CDせどり解体新書(宮迫宏)レビューと比較

レオ☆です。


以前から度々質問を頂いていた私のせどり教材に近い?というか、
同じ市場を対象にしているせどりの情報商材があり、
その情報と私のノウハウとの比較を求める声を度々頂いていました。


あとは純粋に畑が一緒なので
「これはどうなんですか?」というようなご質問ですね。


ただ同じ畑の情報商材を私が批評してしまうと
本当に私のノウハウの方が遥かに勝っていたとしても、
それを強調したところでただの自画自賛になってしまいます。


私としてもそれってどうかな・・・と思っていたのですが、
そこはノウハウの「全て」を無料で明かしている強みを活かして、
素直に比較していこうという考えに切り替えました。


というわけで今回は同じ畑のこちらの情報商材を取り上げます。


CDせどり解体新書(宮迫宏)

http://miyasako-h.com/sedori/

CDせどり解体新書(宮迫宏)レビュー


宮迫宏さんという方がインフォトップを中心に販売している、
CDせどりに特化した情報商材です。


一時はかなりの売れ筋商材だったようで、
この商材を機にCDせどりを始めた人も多いようです。


ただ私の教材の無料版、有料版を手にした人から
実際に頂いている生の声として、

「CDせどり解体新書を買ってCDせどりで失敗してるのですが…。」

というようなメールはわりと多く頂いています。


勿論これはそういうメールが多いから
この情報商材は全然ダメですという話ではありません。


私が無料で公開しているノウハウでも、
思うような結果を出せていない人はいると思いますし、
どんな体系化されたノウハウでせどりをやっても、
やはりビジネスなわけですから稼げない人は出てきます。


まあ、そういう人を極力ゼロにして、
全ての実践者を稼がせる為に私はあえて
完全に「無料」でノウハウのほぼ全てを公開した上で、
有料版の方にはこの上なく手厚いマニュアルと
手厚いサポートと情報配信サービスを付けているわけですが、
そこまでしないとやはり稼げない人は出てきます。


それがビジネスというものの現実だと思います。


で、実際にこのCDせどり解体新書の挫折者は多いわけですが
私なりにその辺りの分析をしてみました。


まずこのCDせどり解体新書は14800円という価格で
400ページ近いボリュームがあるマニュアルが届けられます。


その上で情報商材は色々な事が学べる、
ボリュームのあるものの方がいいという見方もありますが
私はせどり教材に関してはそうとは言えない部分もあると思っています。


結局のところ「仕入れて」「売る」のがせどりですから、
本当に必要な事だけをシンプルにまとめると
どう考えてもそこまでのボリュームになんてならないんですよ。


逆にボリュームが大きくなるという事は、
それだけ「覚える事」が多いという事になります。


そもそも「仕入れて」「売る」だけのビジネスで
“覚える事が多い”というのはどういう事だと思います?


要するにそれは「仕入れのポイント」だったり、
「売る際のポイント」だったり、
更に言えば商品1つ1つの知識だったりするわけです。


でもそういうポイントが多くなるほど、
そのノウハウで成功する事は難しくなります。


だってそのポイントが多ければ多いほど、
収入を左右される不確定要素が多くなるという事ですから。


逆にそのポイントを全て頭に叩き込んで
徹底的に実践できる人は稼げるようになるのだと思いますが
そこにはそれなりの努力と覚悟が必要になります。


果たしてせどり関連の情報商材を買っている人が
そこまでの「覚悟」を決めているのかどうか。


少なくともせどり系情報商材は
あたかも簡単に取り組めるようなセールスレターを見せて来るので
その覚悟を出来ていない人が情報を買ってしまいます。


結果、覚える事が多すぎて付け焼刃の知識だけで実践し、
思うように稼げず挫折していってしまうわけです。


この「CDせどり解体新書」もまさにその典型的な
一見は簡単そうに見える覚える事が多い教材だなと思いました。


だからこそ、実際に多くの人が挫折してるんです。


甘い考えで買わせるように仕向けられているにも関わらず、
いざ渡すノウハウはかなりハードなものだから。


でもある程度の「大変さ」はセールスレターを見ても
一目瞭然で分かる部分はあったります。


例えば「CDはちょっとした出来事で価格が急騰する」という事で、

“私がCDの価格が急騰するタイミングをメールでお知らせします。”

というようなサービスが提案されているのですが、
こんな情報に振りまわされてCDを仕入れていたら
確実に資金はパンクして稼ぐどころか赤字で終わります。


確かにCDはちょっとした出来事で価格が急騰する事もあります。


でもそんなものは石油の値段が上がったら●●が値上がりするとか、
そんな絵空事に近いレベルの情報でしかないんですよ。


そんな情報に振り回されてCDを仕入れるなんて、
私から言わせればただの「ギャンブル」です。


稼ぐべくして稼ぐノウハウとは到底言えません。


少なくとも私のノウハウなら商品の価格は
引き上げるべくしてその相場を引き上げていきますので
そんな当たるか外れるかもわからない情報に
いちいち振り回される必要はありません。


つまりそんな情報に頼らなくても
音楽CDは私のノウハウ1つで相場を操れるわけです。


現にその情報に振り回されて在庫を抱えてしまい、
挫折してしまった人がたくさんいるわけですからね。


加えてこのCDせどり解体新書には、

「高値で落札されるCDが分かる!」

「マニアが欲しがっているCDを具体的に教えます!」

というような事を売り文句にしてますが
こんなものはアマゾンとオークファンを見れば、
簡単なキーワード検索と条件検索でわかるんですよ。


だって音楽CDには誰が見ても一目瞭然な
プレミア価格というものが既に付いていたり、
過去の相場でそれが普通に残ってるんですから。


そんな調べてば数分で幾らでも調べられる事を


「高値で落札されるCDが分かる!」

「マニアが欲しがっているCDを具体的に教えます!」


と高らかに言われましても・・・という感じですよね。


実際、マニュアルの方にはその具体的な事が書かれてますが
私的には無駄に覚えなければいけない知識が増えるだけで、
逆にせどりで稼ぐのが大変になるんじゃないかと思いました。


そんな事を覚えなくても私のノウハウなら
もっと手軽に商品をリサーチして稼げますけど・・・。


と、普通に思ってしまいまいた。


で、最終的にはその知識を豊富に付けて
ブックオフに仕入れに行ってみましょう!という内容なので、
これなら別にこのマニュアルを手にしなくても、
アマゾンとオークファンで相場を調べて、
それをリスト化してブックオフに行っても同じだと思いました。


実際、それでこのマニュアルに書いてある事と
ほとんど同じ事は出来ちゃいますから。


これなら普通に私の無料マニュアルの方が
よっぽど質の高いノウハウを提供していると思います。


CDせどりの入門書として読むにしても
私としては無駄な知識を詰め込まれるだけという印象ですね。


だってこんな知識を詰め込まなくても
私のノウハウならもっと手軽に稼げますから。


そういう感じなのでこの「CDせどり解体新書」で挫折した人も
是非、私のノウハウにチャレンジしてみて欲しいです。


本当に稼げるCDせどりはこういうものだ!という事くらいは
無料マニュアルの方だけでも十分に分かってもらえると思います。


ただより確実に稼ぎたいと思われるなら
有料版マニュアルや有料サービスの方も検討してみてください。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年2月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ