BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)

れお☆です。


ここのところ、あまり見なくなっていたのですが、
つい最近「Buyma系」の情報商材が見られるようになってきました。


Buyma(バイマ)という無在庫出品が出来るサイトを利用して、
リスクのない転売ビジネスで稼げる事を謳い文句にしている教材です。


その幾つかがインフォトップのランキング上位に出ているようなので、
今日はその1つのこちらのBuyma系教材を取り上げておきます。


BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)

http://buyersfun.com/


BUYMAで稼ぐ?BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂(猪股志穂)


基本的に私のBUYMA系情報商材の批評の結論は決まっています。


「BUYMAの基本を勉強したい人以外は買う必要無し」


それがどんな内容であれ、この批評の結論は変わりません。


理由はBUYMAで稼ぐ事を謳う時点で、
その基本を押さえる以上のノウハウは存在しないからです。


厳密に言うと、その基本を押さえる以上のノウハウが、
情報商材という形で出てくる事はありえないから、というのが、
言い回しとしては適切かもしれません。


これはBUYMAというサイトの特性を分かっている人なら、
普通に理解出来る理屈ではないかと思いますが、


そもそもBUYMAというサイトは、
自分がその商品の在庫を持っていなくても
無在庫状態で商品の出品が出来てしまうサイトです。


それがウリであり、多くの情報商材は、
そこを持ちあげて「リスク無しで稼げる」と謳っていますが
リスクなく無在庫で商品を出品出来てしまうという事は、
その「商品の仕入れ先」さえ分かってしまえば、


“ほぼ無制限に誰もがその商品を出品出来てしまう”


という事です。


要するにこれは「仕入れルート」や、
そこで扱われている「商品の情報」が全てであり、
その仕入れルートと情報さえ把握できる状況になれば、
誰でも商品の出品、転売が出来る事を意味します。


100人の人がその「仕入れルート」を認識していけば、
その100人が全く同じ商品の転売を、
幾らでも出来てしまう状況になってしまうわけです。


それが1000人、10000人と増えて言ったら?


当然、BUYMA上でその仕入れルートの商品は
どんどん競合していって売れなくなっていきます。


要するにBUYMAで稼ぐ上で最も重要なのは、


「他の人が利用していない独自の仕入れルート」


を開拓し、


「他の人が出品していない独自の商品」


を扱っていく事にあります。


そういう仕入れルートや商品を扱っていかない限り、
BUYMAで稼いでいく事は到底「不可能」なわけです。


仮にそういう仕入れルートを開拓出来ても、
他の人がどんどんその仕入れルートを認識してしまうと
その仕入れルートから転売出来る商品は
次から次へとBUYMAに転売されていくようになります。


無在庫出品が出来てしまうのですから当然の理屈です。


要するに「多くの人に知れ分かった時点」で、
その仕入れルートを使って稼いでいくのは不可能になります。


そんな「独自の仕入れルート」の情報を、
情報商材という形で世に公開するような人がいると思いますか?


今回取り上げているBUYER’S FUN(バイヤーズファン)もそうですが
BUYMAで稼ぐ系の情報商材を世に出していくような人は、
当然、自分がBUYMAで稼いでいる事をアピールしています。


しかしその方法の「全て」を公開するという事は、
その仕入れルートも全て公開するという事を意味します。


このBUYER’S FUN(バイヤーズファン)のセールスレターでも
実際にそのような事が普通に書かれていますが、
どう考えてもそんな事はありえません。


それを公開してしまった時点で自分が
BUYMAで稼ぐ事は出来なくなるからです。


その人が本当にBUYMAで稼いでいるなら、
その「独自の仕入れルートの存在」だけは
何を差し置いても第3者に公開するはずがないわけです。


仮にその独自の仕入れルートを公開してくれたとしても、
それが情報商材として多くの人に知られる時点で、
もうその仕入れルートを利用して
BUYMAで稼いでいく事は出来なくなります。


要するにBUYMAで稼ぐ系の情報商材は、
どうやっても「基本的な内容」「抽象的な内容」になってしまうか
仮に具体的な内容であってもその再現性はすぐに薄れてしまうわけです。


そんな情報に数万円ものお金を払う価値があるかと言えば、
私はハッキリ言って「無い」と思います。


結局のところBUYMAで稼ぐ為のポイントは


「他の人が知らない独自の仕入れルートを開拓する事」


であり、それが全てと言っても過言ではありません。


BUYMAというサイト自体に使い方等は、
BUYMAのヘルプページやBUYMAの事を書いている、
その辺のブログを参照していくだけでもハッキリ言って十分です。


結論として、BUYMAで稼いでいくには、


・日本国外の現地で独自の仕入れルートを開拓する

・ほぼ誰も気が付いていないネット上での仕入れルートを開拓する



この2つに1つです。


前者は完全に人を選びますし、後者は、
そもそもそんなものが幾つもあるはずがありません。


仮にあったとしれもその情報を
情報商材として第3者に公開するメリットは皆無です。


公開された時点で一気にそれが知れ渡ってしまうわけですから。


要するにBUYMAで稼ぐという事はそうそう甘い事では無く
無在庫出品が出来てしまうリスクの無いサイトであるからこそ、
その特性を踏まえた「独自の仕入れルート」が必須になります。


ですが、BUYMAで稼ぐ系の情報商材で、
それが明かされているような事は考えらえれませんので、
結局は基本的で抽象的なマニュアルを提供され、
それまで、、、というのが関の山です。


ここで私がお伝えした事を理解出来るのであれば、
今回のBUYER’S FUN(バイヤーズファン)も含めて、
BUYMAで稼ぐ系の情報商材にお金を払う事がいかに無意味か、
これ以上、説明する必要はないんじゃないかと思います。


まあ、確かに仕入れにお金をかけず、
リスク無く転売ビジネスが出来るというのは魅力かもしれません。


ですがそれはサイト利用者全員が共有できる恩恵ですので、
その中での「差別化」は最低限、必要となります。


結局は他の人がやっていない事をやっていく必要があり、
それはそこまで簡単な事ではないわけです。


金銭的リスクはゼロでもそれ以上の労力がかかってしまい、
結局、稼ぐ事が出来なければ、何の意味もありません。


労力や時間というのもの立派な「リスク」ですからね。


そういうところも含めて「リスク」というものを押さえ、
転売ビジネスを「無難に」展開していく事は
BUYMAというサイトを利用しなくても実現出来る事です。


というより、私のせどりノウハウ「せどりインサイダー」は
まさにその「リスクへッジ」を何よりも重視しています。


その辺りの「リスクヘッジを重視したせどり」に興味があれば、
一度、こちらの記事の方も参考にしてみてください。


せどりインサイダーには本当に「リスク」は無いのか。


何にせよ、BUYMA系の情報商材に関しては、
私は数万円ものお金を支払うほどの価値はないと思いますので、
今回のBUYER’S FUNも含めて、もう少し冷静に考えてみてください。


BUYMAというサイトの特性を理解出来れば、
こういうBUYMA系の情報がいかに「ナンセンスか」は、
普通に気が付けるレベルの話だと思いますので。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年5月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ