音楽CDにプレミア価格が付く理由

レオです。


今日のテーマは音楽CDにプレミアが付く理由。


わかっているようでわかっていない人が多く、
簡単な話のようで実は奥が深い。


そんなテーマになります。


ただこの「理由」は私のせどりノウハウの軸となっている

“プレミア音楽CDの買い占め戦略”

においては極めて重要なポイントの1つでもあります。


しっかりと理解を深めておいてください。

音楽CDにプレミア価格が付く理由


では何故、音楽CDにプレミア価格が付くのか。


まあ、これは音楽CDに限った話しではないのですが
世の中のあらゆる商品における「プレミア」というものは
基本的に需要と供給のバランスによって生み出されていきます。


そもそも「プレミアが付いている」という状況は、
本来のその商品の価値や価格以上の
付加価値的なものが付いている商品の状況を指します。


音楽CD等で言えば本来1000円、
3000円等の価格で売られていたようなものが
それ以上の価格になっているような場合の事ですね。


それが世間的に言われる「プレミア商品」、
そしてその価格が「プレミア価格」というわけです。


結局のところモノの価値を決めるのは「人」でしかありません。


その商品が「欲しい」という人がいれば
必然的にその商品には「価値」がついていきます。


そして売り買いの「価格」が決まっていくのです。


その際に多くの買い手がその商品を「買いたい」とする価格と
多くの売り手がその商品を「売りたい」とする価格。


これらのバランスによって「相場」というものが生まれ、
その相場は「買いたい」という人側の「需要」と
「売りたい」という人側の「供給」との比率で決まっていくわけです。


「買いたい」という人に対して
「売りたい」という人が多くなっていけば、
必然的にその価格相場は下がっていきますし
「売りたい」という人に対して
「買いたい」という人が多くなっていけば、

その価格相場は必然的に上がっていく事になります。


その上で需要と供給のバランスにより、
その「価格相場」が本来の商品価値を超えていった商品。


こういうものを「プレミア商品」というわけです。


プレミア価格が付く商品の条件


商品そのものに「プレミア」が付いていく理由としては
ここまでで述べてきた「需要」と「供給」、
モノの価値を決めるその根本的な観点が主なものと言えます。


ただ音楽CD等に関して言うなら、
その商品に対する需要が伸び続けてさえいけば、
全ての音楽CDがその価格相場を上昇していき、
その商品にプレミアが付いていくというわけではありません。


端的に言うなら音楽CD等はその需要に応じて、
供給側の方もそれに幾らでも応じていく事が出来るからです。


需要に対しての供給が常に「イコール」の状態であれば
当然その商品にはプレミアというものは付いていく事はありません。


ではどのような商品に「プレミア」がついていくのか。


それは「需要」に対しての「供給」が行われない商品。


すなわちこれ以上の新商品の「生産」が行われないものや
当初より一定の数量以上は供給されない事が決まっている
いわゆる「限定」等の商品などにプレミアが付いていくわけです。


1000枚しか流通しない商品に対して、
1000人以上の人がその商品を「欲しい」と言えば
当然その商品には本来の定価以上の「プレミア」が付いていきます。


インディーズ時代等は無名に近かったアーティストが
日本武道館等をいっぱいにするビッグアーティストになった時、
無名時代にリリースした限定CDや廃盤となったCD等に
途方もないプレミア価格が付いていくのはその為です。


そしてこの手の音楽関連のプレミア商品に関しては、
そういった数百枚から数千枚単位の限定商品というものが多数存在し、
またその多くは既存のファンの人がコレクションとしている為、
市場に出回っていく商品そのものの数はそこまで多くはありません。


ましてインターネットという市場に、
その手のプレミア商品が同時に出回っていく数量は
せいぜい数枚から数十枚程度がいいところというのが実情なのです。


ネット市場におけるプレミア相場のコントロール


インターネット市場におけるプレミア音楽商品の相場特性。


私はそこに目を付けました。


そこで考え出したのがプレミアの付いた音楽CD等を買い占め、
その価格相場を吊り上げて転売していくという、
私独自のせどりノウハウだったのです。


実質、数枚から数十枚という数しか出回らない
インターネット市場の音楽商品に関しては、
その数枚から数十枚という数の商品さえ買い占めてしまえば
その時点でその価格相場は自分がコントロールできる事になります。


むしろ商品の買い占めという行為を行った時点では、
「需要」に対しての「供給」というもの自体が存在しなくなる為、
そこに残るのは一方的な「需要」のみです。


そこからはまさに商品を持っているものだけが
一方的な価格設定により「言い値」で商品を売っていく事が出来ます。


少なくともこの手の音楽関連のプレミア商品に関して言えば、
その価格相場は「買いたい」という“需要側の競合”では無く
「売りたい」という“供給側の競合”から作り出されているのです。


何故ならその手の商品を「買いたい」と思う人達は
原則として特定のアーティストの“ファン”であり、
そのファンの人達の中には大枚を支払ってでも、
そういったプレミア商品を欲しいという人は幾らでも存在します。


しかしなまじ供給側の競合による価格の引き下げ競争が存在する為、
この手のプレミア商品はその商品を「欲しい」という人に対して、
本来は「これくらいは支払ってもいい」という意識より、
明らかに低い金額設定で商品を供給してしまっているのです。


そこで私はその商品供給側の価格競争を無くす事を考えました。


その方法がインターネット市場を限定した、
プレミア商品の買い占めという転売戦略だったのです。


そして私はプレミア価格の付いた音楽商品の転売のみに特化し、
今では月に100万円以上もの「利益」を上げる事が出来ています。


プレミア音楽CDのせどり、転売は
それだけの収入を稼ぎ出せるほどの可能性に溢れているわけです。


まさに好きなアーティストのレアな商品をコレクションし、
楽しみならが大金を稼ぎ出せるという、
音楽付きには堪らないビジネスモデルと言えるのではないでしょうか。


そんな私のせどりノウハウやこのブログや
マニュアル付のメルマガ講座などで【無料】で公開していますので
あなたもよろしければ是非チャレンジしてみてください。


興味があればまずこちらからお勉強頂ければと思います。


れお式☆せどり講座


 第一章:せどりはリスクの少ない投資である。

 第ニ章:相場を自由に操れる最強の音楽CDせどり戦略。

 第三章:「目利き」の要らないせどり戦略。

 第四章:確実に儲ける事が出来る商品の仕入れ方。

 第五章:資金1万円からでも買い占められる音楽系プレミア商品。

 第六章:このノウハウを広めていく事が私の利益に繋がる理由。

 第七章:せどりの合法的「インサイダー情報」とは。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年12月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ