れお式☆せどりで月収100万円講座

   序章:せどりで月収100万円を稼ぐ方法。
  第一章:せどりはリスクの少ない投資である。
  第ニ章:相場を自由に操れる最強の音楽CDせどり戦略。
  第三章:目利きの要らないせどり戦略。
  第四章:確実に儲ける事が出来る商品の仕入れ方。
  第五章:資金1万円からでも買い占められる音楽系プレミア商品。
  第六章:このノウハウを広めていく事が私の利益に繋がる理由。(重要)
  第七章:せどりの合法的「インサイダー情報」とは。(重要)
  ☆☆☆:せどりインサイダー月収100万円プランニング
  ☆☆☆:プレミアCDの相場、トレンドの考え方。その1~短期視点~(NEW)
  ☆☆☆:プレミアCDの相場、トレンドの考え方。その2~長期視点~(NEW)
  ★★★:せどりインサイダーコンサルティングレポート

Amazon(アマゾン)の「刈り取り」せどりの方法と注意点。

Amazonを利用した「せどり」の手法の1つに、


「刈り取り」


と呼ばれる転売手法があります。


せどりの初心者でも簡単に出来る(稼げる)と言われているもので、
実は私もこの近い手法で「せどり」で実際に稼いでいるんです。


ですが、この「刈り取り」という手法は、
ネット上でこの手法を取り上げているサイトなどでは、


「初心者でも簡単に出来る(稼げる)」


といった事が言われている反面、その「注意点」などが、
あまり詳しく取り上げられていない傾向にあります。


まあ、ネット上にこの手の情報を公開しているサイトでは、
表面的な知識のみで記事を書いているような運営者も多いので、
そういうサイトの情報はどうしても「表面的な内容」になりがちです。


ですので、今日はAmazonを利用した「刈り取り」という手法について、
実際にそれに近い手法でせどりを行っている私の「経験則」も含めて、
その方法の詳細や具体的な注意点などをお伝えしていきたいと思います。

Amazonの「刈り取り」せどりの方法と注意点。


まず、Amazonにおける、この「刈り取り」という手法は、


「Amazonで販売されている価格差の大きな同一商品を仕入れて売る」


というもので、基本的には、Amazonで仕入れた商品を、
そのままAmazonで同じように転売して稼ぐという手法です。


ただ、これは実際に具体的な事例を挙げた方が分かり易いので、
この「刈り取り」の対象になるような商品の例を以下に挙げます。





これは、ある商品の「出品の一覧」をキャプチャした画像なのですが、
Amazonでは取り扱いのある1つ1つの商品に対して、


・価格+配送料(代金)

・コンディション(状態)

・販売/出品(出品者の情報)



これらのような情報が一覧できるページが用意されています。


Amazonは利用者(販売者)が「任意の価格」を付けて、
手持ちの商品を販売(出品)していく事が出来るので、
Amazonで取り扱っている商品の1つ1つに対して、


「どのような出品者が、どんな状態の商品を幾らで販売しているのか」


を上記のようなページで一覧できるようになっているんです。


これを見て、Amazonを利用して買い物をする消費者側は、
その商品が「最安値」では幾らで売られているのかを確認したり、
出品者の評価を確認したり、商品の状態を確認したりするんですね。


そして、それらを吟味して実際に商品を購入していくわけです。


その際は「出品者の評価」や「商品の状態」に対して、
その商品の「価格」を吟味し、どの商品を買うかを判断するのですが、
出品者の評価に何の問題もなく、商品の状態も変わらないような状況なら、
当然ですが「最も安い商品」を購入していくのが普通だと思います。


そういった視点で先ほどのキャプチャ画像をもう一度見て欲しいのですが、





出品者の評価はいずれも90%以上の高評価で問題は無く、
商品の状態(コンディション)も全て「良い」です


ですが、その「商品価格」は1つ目と2つ目の商品で850円ほど、
2つ目と3つ目の商品では7000円以上の価格差があり、
同じ商品で、同じ状態(コンディション)なのにも関わらず、
その販売価格には2倍近い価格差があるわけです。


そして、このような


「同一商品で状態が同じでも価格差が大きい商品」


にあたるものは、Amazon内ではそう珍しいものではなく、
このような出品状況になっている商品は、実はザラにあったりします。


Amazonにおける「刈り取り」という転売手法は、
このようなAmazon内で出品されている同一商品で、
その価格差が大きいものを狙って安い商品を刈り取るように仕入れ、
そのまま価格を引き上げて転売していくという方法なわけです。


先程、例に挙げた商品で言えば、


・6800円

・7650円



この2つの商品を仕入れて(刈り取って)、
そのまま14950円で転売するんですね。


実際にこの商品が14950円で売れていけば、
安く仕入れた商品との価格差がそのまま「儲け」になります。


Amazonでは、こういった「刈り取り」によって、
実際に価格を吊り上げて転売できる商品がわりと多く、


「Amazonで仕入れてAmazonで売るだけ」


という手軽さからも、この「刈り取り」という手法は、
初心者でも簡単にできる(稼げる)と言われているんです。


ですが、これを実際に「やってみる」という場合は、
やはりそれなりに「注意」を払うべきポイントが幾つかあり、
そこを怠ると「仕入れたものが売れない」という事にもなりかねません。


以下に、その「注意点」を実際に挙げていきたいと思います。


Amazonで刈り取り転売を行う際の注意点


Amazonで実際に「刈り取り」を行う場合の主な注意点としては、
以下のような3つの注意点を挙げられると思います。


・コンディションに致命的なマイナス要因は無いか

・刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか

・刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか


1つ1つ、順を追って解説していきます。


コンディションに致命的なマイナス要因は無いか


まず1つ目は「コンディション」における注意点で、
このような「刈り取り」の対象になるような安い商品は、
それなりの「ワケ」があって価格が安く設定されている場合があります。


例えば、私がメインで扱っている音楽関係のCDなどで言うと、


「レンタルアップ品」


と言って、ツタヤなどのレンタル店で利用されていたCDが、
レンタル落ち商品として出品されているケースがあり、
このような商品は普通の商品と同じ価格ではあまり売れません。


もちろん、これは音楽CD特有の注意点ですが、
商品によっては「付属品」にあたるものが欠品していたりと、


「安いには安いなりのワケがある商品」


も普通によくあるわけです。


そういった商品を刈り取っても、当然、高くは売れませんので、
実際に「刈り取り」を前提に商品を仕入れるという場合は、


『コンディション』


のところにある注意書き(説明文)にも目を通す事をお勧めします。





何らかの「欠陥」があるようなワケあり商品は、
まず、ここにその旨が書かれていますので、
そこに「相応の安い理由」が書かれている場合は、
その商品は「刈り取りの対象にはならない」と判断するべきです。


とくにAmazonの「コンディション表記」は最低ラインが『可』なので、
この『可』の表記が出ている商品はかなり、ピンキリな傾向にあるんです。


明らかな「欠陥」があるような「ワケあり商品」の表記も、
そこまでではない商品も『可』になっているケースがありますので
とくに『可』の商品は説明書きを読むようにした方がいいですね。


ただ、この『可』や『良い』などの表記も販売者側の判断基準なので、
販売者Aの『可』の基準と販売者Bの『良』の基準に、
そこまでの大差はないというケースも少なくありません。


ですので、私は明らかな「ワケあり要素」が説明書きに無い限り、
『可』と『良い』のコンディションの違いは気にせず仕入れる事もあります。


それこそ『良い』と『非常に良い』などは全く気にもしてないです。


よって、この「コンディション」における注意点は、


『可』


という商品を仕入れる場合の「注意書き」を読むようにして、
そこに「ワケあり要素があるかどうか」で判断すればいいと思います。


刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか


転売(せどり)を、ある程度「ビジネス」と捉えて行うなら、
やはり、商品と資金の「回転」には、かなりシビアになるべきです。


仕入れた商品を高く売って利益を上げるのは当然として、
そこにあまりにも時間を要するようでは駄目だという事です。


あまりに回転の遅い商品ばかりを仕入れてしまうと、
いつかは資金が頭打ちになって別の商品が仕入れられなくなります。


そこで商品と資金の「回転」が止まってしまうわけです。


ですので、これは「刈り取り」に限る事ではないのですが、
やはり、商品の仕入れを行う場合は事前に、


「刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか」


をチェックするようにした方がいいと思います。


要するに、その商品がどれくらいの頻度で売れているか、ですね。


そのような商品が売れる頻度をチェックする方法としては、


・アマゾンのランキング

・モノレート



これらを見てチェックするのがオーソドックスだと思います。


これらを見て実際にほとんど売れていないような商品や、
数カ月に1点、売れるか売れないかという商品は、
よほど利益率が高くない限りは仕入れるべきではありません。


せめて1~2カ月以内には回転させるのがベターだと思いますので、
私は概ね、それくらいの基準で商品を仕入れるようにしています。


2カ月以上、同じ商品を「在庫」として抱えるくらいなら、
商品と資金の「回転」を重視して稼ぐようにしているという事です。


「刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか」


また、これは当然と言えば当然の注意点なのですが、
安い商品を刈り取って、実際に「価格」を吊り上げても、
その吊り上げた価格で商品が売れなければ話になりません。


例えば、先程も例に挙げた商品で言うと、





このような状況で価格差の大きな商品があったからと言って、
必ずしも、この商品が「14,950円で売れる」とは限らないわけです。


それこそAmazonは出品者側が商品の価格を自由に決められますので、
この商品を実際に「14,950円」で出品している販売者は、
ろくに売れもしない金額を適当に付けているだけかもしれません。


もしくは、この「14,950円」という金額が完全に過去の相場で、
今は到底、この金額では売れないかもしれないんです。


要するに、実際にこの商品の「刈り取り」を行う場合には、


「この商品が刈り取り後に吊り上げた価格で売れるのかどうか」


を事前にしっかりとチェックする必要があるという事です。


そのオーソドックスな方法としては、


・モノレート

・オークファン



これらの過去の相場を確認できるサイトを使って、
ここ最近の相場を見るのが手っ取り早いと思います。


刈り取った上で販売しようとしている価格での売買が、
実際に近い日付で行われていれば「売れる」と判断できますし、
それが全くない場合や、完全に過去の相場としか言えない場合は、
その商品を刈り取って価格を吊り上げても売れない可能性が高いです。


そういう商品は当然ですが、仕入れるべきではないという事ですね。


Amazonの「刈り取り」せどりの方法と注意点。まとめ


以上、Amazonの「刈り取り」における注意点として、


・コンディションに致命的なマイナス要因は無いか

・刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか

・刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか


このような要素を3つほど解説してきました。


まあ、いずれの要素も「せどり」というビジネスでは、
ほぼ全般的に言える注意点なんですけどね。


ただ、3つ目に挙げた要素に関してのちょっとした補足として、
実際に刈り取りの対象として仕入れる商品によっては、


過去の相場 = 売れない


という図式が必ずしも成り立つわけではなく、


「刈り取って吊り上げれば過去の相場に戻る商品」


というものもあるのが実状です。


それこそ、私などはまさに「そういう商品」を狙って、
この「刈り取り」を応用した手法でせどりで稼いでいるんです。


更に言うと、そういう商品だけをピンポイントで見つけて、
そういう商品だけを刈り取って稼いでいるんですね。


そういう商品をピンポイントで見つけていく「方法」を
私なりの「ノウハウ」として確立しているわけです。


それこそ、この「刈り取り」という手法は、


「価格差の大きい商品」


を見つけるのは、無料のツールを使う方法などで、
わりと簡単に見つけていく事が出来てしまうのですが、


・コンディションに致命的なマイナス要因は無いか

・刈り取った商品が売れるまでに要する期間はどれくらいか

・刈り取った商品の価格を吊り上げて実際に売れるのか


この3つの注意点をクリアできるような商品は、
言うほど、簡単には見つけられません。


そこで、私はピンポイントで、


「刈り取って吊り上げれば過去の相場に戻る商品」


だけを狙って、実際にせどりで稼いでいるわけです。


そんな私の「せどりノウハウ」に関しては、
無料のマニュアルなどを公開していますので、
もし、興味があればそちらの方を一読してみてください。


以上、今回はAmazonの「刈り取り」についての講義でした。


是非、参考にして頂ければと思います。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

電脳仕入れツール「セドリオン」の感想

れお☆です。


メルマガ読者の方からこちらのツールについて、
せどらーとしてお勧めかどうかの質問を頂きました。


電脳仕入れツール「セドリオン」

https://sedorion.com/


ホームページの方を見て頂ければ分かりますが、
この「セドリオン」というせどりツールは、
5日間の無料お試し版を利用できます。


5日間のお試し利用の方を踏まえて、
そのまま継続して利用していきたい場合は


「49800円」


を支払って永久ライセンスの方を購入すれば、
そのまま永久的に使い続ける事が出来るというものです。


この手のツールで49800円は高額な部類に入ります。


ですが、先立って無料版を試せるところは良心的なので、
あとは実際に使って判断すれば・・・


と言いたいところなのですが、5日間のお試し利用だけで
これが本当に価格に見合う価値があるツールなのかを判断するのは、
ある程度、せどりや転売の経験が無いと難しいと思いました。


それこそ「何となく稼げそうな気がする」というレベルで、
確固たる確信を得られないままライセンスを購入している人も、
実際のところ、結構な割合でいるのではないかと思うんです。


ですので、今日はこの「セドリオン」について、
私なりの感想、見解などを述べておきたいと思います。

電脳仕入れツール「セドリオン」の感想。


この「セドリオン」というツールは、


「楽天市場」

「Yahoo!ショッピング」



この2つの市場(サイト)に出品されている商品から、


・アマゾンのカート商品(最安商品)よりも安い商品

・アマゾンに出品者がいない商品



このような条件に該当する商品を絞り込めるというものです。


実質的に上記のような条件を満たしている商品は、
楽天、またはヤフーから実際にその商品を仕入れて、
そのままアマゾンで転売していけば利益を取る可能性が高く、
この「セドリオン」はそういう商品を絞り込めるツールなわけです。


ただ、この「セドリオン」を実際に使ってみた感想として、
商品のリサーチツールとしては効率性に欠けるという感じで、
かなり根気強く使っていかない事には49800円の回収にも、
結構な時間がかかってしまうのではないかと思いました


ツールを動作させていくプロセスがそもそも「自動」とは言えず、
楽天やヤフーに商品を出品しているショップ(店舗)の情報を
1店舗1店舗、自ら指定していく必要があるため、
これが実は、結構な「手間」なんです。


それこそ、この「セドリオン」の販売ページでは、


『リサーチ対応は驚きの40万店舗!』


という謳い文句が掲げられているのですが、
実際にツールを動かして商品をリサーチしていく際は、
その1つ1つをツールの利用者が指定しなければなりません。


そして、その1店舗分の商品をリサーチするだけでも、
30分前後の時間を要してしまう動作速度なので、
実質的に40万店舗全てのリサーチは不可能なのが現実です。


また、その対象となる40万店舗の中には、


・アマゾンのカート商品(最安商品)よりも安い商品

・アマゾンに出品者がいない商品



この条件に見合う商品が全くない店舗もザラにあります。


そういう店舗ばかりを指定してしまうと時間ばかりを取られてしまい、
一向に条件に稼げる商品を見つけられない事になってしまうんです。


そういったところで、この「セドリオン」というツールは、
商品のリサーチを行っていく上での「効率性」に欠けています。


楽天とヤフー内の40万店舗の中から店舗の情報を
自ら1つ1つ指定していかなければならない事。


1つの店舗のリサーチに30分もの時間を要する事。


実際に稼げる商品が見つけられる店舗はその一部である事。


その主な理由はこの3つなのですが
それでも根気強くリサーチを重ねていけば、


「稼げる商品」


を見つけられないわけではありません。


ただ、それまでに要する手間や労力、時間を考えると、
この「セドリオン」というツールのライセンスに、
49800円の価値があるかどうかは微妙なところです。


そもそも楽天やヤフーショッピングに出ているような商品が、
アマゾンとそこまで大きな価格差がある事など滅多にありません。


要するに、この「セドリオン」というツールで見つけ出せる商品は
どうしても薄利な商品ばかりになってしまう傾向にあるんです。


また、アマゾンに出品者がいないからと言って、
その商品を仕入れて稼げるかどうかも別問題ですから、
そういうところでも、このツールを使って見つけられる


「アマゾンで転売して稼げる商品」


は、かなり限られてきます。


それなりの手間と時間をかけてようやく見つけた商品が
上手く転売できて1000円、2000円という程度となると、
いざ「上手く転売できない可能性」も考慮する限り、
49800円という価格は、私はちょっと高い気がしますね。


それこそ、ツールで見つけ出した際はアマゾンの価格と、
仕入れの金額に利幅を取れるだけの価格差があっても、
いざ仕入れを行った後に相場が下がらないとも限りません。


その商品がどれくらいの頻度で売れているかは、
アマゾンのランキング変動などでチェックできますが、
想定した通りの価格で転売できるかどうかは分からないわけです。


そういった転売時の不確定な要素までを考えると、
いざ儲けが出ても薄利な商品しか見つけらないツールに、
49800円の価値があるかは私は微妙なところだと思います。


更に、そのリサーチにもそれなりの手間と時間がかかりますので、
総合的に考えて、私はそこまでの利用価値を感じられませんでした。


まあ、私の場合は「相場」というものをしっかりと「管理」して
稼げるべくして稼げる商品だけをピンポイントに仕入れて、
仕入れた商品を高く売るべくして売るノウハウを徹底していますので、
どうしてもこの手の「薄利なツール」は微妙に思えてしまいます。


何より私自身、そこを徹底したオリジナルのツールを使ってますからね。


どうしても、この手のツールは自分のツールと比較してしまうので、
この「セドリオン」というツールに関して言えば、


・1商品あたりの利益率

・商品リサーチにおける効率性

・ツールそのもの処理速度

・ツールそのものの価格



この4点では、私のツールの方に優位性があるかな?と思いました。


もし、興味があれば、私のせどりツールの方も、
そのロジックなども含めて全てを公開していますので、
是非一度、ご覧になってみてください。

>せどりインサイダー専用リサーチツール「転売稼業」のご案内


以上、今回は「セドリオン」というツールの批評でした。


あくまでも私の私見ですが、参考にして頂ければと思います。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

せどり黙示録KAIJI(工藤徹也、前岡祐旭)のレビュー

れお☆です。


インフォトップの方で、ジャンク品の転売に特化した、


「せどり黙示録KAIJI」


という転売教材がランキング上位に出ていました。


せどり黙示録KAIJI

http://tetsushop.com/kaiji/


商品名といい、販売ページに出てくる登場人物といい、
完全にあのギャンブル漫画「カイジ」をパロってますが、
ある意味、インパクトは凄いです(笑)


転売で稼ぐための情報商材の販売ページで、
ギャンブル漫画のパロディというのは、
個人的には何とも微妙な気がするのですが、、、。


とは言え、実際に売れているみたいなので、
中身の方にもチェックを入れてみました。


早速、レビューしていきたいと思います。

せどり黙示録KAIJI(工藤徹也、前岡祐旭)レビュー


まず、この「せどり黙示録KAIJI」のマニュアル内容、
そして、そこで提唱されている転売の「ノウハウ」ですが、
私はある意味、ギャンブルに近いものを感じてしまいました。


もちろん、販売者が内容等を意識して、
ギャンブル漫画の「カイジ」をパロディにして、
販売ページの方を作ったわけではないと思います。


ですが、この教材で提唱されているノウハウで稼げるかどうかは
かなり「運」に左右される可能性が大きいんじゃないかと。


というのも、この「せどり黙示録KAIJI」で扱うジャンク品は、
文字通り、その商品に「難」があるような商品で、
基本的には壊れていて使えなくても文句の言えない商品なんです。


主には家電商品を仕入れて転売していくノウハウなので、
本当に使い物にならない商品を仕入れていく事も多々あり、
そういう商品を仕入れて売るという時点で、
やはりそこにはそれなりの「リスク」が付きまといます。


そこに輪をかけて、この「せどり黙示録KAIJI」は、
一切、検品や修理などをせずに仕入れたジャンク品を
そっくりそのまま転売していくノウハウを提唱しているんです。


それはそれで、手間や時間的なコストなどがかからない分、
メリットのある転売手法である事は事実なのですが、
この商品の実質的な転売手法というのは、言ってみれば、


「ジャンク品という事を明記して売れば何でもアリ」


といったもので、ジャンク品である事を事前に伝えて、


・ノークレームノーリターン

・動作しなくても保証しません

・ジャンク品である事をご理解の上買ってください



といった事を明記して転売していけば、
仮にその商品が使い物にならないような商品でも、
お客さんから文句を言われる事は無いという前提で、
とにかくジャンク品を仕入れて転売するというわけです。


まあ、確かにこれは一理ある理屈なのですが、
そのような商品が実際に売れるかどうか。


また、仕入れ値より高く売れるかどうかは、
ハッキリ言って、私は運に近いものだと思いました。


もちろん、売れる時は売れるのだと思います。


買う側が使い物にならない可能性も考慮して
言わば「駄目もと」で購入してくれれば、、、ですね。


ですが、そんなお客さんはそう多くはないと思いますし、
そんなお客さんが現れるのを期待して転売をするというのは、
私はハッキリ言って、ギャンブルに近い転売手法だと思います。


一応、過去の相場などをチェックして、
同じ商品のジャンク品は過去に幾らで売れた事があるのか、
そのジャンク品の相場のようなものも調べられなくはありません。


ですがそれは、その消費者が、その商品のジャンク品に対して、
どれくらいのお金を出していいかを判断した上での金額でしかなく、
私は全くもって「相場」とは言えないものだと思うんです。


そんな消費者個々の判断で取引されただけの金額を「相場」と判断し、
その金額を基準にこのようなジャンク品の仕入れを行うのは、
私は、ちょっとリスクが高すぎるような気がしました。


販売者、ノウハウの提唱者として名前を連ねている方々が
本当にこの手法で継続的に収入を得ているのかどうかも、
私としては、かなり疑わしいです、、、。


マニュアルの内容を踏まえる限り、どう考えても、
長期的に収入を安定させられる手法には見えなかったので。


実際、この「せどり黙示録KAIJI」のマニュアルは、


「こういう商品が実際にこれくらいで売れました」


という転売結果はそれなりに掲載されているものの、
既にお伝えしたように、ジャンク品の転売においては、


「過去にその商品のジャンク品が幾らで売れたか」


というのは、その後の転売においての目安にはなりません。


要するに「相場」というものを見定められないわけです。


そういう商品を扱うという時点で、
稼げる稼げないはどうやっても運に左右されますし、
そういう商品だけを扱って安定して稼ぎ続けるというのは、
どう考えても現実的ではないように思えます。


この「せどり黙示録KAIJI」のマニュアルを見ても、
私のこの考えは全く変わりませんでした。


むしろ、より一層そう思ってしまったくらいです。


それこそ「店舗での仕入れ」を主としている内容でしたので、
継続的な仕入れそのものにも無理があるとしか思えませんでした、


ジャンク品 = 家電製品が大半


という点でも、取り扱う商品は小さくはありませんので、
仕入れも楽ではありませんし在庫の保管にも結構なスペースを取られます。


そして、それがいつ売れるかもわからない傾向にありますので、


・ジャンク品を扱うリサイクルショップが近所に多数ある事

・車を使って仕入れが出来る事

・商品保管スペースがそれなりにある事

・資金をゆったり回せる余裕がある事



最低限、これらの条件はクリアできていないと厳しいです。


これらの条件を全てクリアできていれば、
とりあえず近所のジャンク品を買い漁っていって、
長い目で慢性的に転売していけば、おのずと儲けは出せると思います。


ですが、いずれにしても、これだけをメインに
継続的に稼ぎ続けるのは難しいんじゃないかと思いますね。


他の転売ビジネスにプラスαでやるのならいいと思いますが、
稼ぐべくして稼げるような転売手法とは言えませんので、
資金がよほど余っている人でなければお勧めしません。


そして、仮にこれを実際に「やる」としても、
この教材内容で24800円は普通に「高い」です。


要はジャンク品をその辺の店舗で仕入れて、
ジャンク品である事を分かるように出品して


・ノークレームノーリターン

・動作しなくても保証しません

・ジャンク品である事をご理解の上買ってください



こういった事を明記して転売していくというのがほぼ全てで、
それ以上、ノウハウらしいノウハウはさほど無いように思いました。


それこそ、転売ビジネス全般に言えるような基本的な事が
少し詳しく書かれているだけのマニュアルという感じでしたので、
私は価格に見合うほどの価値は感じられなかったです。


まあ、ジャンク品をそれを明記して転売するという時点で、
それ以上のノウハウなんてあって無いようなものですからね。


ですので、とくにこの「せどり黙示録KAIJI」を買わずとも、
やりたければジャンク品の転売は普通に出来ると思います。


これは私が転売経験者だからこその感想かもしれませんけどね。


ジャンク品の転売についての見解も含めて、
是非、参考にしてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

仮想通貨、ビットコインへの投資は儲かるのか。

れお☆です。


ここ最近というか、ここ近年というか、
ビットコインを初めとする仮想通貨が話題です。


情報商材業界でも、仮想通貨、ビットコインに関連する、
これらで稼ぐ方法などを提唱するようなものを、
無料、有料を問わず、よく目にするようになりました。


そういったところも含めての「トレンド」ですから、
仮想通貨の市場に言わば「新規参入」する人が増えていけば、
その相場も右肩上がりに伸びていくのは当然の理屈です。


ですが、そのような状況はいつまでも続くわけではありません。


問題はそのような相場の高騰がいつまで続くのか、
そして、いつ終わってしまうのかだと思います。


それこそが、今から仮想通貨を買っても稼げるのかどうか、
また、いつ売るべきか判断における大きな基準になるからです。


それこそ今は、この「仮想通貨」に対して、


「まだイケるんじゃないか。」

「もう遅いんじゃないか」

「今が売り時なんじゃないか。」

「まだ値が上がるんじゃないか。」



と右往左往している人も多い時期じゃないかと思いますので、
今日はこの「仮想通貨」とその「市場」に対して、
私なりの見解を書いてみたいと思います。

仮想通貨、ビットコインへの投資は儲かるのか。


私は今現在、一般的には「せどり」と呼ばれるビジネスを営み、
主に音楽関係のCDやDVDの転売で生計を立てています。


ただ、私のやっている「せどり」の手法や感覚は、
どちらかと言うと転売よりも「投資」に近いもので、
私は資金を「商品」に変えてそれを「運用(売買)」し、
その上で、一定の利率を稼ぐべくして稼ぎ続けているんです。


その具体的な手法はブログやメルマガなどで公開してますが、


「資金全体に対しての幾らの利率を稼ぎ出すか」


を前提に転売ビジネスを投資感覚でやっている私からすると、
ここ数年の仮想通貨の利率は確かに目を見張るものがあります。


ビットコインの相場が当初の何万倍になっているのは有名な話ですが、
ビットコイン以外の仮想通貨でも十倍、百倍という話は普通にザラです。


その相場(価値)が数百倍というのは、
株の世界でもそうそうある事はありませんからね。


私のように転売ビジネスでコンマ何倍という利益を
薄利で積み上げて稼いでいるバイヤーからしてみれば、
自分がやっている事が馬鹿らしくなるレベルの利率です(苦笑)


ですが、それでも今からビットコイン、仮想通貨を買うかと言われれば、
私は「今から買おうとは思わない」というのが率直なところです。


理由としては、


・仮想通貨そのものが増えすぎている事

・故に今後の新規参入者も全て多様な通貨に分散されてしまう事

・どの通貨にどれくらい分散されるかまでは全く分からない事

・結局、どの仮想通貨が生き残るかもほぼ未知数である事



ザッとこの4つですね。


端的に言えば似たような仮想通貨が余りに増えすぎているので
その通貨の相場が上がるかが全く分からないというところに尽きます。


分からないものには手(金)を出さない。


これが私の投資ビジネスの経験で培った1つの鉄則でもありますので、
この鉄則に準じた判断を下すと仮想通貨の相場に関しては
少なくとも私には全く読めません。


株や為替なら、会社の業績やその国の経済が一応の判断基準になりますが、
仮想通貨は株や為替ほど、それぞれの通貨に大きな違いは無く、
今後、どの仮想通貨が伸びるのかの判断は非常に困難です。


技術的にもほぼ似たり寄ったりなものが多いですし、
そんな仮想通貨が次から次へと新たに出てくる状況ですので、


「投資の対象」


という見方をするなら仮想通貨そのものはアリですが
そこから「どの仮想通貨が」となると、その対象の選択は、
株や為替(FX)よりも遥かに判断が難しいんじゃないかと、、、。


実際、今現在、仮想通貨を買っている人、持っている人も、
別の仮想通貨の事をきちんと調べて比較しているのかと言えば、
おそらく、そんな事はほとんどしていないと思います、


それこそ「何となく」で購入を決めていたり、
とりあえず有名どころの通貨を買っているような人や、
相場のチャートだけを見て買っている人も多いのが現実です。


まあ、株や為替(FX)でも似たような事をしている人はいますが、
そういう人が実際に稼げているかを考えてみてください。


・・・まず、稼げていませんよね。


それは結局、仮想通貨においても同じだという事です。


ですので、


「稼ぐべくして稼ぐ事ができる投資対象(投資手法)」


を心得ている私としては、あえてそのような「リスク」を背負ってまで、
稼げるかも分からないものに手(金)は出さないという考えです。


それこそ、そんなものにお金を出すのは
ギャンブルと何も変わりませんからね。


私は「ビジネス」はしますが「ギャンブル」はしません。


結果だけを見ればビットコインなどの仮想通貨も、
その価値が低かった時に買ったような人は
それこそギャンブルに近い感覚だった人がほとんどで、
今の状況を予見して買った人などはほぼ一握りだと思います。


要するに仮想通貨で実際に大金を得た人のほとんどは
ただギャンブルで大勝ちしただけの運が良い人だという事です。


宝くじで1億、2億当たっている人が毎年何人もいるのと同じですね。


もちろん、投資の世界に「確実」なんてものは無いのですが、
それでも実際に投資の世界で勝ち続けているような人は
トータルで利益を出せる何らかの論理やロジックを確立しています。


それによって初めて「稼ぐべくして稼ぐ事が出来る世界」なんです。


そしてそれは、私が身を置く「転売」の世界も、
この「仮想通貨」の世界も、全くもって同じなんですね。


あなたが稼ぐべくして稼ぐことのできる確実を重視するなら


先ほども言ったように投資の世界には「確実」なんてものは無く、
それが「投資」である以上、そこにリスクは付きものです。


どんなに優秀な投資家やトレーダーであっても、
やはり「損」をする時は文字通り「損」をしているんです。


ですが、そこに「確実」という二文字を掲げた上で、
ほぼ「リスク」をゼロにした状態で行える「投資」が、
まさに私がやっている「転売」という投資に捉える手法です。


転売は文字通り「商品の売買」が前提となるものなので、


「絶対に損をしない商品だけを仕入れて損をしないように売る」


という事が出来れば、それこそ確実に利益を出せますし、
一切のリスクを背負う事なく稼いでいく事が出来ます。


そして、それが「商品」というものであるが故に、
消費者という立場の人達がいる背景から、
転売というビジネスにおいては、


「仕入れても絶対に損をしない商品」


と言えるものが存在するんです。


あとはそのような商品を


・絶対に損をしない価格で仕入れる術

・利益を出せる価格で確実に転売する術



この2つのようなノウハウを確立して扱っていければ、
それはほぼ確実な「投資」になりえます。


資金を「商品」という対象に投資して、
それを利益に変えるべくして変えていく事になるからです。


現に私が確立して実践している手法は、
まさしくこれに限りなく近いものと言えますので、
もし、興味があればその全てを公開している、
無料マニュアルの方を手に取って読んでみてください。


転売ビジネスを投資の感覚で捉えるという視点は、
転売の観点でも投資の観点でも有効なものですので、
その集大成とも言えるノウハウを完全無料で公開中です。


仮想通貨のような掴みどころのないものにお金を投じるより、
遥かに有意義な投資の対象を見出せるはずです。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

インターネットビジネスの歩き方(三浦孝偉)レビュー

れお☆です。


インフォトップの売上ランキングの方で、
最も成果が出やすい4ジャンルとして、


・国内転売
・Buyma
・YouTube
・トレンドブログ



これらのノウハウをまとめた、


『インターネットビジネスの歩き方』


という教材が売れ筋になっているみたいです。


インターネットビジネスの歩き方:https://ibusiness-arukikata.com/


YouTube、トレンドブログは私の専門外ですが、
国内転売、Buymaの方に関しては私の得意分野ですので、
その得意分野を重点的にこの教材を批評してみたいと思います。

インターネットビジネスの歩き方(三浦孝偉)レビュー


まず教材内容全体に対しての率直な感想としては、
国内転売、Buyma、YouTube、トレンドブログ、
どのジャンルの内容も全般的に「薄い」という感じです。


まあ、この手の「あれもこれも」を詰め込んだ教材は、
その内容が広く浅いものというのがありがちなパターンで、
この教材はまさに、その典型的なものだと思いました。


端的に言えば、この『インターネットビジネスの歩き方』は、


・国内転売
・Buyma
・YouTube
・トレンドブログ



この4つのビジネスモデルの利点などが言及されているのみで、
それぞれの具体的な稼ぎ方やノウハウはそこまで言及されてません。


ですので、稼ぐための具体的な方法論や「稼ぐ事」を求めるなら、
この『インターネットビジネスの歩き方』は明らかに至らない教材です。


そして、多くの人が情報商材に求めるものは稼ぐ事だと思いますので、
そういう視点で見れば中途半端な教材と言わざるを得えないと思います。


ただ、国内転売、Buyma、YouTube、トレンドブログ、
それぞれのビジネスモデルの概略や全体像をザッと押さえて
自分に合ったビジネスモデルを選択、判断したいというだけなら、
その視点での情報は十分にまとまっていると言える教材です。


その真偽は定かではないものの、一応は、
それぞれのビジネスで「稼いでいる」という人が、
直に、それぞれのビジネスモデルの利点を言及していますので、
各ビジネスモデルの「判断」には参考になるんじゃないかと。


そのような詳しい判断材料止まりと言えばそれまでですが、
一応、販売価格は10000円という価格帯なので、
その判断材料としてまとまった情報を求めたい人には、
それこそ価値相応の価値はあるのかもしれません。


ですが、この『インターネットビジネスの歩き方』の内容を踏まえて、


・国内転売
・Buyma
・YouTube
・トレンドブログ



このいずれかのビジネスを実際に始めようと思った際は、
この教材の内容だけで具体的な実践に踏み切る事や、
その上で結果を出していくのはまず不可能に近いです。


というより、この『インターネットビジネスの歩き方』事体が、
そもそも、この教材単体で購入者を「稼がせる気が無い」というか、
この教材をフロントにして各ジャンルの次の教材の販促へと、
購入者を上手く繋げていくのが目的と思われます。


それでなくとも、この教材は各ビジネスごとに講師が異なりますので、
講師一人一人のこの教材の売上に対する取り分はたかが知れてますから、
そのようなバックエンドの販売が前提であると考えた方が自然です。


そうでなければ、このような「あれもこれも」を詰め込んだ教材で、
講師として自分の情報を提供するメリットがありませんからね。


どんなにこの『インターネットビジネスの歩き方』が売れても、
その売上からの報酬は販売元である「三浦孝偉」という方と、
4人の各ジャンルの講師、計5名で分けるわけですから、
一人一人の取り分は単純計算でも5分の1になってしまいます。


そんな自分の取り分が5分の1になってしまうような教材に
自分のノウハウの全てを出し惜しみなく放出するはずもありません。


そういった現実的なところを踏まえても、
この『インターネットビジネスの歩き方』という教材は、
各ジャンルの講師を務める人物のバックエンド販売が目的であり、


「自分が手掛けているビジネスモデルの魅力や利点」


は全力でアピールしているものの「それ止まり」という感じです。


まあ、当然と言えば当然ですけどね。


ですので、この『インターネットビジネスの歩き方』は、


・国内転売
・Buyma
・YouTube
・トレンドブログ



これらの概略や魅力、利点は具体的に知る事が出来ますが、
その具体的な稼ぎ方、ノウハウはさほど、、、です。


その中で強いて優劣を付けるとするなら、
私が「経験」もあり「得意分野」である事もあってか、
国内転売、Buymaに関する情報は正直なところ、
ネット検索で得られる情報に毛が生えた程度だと思いました。


それこそYouTube、トレンドブログの情報が網羅されていて、
ようやく10000円という価格帯が妥当になるかどうかなので、
ピンポイントで国内転売、Buymaの情報やノウハウを求めて
この教材を購入するというのはお勧めしません。


それこそ、この分野の「情報」や「ノウハウ」であれば、
私のブログやメルマガの方が遥かに濃い情報、使える情報、
そして「稼げる情報」を提供していると思います。


少なくとも、私のブログ、メルマガの情報は全て無料ですから、
転売やらBuymaやらの情報やノウハウをお求めであれば、
このような教材に手を出す前に私のブログやメルマガの方を読んでください。


それこそ、転売ビジネスの魅力、利点などについては、
それで十分に分かってもらえるはずですので。


要するに、この『インターネットビジネスの歩き方』は、
転売系の情報商材としては、私はお勧めしません。


あくまでも私の私見ですが、その内容がそこまで具体的な稼ぎ方、
ノウハウなどを詳しく言及しているものではない事は確かです。


ですので、いずれかのビジネスで実際に「稼ぎたい」のであれば、
各分野に特化している情報商材の購入を検討してください。


この『インターネットビジネスの歩き方』は、
あくまでも、その魅力、利点をまとめている範囲のもので、
各ビジネスモデルの判断材料止まりの内容だということです。


以上、参考にしてください。


せどりエイターれお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

future prediction-トレンドせどり-(野心せどらー岡島)レビュー

れお☆です。


インフォトップの売上ランキングの方で、


「トレンド(流行)を狙った商品の売買で稼ぐ」


という手法をコンセプトとした転売教材が上位に出ていました。


future prediction-トレンドせどり-

http://curiascoop.com/future-p/


コンセプトとしては面白そうなノウハウだな、と思ったので、
今日はこちらの転売教材を取り上げて批評してみたいと思います。

future prediction-トレンドせどり-(野心せどらー岡島)


「未来を予言し今に反映するトレンドせどり」


これがこの「トレンドせどり」のコンセプトであり、
要するに、これからトレンド(流行)になりそうな商品を、
何らかの方法で予測して流行する前に仕入れを済ませ、
いざ流行が来た時点で売り抜けるという手法が提唱された教材です。


もちろん、説明するのは簡単ですが、それをやるのは簡単ではなく、
そもそもな話、これをやろうと試行錯誤している人達が、
株や為替などの「トレーダー」と呼ばれる人達なんじゃないでしょうか。


この「トレンドせどり」の手法は、それを転売(せどり)で行い、
商品のトレンド(流行)を沿った売買で稼ぐ手法を提唱しているわけです。


ですので、私としては、この「トレンドせどり」という教材に、
どのような未来予測(トレンド予測)のノウハウが提唱されているのか、
そこを期待して、実際に教材内容を方をチェックしてみました。


その上での、率直な感想としては。。。


マニュアルのページ数の割に内容は薄いかな、というところと、
正直、そこまで目から鱗というほどの情報は書かれていなかった感じです。


少なくとも私としては、


「これからのトレンド(流行)を押さえるために出来る事」


という視点で、あえて言われるまでもなく思いつくようなレベルの事が
ただ、そのまま普通に羅列されていただけのマニュアルという感じで、
マニュアルのページ数稼ぎのような部分も非常に多く


「あれ?これでもう終わり?」


と、さほど得られるものが無いまま、
マニュアルそのものが終わってしまった感じでした。


もちろん、これはあくまでも私の感覚、私の感想ですので、
この「future prediction-トレンドせどり-」に書かれている、


「これからのトレンド(流行)を押さえるために出来る事」


にあたる情報にそれなりの価値を感じる人もいるのかもしれません。


ですが、私の個人的な感想としては、
大多数の人が普通に想定できる範囲の方法論ばかりで、


「あえて3万円近いお金を取ってまで教示するほどの内容ではない」


と思ってしまったのが率直なところです。


何より、この「future prediction-トレンドせどり-」の内容では、
よほど敏感に仕入れと転売のタイミングを押さえられないと、
稼げるどころか、大損してしまう可能性もあり、
方法論そのものがかなり荒削りだな、、、と思うところが多かったです。


ただ、これはこの「トレンドせどり」の販売ページに掲載されている、
実際の「転売実績」にあたるものを見ても普通に見て取れる部分で、





販売ページに掲載されているこの商品は、
確かにテレビで紹介された直後は値段が高騰していたものの、
そのトレンドは本当に一時的なもので、今現在の相場はと言うと・・・





この通り、約半額くらいの価格まで相場が落ちています。


要するに、このような流行(トレンド)を追った商品の仕入れは、
その「仕入れ」におけるタイミングも非常に重要なのですが、
実際に仕入れた商品を売り抜けられるかも重要なポイントであり、
そこを踏み外してしまうと大量の在庫を抱えてしまう事になるんです。


リターンが大きい可能性がある分だけ、大きなリスクもあるんですね。


「これはトレンドが来る!」


と確信して商品を大量に仕入れて買い込む時というのは、
同じような動きをしている人が必ずいるので、
それらが相乗して相場が一気に上がって行きます。


でも、それは「トレンドに準じた転売狙いの同業者」が、
同じタイミングで商品を仕入れているからこその価格高騰なんです。


そして、いざ買い込んだ商品を売っていこうとする時、
同じ商品を買い込んだ人達は当然、競合していく事になります。


つまり、誰もが予測できてしまうようなトレンドは、
このような同業者の仕入れの競合による価格高騰があり、
そしてその転売時においても同様の競合が起きるわけです。


強いて自分だけが独占的にそのトレンド(流行)を先取りして、
自分だけがこっそりと商品を安く仕入れられるなら話は別ですが、
そんな事はそうそう出来る事ではありません。


少なくとも、この「トレンドせどり」の教材に書かれている
流行(トレンド)を先読みするノウハウにあたるものは、
誰もが出来る、誰もが想定できてしまう範囲のものでしかないので、
この範囲で予測して仕入れていく商品は確実に競合が起きます。


仕入れの際、転売の際、両方で競合が起きる可能性が高いわけです。


ですので、私はこの「トレンドせどり」の教材内容のレベルでは、
まず、流行(トレンド)を先読みして仕入れ、転売を行い、
悠々と稼ぎを上げていくのは難しいんじゃないかと思いました。


流行(トレンド)の先読み方法が、かなり「月並み」なので、
このレベルのノウハウでは、まず厳しいと思うのが率直な感想です。


まあ、それだけトレンドの先読みをて価格が高騰しそうな商品を仕入れ、
それを上手く売り抜けて稼ぐというのは難しいという事ですね。


それなら、市場(相場)を慢性的にコントロールしながら、
特定の商品を独占的に転売していく私のノウハウの方が
遥かに効率的、合理的にリスクの少ない稼ぎ方が出来ると思います。


それこそ、私が主戦場としている「音楽CDジャンル」も、
今回、取り上げたような「トレンド」にあたるものがありますから、
そこを狙って稼ぐ事も実際に出来てしまうのが私のノウハウです。


そういったトレンドの狙い方はこの記事で普通に公開していますので、
ちょっと話題は古いですが興味があれば是非、読んでみてください。

>チャゲ&飛鳥、ASKAの逮捕事件に便乗して廃盤CDで荒稼ぎ。


以上、今日は「future prediction-トレンドせどり-」の批評をさせてもらいました。


トレンド便乗型のせどりそのもののリスクなども含めて、
是非、参考にして頂ければと思います。


せどりエイターれお☆


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

JAN出品ツール(株式会社キュリアスコープ)レビュー

れお☆です。


インフォトップのランキングの方で「売れ筋」になっている、
こちらの「せどりツール」についてレビュー依頼を頂きました。


JAN出品ツール:http://curiascoop.com/jan/


基本的に私は「自分のせどりノウハウ」を確立し、
また、それをこのブログなどでシェアしていますので、
この手のせどりツールの批評、レビューにあたるものは、


「自分のせどりノウハウに使えるものかどうか」


に比重を置いて行っています。


ただ、今回のツールはそこに「一般的な利用者目線」も交えた、
少し広い視野で批評、レビューしてみたいと思います。

JAN出品ツール(株式会社キュリアスコープ)レビュー


まず、この「JAN出品ツール」というせどりツールは、


・アマゾンへの商品の出品作業

・アマゾンFBAへの納品ラベルの印刷作業>



これを簡略化し、自動化できるというツールです。


ですので、基本的には作業の簡略化&自動化ツールであり、
とくにこのツール自体で稼ぐ、稼げるというものではありません。


せどりというビジネスの効率性を高めるツールという事ですね。


ですので、このツールが「使えるツールかどうか」は、
その効率化が有益なものかどうかが主な判断材料になります。


もう少し突っ込んで言うと、その「効率化」の価値が、
ツールの価格に見合ったものであるかどうかがポイントであり、
それが十分なものであれば導入する価値はあるという事になるわけです。


ただ、この記事の冒頭でもお伝えした


「私のせどりノウハウに使えるものかどうか」


という点だけで批評、レビューしてしまうと、
このツールは「使えない」の一言で終わってしまいます。


理由はこの「JAN出品ツール」というせどりツールが、


「新品」


の商品の出品作業にしか使えないツールだからです。


既に私のせどりノウハウをご存知であれば分かると思いますが、
私のせどりノウハウは主に「プレミアが付いた商品」を狙うため、
実際に扱っている商品の大半は「中古品」です。


ですので、新品の商品の出品作業にしか使えないこのツールは、
私からすると、ほぼ使い道が無いに等しいわけです。


よって、中古品をメインでせどりをやっているような人には
この「JAN出品ツール」はあまり意味が無いツールだと思います。


新品のみを扱っているせどらーが対象になるツールだという事ですね。


そういうわけなので、この時点で大半のせどらーは、
ほぼ「お呼びでないツール」になるのではないかと思うのですが、
このツールが現時点でインフォトップで売れているという事は、
それだけ新品のみを扱うせどらーがいるという事なのかもしれません。


私としては、それがちょっと意外でした。


ただ、このJAN出品ツールが新品のみに対応したツールである事は、
一応、販売ページの方にもしっかりと書かれてはいますが、
サラッと1行ほどの説明があるだけなので、
そこを見落として買っている人も多いんじゃないかと思います。


まあ、そこは「きちんと販売ページを読みましょう」としか言えません。


その上で、このJAN出品ツールは新品メインのせどらーには有効なのか。


その辺りも、もう少し私なりの視点で言及しておきます。


JAN出品ツールには価格に見合う価値があるのか。


まず、このJAN出品ツールでは事前に


・販売価格(幾らで売るのか)の設定

・コンディション(商品状態)表記の設定



この2つを設定する必要があるようで、
これらを設定すると、その設定に沿ってツールが自動的に、
アマゾンへの商品の出品と納品ラベルの作成と印刷をやってくれます。


それだけと言えば、それだけのツールなのですが
一応、最も重要なポイントとなる「価格の設定」については、


・カート相場+固定価格
・最低価格+固定価格
・カート相場+固定%
・最低価格+固定%
・固定価格



このような条件を前提とする自動設定が可能なようです。


コンディション(商品状態)の表記については、
新品の商品のみが対象になりますので、
そこは一律した表記を固定して問題ないところだと思います。


実際、こうしたアマゾンへの出品作業や納品ラベルの作成と印刷に、
毎日、相応の時間を割いているような新品メインのせどらーさんなら、


9800円


という価格を踏まえて、それに見合う価値があるかどうかを
単純な日々の自分の労力と照らし合わせて検討すれば良いと思います。


その労力と時間を今後、効率化できる価値が9800円以上なら買い。


それ以下だと思うなら、買わなければいいというだけの話です。


ですが、1点気になるのが販売ページの申込みボタンのところに、


『出品300点まで上位プランのご案内もあります。』


という表記があり、この意味がよく分からないところです。


もし、これが、この「JAN出品ツール」で出品できるのが


「上限300点まで?」


で、それ以上は上位プランのツールを追って買えという話なら、
その上位プランの価格も分からないので何とも言えませんが、
上限300点しか出品できないツールに9800円は高いと思います。


これが月300点というなら、まだ許容できる範囲かもしれませんが
月額幾らというツールではないので、その辺りもよくわかりません。


ですので、もし、この「JAN出品ツール」の購入を検討されるなら、
この部分はしっかり確認した方がいいと思います。


まあ、私のせどりノウハウを実践している人には、
どちらにしても意味の無いツールなので、
この辺りの詳細はご自身で確認してくださいという感じです。


「上限300点までで、それ以上は上位プランを買ってください」


私には、このようにしか解釈できませんが・・・。


以上、今日はインフォトップで売れ筋となっていた、
せどりツール「JAN出品ツール」の批評でした。


是非、参考にしてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

ヤフオク、アマゾンを転売目的で利用するのはアリなのか?

このブログで公開している私のせどりノウハウでは、


・ヤフオク

・アマゾン



この2つの市場で仕入れと転売を行っていくのですが、
この2つのサイトで仕入れと転売を行っていく事に際して、


「転売目的で商品の購入を頻繁に行うのはアリなんですか?」

「出品者や販売者に文句を言われたりしないんですか?」



といった質問を頂く事があります。


また、そのような転売についての懸念を前提とした上で、
具体的なその対策?などを相談される事も少なくありません。


ですので、今日はそんな相談への「回答」も兼ねて、
ヤフオク、アマゾンでの「仕入れ」についてを


「転売目的の仕入れはアリなの?」


というところを主として言及してみたいと思います。

転売目的でヤフオク、アマゾンを利用するのはアリなのか?


まず、率直にそれが「あり」か「なし」かを言うなら、
実際にそれを行っている人は私のノウハウの実践者に限らず
今やごまんといるのが実状ですので、アリなのは間違いありません。


ただ、そういう人達が実際に「仕入れ」を行う際に、
何らかの「対策」のようなものを講じているのかと言うと、
とくに対策?らしい事を何もしていない人の方が多いのが実状です。


要するに、転売を前提とする「仕入れ」であっても、
大多数の人は特段、対策のようなものを講じる事もなく、
普通に購入(仕入れ)をしているという事です。


もちろん、中には、


・複数のアカウントを使い分けて仕入れをしている

・仕入れ用と転売用でアカウントを分けている



といったような事をしている人もいなくはないと思いますが、
そのような「対策?」に実質的な意味があるかと言えば、
実質的に「無意味」というのが実状なんじゃないかと思います。


というのも、個人のバイヤーなども非常に多い時代ですから、
そういう人達が実際に「転売」を目的として、
商品を買い込むような事は普通に「よくある事」です。


そして、売り手側としても、そういうバイヤーに商品を売ろうと、
そうではない一般の消費者に商品を売ろうと「儲け」は変わりません。


アマゾン、ヤフオク、共にバイヤーではない個人が
単純に私物を売るためだけに利用している事も珍しくありませんし、
そういう個人で商品をただ売っているような人などは


「とにかく商品が高く売れれば何でもいい」


というのが率直な本音だと思います。


買い手が転売目的だろうと何だろうと、どうでもいいわけです。


また、私が主に扱っている音楽関係のCDなどは、
一度、購入にしてその音楽データだけをパソコンに保存したなら、
すぐに売ってしまうという人も少なくありません。


そういう消費者が当たり前のように増えている時代ですから、


「買った商品をするに売る(転売する)人」


というのは、バイヤーに限らずたくさんいるような時代なんです。


そんなご時世に「転売目的の人はお断り」なんて事を言ってしまうと、


「データだけを保存してすぐに売りたいと思っている人」


が寄り付かなくなってしまうと思いますし、そういう人と
バイヤーの見分けを付けるのも簡単ではないのが実状だと思います。


そういった背景もあって、アマゾン、ヤフオクともに、
仮に転売目的の人が商品を買われていったとしても、
それに対して文句を言うような販売者は、ほとんどいないわけです。


まして、自分の商品を買っていった人が、
その後、その商品を転売していないか、などを、
いちいちチェックしているような人はほぼ皆無です。


実際、ヤフオクやアマゾンで商品を売った事があるなら、
自分自身がそういう事を気にするかどうかを考えてみてください。


いちいち、取引した相手がその後、商品を転売しているどうかなんて、
あえて見る事もなければ、気にする事も無いはずです。


そして、それは大多数のアマゾン、ヤフオクの利用者も同じですから、


「転売目的で商品の購入を頻繁に行うのはアリなのか」

「出品者や販売者に文句を言われたりしないのか」



といった懸念は、そもそもそれを懸念する事自体がナンセンスであり、
転売目的で商品を頻繁に購入して、それがトラブルになったり、
その事で出品者、販売者に文句を言われる事など、まずありません。


要するに、そんな事を懸念して、


・複数のアカウントを使い分けて仕入れをする

・仕入れ用と転売用でアカウントを分ける



といったような対策?などを講じる必要は全くないわけです。


もちろん、アカウントの管理体制などの視点で、
アカウントを分けて仕入れや転売を行うのは問題ありませんが、


「転売目的で商品の購入を頻繁に行うのはマズイんじゃないか」

「出品者や販売者に文句を言われてしまうんじゃないか」



といった事を懸念して、無理にアカウントを分ける必要は全くありません。


そこについては堂々と仕入れ、転売を行って問題はなく、
このご時世、強いて「転売される事」を気にしているような人は
ほぼ皆無に等しいというのが実状であるという事です。


事実、私はこれまで何千、何万という商品を仕入れてますし、
同じような出品者から商品を仕入れる事もよくありますが
これまで、そういう事でトラブルになった事は一度もありません。


もちろん、バンバン転売をしていますし、
仕入れた金額より高い値段で転売もしていますが、
その事で文句や小言を言われた事は「一度も無い」です。


まあ、中にはちょっと複雑な気分になった人もいるかもしれませんが、
そんな事を気にしていては商品の転売なんて出来ませんからね。


ただ、そういった転売行為で問題になったケースは
本当にこれまで一度もありませんので、
そこは気兼ねなく仕入れと転売を行って問題ないと思います。


それこそ、基本的に私は小心者なので、


「転売目的でしたけど、何か?」


と突っぱねられる図太さは持ち合わせていませんが、
そんな私でも、こうして普通に転売を続けていられるのは、
そういうトラブルが基本的に「無いから」なんです。


ですので、私のようなタイプの人でも、そこは安心してください。


転売目的で商品の購入を相当なレベルで頻繁に行っても、
まずトラブルになる事もなければ文句を言われる事も無い。


これが率直な結論です。


一緒に転売市場を盛り上げていきましょう(笑)


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

せどり、転売系の情報商材、ツールが本当に稼げるのかを見極める方法。

れお☆です。


このブログでも主に扱っているせどり、転売系の「情報商材」や、
そういったビジネスで稼ぐ為の「ツール」にあたるものに対して、
多くの人が望む事は、他でもなく「稼ぐ事」だと思います。


「本当にそのせどりの情報商材が稼げる内容なのか」
「その転売ツールは、本当に有効なものなのか」



これが何よりも重要な事なであり、
この手のせどり、転売系の情報商材、ツールというのは、
いざそれらを購入した後に、そのノウハウ、ツールによって、
実際に商品の「仕入れ」などを行わなければなりません。


つまり、ろくに稼げない情報商材やツールを買ってしまったなら、
その情報商材の購入代金はもとより、そこからの「実践」における、
商品の仕入れ費用なども、大きな「損失」になってしまうんです。


ただ、この手のせどりや転売の「情報商材」や「ツール」は、
実際に情報商材を購入して「中身」を見てみない事には、
それが実際に「どういうものなのか」も分からない傾向にあります。


また、いざ「どういうものか」が分かっても、
それを実際にやってみない事には本当に稼げるかどうかも、
明確には判断が付かないような場合も少なくありません。


どうしてもそのせどり、転売系の情報商材やツールが気になった場合、
まずはお金を払って「買ってみるしかない」というだけでなく、


「そのノウハウを実際に実践してみるしかない」
「そのツールを実際に使ってみるしかない」



というのが現実なんです。


そして、いざ買ってみて、やってみて「大損」をさせられる…。


そんな経験をしている人も「たくさんいる」のが現実なわけです。


だからこそ、私はそんな「現状」に風穴を空けるべく、


「自身のせどりノウハウの全容は全て明かしてしまう」


という前代未聞の形態で自身の転売ノウハウを完全公開し、
その「転売実績」などもしっかりと公開する事で、


・実際に買ってみないと中身(ノウハウ)が分からない
・実際にやってみないと稼げるのかも分からない



という事はないように、その辺りをしっかりとクリアにした上で、
こうして自身のせどりノウハウを世に広めていく活動をしています。


ですが、今も尚、この情報商材業界には、


「実際に買ってみて、やってみないと分からない」


というせどり系、転売系の情報商材、ツールが次々と登場し、
そういうものへお金を出してしまう消費者が後を絶ちません。


そこで実際に「稼げるもの」を手に出来れば何の問題もありませんが、
残念ながら、そうではない結果に終わってしまう事がほとんどだと思います。


要するに、大半のせどり、転売系の情報商材やツールは、
ろくに稼げないものを提供している傾向にあるという事です。


ですので、今日はそういった、
ろくに稼ぐ事が出来ない、せどり、転売系の情報商材、ツールを、
その「販売ページ」で見極めていく方法を教示していきたいと思います。

せどり、転売系の情報商材が本当に稼げるのかを見極める方法。


まず、この手のせどり、転売系の情報商材は、


・仕入れのノウハウ
・転売のノウハウ



この2つが「全て」と言っても過言ではなく、
とくに重要なのは「仕入れのノウハウ」の方にあります。


大抵のせどり、転売系の情報商材は転売において、


「ヤフオク」「アマゾン」


などの利用者数の多い主要サイトを利用していくものが大半なので、
その「転売のノウハウ」に関しては、さほどノウハウらしいものもなく、
普通に「転売の基本」を押さえていけば十分な傾向にあるからです。


現に私の「プレミア商品の買い占めせどり」も、


「プラミア商品の価格を吊り上げて転売する」


という転売手法ではありますが、そのポイントはやはり、
商品の「売り方」よりも「仕入れ方」の方にありますので、
いざ「売る段階」では、そこまで「何か」があるわけではありません。


もちろん、最低限「プレミア商品」を扱う場合のポイントや、
買い占めによって価格が高騰した状況を活かすポイントはありますが、
稼ぐ為の重要度という点は、やはり「仕入れ」の方にあるんです。


そんな私のせどりノウハウも含め、
せどりノウハウの「良し悪し」は基本的に、
仕入れのノウハウで決まると言っても過言ではないわけです。


基本的にせどりの「ノウハウ」にあたるものは、


「高く売れる商品をいかに安く仕入れるか」


が重要である傾向にあるからですね。


まあ、その点で私のせどりノウハウは、


「仕入れた商品を高く売る為に買い占めて吊り上げる」


という戦略を取っていますので、
ここが既に多くのせどりノウハウと一線を画すところなのですが、
私のノウハウのような「例外的なもの」を覗けば、


「高く売れる商品を、どうやって安く仕入れるのか」
「そんな商品をどうやって見つけていくのか」



これらのノウハウがこそ、その良し悪しを決める事になります。


故に、せどり系のノウハウ、ツールに対して着目するべきなのは、
ノウハウであれば「仕入れノウハウ」の有効性の裏付けであり、
ツールであれば、そのための「ロジック」の有効性を
その販売ページを介して見極めるべきなんです。


ですので、その販売ページの方に、


・仕入れにおけるノウハウの詳細
・仕入れを行うためのロジックの詳細



これらに相当する情報が何も示されていないものは、
ハッキリ言って、もはや検討の余地も無いと思います。


本来、せどり、転売のノウハウ、ツールとして、
しっかりとアピールするべきポイントはそこなので、
そこを全くアピールしていないという時点で、
99%、そのノウハウやツールは使えないものだからです。


それが到底、アピールできないレベルのものであり、
アピールすると売れなくなるものだからこそ、
本来、アピールしなければならないはずの、
仕入れのノウハウ、ロジックの詳細を伏せるわけですね。


現に、そこを「曖昧」にしているノウハウやツールで、
それが有効なものだった事は、私の知る限り1度もありません。


むしろ「詐欺だった!」「使えなかった!」というものほど、
やはり、そういった詳細を不透明にしているものでした。


ですので、


・仕入れにおけるノウハウの詳細
・仕入れを行うためのロジックの詳細



これらが全くの「不透明」で「ノーヒント」という場合、
その情報商材やツールは「使えないもの」と判断するべきであり、
それが最も無難で懸命な判断だと思います。


上記の詳細がよく分からないものにお金を出すなという事ですね。


そこに仕入れのノウハウ、ロジックの詳細が示されているか。


そして、ある程度でも仕入れのノウハウやロジックが示されている場合、
そこでもう一歩、踏み込んで冷静に判断してみて欲しいのが、


「販売者がなぜ、それを不特定多数の人に公開しているのか」


というところであり、そこに合理的な理由が見受けられない場合、
やはり、そのノウハウやツールも有効性を疑った方がいいと思います。


そもそも、そのノウハウやツールを使って、
その販売者自身がせどりや転売で稼いでいるというなら、
それを不特定多数の第3者に「公開」するという行為には、
それ相応の「理由」や「合理性」が無ければ理屈に合いません。


本来、せどり、転売といったビジネスは、


仕入れの競合:同じ商品を仕入れようとするが増えていく状況
転売の競合:同じ商品を転売しようとする人が増えていく状況



このどちらにおいても「競合の弊害」がありますので、
そのノウハウやツールで自分が現に稼いでいる状況にあるなら、
これらを「避けられる要因」や「逆手に取れる要因」が無い限り、
それを不特定多数の人に公開する行為自体に合理性がないわけです。


言い方を変えれば、


仕入れの競合:同じ商品を仕入れようとするが増えていく状況
転売の競合:同じ商品を転売しようとする人が増えていく状況



これらをどうやっても避けられないようなノウハウやツールなら、
それを不特定多数の人に公開する事自体が「おかしい」という事なので、
そういうものは「売る為」に作られたものの可能性が高いです。


要するに、その販売者はそのツール、ノウハウでは
そもそも「稼いでいない可能性が高い」という事です。


自分がそのノウハウやツールで稼いでいないのであれば、
仕入れの競合、転売の競合を避けられないようなものであっても、
それを不特定多数の人に公開していくデメリットはありませんからね。


ですので、そのノウハウやツールのロジックを客観的に捉えて、


・仕入れの競合、転売の競合を回避できる要因
・仕入れの競合、転売の競合を逆手に取れる要因



これらが見受けられないノウハウやツールも、
やはり、手を出すのは辞めておいた方がいいと思います。


それが「売り出すためだけに作られたもの」であっても、
それが本当に有効なものであれば一時的には稼げると思いますが
競合によって、その有効性が薄れていくのは時間の問題です。


ですので、せどり、転売系のノウハウ、ツールにおいては、


・仕入れの競合、転売の競合を回避できる要因
・仕入れの競合、転売の競合を逆手に取れる要因



このいずれかが実質的に必要不可欠なものであり、
その判断が根本的にできないようなものは「論外」なわけです。


競合を回避できる要因、逆手に取れる要因があるかどうか。


よって、せどり、転売系のノウハウ、ツールを検討する際は、
まず、販売ページ(セールスレター)の方で、


・仕入れにおけるノウハウの詳細
・仕入れを行うためのロジックの詳細



これらが示されているかどうかを確認するようにしてください。


これらが不透明というものは、まず手を出すべきではありません。


そして、これらがある程度、示されているのであれば、


・仕入れの競合、転売の競合を回避できる要因
・仕入れの競合、転売の競合を逆手に取れる要因



これを追って判断していく事をお勧めします。


もちろん、この条件を全てクリアできるノウハウやツールは、
ほぼ「皆無に近い」というのが現実かもしれません。


要するに、それが転売系の情報商材、ツール等の現実なんです。


実際、このジャンルの情報商材(ノウハウ)やツールは、
これまで、数多くのものがネット上で出回ってきていますが、
そのほぼ全てが数カ月ほどの販売期間で消えていきます。


結局、稼ぐ事が出来ないノウハウやツールなどは、
時間の経過と共に「悪評」が広がってしまう事になるため、
次から次へと販売されては、消えていってしまうのです。


そんなこれまでの実状を踏まえる限りでも、
ネット上に出回っているせどり系のノウハウ、ツールは、
その9割以上が「使えないもの」なのが実状です。


故に、その9割ほどの情報商材やツールは、


・仕入れのノウハウ、ロジックの詳細が最低限、示されているか
・競合を回避できる余地、逆手に取れる余地があるか



この2つの「基準」をクリアできていないわけです。


逆に言えば、この基準をクリアできているノウハウやツールは、
残り1割の有効なノウハウ、ツールである可能性が高いと思います。


もちろん、私が提唱しているノウハウ、ツールも、
この基準でシビアに判断してもらって一向に構いません。


少なくとも、私が提唱しているノウハウ、ツールはいずれも、


「仕入れのノウハウ、ロジックの詳細」


は、むしろ「全て」を公開していますので、あとは、


「競合を回避できる余地、逆手に取れる余地があるか」


という点を、その詳細を踏まえて判断して頂ければと思います。


せどり、転売系のノウハウ、ツールは本当にそれ次第だと思いますので。


せどりエイターれお☆のせどりノウハウ

せどりエイターれお☆のせどりツール


そういうわけで、今日はせどり、転売系の情報商材、
ツールの有効な「見極め方」についてお話しさせて頂きました。


是非、参考にしてみてください。


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

せどりインサイダー、転売稼業に寄せられている実践者様の声

れお☆です。


こちら、私のせどりインサイダーの有料プラン、
コンサルプランに参加されている実践者さんからの、
いわゆる「成果報告のメール」などの一部になります。


よろしければ参考にしてください。

せどりインサイダー、転売稼業に寄せられている実践者の声


れお様

○○です。
早速のご回答ありがとうございます。

今回の、Amazonの安い新品は仕入れる方向に致します。

帯とかコンディションについても考え方がよく分かりました。

また、先日、相談していたCDの方も、
アドバイス通りに即決での販売に切り替えたところ、
かなり回転もいい感じで売れていくようになりました。

れお様の仰る通り、資金が少ないうちは
回転を重視して即決で売っていく方が
資金効率もよさそうです。

こういうアドバイスはサポートプランじゃないと頂けなかったものなので
こちらのプランにして本当に良かったです。

この度は迅速、的確なアドバイスを頂き、ありがとうございました。


れお様お世話名になります。

先日、コンサルプランのご対応期間が終わったところですが
今日は成果報告のメールだけ送らせて頂こうと思いました。

最後にスカイプでご指導いただいた際に見つけた商品で
実際に3万円ほどの利益をトータルで上げる事が出来ました。

的確なご指導、本当にありがとうございました。

今後はしばらく自分なりに進めていこうと思いますが
また、サポートをお願いしたくなった際は
インサイダーサービスの継続(再開)の方をお願いしたいと思いますので
その際は、また宜しくお願いします。

本日は成果報告のご連絡でした。

どうぞよろしくお願いします。


いつもお世話になります○○です。

先日のれおさんからのインサイダー情報ですが、
何とか2枚ほどは確保できました。

その後、他の商品はすぐに買い占められて相場が上がり、
とりあえずそこの便乗する形ですぐに売る事が出来たので、
一応、これで6000円くらいの利益は出せました。

時給1000円くらいで働いていた自分からすると、
いい意味で思った以上にあっけなく稼げた事が
何か逆に怖い感じもしてしまいましたが
要するに、こういう事(やり方)でいいんですよね?

この度は素晴らしいノウハウ、情報をありがとうございました。

また次の情報を期待してます。


Leoさま

購入者の○○です。お世話になります。
いつも丁寧な解説ありがとうございます。

プレミアCDが早速ですが1枚売れました。

平均で3000円くらいで購入した商品でしたが。
現在のAmazon最低販売価格が8000円~でしたので、
試しに6000円くらいで出品してみたら、すぐ売れました。

Leoさまの言う通り、ノウハウのルールに従って
もう少し高値に設定して
売りに出しておくべきだったかなと思います。

今後ともよろしくお願いします。


れお様

2月にれお様のせどり教材を購入させて頂きました。森と申します。

4/9に商品がアマゾンで売れました。
利益は2500円ほどですが、初めてネットビジネスで
結果が出せました。
ありがとうございました!


れお様

お世話になっております、高坂です。

年末2300円で仕入購入したCDが8000円で売れました。

結構強気の値段設定だったので、
驚きました。

それと共にこれは行けるという確信になりました。

単なる成果報告ですが、
れおさんのノウハウでの初収入と、
売れてかなり嬉しかったので報告させて頂きました。

今後も続けて行きます。


れお☆様

おはようございます。

早速、貴重なアドバイスをいただきありがとうございます。

プレミア商品というのがどういうものかが
まだまだ理解できていなかったようです。

大変勉強になりました。

ところでですが、実践初日に購入した

PAxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxAME 初回限定盤

という商品について、
昨日アマゾンから注文が入ったと連絡がきました。

ヤフオクで6,300円で落札して9,500円で売れたので
純利益で1,600円くらいではありますが、
早速成果が出てうれしかったです。

この調子でがんばっていきたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。


れお☆ 様

お世話になります。

先日、ご相談させていただいた商品が、さっそく売れました!
ありがとうございます!

正直、そんなにスグに売れるとは思っていなかったので驚きました。

実際に売ろうと思っていた金額より、
少し安めに設定してしまったのですが、

(購入した商品がおもったより汚れがあったのと、
 出品者が出てしまったので、売値を合わせてしまいました・・・)

それなりに利益も出てくれて満足です。

残りの商品は、少し金額をあげてみたりしながら
様子を見てみようかなと思っています。

まずは、ご報告まで。


れおさん

早々のご連絡誠にありがとうございます

このせどりのノウハウは、
今までになく論理的で非常に有意義なものですね

なかなか強気な値段設定ができずに
今はどうしても薄利な転売を繰り返している状況ですが
感覚はかなり掴めてきましたので、
そろそろ教えに忠実な形でやっていきたいと思います。

今後とも、ご指導のほど、よろしくお願い致します。


先日は質問への早速なご回答ありがとうございました。

ところで成果の方ですが、
約1か月で純利益が5万円くらいになりました。

最近は一日一商品ペースで販売しています。

だいぶ慣れてきましたので、
どんどん出品数を増やして行きたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。


もちろん、これらは実際に頂いているもののごく一部ですが、
インサイダー情報、コンサルティング、ツールの方を
有効に活用いただいている方は間違いなく、
私のせどりノウハウで成果を上げていっています。


もし、無料マニュアルのみを参考にして実践しているものの、
なかなか思うような成果を上げられていないようであれば、
是非、各有料プラン、ツールの導入なども検討してみてください!


れお☆のせどりノウハウ無料公開中


私のせどりノウハウを無料公開中です。

・資金が無い
・時間が無い
・暇が無い
・経験が無い
・本屋に行くのが面倒


そんなあなたでも私のノウハウなら問題なく稼いでいく事が出来ます。

あなたも是非チャレンジしてみてください☆

マニュアル付き無料せどり講座のお申し込みはこちらから

タグ

このページの先頭へ