プレミアが付くCDの種類と傾向について。

れお☆です。


私はプレミアの付いた音楽CDやDVDなどを中心とする、
音楽系の商品に特化したせどりで主に生計を立てています。


このブログでは、その具体的な手法についても
度々、取り上げてきているのですが、
今日は私が自身のせどりノウハウで主に扱っている


「音楽系のプレミア商品」


というのが具体的にどういうものであり、
どういう種類のものがあるのか。


また、それにはどういう商品傾向があるのか、など、
商品そのものの特性、特徴についてお話ししてみたいと思います。

プレミアが付くCD、音楽系商品の種類と傾向について。


まず、音楽CD、DVDにおける「プレミア」とは何か。


何故、そんな「プレミア」が付くのか。


この根本的なところからお話ししていきたいと思いますが、
まず、この「プレミア」というもの(言葉)自体は、
音楽CDや音楽関連の商品に限って使われるものではなく、
世の中のあらゆる商品で使われているものだと思います。


古本や古書などでも「プレミア」が付いたものはありますし、
おもちゃでもアクセサリーでも洋服でも、
同様に「プレミア」が付いている商品はたくさんあるわけです。


プレミアが付く = 付加価値が付く、希少価値が付く


というのが事であり「プレミアが付いた商品」というのは、


「付加価値(希少価値)が付いた商品」


という事になります。


そして、その付加価値や希少価値が「値段(価格)」に現れ
もともとの販売価格(定価)にその付加価値分の金額が加算されて、
その定価以上の金額で売買されるようになっている商品を総じて、


「プレミア商品」


と呼んでいるわけですね。


そんな付加価値、希少価値が付く要因は、


「手に入りにくい(入手困難)」


というのが一番のポイントで、
これは需要と供給のバランスも含めて、
入手が困難な状況に加えて需要が高まっていくほど、
やはりその「プレミア」も高まっていく事になります。


まあ、ここまでは実際のところ多くの人が
普通に認識しているレベルの話だと思いますが
この「プレミア」が音楽系の商品に付くパターンは
実質的に以下の3つの「いずれか」です。


・既に「生産終了(廃盤)」となった

・もともと数が限られている「限定品」だった

・限られた入手ルートのみで手に入る商品だった



それぞれについて解説していきますね。


既に「生産終了(廃盤)」となっている商品。


これはいわゆる音楽レコードなどには全般的に言えるもので、
要するに新たな生産(CDやレコードで言えば「プレス」)が、
もう根本的にされていなくなった商品がその対象になります。


そのレコード会社が既になくなってしまったとか、
音楽系の商品にはそういった諸事情もあるので、
古い音楽CDだと既に廃盤になっているものも少なくありません。


今や懐かしの「8cmCD(8cmシングル)」などは、
まさに全て「廃盤」になっているような状況ですからね。


それこそ30代、40代、50代くらいの人が
普通に買って聞いていたCDなどの中にも、
プレミアが付いているCDはたくさんあると思います。


8cmCDなどはまさにそういうものが多いので、


「もしかして・・・」


と思うCDがあったら、一度相場を調べてみればいいと思います。


以外に当時の定価1000円以上の付加価値が付いてものは、
本当に驚くほど、たくさんありますので。


あとはVHS(ビデオ)の商品なども、
今は全て「廃盤」になっている状況ですので、
これも意外にプレミア商品が多い傾向にありますね。


この辺りの「廃盤」のプレミア商品は
活動歴が長い「古株」と言えるようなアーティストで、
今も一線で活躍しているようなアーティストに多い傾向があり、


長淵強

矢沢栄吉

沢田研二

吉川晃司



などなど、この辺りのアーティストのCDは、
こういった「廃盤」の狙い目CDがたくさんあります。


一昔前はおそらく普通に多くの人が買っていたCDだと思いますが、
そういうCDが今は「廃盤」になってしまっていて、
当時の何倍もの価格で実際に取り引くされているんですね。


もともと数が限られていた「限定品」。


これは書いてそのままの通り、
もともと「限定」と銘打って売られていた商品で、


「初回限定盤」


と呼ばれる、初回のプレス盤にだけ、
ジャケットなどが特殊なものになっていたり、
DVDが付いていたりするようなものの事を言います。


それこそ、この「初回限定盤」に関しては、


「ジャニーズ系のアーティスト」


がリリースするCDには決まってプレミアが付く傾向にあり、
とくに「嵐」の初回限定盤CDなどは完全な鉄板商品です。


初回限定盤を銘打ってリリースしたCDには、
ほぼ100%、プレミアが付いていると言ってもいいですね。


あとは、


「インディーズ」


と呼ばれるメジャーデビュー前のアーティストは、
基本的に「自主制作」でCDをリリースする事が多い為、
リリースするCDの枚数を予め決めている事も多いです。


それこそ、そのようなインディーズ時代に
枚数を限定してリリースしたCDが、
そのアーティストがメジャーデビュー後に有名になる事で、
一気にプレミア価値が高騰するような事も珍しくありません。


ここ最近のアーティストで言えば、


SEKAI NO OWARI

いきものがかり

ONE OK ROCK

BUMP OF CHICKEN



などなど、こういったアーティストが、
インディーズ時代に枚数を限定してリリースしたCDに、
10万円のプレミア価格が付くような事もザラにあります。


それこそ当時は1000円、2000円で買えたCDが、
100倍近い金額で取引されるようなケースもあるわけです。


限られたルートのみで入手出来た商品。


これは幾つかのパターンがあるのですが、
主に多いものとしては、


「LIVE会場限定盤」

「FC会員限定盤」

「予約生産限定盤」


というような、LIVE会場でのみ、一時的に販売していたCDや
FC会員だけに限定販売されたというCD。


あとは予約しなければ買えなかった限定商品などが、
この「限られたルートのみで入手出来た商品」に該当します。


また、これは「非売品」の商品も該当し、


「LIVEの来場者だけに無料で配られたCD」

「FC会員だけに進呈されたCD」

「抽選特典に当たるともらえたCD」


なども、モノによってはプレミアが付く事も多いです。


そして、こういった商品は、アーティストによって


・定期的にLIVE会場だけでCDをリリースする

・定期的にLIVE会場でCDを無料配布する

・定期的にFC会員限定のCDをリリースする

・定期的にFC会員にCDを進呈する



という事を「お決まり」でやっている場合があり、
それがほぼ鉄板でプレミアになっているケースもある事から、
転売目的でそういう商品を狙っている人も少なからずいるようです。


意外にこの「限られたルートのみで入手出来た商品」は、
その数自体が根本的に少ない傾向にある為、
それこそ私の「買い占め戦略」にもかなり有効です。


現にこういったFC限定の商品などでは、
相当な金額を稼がせてもらってますので(笑)


プレミアが付くCD、音楽系商品の種類と傾向。まとめ


基本的に、音楽系の商品におけるプレミア商品は、
ここでお伝えした3つのパターン。


・既に「生産終了(廃盤)」となった商品

・もともと数が限られている限定の商品

・限られた入手ルートのみで手に入る商品



このどれかに該当する商品になると思います。


ですので、いざヤフオクやアマゾンなどから
キーワード検索等で、プレミア系の商品を探す場合は、


・廃盤

・初回限定

・会場限定

・FC限定



などのキーワードを入れて検索すると、
これらに該当する商品が必然的に多数ヒットします。


勿論、その全てにプレミアが付いているとは限りませんが、
基本的に定価以上の金額で入札や取引の記録があれば、
それはプレミアが付いている商品とみなして問題ありません。


そういう商品はほぼ例外なく今回お伝えした、
いずれかの商品パターンに該当する商品なはずです。


せどりをやっている人の中には、
ここでお伝えした「廃盤」になっている商品に狙いを定め、
ブックオフなどで安く売られているお宝を探したり、


・初回限定盤

・会場限定盤

・FC限定盤



などの商品を転売目的で押さえている人もいるみたいですね。


ただ、私はそういった実店舗での「お宝探し」的な事や、
先立って初回盤等のCDを押さえるような事は基本的にしてません。


「買い占め」て「吊り上げ」て「売る」。


これが私の基本戦略なので。


もし興味があれば、無料マニュアルの方を提供してますので、
一度、目を通して、そして実際にやってみてください。


せどりというビジネスの捉え方が変わると思いますよ☆


今日はそんな私が主に扱っているプレミアCD、
プレミア商品の種類、傾向についてでした。


れお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:せどり実績

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ