イカサマサカイさんに改めて取り上げた頂いた件について。

れお☆です。


前回の記事で取り上げた、
私のせどりノウハウを批判しているブロガーさん、


「イカサマサカイさん」


という方が、また改めてご自身のブログで
私のその「反論記事」の方をそのままを取り上げて頂き、

『なぜれお氏は私に直接クレームを言ってこないのか』

『記事にて反論する前に私にたいしてまずクレームをつけるべき』

『商売人として自分の商品に自信があるなら
 買ってもいないのに判断するな。
 文句を言うなら試してからにしろと対応するのが普通』

『自分のブログの読者に「私のノウハウは違う!」と、
 そう弁解したいなら、まず私の評価を改めさせるべき』

『適当なことを言うなって書くくらいなら直接言えばいい』

といった事を記事にされていました。


イカサマサカイの情報商材レビュー

http://f-review-nagoya.com/?p=3760


こちらの記事を見る限り、以前のこちらの記事の内容で、
少し誤解があったようなので、一応改めておきます。


前回の記事:イカサマサカイさんにせどりインサイダーが酷評されていた件


イカサマサカイさんに改めて取り上げた頂いた件について。


確かに、私自身、前回公開した「反論記事」の方で、


「適当な事を言わないで欲しい」


という一文を記載したのですが、これは決して、


『イカサマサカイさんの記事を消してくれ(消して欲しい)』

『私のノウハウの評価を改めてくれ(改めて欲しい)』



という意図で書いたものではありませんでした。


その意図としては、


「どうせ記事にするなら、もう少し理解を深めてから、
 実のある批判をして欲しいなぁ・・・。」



という率直な気持ちを言葉にしただけのものなので、
そこに誤解があったようなら、この言葉の意図は、
上記のような意図であると捉えて頂ければと思った次第です。


また、そもそもな話、前回の反論記事自体、私は全くもって、
イカサマサカイさんに記事を消してもらいたいとか、
評価を改めてもらいたい意図があって書いたものではありません。


また、イカサマサカイさんの言うような、


『自分のブログの読者に私のノウハウは違う!と弁解したい』


というのも、若干、ニュアンスが違います。


自分のブログの読者を対象に記事を書いている点は間違いありませんが


「私のノウハウは違う?」


というようなスタンスというか、
そういうような考えはそもそも持ってません。


そもそも、それだと、まるでイカサマサカイさんのブログの読者に対して、


「イカサマサカイさんは多くの情報商材を批判しますが、
 私のノウハウは本物のノウハウなんですよ!」



という事をアピールする意図で記事を書いたような話になってしまいます。


私自身、イカサマサカイさんのブログの読者さんが、
イカサマサカイさんのブログの記事を読んで、
私のノウハウに対して、どう思おうとそれはどうでもいいんです。


むしろ「そういうノウハウ(商材)があるんだな」と、
私のノウハウを知るきっかけを与えてくれているくらいですから
例えそれが「稼げないノウハウ」という事が前提であっても、


「それをきっかけに、ひとまず知ってもらえた」


なら、万が一にでも、そこで興味を持って、
私のノウハウを公開しているページを読んでくれれば、
その状況からでも前向きな興味を持ってもらえる可能性は
普通に「ある」と思ってるくらいです。


ですので、私が前回のような記事を書いた意図は、


「私のノウハウに対してはこういう批判的な意見もあるんですよ」


というものを自ら取り上げ、その上で、


「でも、この批判意見に対しての私の意見はこうですよ。」


という私なりの見解や意見を示す事で、
そこにより「信憑性」を感じてもらえればいいという、
本当にただそれだけの意図で書いた記事でしかありません。


あとは、イカサマサカイさんが感じた事を、
そのまま同じように感じている人も他にいるかもしれないので、
その「Q&A」代わりにもなるかな?と思ったくらいでしょうか。


そこにもう1つだけ言うと、
「イカサマサカイ」というキーワードで記事を書けるので
そこから少し検索エンジンからの集客効果があるかな?とか、
かなり細かい意図を言っても、そんな意図が全てです。


まあ、キーワードについてはイカサマサカイさんも
少なからず同じ意図で私の商品名を記事に上げる事で、
集客効果を狙っているはずですから、そこはお互い様ですよね(笑)


ですので、私の意図としては、
全く記事を消して欲しいとか内容を変えて欲しいとか、
そういう事は微塵も思っていませんので一応、そこは補足しておきます。


ですので、


『なぜれお氏は私に直接クレームを言ってこないのか』

『記事にて反論する前に私にたいしてまずクレームをつけるべき』

『適当なことを言うなって書くくらいなら直接言えばいい』


この辺りのご意見に対しては、


・イカサマサカイさんの検索キーワードを狙えるので記事にした

・あえて批判意見を取り上げて私の見解を述べる事で
 私のノウハウにより「信憑性」を感じてもらいたかった

・同じような疑念を抱いている人に対しても、
 記事にして取り上げる事でQ&A的な意味を果たせると思った



というのが裏表なく、ぶっちゃけて言うところの、
私が反論記事を書いた「意図」なので、


「記事を消して欲しいわけでも、内容を変えて欲しいわけでもないので、
 とくに直接メールをしてまで連絡をする理由がなかった。」



というのが率直な答えです。


ただ、こちらのご意見。


『商売人として自分の商品に自信があるなら
 買ってもいないのに判断するな。
 文句を言うなら試してからにしろと対応するのが普通』


こちらついてだけ、ほんの少し付け加えておきますが、
私のノウハウに関しては、その「キモ」となる部分は、
本当にほぼ全てセールスレター内で明かしてしまっていますので


「実際にを買ってもらえれば、そこで更に驚きの情報がある!」


というようなものでも何でもありません。


有料のマニュアルに書いてある事はあくまでも、
セールスレターの方で無料で公開しているノウハウを前提に、
そのノウハウを実践していく為の細かいポイントだけなので、
セールスレターで公開されている情報に対して、


「根本的に魅力を感じない」

「そもそも稼げる気がしない」



というような人にとっては、
そもそもの「前提」がしっくりきていないわけですから
まず、有料のマニュアルを買っても、反応は同じになると思います。


現にイカサマサカイさんは、


販売ページでノウハウの大部分を公開してるとありますが、
正直私には本当に稼げるの?としか思えません


と言われていますので、この時点で、
私の有料で売っている教材を買っても反応は同じです。


仮に私がノウハウの肝心なポイントを伏せて情報を売っていて、
その肝心なポイントを知りもしない状況で批判されたなら、


「実際に買って中身を見てから文句を言え!」


というのも普通に分かる話になりますが、
私のノウハウ、教材は、そもそもそういうものじゃありません。


既にその「肝心なポイント」は全て明かしていますので、
そこでピンと来ない人には、どうやってもピンと来ないわけです。


ただ、私がこういう売り方をしているのは、
それこそ、この「イカサマサカイさん」のように、


「ノウハウのポイントを知っても全くピンと来ない」


というような人に教材を買って頂かない為でもあります。


だって、そもそもそのノウハウに可能性を感じられなければ、
いざ高い教材代金を払っても、やる気になれないでしょうし、
可能性を感じられないノウハウに時間と労力をかけても、
そんな低いモチベーションではまず稼げませんからね。


まして「せどり」などのビジネスは、
商品の仕入れに先立ってお金がかかるビジネスですから、
そもそも可能性を感じられないノウハウを実践する為に、
まともに資金を投じていこうとは思わないはずです。


そんな「低い意識」の人が稼げるビジネスなんて、
私は、まず「無い」と思っていますので、
それは私のせどりノウハウでも一緒です。


ですので、イカサマサカイさんが、


「ノウハウに自信があるなら、自分を稼がせてみろ」


というスタンスである事は記事を見て理解しましたが、
私のノウハウにおけるポイントはほぼ全て、
セールスレターの方で無料公開していますので、


『セールスレターで公開しているノウハウのロジックを踏まえても、
 このノウハウの有効性がそもそもピンと来ない人に関しては、
 たぶん稼がせられないので、やはりご連絡は出来ません。』



というのが率直な回答です。


イカサマサカイさんの追加記事の方では、


またれお氏のブログにて弁解記事が出るようなら
私の評価は間違っていないと思っていいでしょう


という事も書かれていましたが、
現にここでお伝えした通り、少なくとも私は


「そのノウハウに可能性も感じていないような人でも
 私が教えれば、そんな人でも確実に稼がせられる!」



というような事はハッキリ言って一切思っていません。


少なくとも私は、


“ハナから「稼げない」と思っている人”


をあえてコンサルして稼がせたいとも思いませんし、
そんなコンサル関係は、お互いにとっても不毛だという考えです。


ここは読者の方にも問いかけたいところですが、
自分がお金を貰ってコンサルティングをする立場だとして、


「お前のノウハウなんて、どうせ稼げねーだろ」


と思っているような人にコンサルをしたいと思いますか?


あえて自分から「稼がせます!」「教えます!」と提案して、
そういう人を何とか稼がせようとか、思いますかね?


まあ、イカサマサカイさんのブログの記事を
どうしても消して欲しいとか、評価を改めて欲しいとか、
そういうところに目的があるなら、話は別ですが、
そもそも私はそういう事は全く思ってません。


ただ、これはイカサマサカイさんがどうこうではなく、
そもそも私は「そういうスタンス」なので、
ノウハウの全容をセールスレターで明かしているのは、
いざお金を払って情報商材を手にした際に、


「こんなノウハウで稼げる気がしない・・・」


と思ってしまったような人をコンサルしたくないからであり、
そういう状況を避ける為に、こういう売り方をしているわけです。


どうせなら、


「このノウハウなら間違いないと思います!是非教えてください」


という人をコンサルしていった方が、お互いに有益ですよね?


そういった「前向きに取り組んで頂ける人」にこそ、
しっかりと私のノウハウで稼いでもらいたいので、


「そもそも可能性を感じられない人」

「前向きに取り組めない人」



には根本的に私自身も時間を使いたくないですし、
そう思ってしまうような情報は誰も「買いたくない」はずです。


だからこそ、私はお互いに不利益な事にならないように、
私のノウハウを前向きに捉えられる人達だけがお客さんになるように、
こうしてノウハウの全容をセールスレターで公開しているんです、


実際に私のノウハウの全容を目にして、


「私のノウハウに可能性を感じた人」

「そのノウハウにピンときた人」



だけが実際いお金を払って有料のマニュアルや
私のコンサルプランに参加してくれればそれでいいんですね。


ですので、イカサマサカイさんがどういう批判記事を書こうと、


「私がコンサルして稼がせますんで、
 何とか記事を改めてもらえませんか・・・」



というような提案をする事はまずありません。


それは今後、私のノウハウを批判する人に対しても同じですので、
批判記事に関しては、どんどんこちらのブログで取り上げ、
私なりの意見、見解を述べさせてもらうつもりです。


ただ、今回のイカサマサカイさんは、
私のブログのURL(リンク)をそのまま貼って、
その上で、ご自身の意見を述べておられたので、
その辺りも含めて「フェアな方なんだな」と思いました。


情報販売者、アフィリエイターという立場の人は、
自分の事を批判する記事や意見を隠そうとする人が多いので(笑)


だからこそ、私はあえて自分のノウハウの批判意見を取り上げて、
その批判に対しての自分なりの意見を記事にしていく事で、
少しでも「信頼性」や「信憑性」に繋がればな・・・と思い、
実際にそういう記事を公開しているわけです。


ですので、イカサマサカイさんに対しても、
そういった「自分を批判する情報」を隠すことなく
きちんとフェアに公開した上で意見されるスタンスには共感致します。


何にせよ、私がイカサマサカイさんに直にメール等もせず、
前回のような記事を書いた理由、意図は以上の通りです。


もしご本人様がご覧になっていれば、そうご理解頂ければ幸いです。


れお☆


その他、私のノウハウの「批判」への反論記事は
以下の一覧から参考にしてください。

>せどりインサイダー批判意見への反論記事一覧


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


こちらでは「ブログ講座形式」で、
私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

一度、こちらからブログ講座の方を受講してみてください☆

れお☆のせどりインサイダー無料講座はこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年3月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:批判への反論

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ