るのであれば、
今回のBUYER’S FUN(バイヤーズファン)も含めて、
BUYMAで稼ぐ系の情報商材にお金を払う事がいかに無意味か、
これ以上、説明する必要はないんじゃないかと思います。


まあ、確かに仕入れにお金をかけず、
リスク無く転売ビジネスが出来るというのは魅力かもしれません。


ですがそれはサイト利用者全員が共有できる恩恵ですので、
その中での「差別化」は最低限、必要となります。


結局は他の人がやっていない事をやっていく必要があり、
それはそこまで簡単な事ではないわけです。


金銭的リスクはゼロでもそれ以上の労力がかかってしまい、
結局、稼ぐ事が出来なければ、何の意味もありません。


労力や時間というのもの立派な「リスク」ですからね。


そういうところも含めて「リスク」というものを押さえ、
転売ビジネスを「無難に」展開していく事は
BUYMAというサイトを利用しなくても実現出来る事です。


というより、私のせどりノウハウ「せどりインサイダー」は
まさにその「リスクへッジ」を何よりも重視しています。


その辺りの「リスクヘッジを重視したせどり」に興味があれば、
一度、こちらの記事の方も参考にしてみてください。


せどりインサイダーには本当に「リスク」は無いのか。


何にせよ、BUYMA系の情報商材に関しては、
私は数万円ものお金を支払うほどの価値はないと思いますので、
今回のBUYER’S FUNも含めて、もう少し冷静に考えてみてください。


BUYMAというサイトの特性を理解出来れば、
こういうBUYMA系の情報がいかに「ナンセンスか」は、
普通に気が付けるレベルの話だと思いますので。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年5月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

使える?せどりプレミア商品検索ツール「トレジャーパーフェクト」(MUB株式会社)天野裕之

れお☆です。


また新しいせどり系の「ツール」が
インフォトップの売上ランキングに入っていたようで、


「このツールはレオさんのノウハウに使えますか?」


的なご質問を何件か頂きました。


天野裕之さんという方がリリースしている、
こちらの「トレジャーパーフェクト」というツールです。


せどりプレミア商品検索ツール「トレジャーパーフェクト」

http://torepa.biz/


単体でのレビュー依頼も頂いていますので、
一応、私のノウハウとの相性も含めて取り上げておきます。

せどりプレミア商品検索ツール「トレジャーパーフェクト」(天野裕之)


「お宝商品検索ツール」という謳い文句で公開されている
この「トレジャーパーフェクト」ですが、
ここでアピールされている「お宝商品」というのは


「定価以上で販売されているプレミア商品」


の事を言っているようです。


要するにこの「トレジャーパーフェクト」は、
定価以上で販売されているプレミア商品の情報を
アマゾンから一気に抜き出すツールという事になります。


一応、その対象ジャンルは


・ゲーム
・おもちゃ
・CD
・DVD
・家電製品


など、広い範囲で情報を抜き出せるようで、
以下のような「絞り込み機能」が付いている点も強調されています。


・ランキングでの絞り込み機能
・定価との価格差を指定しての絞り込み機能
・ランキング、定価差額の並び替え機能


ツールの機能性としては「以上」・・・です。


この時点で私は全く価値を感じないのですが、
実際にインフォトップで売れているという事は
この機能を踏まえて「そういうツールが欲しかった」という人が
この業界にはそこそこいるという事なんですね。


まあ、この「トレジャーパーフェクト」は
基本的には「店舗せどり」で活用するツールのようなので、
こうしてアマゾンから抜き出した情報を基に
ご近所の「お店」に出かけて仕入れをしていく必要があります。


要するにせどりや転売をやりたい人が


「お店でどういう商品を探せばいいか」


の、とりあえずの「指標」にするというのが主な使い方のようです。


ただこの「トレジャーパーフェクト」で、
価格差が大きい「プレミア商品」を情報として出したところで
その商品が近所のお店に「ある」とは限りません。


結局は「それを探し回る労力」が必須になります。


仮に見つかってもアマゾンの販売価格との「価格差」が無いと
結局は利益を見込んでいく事も出来ないですし、
そこで「利益を見込める」と判断しても、
それを「売り」に出して「売れる」とは限りません。


要するに重要なところは何1つ効率化されず、
肝心な「本当に利益を見込めるかどうか(売れるか)」という判断は
このツールの指標だけではどうする事も出来ないわけです。


そういう点も含めて私は基本的に
店舗仕入れを前提にするせどりや転売は、
あまり「やる意味が無い」と思っているというのが実際のところです。


とは言え、こういうツールに需要があるという事は
今だにこういうアナログな「せどり」や「転売」を
一生懸命やりたい人達が多くいるみたいですね。


ただ、店舗せどりがどうこうという話は別にして、
根本的にこういう「プレミア商品をリサーチする」系のツールは
私的には「お金を取るほどのものではない」と思います。


理由としてはこの「トレジャーパーフェクト」もそうですが
プレミア価格が付いた商品を絞り込むような事は
アマゾンの普通の検索機能でも近い事が普通に出来るからです。


「ランキング」や「定価との価格差」も
その商品情報を見ていけばわかる事ですし、
そもそもこれらの情報が「仕入れ」において、
そこまで重要な役割を果たすかと言えば全くそうではありません。


要するに「あまり絞り込む意味の無い情報」という事です。


それこそ私が扱っているCDやDVD系の商品なら
だいたい商品の定価はシングルなら1000~1500円
アルバムなら3000~3500円と相場が決まっています。


DVDもせいぜい4000~6000円くらいです。


結局はそれ以上の価格帯の商品は全て「プレミア商品」なわけです。


そんな商品情報はアマゾンでキーワード検索をして、
「価格が高い順」に商品を並べ替えればわんさか出てきます。


ゲームにしても大体の定価はほぼ決まっていますし
おもちゃ、家電も定価を調べる事自体はそこまで難しくありません。


要するにこの「トレジャーパーフェクト」のような
プレミア商品のリサーチツールを称しているものは、
ちょっとした検索作業で出来る事を
それらしく「ツール」を称して売っているというだけで、
実際はそこまで大したことをやっていないわけです。


この「トレジャーパーフェクト」に関して言えば
初期費用9800円、月額3980円という利用料ですので、
どう考えてもそこまでの価値は無いツールだと思います。


初期費用だけでも高いですし、
月額費用なんて全くもって割に合う料金設定とは言えません。


それこそオークファンやモノレートなどのサービスの方が
よっぽど価値のあるサービスを安価、無料で提供してくれています。


そこと比較するとアマゾンの検索機能に毛が生えた程度のツールに
初期費用9800円、月額3980円なんて、
私は全く持って考えられない発想です。


そもそもアマゾンは同じ商品を出品している
「ライバル」がいない商品に関しては、
その出品者が言い値で値段を設定できますので、


「根本的に売れるはずがない価格」


で出品されている商品というのも珍しくありません。


でも、こういう「トレジャーパーフェクト」のようなツールは
お構いなしにそういう商品をバンバン情報として抜き出してきます。


そしてそういう現実を知らない人は、


「おっ!この商品は物凄いプレミアが付いているぞ!」


と安易に判断してしまい、近所のお店に足を運んだ際、
その商品がアマゾンの価格よりも安く売られていると、


「これは狙い目だ!」


と仕入れてしまう可能性があります。


ですが、そもそものアマゾンでのプレミア価格が
売れるはずも無い価格設定だった場合、
その「狙い目だ!」と思って仕入れた価格が
市場的にはごく普通の「適正」価格であり、
結局、高値で転売しようとしても売れない状況に陥ります。


要するに「無駄足」「無駄仕入れ」「無駄転売」になるわけです。


最悪、売れずに在庫になる可能性もありますからね。


この「トレジャーパーフェクト」のような
定価との価格差をただ拾ってくるようなツールには
そういう落とし穴があるという事も認識しておくべきです。


というより、それを判断するには、
結局は一般市場の価格などを調べなければなりませんので
最終的には「あまり意味が無い」というところに行き着きます。


まあ、当然ですよね。


やっている事はアマゾンの検索機能で出来る事と変わらないのですから。


せどりや転売で稼ぎたいのであれば、
その根本的な仕入れや転売段階の「戦略」部分で


「稼ぐべくして稼ぐノウハウ」


をしっかりと確立していないと駄目だという事です。


以上、私のせどりツール「トレジャーパーフェクト」についての批評でした。

れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年5月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

相性はどう?「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実

れお☆です。


インフォトップの売上ランキングの方に、
珍しくせどり系のツールがランクインしていたようで、


「このツールはレオさんのノウハウに使えますか?」


的なご質問を何件か頂きました。


こちらのツールです。


「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実

http://sedopre.com/


一応、単体でのレビュー依頼も頂いているので、
私のノウハウとの相性という点も含めて取り上げておきます。

「せどぷれ」株式会社マルチノックス、青木一実 レビュー


まずこの「せどぷれ」のセールスレター・・・。


私のようなせどり経験者からすると、
物凄く回りくどい上に重要な事が何も書かれていない印象です。


この「せどぷれ」のツールのアピールや、
その「せどぷれ」を利用したせどりノウハウのアピール。


こういうものがほとんど書かれていない印象を受けました。


書かれているのは「せどり」というビジネスそのものについてと
それに付随するうんちく話が大半を占めていますので
ハッキリ言って全く内容や詳細が頭に入ってきませんでした。


というより、頭に入れないようにしているんだと思います。


よくよくポイントを絞って冷静に解釈すると、
この「せどぷれ」のツールやノウハウは
強いてアピールするポイントそのものが無いに等しいからです。


なのでポイントをズラしにズラして、
せどりというビジネスそのものについてや、
表面的なところだけを解説しているんだと思います。


そういう意味では私の「せどりインサイダー」の
セールスレターとは真逆のセールスレターかもしれません。


おそらくせどりの事をあまりよく分かっていない
初心者層をターゲットにしているんでしょうね。


むしろそういう人達にじゃなければ、
到底お金を出させられるツールじゃなかったんだと思います。


普通に考えて、せどりの知識や経験がある人が
この「せどぷれ」にお金を出そうと思うとは考えられませんので。


要するにこれが私のこの「せどぷれ」への評価ですね。


これはちょっとお金を出すまでの価値は感じられません。


ですので、私のせどりインサイダーのノウハウとの相性も、
強いて「悪い」とは言いませんが、
あえて購入してまで利用する価値は無いと思います。


というのもこの「せどぷれ」というツールがやってくれる事は


「定価超えのアマゾンの商品情報を一覧で抽出してくれる」


という事「だけ」なので、ハッキリ言ってあまり意味が無いです。


まあ、私のせどりノウハウは
音楽系のプレミア商品を狙っていくノウハウなので
一見、このツールは


「プレミア商品(定価超えの商品)を絞り込む」


という使い道はあるように思えるかもしれません。


まあ、確かにアマゾンからプレミア価格が付いた商品を
一覧で調べていく事は実際に出来るかもしれませんが、
これ自体はそこまで意義がある事では無いんです。


むしろそこから「仕入れて稼げる商品」を見つけていくのは、
逆にかなり非効率で大変なくらいだと思います。


理由としてはアマゾンは根本的に、
出品者が「自由」に価格を設定できるサイトなので、


「到底売れもしないような金額で商品を出品している人」





「到底売れもしない金額で売られている商品」


というのが実はたくさんいたります。


このツールではそういう商品の情報も大量に抽出してしまう為、
全く仕入れの対象になりえない商品の情報もたくさん拾ってしまいます。


要するにこれは「稼げる可能性のある商品を絞り込むツール」として、
定価超えの商品を抽出していくような機能を備えているわけですが
実質的にはさほど「合理的」とは言えない機能なわけです。


何よりプレミア価格が付いた商品を絞り込むだけなら、
CDアルバムであれば中古で3000円以上のもの


DVDであれば中古で5000円以上のものという感じで、
アマゾンの検索機能で一定の金額以上のものを絞り込めば、
ほぼ同じ商品情報を抽出する事は簡単に出来てしまいます。


あえてこの「せどぷれ」を使う必要は全く無いわけです。


更に言うと「稼げそうなプレミア商品」を探すのであれば、
ヤフーオークションの方で3000円以上という価格帯で、
実際に入札が入っているような商品だけを狙った方が


「実際に需要がある(入札がある)定価超え商品」


のみを絞り込んで狙っていけますので、
こっちの方がよっぽど効率的に稼げる商品を絞り込めます。


要するにこの「せどぷれ」の絞り込み機能は
アマゾンやヤフーオークションに備えられている
従来の絞り込み機能以下のツールでしかないという事です。


まあ、これはあくまでも私のせどりインサイダーのノウハウに
この「せどぷれ」を利用していく上での観点ですが、
普通に「せどりツール」として利用していく上でも
実質的にはさほど変わらないものだと思います。


それ以前にこの「せどぷれ」のノウハウは、
店舗での仕入れを基本としている店舗せどりのノウハウなので、
根本的に私は手を出そうと思わない分野のノウハウです。


理由は非効率で面倒なわりに、ろくに稼げないからです。


少なくとも私の「せどりインサイダー」よりも稼げる
店舗せどりのノウハウは見た事がありませんので、
これも転売の事例を見る限り、その域を超えないものだと思います。


結局はこの「あまり意味の無いツール」で商品を絞り込んで、
その商品を近所の店舗に探しに行くという流れなので、


「あえて今更これをやりたい人がいるの?」


というのが私の「せどぷれ」への率直な感想です。


結局せどりや転売ビジネスの経験や知識が無い人が
この「せどぷれ」を購入していうんじゃないかと思いますね。


少なくとも「せどりのノウハウ」としては、
私のせどりインサイダーのノウハウを実践している人が
こんな面倒なせどりをやろうとは絶対に思わないと思います。


そしてツールとしても実質的に使うだけの価値はあまりありません。


よって私は全く「必要性を感じないツール」だと思いました。


まあ、こういう店舗せどりをどうしても「やりたい」と言うなら、
逆にこういう「普通のノウハウ」で
地道にやっていってもいいのかもしれません。


私は勘弁ですが(笑)


以上、私のせどりツール「せどぷれ」についての批評でした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年5月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

アルティメットせどり(株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋)レビュー

れお☆です。


インフォトップの方で「中古家電の転売教材」が
売上ランキングの上位に入っていたようで、
何件かレビュー依頼を頂いています。


厳密には「レビュー依頼」というよりも、


「中古家電の転売ってどうなんですか?」


というような「相談」ですね。


ちなみにその中古家電の転売教材というのは、
こちらの「アルティメットせどり」という商材です。


アルティメットせどり

http://jsedori.com/ultimate/product/

アルティメットせどり(株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋)レビュー


この「アルティメットせどり」の販売者、
岩崎秀秋さんが代表を務める株式会社キュリアスコープさんは、


・リアルタイムせどり
・BOOKOFFせどり



など、幾つかのせどり、転売系の商材を出している業者さんです。


代表の岩崎秀秋さん自身が様々なせどり、転売系のビジネスを
手広く手掛けているようで、そのノウハウをそれぞれ
情報商材という形で販売しているみたいですね。


実際にセールスレターの方にも実績の掲載等が見受けられますが
せどらー、転売ヤーとしての実績よりも、


「インフォプレナー(情報販売者)」


としての実績の方が圧倒的に凄いです。




これをザット計算しても悠に1億規模の売上を超えているわけですから。


まあ、これはこれで本当に凄い事ですが、
こういう人って、実際にせどりや転売で稼いでいるのか、
正直言って、怪しいところだと思います。


現にインフォプレナーとしての実績だけでも、
ウン千万円の売上実績があるんですから、
その状況でせどりとか転売をする意味があるんでしょうか。


私も情報商材の販売はしていますが、
さすがにそこまでの売上規模にはなっていませんし、
身入りとしては「せどり」の方が大きいので、
私のメインビジネスはやはり「せどり」の方にあります。


でもこの株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋さんは
せどらー、転売ヤーとしての実績は
こちらのAmazonでの売上実績しか掲載されていません。




Amazonの累計売上が500万円程度というのは、
ハッキリ言ってそこまでの実績ではありません。


仕入れにかかっている費用を考慮すると、
たぶん100万、200万くらいしか
稼いでいないんじゃないでしょうか。


仮にこれが3カ月、4カ月間の実績だとすれば、
サラリーマンに毛が生えた程度の金額です。


インフォプレナーとして億単位の売上がある人が
月数十万円の収入の為に中古家電を仕入れて
せこせこと転売収入を得るような事をしますかね?


まあ、岩崎秀秋さんが中古家電の転売を
実際に「やっている事」はセールスレターの
この画像を一目見る限り間違いないと思います。




ですが「やっているから」と言って、
それで「稼いでいるか」はまた別問題ですからね。


それこそ「情報商材を売る為」のネタ作りや実績作りの為に
こうしてせどりや転売をやっている可能性も否定は出来ません。


まあ、実証もしていない机上の空論でしか無いノウハウを
情報商材という形にして売っているような人もいますので、
そんな人達に比べれば遥かに「マシ」ですが、仮に


「後々、情報として売る為にせどりや転売をやっている人」


である場合、やはりそのノウハウの再現性や、
長期的な有効性には疑問が付いてしまいますね。


少なくとも、実際に自分自身が稼ぎ続けている
「生きたノウハウではない可能性が高い」わけですから。


現にこの株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋さんは。
これまでも他のジャンルのせどり、転売系の教材を
あれこれ色々な形で公開してきていますので、
そこも同じ疑問が湧いてくるポイントの1つだと思います。


例えば私は「プレミアCDのせどり」で稼いでいるわけですが、
普通、せどりや転売などのビジネスで継続的に稼ぐ人というのは


「自分的に最も稼げる市場に特化しくもの」


なんです。


自分の得意分野の商品があるとか、
そういった要素も含めて最も稼ぎやすい市場だけに
全ての時間と労力と資金をつぎ込んでいくものだと思います。


だって「最も効率的に稼げる市場や商品」があれば、
普通に考えてそこに全力投球するのが一番稼げる方法だと思いませんか?


あれこれ手を出すメリットなんて実質的に「無い」わけです。


なので、現に私は「プレミア音楽CDのせどり」が
最も効率的に稼げると思っているので、
基本的にはそれしかやっていません。


まあ、私が個人的にこういう音楽商品が好きなのもありますけどね。


強いて今は「中古車転売ビジネス」の方にも手を出してますが
そこはほとんどビジネスパートナーの人に一任してますので、
私自身が特化しているのはやはり音楽プレミアCDのせどりなわけです。


なので、この「アルティメットせどり」は
その辺りの継続的な再現性という部分で、
ちょっと怪しいところがあるんじゃないかというところがありますね。


そもそも株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋さん自身、


“中古家電の転売ヤーとしては”


このノウハウを情報商材として公開する「メリット」がありませんので、
結局は情報商材としての売上が目的なんじゃないかと思ってしまいます。


要するに中古家電の転売で当人は「稼いでない」って事です。


だからこうしてノウハウを公開出来るんですよ。


まあ、この辺りの話はほぼ推測に近い「外部要因」なので、
もう少し具体的に「中古家電の転売」という
ビジネスモデルそのものに切り込んでみます。


中古家電の転売はそもそも「稼げる」のか。


率直なところ、そこが重要だと思いますが


「転売で生計を立てる者」


として言わせてもらうと、
私はあまりに「リスクが高いビジネス」だと思います。


理由は簡単です。


私が扱っている中古CDなどと違い「家電製品」というのは


・商品そのものに確固たる寿命がある
・新しい型の商品が出てくる度に相場が下がる



この2つが大きなネックだと思います。


というかこの2つのネックがあるというだけで、
その商品を扱う転売ビジネスのリスクは
とんでもなく高まる事になるので、
私はこういう特性がある時点でそういう商品は扱いません。


こういったリスクを完全に払拭できる商品が他にある中で、
このような「損をする可能性=リスク」がある商品を
あえて扱う必要なんて全く無いからです。


少なくとも私は中古CDのせどりという中でも
限りなくリスクを押さえる為に、


「数が限られているプレミア商品のみ」


を対象に「買い占め戦略」によって
相場を操作しながらリスクを限りなく軽減しています。


それくらい「リスク」というものを徹底して避けているわけです。


それこそ投資の神様と言われるウォーレンバフェットの有名な言葉で、
投資の鉄則は、


1、損をしない事
2、「1」の鉄則を忘れない事



と言うものがあります。


これはせどりや転売などのビジネスでも同じだと思います。


少なくとも私はそこを極めて重要視していますので、
「中古家電を扱う」という時点で、
その商品特性から、私はまずやろうとは思えません。


私としては限りなくリスクを軽減できるノウハウを
既に確立していますので根本的に関心を持つ余地も無いという感じです。


それ以上でもそれ以下でも無く、それが私の意見の全てですね。


強いて家電が大好きでいろんな家電を家に揃えて
楽しみながら実践出来るという人で無い限りは
私はあえて参入するメリットは無い市場だと思います。


こちらに参入を検討するくらいなら一度、私のノウハウが
いかに「リスク」を軽減しているかこの記事を読んでみてください。


せどりインサイダーには本当に「リスク」は無いのか。


中古家電のせどりに可能性を感じるくらいであれば、
このノウハウにはもっと大きな可能性を感じてもらえるはずです。


以上、私の中古家電転売ビジネスについての批評でした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

2015年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

このページの先頭へ