古本せどりと中古CDせどり、コツを掴んで稼ぐならどっち?

れお☆です。


せどりや転売系のビジネスを始めていこうという場合、


「どの商品、どんな商品でせどり(転売)を始めるか。」


というところが、まず1つのポイントになってきます。


勿論、せどりや転売を始めていく人の動機としては、


「○○のせどり(転売)が稼げるらしい。」


という情報をどこからかキャッチして、
それをピンポイントで始めていく人も少なくはありませんが、


「やるなら、せどり、転売系のビジネスを副業にしよう。」


というような動機から、


「せどりや転売をやって儲けやすい(稼ぎやすい)商品」


をネット検索などで絞り込んでいるような人も少なくは無いと思います。


もしくは、何かのせどりや転売を始めたものの、
思うように稼いでいく事が出来ず、


「もっと稼ぎやすい商品はないのかな。」


と、新たに稼ぎ易そうな商品を模索していく人も多いご時世です。


現に私が提唱しているせどりノウハウでも、


「私のノウハウを知ってせどりに可能性を感じて始めました。」


という人もいれば、


「これまでは○○のせどりをやっていたのですが、
 このノウハウの方が稼ぎ易そうなので乗り換える事にしました。」



という人もいますので、その動機は人それぞれというのが実状です。


その上で、やはり「せどり」と言えば、
マンガなどの古本を扱ったせどりが王道と言えば王道で、


せどり = 古本の転売


という捉え方をしている人も世間的には多いんじゃないかと思います。


では、今現在、本当に古本のせどりは稼げるのか。


そのあたりの現状を踏まえて、私が今現在、主に行っている


「中古CD、プレミアCDのせどり」


の方と、そのメリット、デメリットを比較してみたいと思います。

古本せどりと中古CDせどり、コツを掴んで稼ぐならどっち?


まず、結論から言って、古本のせどり、転売は、
今は「かなり厳しくなっている」というのが現状だと思います。


全くもって稼げないということはありませんが、
労力に対してのリターンという意味では、
古本のせどりは「割に合わない」というのが率直なところです。


現にここ最近のせどり、転売系の情報商材の傾向を見ても、
中古本のみをメインに扱うノウハウはほぼ見なくなりました。


まあ、これは既にこの「古本せどり」に関しては、
そのノウハウが出尽くしているというところもあると思いますが、


「強いてお金を取れるだけの身入りが期待できるノウハウ」


というのが、なかなか無いというのも実際のところかと思います。


私の中古CDのせどりノウハウもそうですが、
今やせどりや転売系のビジネスはインターネットを利用して、
完全在宅で完結出来るような時代になっていますので、


「インターネットのみを利用して古本のせどりで稼ぐ」


というのは、ハッキリ言って、難しいというのが現状です。


結局、古本せどりは、直に古本が売られている店舗、
ブックオフなどに足を運んで1冊1冊を物色し、
ネットで売れば利益が出そうなものを仕入れていくしかないわけです。


要するに「足を使って稼ぐ」しかないわけですね。


この時点で、インターネットだけで稼げるせどり手法がある中、
あえて肉体労働に近い古本のせどりを今から始めるメリットは
正直言って「あまり無い」というのが実状なわけです。


そこに輪をかえて古本のせどりはどうやっても、
1冊1冊の売買における利益単価はそこまで高くなりません。


仕入れる段階のプロセスから仕入れた後のプロセス、
その全体を捉えると、本当にただの肉体労働に近いもので、


「時間に縛られず、一人で仕事が出来る」


というところくらいにしかメリットが無いわけです。


結局は、普通にサラリーマンをしていたり、
コンビニのアルバイトをしているのと、
その労力や労働時間に対してのリターンは、
そこまで大きく変わらない傾向にあるという事ですね。


普通にサラリーマンやコンビニのバイトをするくらいなら、
度々、ブックオフなどの古本屋巡りをして、
自分一人でお金を稼ぐ方がストレスも無く自由でいい。


という人か、そういった本業に対しての副業としてやるか。


まあ、そのレベルの商売にしかならないのが、
古本せどりの実状だと思います。


古本せどり=薄利多売な時間に縛られない肉体労働


そこを踏まえて、古本せどりでもいいな。と思う方には、
すぐにでも実践が出来て、古本せどりで手堅く稼げる方法として


「セット本せどり」


という手法がありますので、興味があれば、
こちらの記事を併せて参考にしてみてください。

>セット本せどりで稼ぐブックオフの活用法。


このセット本せどりの手法を踏まえた上であれば、
古本のせどりのメリット、デメリットは、
こんな感じになると思います。


(古本せどりのメリット)
・初心者でも比較的稼ぎ易い

・低額資金からでもすぐに始められる

・さほど特別な知識などは必要ない

・一人で自由に取り組める。


(古本せどりのデメリット)
・完全在宅での実践は厳しく、実店舗での仕入れが必須

・どうしても薄利多売になってしまう

・故に肉体労働に近いものになる


基本、古本のせどりは、現在の相場を
機械的にチェックしていけばいいだけなので、
仕入れに際しての特別な知識や目利きの力はさほど必要ありません。


そういう意味では「誰でも出来るせどり」であり、
初心者でも「やれば稼げる」というところは間違いないと思います。


ただ、労力、そこに費やす時間に対しての身入りという点で、


「普通の肉体労働とあまり変わらない」


という時点で、私はあえてこれを「したい」とは思えないですね。


実店舗での仕入れを前提とするのであれば、
もっと利益単価が高いせどりや転売に適した商品が他にありますし、
インターネットのみの売買でも普通に稼げる方法(商品)がある以上、
あえて古本のせどりをする理由、メリットが見当たりません。


更に言うと、


「インターネットのみの売買でより大きな利益単価で稼げる商品」


というのも普通にありますので、
どう考えても稼ぐ事を目的に扱っていくのであれば、
そういう商品を転売していった方が全てにおいて得だと思います。


まあ、それが今現在、私がやっている、


「中古CD、プレミアCDのせどり」


なんですけどね。


もし、中古CDのせどり、私のせどりノウハウに興味があれば、
このブログでその手法はほぼ全て公開していますので、
よろしければ以下のせどり講座を一通り受講してみてください。


れお式☆せどり講座


 第一章:せどりはリスクの少ない投資である。

 第ニ章:相場を自由に操れる最強の音楽CDせどり戦略。

 第三章:「目利き」の要らないせどり戦略。

 第四章:確実に儲ける事が出来る商品の仕入れ方。

 第五章:資金1万円からでも買い占められる音楽系プレミア商品。

 第六章:このノウハウを広めていく事が私の利益に繋がる理由。

 第七章:せどりの合法的「インサイダー情報」とは。

 ★★★:せどりインサイダーコンサルティングレポート


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


こちらでは「マニュアル形式」で、
私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年2月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ