イカサマサカイというレビュアー?さんにせどりインサイダーが酷評されていた件

れお☆です。


今日は、私のせどりノウハウ、


「せどりインサイダー」


を「詐欺だ」「稼げない」と言っている記事の方を取り上げて、
私の方で意見、反論の方を書かせてもらいたいと思います。


今日取り上げるのはこちらの批判記事です。


イカサマサカイの情報商材レビュー
→ http://f-review-nagoya.com/?p=3242


基本、私は自分のノウハウへの批判を隠しませんので、
こういう記事は普通にこんな感じで取り上げていきます。


せどりインサイダーへの批判意見を公開するスタンスについて。


そういった批判意見については、認めるところは認めますし、
反論があるところは私なりの考えをしっかり意見します。


私のノウハウの実践や有料プランを検討されている方は、


「双方の意見(記事)」


を読んで、判断材料の1つにしてください。


それでは早速、今回の批判記事への意見を書いていきますね。

「イカサマサカイ」さんの批判意見への反論。


今回の「イカサマサカイの情報商材レビュー」というブログは、


「イカサマサカイ」


というブロガーさんが運営しているブログで、
基本的には情報商材を批判するスタンスの人なようです。


ブログ内ではご自分の情報も「販売」しているようなので、
自分の情報を売る為に他社の情報商材を批判し、
集客と販促を図っている・・・のかもしれませんね。


まあ、そこはここからの私の反論も含めて自己判断してください。


ただ、実際に情報の販売行為を行いながらも


「特定商法表記は幾らでも誤魔化せるから掲載しません」


と、違法販売を自ら認めている、ちょっと変わった人です(笑)


「意味が無い」とか、法律的な話って、
そういう問題じゃないと思うんですけどね・・・。


他人の情報商材を散々と酷評しているわりに、
自分では確信犯的に完全な「違法行為」を行っている人という事です。


ただ、そういう事をしている人だからと言って、
私のノウハウへの批判もアテにするなという話をするつもりはありません。


それはそれ、これはこれ、だと思います。


ですので、早速、イカサマサカイさんの、
私のノウハウへの批判意見を取り上げていきますが、
まず冒頭で「アドモール」についての事が書かれています。


この商材の検証依頼、相当前から頂いていました
読者の意見で多いのが、
「ネットで調べても絶賛レビューばかり。本当なのか?」

そうなんです。これがアドモールの商材の特徴です
おそらくこの商材をレビューしている殆どのブロガーは
アドモールの関係者かと思います。推測ですけどね


私のノウハウが概ね「評判」なのは、


「アドモール」


というASPで売られているからなんだろうです(笑)


というか私のノウハウはインフォトップでも売っていますし、
どちらかと言うとインフォトップで買っている人の方が多いです。


私も自分のブログの直販リンクは
普通にインフォトップなので、一般的には


「インフォトップで売られている商材」


と認識されていると思うんですけどね。


何より、私のノウハウが概ね「評判」なのは、
そもそもノウハウの全容をセールスレターで明かした上で、
そのノウハウに可能性を感じた人が、


「より詳しいポイントを有料でも教えて欲しい」

「私のコンサルを受けて実践していきたい」



という意図で、お金を払っているからだと思うんです。


こんな売り方をしている情報商材なんて、まず無いですよね?


普通は中身を伏せて、そこに期待を持たせて、


「ここからは有料です。」


というのが、情報商材の一般的な売り方だと思います。


ただ、こういう情報商材は中身が空っぽなパターンが多く、
実際にお金を払った後に中身を見てガッカリする人が多いわけです。


それが実際、不満や批判の声に繋がっていくわけですね。


ですが、私のノウハウに関して言えば、
ノウハウの全容は全て「無料」で明かしているので、
少なくともそういう不満が出る事は絶対にありません。


購入者さんは「ノウハウ」を分かった上でお金を払っているからです。


私のノウハウに批判の声が少なく、賞賛の声が多いのは、
他でもなく、そういう売り方をしているからだという事です。


まあ、この「絶賛の声が多い理由がどうこう」という話は、
私のノウハウの内容とはあまり関係がありません。


ノウハウそのものに対しての批判意見としては・・・


自らがプレミア商品を全て買い占める事によって、
価格相場を自由自在に設定する事が可能になり、
自分の好きな金額で売ることができるそうですが・・・

「CD買取」で検索すると、多数の買取業者がヒットします
これらの業者を押しのけて
初心者がプレミアCDを買い占めることなんて可能なんでしょうかね?


この「イカサマサカイ」さん曰く、
私のノウハウが「稼げない」と思う要因は


“「CD買取」で検索すると、多数の買取業者がヒットするから”


なんだそうです。


そんな業者を押し退けて初心者がCDを買い占めるなんて、
たぶん、無理だろ・・・と言っているわけですが、
ハッキリ言って、この意見は根本的に「的外れ」です。


私のノウハウを理解している人なら、
正直、補足の必要も無いくらい的外れな批判ですが、
現にこのイカサマサカイさんは、


「そう思った」


みたいなので「何故、的外れなのか」を明確にしておきます。


そもそも、私のノウハウで扱うのは


「プレミアが付いた限定モノのCDやDVD」


であり、こういうプレミアCDが、
インターネットで盛んに「売買」されている市場は


・ヤフオク

・アマゾン



ほぼこの2つしかありません


ですので、インターネット上のプレミアCDの相場は、
この2つの市場を押さえて特定のCDを独占してしまえば、
その時点で自分で価格操作を行う事が可能になるわけです。


これが私のノウハウの根本的な「原則」になるのですが
このノウハウの概要、原則を踏まえて考えてみてください。


「CD買取」


等で検索してヒットする「買取業者」の存在が、
私のノウハウを実践していく上での、


「買い占めの弊害になる要因」


になりえる「理由」がありますでしょうか。


普通に考えて、全く「無い」と思います。


原則として私のノウハウでは、
アマゾン、ヤフオクで買い占めるのですから、
実際に商品を仕入れていく対象になるのは、


アマゾン、ヤフオクでCDを売っている人


です。


その仕入れのプロセスにおいて、
「CD買取」で検索して出てくるような「買取業者」などが
どこにどう関係してくるのか全く持って意味不明です。


そもそも、ヤフオク、アマゾンでCDを売っているような人は
根本としてそういう業者を「使っていない人達」です。


そういう「買取業者」をあえて使わずに自ら、
ヤフオクやアマゾンで、自分でCDを売っているわけですよ。


とくに私が扱うようなプレミアもののCDは、
そういう買取業者に任せて売るよりも、
自分で直接ファンの人に売った方が遥かに高く売れるからです。


勿論、中にはそういう買取業者を使う人もいるかもしれませんが、
少なくともそういう人がいる事が私のノウハウの実践において、
ヤフオク、アマゾンでCDを買い占める弊害になる要因は、
ハッキリ言って、何1つ無いと思います。


何より現状として、こういったプレミアCDの相場は
ヤフオクやアマゾンの2大市場の相場で成り立っていて、
そういう「買取業者」もどう買取価格を査定するかと言えば
結局のところ、アマゾンやヤフオクの相場を基準に査定するんです。


要するに、


「ヤフオク、アマゾンのCDを買い占めて相場を吊り上げる」


という私のノウハウに買取業者の存在など、
全く持って関係が無いわけです。


更に言えば、そもそもそういう「買取業者」は
実際に買い取ったCDをどこで売っていると思いますか?


「自身のお店で直に販売」

「自分のお店のホームページで販売」

「アマゾンかヤフオクで販売」



実質的にこの「どれか」なんです(笑)


少なくとも私のせどりインサイダーというノウハウは


「インターネット上におけるそのCDの相場」


を操作するものなのでリアルな店舗で、
そのCDが幾らで売られていようと、
その相場に関して言えば、そもそも全く関係ありません。


となると結局、その「買取業者」に回った商品も
最終的にはヤフオク、アマゾンに出てくるわけです。


少なくとも、プレミア系のCDを高く売れる市場という点では、
ヤフオク、アマゾン以上の市場はどこにもないからです。


どのような角度で見ても


『「CD買取」で検索して出て来るような買取業者』


の存在が私のノウハウの実践において、
弊害になるような余地は全く無いと思います。


逆に「ある」というなら、教えて欲しいくらいですね。


本格的に取り組めば多少の利益は望めるでしょう
しかしそれまでの労力と手間を考えたら割に合わない作業になると思います
私はお勧めしません


まあ、これは全てのせどりに言える事だと思いますので、
せどりというビジネスモデルが「割に合わない」と思う人は
そもそも私のノウハウには興味を持っていないと思います。


ただ、同じ「せどり」のノウハウの中でも、
私のノウハウはネットで仕入れてネットで転売出来ますので、
その手間や労力はかなり少ない方だと思います。


そういう意味での効率性という点では十分だと思うんですけどね。


それでも「割に合わない」と思うならやら、
そもそも「せどり」なんてなければいいと思いますし、
割に合うと思うならやればいいと思います。


本当に売れるなら証拠を掲示して欲しいものです
アカウントを公開すると仕事に支障が出てくるというのなら、
宣伝用に別アカウントを作って、実際に実践するべきです
そこまでしてくれれば信用に値します。っていうか私買いますw


いやいや(笑)


私のノウハウはもう全ての「手法」を明かしてますから、
そんな「宣伝用のアカウント」を作って、
それを公にしていたらなら、それこそ、


「もうそれ以上、必要な情報は何も無くなる」


と思います。


宣伝用アカウントを作れという事は、言わば


「何を仕入れているかも全てリアルタイムに見せろ」


という事だと思いますが、
私のノウハウは「買い占め」が前提なので、
その「宣伝用アカウント」でヤフオクの商品に入札を入れていたなら、


「ああ、この商品を買い占めていけばいいんだな」


となってしまい、もうそのアカウントの動きを追って、
同じ商品に便乗していけば、それで稼げてしまいます。


私が今、あえて有料でお金を頂いてやっている
コンサルティング等のサービスなんて必要なくなるという事です。


ノウハウを全て公開している中で、そこへ更に、


「何を仕入れればいいか」


まで、公開してしまっては、それはもはや、


「私の真似して稼いでね」


というレベルの奉仕活動じゃないですか(笑)


少なくともその状況で私のコンサルにお金を払う人は
そうそう出て来なくなるんじゃないかと思います。


ただ、そもそもの前提として、


「私のノウハウが本当に有効かどうか」


は、普通にプレミアCDの相場を見れば一目瞭然なので、
実質的に「それが全て」だと思うんですけどね。


事実、CDの相場を吊り上げた際、
それが高値で売れていった事に関して言えば、
オークファンの履歴を見れば確認出来る事なので、


「プレミア相場の相場が一気に上がって売れている事」


の証明はそれで十分に出来る事ですから、
それで再現性の証明は十分なはずです。


現にそういう情報は以下のような記事で公開してますからね。


Sound Horizon(サウンドホライゾン)/Chronicle 2nd 転売実績

コブクロ/FAN’S MADE BEST 転売実績

MINIQLO(ミニクロ)/Paralyzed Frequency 転売実績

aiko/GIRLIE(ガーリー) 転売実績

aiko/astral box(アストラルボックス) 転売実績


ノウハウの概要は全て明かしているわけですから、
そこへ更に「実行しているアカウントも見せろ」は、
もはや「全てを見せろ」と言っているのと同じだと思います。


具体的に仕入れている商品や仕入れるべき商品などは、
そういう代金を払った人だけにコンサルしていくものであり、
現に私は「そういうサービス」でお金を頂いているんです。


そのような「何を仕入れているか」までを
そのままそこまで公開してしまっては、
それはもう、ただのボランティアでしょ(笑)


それをやってしまっては自分のコンサルティングや、
そこで提供している情報提供サービスの価値がなくなるという事です。


「イカサマサカイ」さんの批判意見への反論。まとめ


以上、イカサマサカイさんの批判意見への意見、反論でした。


まあ、実質的に私のせどりノウハウそのものへの批判は、


「CD買取業者が買い占めの弊害になる」


というかなり的外れな意見のみで、
後は、あまり私の手法とは関係の無いものでしたね。


このイカサマサカイさん自身、根本的に
私のノウハウの原則や概要を理解してなかったのかもしれません。


仮にそうだとしても、そのレベルの理解度で
適当な事を言わないで欲しいですが、、、(笑)


その他、私のノウハウの「批判」への反論記事は
以下の一覧から参考にしてください。

>せどりインサイダー批判意見への反論記事一覧


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


こちらでは「ブログ講座形式」で、
私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

一度、こちらからブログ講座の方を受講してみてください☆

れお☆のせどりインサイダー無料講座はこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:批判への反論

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ