アマゾンにCD、DVDが出品できない?出品制限の実状について。

れお☆です。


現在、アマゾンのミュージックカテゴリの方へ、
CD、DVDなどを出品しようとすると、


「出品制限」


をかけられている場合があります。


これまでもアマゾンでCDやDVDを売買してきたユーザーは
とくに問題なく出品が出来るようなのですが、


・音楽カテゴリでの売買経験がなかったユーザー

・新規でアマゾンに出品登録したユーザー



などは、音楽カテゴリへの「出品制限」の対象となり、
商品の出品が出来ないケースがあるみたいです。


一応、アマゾンはもともと、


・ブランド品

・時計

・食料品



などの特定のカテゴリに対しては出品に制限をかけて
誰でもかれでも商品を出品できないようにしていましたが
CDやDVDなどの商品は特に制限の対象ではなかったわけです。


ただ、インターネット上に出ている情報を捉える限りでは、
昨年あたりから一部のユーザーに制限がかかるようになったとか。


とは言え、今の時点でCDやDVDの出品が
明確な形で出品制限の対象になったわけではなく、
その辺りのアナウンスは現状、アマゾンからも出ていません。


出品制限も全てのユーザーに対してかかっているわけではないので、
何とも曖昧な状況のまま今に至っているというのが実状なわけです。

CD、DVDの出品におけるやや曖昧な出品制限?


ただ、実はこのような事は初めてではなく、
以前もこのような明確な規定の無い曖昧な出品制限が
一部のユーザーのみを対象にかかっていた事がありました。


その時は、利用規約の変更か何かが原因だったらしく、
その間のみ、一部のユーザーに制限がかかっていたようです。


要するに、アマゾン側のシステムや規定の変更などがある場合に、
こうした曖昧な出品制限がかかるという場合があるようなので、
おそらく、この状況がずっと続くという事はないんじゃないかと思います。


とは言え、現時点で音楽カテゴリの出品が制限されている人がいる事や
新規で商品の出品が出来ない可能性がある事に変わりはありません。


そういった状況を踏まえて、


「これは、せどりインサイダーの実践に支障が出るのでは?」


という質問や相談を何件か頂いている状況にあるのですが、
そこは「何の問題も無い」というのが率直なところです。


アマゾンの出品制限は恐れるに足らず。


まず、私のせどりノウハウの実践において言えば、
基本的にアマゾンに商品を出品できないなら、
仕入れたCD、DVDなどの商品は全て
ヤフオクのみで転売していけば何の問題もありません。


自主制作ものなど、アマゾンでは出品のフォーマットが無く、
ヤフオクでなけれ出品できない商品というのはあっても、
アマゾンでなければ売れない商品はありません。


ですので、アマゾンが使えなくなる事は、
私のノウハウの実践の上では何の問題もない事なんです。


何より私のノウハウのキモは


「仕入れによる買い占めと相場の吊り上げ」


にありますので、アマゾンの制限はあくまでも出品の話です。


アマゾンで商品を買う事(仕入れる事)は普通に出来ますから、


1:アマゾン、ヤフオクで買い占めを行い

2:ヤフオクのみで転売していく



このような流れで普通にノウハウの実践は可能なわけです。


それこそ今はアマゾン、ヤフーオークション、
両方のサイトを見ているユーザーが大半ですからね。


とくに私達が扱うようなプレミアの付いた商品を購入する人は、
8割、9割の人は両方のサイトの相場を見比べています。


そして実際に「買う」という場合においても、
商品を安く買える可能性のあるヤフオクの方が、
プレミア商品の売買頻度は高い傾向にあるわけです。


ですので、この手のプレミアの付いた音楽CDなどは、
アマゾンよりもヤフオクでの転売に向いているくらいですから


「仕入れた商品はヤフーオークションのみで転売していく」


このような流れでも実質的に何の問題もありません。


むしろ、アマゾンの方で出品制限がかかっている現状は、


・新規で参入していくせどらー、バイヤー達

・個人的にプレミアの付いたCDを売りたい人達



こういった人達の出品がほぼ出て来ないに等しい状況でもあります。


つまり、アマゾンへの新規商品の出品そのものが、
全般的に抑制されている状況にあるわけです。


となると必然的にアマゾンの商品相場を吊り上げた場合は、
その相場自体が下がり難い状況が生まれる事になります。


新規の出品者による新規の出品が制限されている以上、
最安値(相場)を下げる商品が出て来る可能性も抑制され、
買い占めによって吊り上げた相場をアマゾンに関しては


「維持しやすい状況」


になっているんです。


「相場を維持し易くなっている事」の恩恵


プレミアが付いているCDを買おうとする人は、
大多数の人は「アマゾンの最安値」を指標にした上で
ヤフーオークションの方により安い商品が出品されていれば、
そこにアマゾンの相場内で入札していく傾向にあります。


それこそオークファン、モノレートなどで
過去の相場をくまなくチェックしていくような人は
せどりや転売をやっている人くらいですからね。


普通の「消費者」の立場にあるような人が、
強いて過去の相場などをチェックするのは稀で、
大多数の人は「現在の相場」を購入の指標にするわけです。


その際、相場の指標はやはり「アマゾンの最安値」であり、
そこを指標にヤフオクの方に安い商品が出ていれば入札を入れ、
ヤフオクに安い商品が無ければアマゾンでの購入を検討する。


これがプレミアの付いたCDなどを購入する際、
多くの消費者がネット上で取る買い物の流れだと思います。


そして、多くの人が商品をヤフオクで売る場合も、
その開始価格や即決価格などについては
アマゾンの最安値を指標にする傾向にあるんです。


つまり、アマゾンで新規出品者の出品が制限されている以上、
普通にプレミアの付いたCDを売ろうと思った人が取る行動は、


「アマゾンの最安値を指標にヤフオクへ商品を出品する」


という行動であり、その最安値が吊り上がっていれば、
必然的にヤフオクに出て来る商品の相場も高めになるんです。


要するに、アマゾンで新規参入者の出品が制限されている状況は


「吊り上げたアマゾンの相場を維持し易くなる」


というメリットによって、


・その商品を欲しい人がアマゾンの相場を指標にする

・その商品を売ろうとする人もアマゾンの相場を指標にする



という点で決して小さくはない恩恵を受けられるわけです。


アマゾンで新規出品者の制限がかかっている状況は、
私達にとっては「メリットの方が大きい」という事ですね。


こういった点でアマゾンでの「出品制限」は、
私のノウハウの実践においては何の支障もありません。


ヤフオクでの出品が出来れば全くもって問題はないという事です。


私のせどりノウハウに本腰を入れるタイミングとしては
今はこれ以上無い「絶好の機会」なのかもしれませんよ!


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ