商品の回転率、利益率の目安を算出する方法。仕入れた商品がいつ幾らで売れて幾ら儲かるのか。

「出来る限り早く現金化出来る商品の探し方を教えてください。」


せどりインサイダーのメールサポートプラン、
コンサルティングプランで参加されたクライアント様から、
最も多く頂く質問はこれだと思います。


もしくはこういう質問ですね。


「この商品がどれくらいの期間で売れるか調べる方法はありますか?」


要するに、


「商品の回転率を知りたい」


という質問なわけですが、
これは比較的簡単にその目安を算出する方法がありますので、
その「回転率を調べる方法」について解説しておきたいと思います。

商品の回転率、利益率の目安を算出する方法。


私が実際にその商品の回転率を図っている方法は、


「オークファンでその商品のここ最近の取引回数を見る」


という方法になります。


要するにここ最近、その商品がヤフーオークションで、
どれくらいの回数、頻度で取引されたかを見るわけです。


ちなみにここで重要なのはあくまでも「取引されている回数」であって、
幾らで取引されたかというポイントはここでは一切見ません。


あくまでもこれは「回転率」を図る為のリサーチなので、
ここ最近、幾らで取引されているかは回転率とは関係ないからです。


そもそもその商品が買い占めによって相場を引き上げられるかどうかは、
過去の最高額に近い取引相場を2~3見て判断しますので、
その仕入れ基準を満たしているなら商品である事を前提とするなら、
ここ最近の取引相場が下がっているのはむしろ願っても無い事です。


まさに買い占めによって相場を戻せる可能性が高い商品という事ですから。


過去の最高額に近い取引相場を2つ、3つほど見て、
その相場が5万、10万ならその商品は、


“ファンであればそれくらいのお金を出してでも買いたい商品”


と判断出来ますので、いざ買い占めを行って相場を引き上げ、
それに近い金額でなければ買えない状況を作り出せば、
音楽系のプレミア商品はその価格帯で普通に売れていくわけです。


その上で現状の価格相場はあくまでも、
売り手側の価格競争によって生じているものに過ぎないわけですから、
買い占めによってその価格競争を無くしてしまえば、
あとはこっちの言い値でその商品を転売していく事が可能になります。


まあ、この辺りの細かい理屈はこっちのせどり講座を参照してください。


相場を自由に操れる最強の音楽CDせどり戦略。


よって商品の「回転率」は現在の相場は無関係に、
私は「どれくらいその商品が取引されているか」で計測します。


その目安は計測期間を短くするほど精度の高いものにありますが、
私はここ最近1年くらいの取引回数を目安にするようにしています。


例えばここ1年で12回取引されている商品であれば、
1カ月平均1人はその商品を「欲しい」と思う人が出てきて、
実際にその商品の取引が行われていた事になります。


つまりその商品の回転率は「月に1回ほど」と見る事が出来るわけです。


ただこれはあくまでもオークファンで調べた取引回数のみなので、
ヤフーオークション上での取引回数のみを対象にした回転率です。


アマゾンでも取扱いがあるような商品であれば、
同じくらいかもしくはそれ以上アマゾンの方でも
その商品が同様に取引されていたと見てほぼ間違いありません。


むしろ私の経験上、同じ商品をヤフーとアマゾンに出品していった場合、
商品が売れる頻度は明らかにアマゾンの方が高いので、
本当はアマゾンの方がよりその商品が売れていたとも考えられます。


ただ回転率の目安は少なめに見積もった方が良いので、
私は「オークファンで確認出来る取引回数×2」を、
その商品のおおよその取引数と見ています。


オークファンで確認出来る取引回数×2=回転数


つまり1年で12回取引されていた商品は、
アマゾンも併せて計24回取引されていたと判断できますので、
1カ月あたりの回転率は「2枚」という事になります。


よってその商品を買い占めて、
ヤフーとアマゾンの最安値を維持しておけば
月に2枚くらいはその商品が売れていくのではないか。


このように回転率の目安を算出していくわけです。


で、実際にこの数値はほぼ正しいものになっていきます。


「何故、相場を引き上げているのに同じ回転率で売れていくのか」


と不思議に思われる人もいるかもしれません。


ただこれこそが私がこの手の音楽系プレミア商品に目を付け、
買い占めによって値段を吊り上げて転売を行っている
その一番のポイントと言っても過言ではありません。


先ほども「ここ最近の価格相場は気にしなくて良い」と言った通り、
この手の商品を欲しがる音楽アーティスト系のファンは
その商品を他に安く買えるルートが無い限り、
その時点での最安値で普通に商品を購入していくものなんです。


だって「欲しいもの」が「その価格」でしか売っていないわけですから。


基本、この手のプレミア商品はヤフーかアマゾン、
それ以外のルートはぼぼ無いに等しいので、
ヤフーとアマゾンの最安値をキープしておけば、
自分が付けている価格帯でその商品は普通に売れていきます。


勿論、そこでありえないレベルの金額を付けていては話になりませんが、
少なくとも過去に2度、3度と取引された事がある価格帯であれば、
そのアーティストのファンは十分にその価格帯で商品を買ってくれます。


要するに過去最高に近い価格相場は、
その商品、そのアーティスト人気における、
潜在的、金額的なポテンシャルのようなものなんですね。


過去に3万円という価格が2度、3度と付いているプレミア商品は、
同じような価格帯でその商品を買ってもいいというファンが
まだまだゴロゴロいるという事を表しています。


日本中にその価格帯でその商品を欲しがる人が
その2人、3人で打ち止めなんて事はまずありえませんから。


つまりこの手のプレミア商品の価格相場は、
売り手側が競合して価格を下げ合った相場でしか無く
本来、この手の商品は価格を下げなければ
もっと高値で売れる商品がゴロゴロあるわけです。


だからこそ私はここ最近の相場は気にせず、
ここ最近の「取引回数」のみに着目して、
月に1枚、2枚と売れていた記録がある商品であれば
価格を引き上げても同じように「売れる」と考えます。


勿論、多少なりとその回転率は下がる可能性もありますが、
ここ最近、その商品を安く落札出来ていた人は、

“売り手側が競合していた相場で買えていただけ”

であって、相場が上がっていても買っていた可能性は多いにあります。


現に私はそういう理屈でプレミア商品を買い占め、
実際に相場を上げて転売する事で大きな利益を手にしているわけです。


回転率と利益率でその商品を仕入れた際の収益率を計算する


こうして商品の回転率が分かってくると、
仕入れ額に対して買い占め後の転売金額(利益率)から、
その商品によって手に入る収益のおおよその目安が算出できます。


例えば平均3000円で仕入れた商品を、
過去の相場に従って1万円で転売していくとして、
その商品の回転率が月に10枚だった場合、
その商品を20枚仕入れた際の収益の目安は・・・


1枚あたりの転売利益:7,000円×20枚=140,000円


これを1カ月あたり5枚ペースで転売出来る計算になりますので、
3000円×20枚で60,000円の仕入れ金が


1カ月目 10枚転売:100,000円
2カ月目 10枚転売:100,000円



と約半月ほどで元本をほぼ全て回収し、
2カ月で計140000円の利益を取れる計算になります。


このように商品の回転率が分かれば仕入れ額に対して、
その仕入れ資金をどれくらいの期間で回収出来て、
どれくらいの利益を取れるのかをおおよそ計測できるわけです


数字に弱い人はちょっと頭が痛くなるかもしれませんが
これは小学生レベルの算数の応用ですから、
何もそこまで難しい理屈ではありません。


でも、実際にこういう理屈で稼げてしまうのが、
私の「せどりインサイダー」のノウハウなわけです。


そしてその具体的な商品のリサーチ方法を解説しているのが、
有料版の「せどりインサイダーマニュアル」であり、
そういった商品の情報を毎週配信しているのが、
そのコンサルプランで受け取れる「インサイダー情報」です。


あと、コンサルプランではスカイプ越しで、
実際に利益を出せる商品を一緒にリサーチしたりもしてます。


このスカイプコンサルをうまく利用して
バンバン稼いでいる参加者さんもたくさんいますからね。


無料版マニュアルだけではいまいち商品がリサーチできず、
思うように利益を出せていないような人は、
有料版マニュアルの方も是非、検討してみてください。


価格に見合う以上の情報は間違いなく提供しているつもりです。


インサイダー情報や一人でリサーチしていく事が不安な場合は
回数無制限のコンサルティングプランがお勧めです。


勿論、既に無料マニュアルの内容だけでバンバン稼げている人は、
そのままガンガン稼いでいってください☆


一緒にこの市場を盛り上げて利益を相乗していきましょう!


れお☆


れお式☆せどり理論講座


 第一章:せどりはリスクの少ない投資である。

 第ニ章:相場を自由に操れる最強の音楽CDせどり戦略。

 第三章:「目利き」の要らないせどり戦略。

 第四章:確実に儲ける事が出来る商品の仕入れ方。

 第五章:資金1万円からでも買い占められる音楽系プレミア商品。

 第六章:このノウハウを広めていく事が私の利益に繋がる理由。

 第七章:せどりの合法的「インサイダー情報」とは。

 ★★★:せどりインサイダーコンサルティングレポート


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンサルレポート

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ