CDせどり講座:再生確認、コンディションチェックはどこまでする?

れお☆です。


私が主に取り組んでいる


「音楽CDのせどり・転売」


において、


『商品(CD)の再生確認はするべきか。』

『コンディションチェックはどこまでやるべきか。』



というご質問を比較的よく頂きますので、
今日はその「必要性」や「度合い」などについて、
講義していきたいと思います。

再生確認、コンディションチェックはどこまでする?


まず、率直に「私はどうしているのか」という点で、
基本的に私は「再生確認」は、ほぼしていません。


仕入れたCDをCDプレーヤーやパソコンなどに入れて、


「きちんと再生できるか」

「音飛びがないか」



というような再生チェックはまずしていないという事です。


理由は、主に以下の4つです。


・全て再生チェックしていくのは物理的に不可能だから

・結局、9割以上のCDは問題なく再生できるから

・万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいいから

・故にそれを行っていく労力が結局のところ「無駄」だから



一応、1つ1つ、補足していきます。


全て再生チェックしていくのは物理的に不可能。


まず、毎月ウン百枚、ウン千枚単位、
毎日何十枚単位のCDを仕入れて売買していく以上、
全てのCDを再生チェックしていくのは物理的に不可能です。


CDアルバム1枚でも、しっかりと再生チェックをするなら、
それだけで約1時間もの時間がかかるわけですからね。


「仕事をしながら、ただ再生させておけばいい」


という話でも、1時間に1枚、CDを常に交換して、
再生チェックし続けるというのは非常に大変ですし、
再生時間が短いCDは交換も頻繁になるので更に大変です。


かと言ってプレーヤーを複数用意して一気に再生しても、
肝心な「音飛び」があった場合などに聞き逃すかもしれません。


となると、1台のプレーヤーでまともにCDを再生して、
1枚1枚を1日24時間という時間内でチェックしていくのは、


「物理的に不可能」


というのが現実なわけです。


取り扱うCDが多くなればなるほど、
まともにこれをやっていくのは
普通に「不可能」になっていくわけですね。


少なくとも、私は「睡眠時間」を削ってまで、
強いてやるような事でもないと思っていますので、


「物理的に不可能だし、やる意味も無い」


というのが私の率直な考えで、


「意味がない」


と思うのは、次の理由が「そう思う理由」に当たります。


結局、9割以上のCDは問題なく再生できる。


結果論で言えば、これが一番大きい要因です。


再生に支障があったり、音飛びがあるようなCDは、
アマゾンやヤフオクなどで「中古CD」を仕入れていっても、
そうお目にかかれるものではないのが現実なんです。


要するに、ほとんどのCDは結局のところ、
普通に何の問題も無く再生できてしまうわけですね。


少なくとも、私はこれまで何万枚とCDを転売してますが、


「再生に支障がありました!」

「音飛びが酷いです!」



みたいなクレームを貰った事は、ほとんどありません。


結局、再生確認をせずにCDを転売してますが、
ほぼ全てのCDが問題ない状態なので、
結果論として、そういうトラブルには至っていないわけです。


逆にそのような


・再生に支障があるCD

・音飛びがあるCD



などは、仕入れの段階でそういう可能性がある旨が
商品情報の注意書きで普通に書かれていたりします。


または、CDの盤面を実際に見てみると


「目に見えて明らかな大きなキズ」


などが見て取れますので、
厳密に再生チェックなどをしなくても、


「ちょっと怪しいCD」


は傍目で見て、普通に分かります。


ですので、私は商品を出品していく際の
最低限のコンディションチェックの際にのみ、
盤面の方をサッと見て、


「これはちょっと(再生が)怪しいぞ」


と思ったものだけ、一応チェックするようにしています。


ただ、その「怪しさを感じる傷の度合い」としては、
よほど大きな傷がない限り、再生に支障はなく、
そこそこの傷があるくらいで、音飛びなどはまずしません。


そこは少し経験をしていく、


「これくらい傷があっても、大丈夫なものなんだな。」


と、感覚的に分かってくると思います


ですので、本当に再生に支障がありそうなレベルの、
かなり酷い傷などが無い限りは再生チェックはしてません。


それこそ何百枚に1枚、するかどうか、くらいです。


ですが、それくらいの「ザックリとした基準」で、
多少の傷があるくらいのCDは


「たぶん大丈夫だろう」


と判断して転売していますので、大半は実際に大丈夫でも、


「大丈夫じゃないCD(音飛びがあるCD)」


が。その中に「ある」という可能性はゼロとは言い切れません。


ですが、その「可能性」を含めて考えても、
やはり再生チェックは「不要」だと思うわけで、
私がそのように思う理由が「次の理由」です。


万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいい。


万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいい。


言ってみれば、ただそれだけの話で
いざ取引した後にお客さんが、


「CDが再生できないんですけど!」

「音飛びがあったんですけど!」



と言ってきたら、返品、交換に応じていけばいいんです。


どうせ、滅多にある事ではありませんので、
何百、何千の取引の中で、1件、2件、
こういう事があっても何の支障もありません。


しっかりと、返品、交換に応じていけば、
取引で「悪い評価」をしていくる人はほぼいませんから、
万が一の場合は誠実に対応していけばそれでいいという事です。


結局、最悪ケースで、そういうトラブルがあれば、


「返品、交換に応じればいいだけの話」


なので、最悪、それで済むレベルのトラブルを避けるために、
膨大な量のCDを再生確認していく「メリット」が、
私としては普通に「無い」と思うわけですね。


要するに4つ目に挙げた理由が、そのまま
この理屈そのものであるという事です。


故にそれを行っていく労力が結局のところ「無駄」


結局はこれが結論ですよね。


その労力を考えて、損得を考えるなら、


「そんな細かい再生確認をするだけ無駄(無益)」


だと思うので、私は「やっていない」わけです。


もちろん、商品を実際にヤフオクやアマゾンに出品する際は
最低限、その商品の「状態」は表記していきますので、


・CDの盤面に傷はないか

・ケースに傷はないか

・歌詞カードは綺麗か

・付属品は揃っているか



これくらいはサッと確認はしていきます。


ですが、強いて行っているコンディションチェックはこれくらいで
この際に、よほど盤面に再生に支障がありそうなレベルの、
目に見えて明らかなキズがない限りは再生チェックはしていません。


理由は先ほど述べてきた、


・全て再生チェックしていくのは物理的に不可能だから

・結局、9割以上のCDは問題なく再生できるから

・万が一、不備があったものは返品・交換に応じればいいから

・故にそれを行っていく労力が結局のところ「無駄」だから



といったものです。


取り扱っているCDが少ないようなせどらーさんや、
神経質なせどらーさんは、転売の際に1枚1枚、
しっかりと再生チェックをしている可能性もありますが、


「労力に対しての費用対効果」


を現実的に考えるなら、上記のような理由で、
CDのせどり、転売で1つ1つ再生チェックをしていくのは、
私は普通に「無益」だと思います。


あえて無益な事をやる必要は無いと思いますので、私は


「いざトラブルがあれば返品・交換に応じていけばいい」


という考え方でやっていますね。


実際、これでほぼトラブルなどはありませんので。


是非、参考にしてください。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ