ゲームせどり完全マニュアル(株式会社RAYLINE 志村光一)レビュー

レオ☆です。


本日はこちらの「ゲームせどり」の教材をレビューしてみます。


ゲームせどり完全マニュアル(株式会社RAYLINE 志村光一)

http://gamesedori-perfectmanual.com/gskmletter/


ゲームせどり完全マニュアル(株式会社RAYLINE 志村光一)レビュー


標題の通り「ゲームせどり」の教材ですね。


いざせどりを始めようとした時、
大抵の人が考える王道の選択肢は3つあります。


・本
・CD・DVD
・ゲーム



この3つですね。


やはりBOOK-OFFという強い味方がいるせいか、
BOOK-OFFで仕入れが出来る、
この3つがせどりの王道商品となっている気がします。


ここにもう少し幅を広げると


・家電
・おもちゃ
・ブランドもの



と言ったジャンルのものが出てきますが、
やはり「せどり」の王道は本、CD、ゲームでしょう。


その中でもやはり「本」が頭1つ出ていますかね。


せどり=本の転売


という認識、印象を持っている人も多いと思います。


ただ私のようにCD系のせどりをやっている人間や
今回取り上げているゲームのせどりをやっている人からすると
本のせどりはどうも薄利多売でやる気が起きません。


何より競合が凄い・・・。


私のような「買い占め戦略」を取っていれば、
競合さえも好材料になりますが
一般的なせどりはそうではありません。


とくに本のせどりは競合すると稼げなくなります。


そこで大抵の人は「CD」か「ゲーム」で悩むのですが、
この選択肢はもう大半は好き嫌いで分かれている気がします。


現に私がCDのせどりに走ったのは、
やっぱり基本として音楽が好きだったからです。


対して私はゲームをやらないので、
ゲームのせどりはあまりピンと来ないというのが本音です。


ただある程度、ゲームせどりの教材等は目にしてきているので、
方法やノウハウはそれなりに心得ているつもりです。


その上で今回取り上げる「ゲームせどり完全マニュアル」ですが、
率直な感想を言うと・・・まあ「普通」でした。


全くゲームせどりを知らない人なら、
価格相応の価値は感じられるのかもしれませんが、
私からするととくに「これ」と言ったノウハウも無く、
基本的な事が並べられているな・・・という印象でしたね。


あと、コンテンツのメインが「動画」なので
これが私的にはマイナスポイントです。


一応この教材はテキストのPDFも付いてくるので、
そっちでもおおよその概要は把握できるのですが、
やはり動画ありきの解説になっているところが多いです。


何で、こういうせどりの教材を「動画」にするんでしょうね?


こういうビジネスのノウハウやポイントを勉強する際、
動画で勉強した方が分かり易い!なんて人、いるんでしょうか。


いるのであれば、そういう人にはいいのかもしれませんが
私はこういう動画教材がどうもピンと来ないタイプです。


ピンポイントで「あのノウハウを復習したい」とか
「あの方法、なんだっけ」と思った時、
動画だとその部分を探すのに凄く手間がかかります。


マニュアル化されていれば目次を見て
そのページを開けば一発ですからね。


この手のせどりビジネスはそういった
実践的にノウハウを身に着けていくものなので、
動画がメインになっている時点で私的には


「ノウハウを学びにくい教材」


ですし、ハッキリ言って動画がメインの教材は
ただ販売者が手を抜いただけだと思っています。


一見、動画の方が手が込んでいるように見えますが
動画の撮影なんて長くてもその収録時間分と、
ほんの少しの編集で終わりですからね。


実際はマニュアルを作る方が大変で手間も時間もかかります。


でも動画をありがたがるお客さんもいるようで、
手間も省けてありがたがるお客さんもいるというところから、
最近は動画でこういう教材を作る人が増えてます。


でも、この手のせどりの教材に関して言えば
動画の方が良いところなんて何も無いです。


言ってみればどう仕入れて、
どう売るかの「方法論」なわけですから、
あえて動画にして解説するメリットなんて無いんですよ。


そういうところも含めてこの教材は「普通」でした。


動画なので「聞き逃しているところ」もあるかもしれません。


でもどこが重要なのかもわかりにくいんですよね。


動画だから。


ただザッと目を通していった感想としては、
普通にネットサーフィンレベルでゲームせどりの情報を集めても
そこそこ近いレベルの事は吸収できるかな・・・と思いました。


まあ、良く言えば基本をきちんと押さえられる教材という事です。


その上でセールスレターの冒頭では


・新品せどりだけがゲームせどりではありません。

・家電量販店だけがゲームせどりではありません。

・ブックオフせどりだけがゲームせどりではありません。

・FBAで右から左へ流すだけがゲームせどりではありません。

・実店舗仕入れだけがゲームせどりではありません。

・ 『ゲームソフトだけが』ゲームせどりではありません。



という事が書いてますが結論を言うと、
結局、これらが王道で一番儲けやすいという事に変わりはありません。


あとは「中古ゲームのせどり」を加えれば、それがほぼ答えです。


でもこの教材でゲームせどりの市場の事を聞けば聞くほど、
仕入れのリスクが高いと思ってしまう私がいます。


やっぱりどう考えても私のプレミア音楽商品の買い占め戦略の方が
価格相場を自由に操れるという点で確実だと思ってしまいます。


ゲームせどりだと、基本的にそんな事は出来ませんからね。


相場次第で稼げたり稼げなかったり・・・というのは
私的にはやっぱり抵抗を感じてしまいます。


その抵抗感を拭えないのがゲームせどりという感じですね。


まあ、あくまでも私の個人的な意見ですが。


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ