神業EXPORTERでは稼げない?(紙直樹)レビュー

れお☆です。


インフォトップの売り上げランキングで、
新手の転売教材が上位に来ている模様です。


こちらの『神業EXPORTER』という「輸出転売」の教材ですね。


神業EXPORTER(紙直樹)

http://naoka01.info/kamiwaza/kamiwaza.html


私は基本、国内転売オンリーのせどらーですが、
輸入、輸出系の知識も無いわけではありません。


レビュー依頼も何件か頂いていましたので、
早速批評してみたいと思います。

神業EXPORTER(紙直樹)レビュー


こちらの「神業EXPORTER」ですが、
輸出転売系の教材としてはやや「今更感」がある


「ebay輸出」


が主なノウハウとなっている教材です。


コンテンツの方もPDFマニュアルが500ページ超え、
動画コンテンツが7時間超えとかなりのボリュームですが、
内容の大半は「基本的な事」の解説に終始しています。


輸出転売というビジネスそのもの概要や、
それを始めていく為の心構えなど、
ハッキリ言って


「これ、要らないと思いますよ。」


というコンテンツもかなり多くありました。


この辺りはボリュームを無駄にかさ増ししている感が否めません。


確かにこの手の教材はズルの素人さんや
全くの初心者さんが購入する可能性もありますが、
実質的な実践過程やビジネスの流れに関係の無い部分を
私はそこまで詳しく説明する意味、必要は無いと思います。


私はわりと「稼ぎ」に直結する物理的な工程と、
その「理屈」さえきっちり解説してくれれば、
それ以外の情報は全て排除して欲しいタイプなので、
こういう教材のそういう部分にはやはり


「退屈さ」

「無駄さ」


を感じてしまいますね。


現に私が販売しているせどりの教材内容には、
そういう「無駄な理屈」等は一切含めていせんので。


まあ、それは良いとして、
実際の物理的な実践面でのマニュアル部分でも、


・ebayの登録方法、使い方
・paypalの登録方法、使い方
・Amazoの登録方法、使い方
・payoneer/Worldfirstの登録方法、使い方


などなど、普通にネットで検索すれば、
詳しい手順が幾らでも出てくるような手順が
必要以上に詳しく書かれています。


ここでもちょっと無駄な手順ばかりを
やたら詳しくコンテンツ化している印象が否めませんでした。


まあ、初心者層に優しく作っているのかもしれませんが
実質的にこの手のコンテンツが全体的な容量のかなりを締めています。
※この時点で私的にはかなり「嫌な予感」が膨れ上がってきました。


とくにセールスレターにも書かれている、


・ebay禁止事項/ポリシー

・amazon禁止事項/ポリシー


この辺りの解説は、私はとくに不要だった気がします。


それこそ具体的な実践手順の中で、
注意するべき部分だけを解説してくれれば十分なところを
無駄に詳しく掘り下げて解説しているという感じです。


こういうところまでくまなく参考にしたところで、
実際の稼ぎには全く繋がりませんからね。


そこも含めて私は「無駄」「不要」だと思ってしまうわけです。


そうこうしてようやく「どこでも調べられるような内容」が終わり、
ここからが「本題」という部分に入っていくのですが、
ここで私の「嫌な予感」がまんまと的中してしまいました。


肝心な「稼ぎ」に直結するノウハウの解説部分が
物凄く表面的、抽象的で「薄い」んです。


要するに、転売ビジネスで最も重要となり、


「稼げる商品を探して仕入れていくステップ」


ですね。


そこがこれまでの基本事項の解説の詳しさに比べて、
明らかに内容をボカして誤魔化している感がある、
具体性の無い内容になってしまっています。


これでは実践的な仕入れはほとんど出来ないと思いました。


実際に「神業EXPORTER」の教材を読み進めていて、
この仕入れの部分についてのコンテンツに関しては


「え?仕入れについての解説はこれで終わり?」


と、完全に拍子抜けさせられ、
率直に言えば「やられたな」という印象を拭えませんでした。


ただその「仕入れ」についての解説がやたらと薄いわりに
転売方法のステップについてはこれまた
事細かなポイント等の解説が無駄に詳しく解説されています。


これも私からすると全く「稼ぎ」や「利益」に
直結していくような内容とは到底思えないもので、


「やらないよりはやった方がいい」

「注意しないよりはした方がいい」


というレベルの商品転売の際の当たり前なポイントが
とにかく事細かに解説されていっているだけという印象です。


まあ、確かにこういうポイントの積み重ねが
長い目で見ていくと売上に差を付けていく余地はあると思いますが、
ここはとにかく「手数で勝負している感」が否めませんでした。


実際、ここまで転売時のポイントを羅列して詰め込まれても
いざ商品を出品していく際には困ってしまうだけだと思います。


全てを100%意識しなければならないほど、
そこまで大きく結果を左右していくようなものでもないからです。


むしろこういうところに細かく注意を払っていかないと、
普通に転売で稼いでいく事も出来ないようなノウハウなのかと、
ここでもかなり拍子抜けさせられたというのが率直なところですね。


あとは「自社サイト転売」や「外注化マニュアル」などもありますが


「本当にこの内容でそれを再現させる気があるんですか?」


というレベルのかなり表面的な内容に終始しています。


それこそボリュームのかさ増し目的で、


「一応、こういうマニュアルも付けておきました」


くらいの内容で終わっています。


そもそもこの「神業EXPORTER」の内容を読んで、
あえて自社サイト転売をやろうと思う人はまずいないと思いますし
外注化も遥か先の見えない話にしか聞こえないと思います。


そこまでの肝心なプロセスがあまりにも抽象的だからですね。


正直言ってこの「神業EXPORTER」レベルの内容なら、
普通に本屋さんでネット輸出、ebay転売などの本を買ってきて、
その内容をくまなく参照していっても同じ事は学べると思いました。


実際にこの「神業EXPORTER」で詳しく解説されているポイントは
ほぼそのレベルの内容に終始しているからです。


それこそ大半の内容は今はネットで普通に調べられるような内容ですので
少なくとも私は2万円以上のお金を払う価値は感じられませんでした。


それこそせいぜい3000円とか、5000円くらいの
一般のビジネス書くらいの価格帯であれば、
輸出転売の基本的なポイントを詳しくまとめられた、
動画解説付きの教材としてそれなりの評価は出来たと思います。


ですが「サポートも無し」で2万円以上のお金を取り、
このレベルの内容であれば私的にはちょっと評価は出来ませんね。


それこそ「稼ぎ」に直結する実践的なノウハウや、
その具体的な方法論の解説に徹底して力を入れている、
私の教材とは全く対極、真逆なスタンスの教材だと思います。


強いて、転売系の教材にこういうものを求める人にはいいと思いますが、
転売関連のこの手の情報は今は普通にネットで調べられる時代です。


だからこそ、あえて1万円、2万円というお金と取るような
この手の転売系の教材は、その「実践的なステップの具体性」にこそ、
普通の本では手に入らない情報としての「価値」があるのではないでしょうか。


少なくとも私は、転売系の情報というのはそうあるべきだと思っていますので
私の観点で見るとこの「神業EXPORTER」という教材は、
内容の薄い「いまいち価値を感じられない教材」という印象でした。


あとはあなたが「どういう教材を求めるか」だと思います。


参考にして頂ければ幸いです。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年9月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ