せどりインサイダーQ&A(4月11日分)

れお☆です。


せどりインサイダーへ頂いている質問、相談の方を、
Q&A形式で回答していきたいと思います。

せどりインサイダーQ&A


プレミアCDを(一人、あるいは複数人で)買い占めて、
高値で販売した場合、資金は回転するのでしょうか?

アマゾンで、資金を回転させるには、
最安値で販売するのが一般的な手法ですが
全員が同じ価格に設定すると
なかなか売れない気がするのですが・・・。

または、一人で買い占めた場合、在庫を売り切るまでに、
かなりの時間がかかってしまうのではないですか?


これは一人で買い占める場合も
複数人で買い占める場合も実質的に同じ理論になりますが
まず買い占めを行う際はその商品の「回転率」を調べます。


中には月に30枚(ほぼ毎日1枚は売れている商品)もあれば
月に1枚くらいと回転率が悪い商品もあります。


その回転率を事前にチェックした上で、
それが一人であれ、複数人であれ、


「買い占め(価格の吊り上げ)の対象になる対象商品の数」


がその回転率と比較して、
どれくらいの期間で売り切れるのかを見立てます。


仮に月に30枚の回転率がある商品を
15枚で買い占め切れるのであれば、
それは一人で買い占めようと複数名で買い占めようと、


「新たに出品されていく商品」


をひとまず考慮しなければ、
実質的に約半月で買い占めた商品は全て売れる計算になります。


そこに「新たに出品されていく商品」もある程度は考慮しますが
価格を吊り上げた際、そこから出品されていく新たな商品は
大抵はその吊り上げられた商品相場に併せてきますので
新たに出品される商品全てが
また新たな買い占め対象になるわけではありません。


要するに「回転率」と「買い占め対象となる商品の枚数」を
いざ仕入れを行う段階できちんとチェックし、
回転率の方が高い商品を狙っていけば
まぞ損をする事無く仕入れと転売を行えるという事です。


少額資金で実践していく場合は
数枚の仕入れで買い占めが成立する商品で
それ以上の回転率(月に5枚、10枚など)の商品を見つけ、
そういった商品のみを狙っていけば問題ありません。


これはそういった商品も本当に幾らでも見つけられる市場です。


尚、商品の回転率の見立て方については
こちらにブログ講座を参照してください。

>商品の回転率、利益率の目安を算出する方法


れお☆さんの買い占め戦略ですが、
確かに大きな利益を出せるものだと思います。

ですがこれは豊富な資金があってこそ、
初めて出来る方法ではないですか?


この買い占め戦略に該当する商品は
5000~10000円くらいの相場で売られている


「1品ものの商品」


から該当します。


その5000~10000円の商品を1つ仕入れれば
実質的に買い占め状態が成立する商品がたくさんあります。


よってとくに豊富な資金は全く必要ありません。


れお☆さんのブログには店舗並みCDが、
大量のラックに保存している画像が掲載されています。

ここまで大量のCDを保管しないと稼げないんですか?


私がどういうやり方をしているかは、
こちらのブログ講座を参照してください。

>私がこのノウハウでどれくらいの商品を仕入れているのか。


こちらに記載の通り少なくとも私は大量の在庫CDを、
売れないから保管しているわけではありません。


手元の在庫は1~2カ月でどんどん回転させています。


私の管理する在庫CDが大量なのは、
約2000万円くらいの資金で実践している為であって
そこまでの規模でやらない限りは、
ここまでのCDを保管する必要はとくにありません。


また、私は商品の出荷業務を専属の人員に任せていますが
アマゾンのFBAなどを利用していけば、
CDの在庫管理等は全てアマゾンさんに任せる事も出来ます。


いずれにせ、CDの保管等はその状況に合わせて、
人それぞれの環境、方法で行っていけば全く問題ありません。


れお☆さんのせどりノウハウは今も有効なんですか?


少なくとも私のせどりノウハウは、
時間が経過して稼げなくなる理由がとくに無いノウハウです。


世の中に「プレミアCD」の需要がある限り、稼げます。


そしてその需要は今後も無くならないと思います。


今では一般の市場に全く出回る事が無くなった
EP、LPなどの「レコード」ですら、
そのプレミアレコード市場は無くなっていないわけですから。


ですので、私のせどりノウハウについては
今後においても、その有効性は変わらないと思います。


少なくとも私はそのノウハウの全容を
そのまま「全て」公開しているのですから、
その手法を「理屈」で考えて頂ければ
今でもそれが有効である事は一目瞭然かと思います。


無料版マニュアルを読ませて頂きました。

有料版マニュアルは率直に何が違うのでしょうか。

商品のリサーチ方法などは詳しく説明されているのですか?


有料版の内容は販売案内ページに掲載されております
以下の目次立ての内容が実質「そのまま」の内容になっています。


本編「せどりインサイダーマニュアル」

当せどり戦略のまとめ編
・仕入れ対象となる商品とその仕入れ場所について
・買い占め戦略のおさらい

プレミア商品のリサーチ編
・プレミア商品の最も効率的なリサーチ方法
・仕入れ価格における2つの鉄則と3つの基準
・アマゾンとヤフーとの価格差の大きい商品の仕入れ基準
・アマゾン内及びヤフー内で価格差が大きい商品の仕入れ基準
・アマゾン内及びヤフー内で価格差が無い商品の仕入れ基準

プレミア商品販売編
・ヤフーオークション販売のポイント
・アマゾン販売のポイント
・ヤフー・アマゾン並行販売と在庫管理のポイント
・商品販売後の市場リサーチとそれに伴う3つの対応策

その他テクニック編
・率先して仕入れていくべきプレミア商品のポイント
・ほぼ別ものと考えるべき「新品市場」について
・ヤフー、アマゾンに加えるべきもう3つの売買サイトについて
・仕入れ対象となる商品とその仕入れ場所について
・買い占め戦略のおさらい

プレミア商品のリサーチ編
・プレミア商品の最も効率的なリサーチ方法
・仕入れ価格における2つの鉄則と3つの基準
・アマゾンとヤフーとの価格差の大きい商品の仕入れ基準
・アマゾン内及びヤフー内で価格差が大きい商品の仕入れ基準
・アマゾン内及びヤフー内で価格差が無い商品の仕入れ基準

プレミア商品販売編
・ヤフーオークション販売のポイント
・アマゾン販売のポイント.
・ヤフー・アマゾン並行販売と在庫管理のポイント
・商品販売後の市場リサーチとそれに伴う3つの対応策

その他テクニック編
・率先して仕入れていくべきプレミア商品のポイント
・ほぼ別ものと考えるべき「新品市場」について
・ヤフー、アマゾンに加えるべきもう3つの売買サイトについて


別冊「各サイト利用手順解説マニュアル」

オークファン編
・オークファン利用登録の手順
・過去落札相場のリサーチ手順
・過去落札相場リサーチのポイント
・過去落札相場確認のポイント

ヤフーオークション編
・ヤフーオークション利用登録の手順
・ヤフーオークション商品検索の手引き
・ヤフーオークション商品確認時のポイント
・ヤフーオークション入札(仕入れ)の手引き
・ヤフーオークション落札後の流れと取引の手順
・ヤフーオークション出品(販売)の手引き
・ヤフーオークション在庫管理のポイント

アマゾン編
・アマゾン商品検索の手引き
・アマゾン商品確認時のポイント
・アマゾンを利用した商品購入(仕入れ)の手引き
・アマゾン出品(販売)の手引き
・アマゾン在庫管理のポイント

その他せどりの基礎知識
・商品の配送について
・商品の梱包について
・ネットバンキングのすすめ


上記の通り、その内容は


「無料版マニュアルでは一切解説していないポイント」


ばかりかと思いますので、
この中で1つでも「詳しく知りたい!」というポイントがあれば
その部分だけでも十分に価値は感じてもらえると思います。


逆にこの目次立てを見て「どれも何となく想像つくな」という場合は
強いて有料版のマニュアルを手にする必要はないかと思います。


仕入れ(商品のリサーチ)については上記記載の通り


プレミア商品のリサーチ編
・プレミア商品の最も効率的なリサーチ方法
・仕入れ価格における2つの鉄則と3つの基準
・アマゾンとヤフーとの価格差の大きい商品の仕入れ基準
・アマゾン内及びヤフー内で価格差が大きい商品の仕入れ基準
・アマゾン内及びヤフー内で価格差が無い商品の仕入れ基準


このような目次立てでかなり細かく解説しています。


更にコンサルプランであれば、
スカイプ通話をしながら一緒に市場を見て、


「稼げる商品」


をリサーチして見つけていくような対応もしています。


私のせどりノウハウを駆使してより「確実」に
大きな利益を上げていきたいのであれば、


「有料版マニュアルで公開しているノウハウ」


を押さえていくのは少なからず必須だと思います。


言っても無料版で公開しているノウハウは、
その表面的な戦略だけですからね。


コンサルプランの各サービスを踏まえて、
意欲があれば是非ともいずれかの有料プランでご参加ください。


是非、一緒にこの市場を「独占」していきましょう(笑)


それでは。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンサルレポート

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ